300ページのiPhone請求書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

300ページのiPhone請求書英語: 300-page iPhone bill)とは、2007年8月にアメリカのビデオブロガージャスティン・エザリックAT&Tモビリティから郵送された箱入りの300ページに及ぶiPhone使用料金の請求書[1]のことで、エザリック本人によりこの請求書に関するバイラルビデオが製作・公開され、その不経済性などを理由に、たちまちインターネットミームとして広がった[2][3][4]。この275ドルを求める請求書には、課金期間のEメールやテキストメッセージのバックグラウンドトラフィックを含む全てのデータ通信の記録が収められていた。

この予想外の請求書に関する話はアップルがiPhoneの大々的な宣伝攻勢をかけてリリースした後、ブログや技術系報道メディアを駆け巡り始め[5][6]、その時ビデオクリップの話題がマスコミを惹きつけるようになった。公開から10日後には動画サイト上のビデオ視聴数は300万に達し[7][8]、世界中のニュースで報じられるようになると、AT&TはiPhoneユーザーに対して請求方法を変更する旨のテキストメッセージを送信した[9]。発端から約2ヶ月後には、情報技術雑誌Computerworld英語版がこの出来事を「Technology's 10 Most Mortifying Moments→技術におけるもっとも悔しい10の瞬間」の1つに選定した[10][11]

背景[編集]

初代iPhone

2007年にアップルがアメリカ合衆国で初代iPhoneを発売した時、SIMロックがかかっていたのでユーザーはAT&Tモビリティネットワークでしか使用できなかった[12]。ユーザーは購入後、アップルのiTunesソフトを使ってAT&TのiPhoneサービス契約のアクティベーションを実行しなければならないが、このプロセスを行うときユーザーは請求書に記載する項目を選択できる[13]。 しかし特別に選択しなかった場合、使用内容を詳細に記載するAT&Tのデフォルト設定が選択される[14]。 デフォルトの請求書には、電源の入り切りも含めたウェブブラウジングEメールテキストメッセージ[8]のバックグラウンドトラフィックなどの全データ転送の明細が載ることになっており[15]、結果的に膨大な情報量の請求書が作成されることになる[5]

iPhone販売から1ヶ月後[16]、一足早くiPhoneを購入した者に初月の請求書が郵送され始め、異常なほど厚いまたは高いiPhoneの請求書という話が駆け巡り始めた。300ページは例外的だが、ヘビーユーザーは50から100ページの分厚い請求書を受け取るケースが多く起きていた[17]。 最初にこのような請求書を問題にした人物の一人が技術情報サイトArs Technicaのゲーム記事編集者であるベン・クチェラ英語版で、彼自身には34ページの両面印刷の請求書が、彼の同僚には104ページの請求書が送られた[5][6]。彼は「多くの人々はしばらく前からスマートフォンを使ってきたが、こんな請求書を送られたのは初めてだ。」と述べている[18]。その後、エザリックが話題のビデオを公開して、iPhoneの請求書問題がメディアに大きく取り上げられるようになった[19]

ビデオ[編集]

公開と反響[編集]

当時23歳[19]ピッツバーグ在住のグラフィックデザイナースケッチコメディアンブロガーであるエザリックに、2007年8月11日土曜日に、この300ページに及んだ請求書が郵送された[20]。 その後彼女は請求書を題材として、あるコーヒーショップで自作ビデオを撮影した[21]。翌週の月曜日、彼女は編集された1分間のビデオクリップをいくつかの大手動画共有サイトに投稿した[21]。4つの大手動画投稿サイトの報告によると、8月22日までの最初の一週間にこのクリップはYouTubeで50万回総再生、Revverで35万回再生、Break.comで50万回再生、Yahoo Videoで110万回再生された。2007年終わりまでには総再生数は800万回超まで上ったとされる。エザリックはRevverに投稿したビデオで2000ドル獲得したと述べている[22]

ビデオの一部はエザリックとの一対一のインタビューと共にCNN[23]FOXニュース[24]WTAE-TV[21]WPXI-TV[25]などアメリカの全国またはローカルテレビニュースで放送された。また、ABC News NowのビデオインタビューにはABC News Radio記者によるエザリックへの独自取材も含んでいた[26]

内容と論点[編集]

エザリックのビデオ内の主な論点は、紙の請求書が不必要な浪費であることを伝え、クリップの中で彼女は支払金額ではなく請求書の厚さについて強調している。ビデオの冒頭で彼女は「私はiPhoneを使うためにAT&Tに乗り換えた。それはすばらしいことよ。そして最初のAT&Tの請求書を受け取ったの。ここにある、箱の。」と述べ[21]、次に、アメリカ合衆国でのiPhoneのテレビコマーシャルで使われる独特の曲がBGMとして流されながら、彼女が箱を開けて300ページの請求書をめくっていく過程がファストモーションで映されている[27]。最後に「Use e-billing. Save a forest.→電子請求書を使おう。森を守ろう。」という字幕が表示されてビデオは終わる[5]

