iWork

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
iWork
開発元 アップル
最新版 Keynote 7.0.5, Pages 6.0.5, Numbers 4.0.5 / 2016年10月27日
対応OS macOS Sierra以降, iOS 10以降
プラットフォーム Intel Core2 Duoプロセッサ以降を搭載したMac
iPad、iPhone、iPod touch
種別 オフィススイート
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト iCloudのためのiWork。
テンプレートを表示

iWork(アイワーク)とは、アップルが開発・販売しているソフトウェア製品(オフィススイート)である。「iWork」とは、ワープロソフト(Pages)、プレゼンテーションソフトウェア(Keynote)、表計算ソフト(Numbers)の3つをまとめての呼称である。2013年10月22日以降は、MacやiOS機器の新規購入者に対して無料で提供されている。

リリース当初〜iWork '09リリース頃まではAppleWorksの後継としてパッケージ販売されている製品であったが、Keynote, Pages, Numbersがそれぞれ単独販売になりiOS対応製品の追加を経て、2015年現在はiCloudとの連携でiWork for iCoudとしてマルチプラットフォーム化を果たす等、製品の多様性強化が進んでいる。

概要[編集]

iWorkは、2005年、プレゼンテーションソフトのKeynoteの2.0へのバージョンアップ時にリリースされたワードプロセッサーのPagesを一つのパッケージソフトとして販売開始する。その後、2007年に表計算ソフトのNumbersが加わり、2010年リリースされた当初はiPad版のみであったiOS版は、iPadで動くようiWorkを作り直すというスティーブ・ジョブズのアイデアで開発された[1]

歴史[編集]

  • 2005年1月 - それまで単独製品であったKeynoteが、新たに登場したPagesとセットになり、「iWork '05」として販売開始。
  • 2006年1月 - 「iWork '06」発売開始。ユニバーサルバイナリ化。
  • 2007年8月 - 「iWork '08」発売開始。新たにNumbersが追加される。
  • 2009年1月6日 - 「iWork '09」発売開始。iWork '09で作った文書、スプレッドシート、プレゼンテーションが手軽に共有出来るiWork.com(beta)が発表される。
  • 2010年4月3日 - iWork for iPad発売開始。3つのアプリケーションは単品発売されている。
  • 2011年1月6日 - Mac App StoreでMac OS X版の3つのアプリケーションが単品発売開始。
  • 2011年5月31日 - iPad版がユニバーサルアプリケーション化し、iOS全般に対応。
  • 2013年6月10日 - WWD2013にて、2013年内にiWork for iCloud[2]としてWebアプリケーション版を提供することを発表。
  • 2013年7月19日 - iWork for iCloud public beta[3]テストが始まる[4]
  • 2013年10月22日 - Mac版、iOS版ともに大幅なアップデートを実施。この日以降のMac, iOS機器の新規購入者に対してiWorkを無料提供することを発表。
  • 2015年10月 -iCloud版のKeynote[5], Pages[6], Numbers[7]リリース。 ベータ版から多数の機能改善と対応言語の増加がはかられている。
  • 2015年11月11日 - Mac版、iOS版ともに大幅なアップデートを実施。El Capitan, iOS 9の新機能へ対応(Split VeiwやForce touch, 3D touchへの対応など)。
  • 2016年9月13日 - iOS版の大幅なアップデートを実施。 iOS 10以降が必須となる。
  • 2016年9月20日 - Mac版の大幅なアップデートを実施。macOS Sierra以降が必須となる。

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]