彼女の他のコメントも似た趣旨で、ブログにも「明らかに(AT&Tが)送受信したテキストメッセージごとの詳細な内訳を押し付けてきた。完全に不要。」と書いている[2]。彼女はUSA Todayの記者にも「これはとても愚かなことで、これだけの情報を送らないといけない理由なんか何処にもない。」と述べていた[3]。エザリックは月に何万ものテキストメッセージを送受信するヘビーユーザーだったので、この並外れた長さの300ページにも及ぶ両面印刷の請求書を受け取ることとなった[28]。 箱入りの請求書の郵便料金は7ドルかかっていた[28]。あるインタビューで請求金額を聞かれると、エザリックが初回料金は275ドルだったと答えている[3]

彼女はiPhone自体に対する苦情は無く、「ビデオを製作したのは箱入りで送られた請求書の滑稽な一面を指摘するためだけで、iPhone自体は素晴らしいものだと思っている。」と述べていた[29]

各反応[編集]

AT&Tモビリティ[編集]

AT&Tモビリティのスポークスマン、マーク・シーゲルはUSA Todayの記者に対し、この請求書の厚さは稀であり、「我々は箱入りの請求書を顧客に送ることは多くない。」と発言している。請求書は端末問わずAT&Tモバイルユーザー全員に対し同じだが、iPhoneの人気と機能性が高いからこそ物議を醸し、「他の端末やサービスのユーザー向けの請求書との違いは無い。」とシーゲルは述べていた[5]

その後8月18日に、AT&Tは「わが社のユーザーは詳細を省いた請求書を選ぶことができる。また、わが社は長年、ユーザーに便利で安全かつ環境に優しいオンライン請求書に切り替えることも勧めている。」という声明を発表し[30]、22日にはテキストメッセージを通してiPhoneユーザーに紙の請求書から明細を削除することを発表した[8][31]。AT&Tのこのような行動に対し、エザリックは「私のメッセージを受けてなのかもしれない。」と述べている[8]。しかし同社のスポークスウーマン、ローレン・ガーナーは請求書の内容を要約的なものに切り替える方針にしたのは世間の反応ではなく、「ずっと前から計画していたこと」と述べている[27][32]

情報通信業界[編集]

AT&TはiPhoneユーザーの頻繁なデータ通信によるこういった結果を予想していなかった可能性があると指摘されている[9][33]。結果として、AT&Tのコールセンターには請求書の厚さに関する苦情で溢れかえっていた[34]

シリコンバレーの技術アナリスト、ロブ・エンダール英語版はABC Newsで、iPhoneの請求書問題はほとんどAT&Tによる問題とし、「今の請求書はまるで書籍であり、厚い請求書は金銭的に何の意味もなさず顧客を困らせるだけだ。」とも述べていた[28]。インターネットレポーターのダナ・ブランクホーンは、分厚い請求書という存在は通信会社の「イベントベース」もしくはコネクション型英語版ビジネスモデルといった問題を浮き彫りにしている、と指摘している。2008年にアメリカで周波数帯域使用権のオークション英語版オープン・スペクトル英語版が予定された際も、彼はこの論点を主張した。また、電話の請求書では全ての行動が別々の請求事項になっており非効率であることと、インターネットが定額制に基づくもので請求書は簡単に配送できることを対照している[35]

環境問題[編集]

エンダールはエザリックの主な論点である環境への配慮に賛成し、「AT&Tはこういう新しいキャッチコピーを打ち出しすべきだーーAT&Tを使い、木々を伐り。」と述べた[28]。USA Todayも「How many trees did your iPhone bill kill?→あなたのiPhone請求書は何本の木を切るのか?」という題名の記事を出した[3]。もしアップルの計画通り、2008年末までiPhoneユーザーが1000万人になり、毎月の請求書が平均100ページであると考えたら、毎年74,535本の木を切らねばならないだろうと指摘されている[27][36][37]オハイオ州トレドの独立系新聞ザ・ブレイド英語版は、社説でこの分厚い請求書を「absurd and environmentally wasteful→不条理で環境的にもったいない」と述べた[38]

情報セキュリティ[編集]

一人のセキュリティコンシャスコメンテーターがEngadget家電製品ブログで、個人情報を守るための請求書破棄方法について、厚すぎる請求書は「個人向けサイズのシュレッダーを買うよりも、焼却処分した方が経済的と思える」とコメントしている[39]。リバタリアン系雑誌であるリーズン誌英語版の編集者の一人は、こういった明細情報は政府の調査官だけにとって有用なものじゃないかとコメントしている[40]。一方、Ars Technicaブログによると、請求書には機密情報が掲載されていないから、プライバシー問題の存在自体が否定された[41]

他の厚いiPhone請求書[編集]

他にもニュースで報じられた厚い請求書がある:

  • フロリダ州タンパシンクタンク創設者が42ページの請求書を受け取ったとして記者に「ばかげている」と述べた[42]
  • オハイオ州オークハーバー英語版の教師が52ページの請求書を受け取り、「人生の中で一番厚い電話請求書だよ」と発言した[3]
  • あるMacintoshコンサルティング会社の共同出資者は彼の請求書を「空虚な60ページ」と呼んだ[43]
  • シアトルの近くに住むソフトウェア会社経営者はブログに、床に広げた127ページの請求書の上にマルチーズが座った写真を掲載し[7][8]、「アップル環境チームの誰もAT&Tの請求書を見ていないのか」と尋ねた[44]
  • "The Packet Rat"のコラムニストは「Government Computer News」の中で、妻へ150ページのiPhone請求書を箱入りに郵送されたことに関して「初月の請求書を送るのに何本の木が切られたんだ?」と述べた[45]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Martin, James A. (2007年9月5日). “Sexy Portable Storage : The 300-Page iPhone Bill”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/09/05/AR2007090500370.html 2007年10月2日閲覧。 
  2. ^ a b Keizer, Gregg (2007年8月16日). “A 300-page iPhone Bill?”. PCWorld. 2012年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e Graham, Jefferson (2007年8月15日). “How many trees did your iPhone bill kill?”. USA Today. http://www.usatoday.com/tech/wireless/phones/2007-08-14-iphone-bill_N.htm?imw=Y 2007年8月19日閲覧。 
  4. ^ Pittsburgh Ranked Third 'Bloggiest' City”. WTAE-TV News (2007年11月9日). 2007年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月18日閲覧。
  5. ^ a b c d e Ho, David (2007年8月16日). “A 300-page iPhone bill? Too much information, users say”. p. C1. 2007年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月2日閲覧。
  6. ^ a b Singing the iPhone Billing Blues”. TelecomWeb News. Free Press (2007年8月17日). 2007年9月20日閲覧。
  7. ^ a b Richards, Jonathan (2007年8月23日). “Dear iPhone owner: your 300-page bill”. The Times. http://technology.timesonline.co.uk/tol/news/tech_and_web/personal_tech/article2313662.ece 2007年8月23日閲覧。 
  8. ^ a b c d e Hafner, Katie (2007年8月23日). “AT&T's Overstuffed iPhone Bills Annoy Customers”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/08/23/business/23bill.html?em&ex=1188014400&en=de1fe8dde56cab98&ei=5087%0A 2007年8月23日閲覧。 
  9. ^ a b Quinn, Michelle (2007年8月23日). “AT & T to keep iPhone bills brief”. The Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2007/aug/23/business/fi-iphone23 2007年9月4日閲覧。 
  10. ^ Haskin, David (2007年10月17日). “Technology's 10 Most Mortifying Moments : iPhone Bills Kill Trees”. Computerworld. 2007年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月30日閲覧。
  11. ^ Reedy, Sarah (2008年8月15日). “Billing confusion a pain for wireless customers and customer service”. Telephony Online. Penton Media. 2008年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月17日閲覧。 “When the first version of the iPhone came out, in what Computerworld called one of "technology's 10 most mortifying moments", consumers with 300-page bills voiced their disdain in what became a viral video on the Internet.”
  12. ^ Krazit, Tom; Jennifer Guevin and Michelle Meyers (2007年1月9日). “Finally, Apple answers call for iPhone”. CNET News. 2007年9月17日閲覧。
  13. ^ Pogue, David (2007年6月27日). “The iPhone Matches Most of Its Hype”. The New York Times. オリジナル2007年10月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071012175637/http://nytimes.com/2007/06/27/technology/circuits/27pogue.html?ex=1190001600&en=42e2ea76b04c524e&ei=5070 2007年9月22日閲覧。 
  14. ^ Perenson, Melissa J. (2007年8月23日). “The 300-page iPhone bill to disappear”. PC World. 2007年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月22日閲覧。
  15. ^ Bennett, Andrea (2007年12月19日). “Tips for using cell phones overseas”. Travel and Leisure (CNN). オリジナル2008年1月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080105093057/http://edition.cnn.com/2007/TRAVEL/traveltips/12/19/cell.phones/ 2007年12月28日閲覧。 
  16. ^ Opinion : Phone service”. Daily News & Analysis, India. Diligent Media Corporation Ltd. (2007年8月27日). 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月4日閲覧。 “The new iPhone has been staggering users, first with its gizmo-good-looks, then with its functionality and now, about a month after it was launched, with its bills.”
  17. ^ O'Brien, Terrence (2007年8月14日). “Girl Videotapes 300-Page iPhone Bill — Switched: Gadgets, Tech, Digital Stuff for the Rest of Us”. Switched. AOL. 2007年12月28日閲覧。
  18. ^ Ayres, Chris (2004年8月27日). “The iPhone bill that's as thick as a novel”. The Times. http://business.timesonline.co.uk/tol/business/industry_sectors/telecoms/article2317395.ece 2007年12月28日閲覧。 
  19. ^ a b Lyons, Kim (2007年8月16日). “The blog is on”. 2007年8月19日閲覧。
  20. ^ Ragan, Steve (2007年8月17日). “Thirty thousand text messages equal a forest killing 300-page phone bill”. Monsters and Critics. 2007年8月19日閲覧。
  21. ^ a b c d Stockey, Andrew (2007年8月15日). “Pittsburgh Blogger's 300-Page iPhone Bill Mailed In Box”. WTAE-TV News, Pittsburgh. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月19日閲覧。
  22. ^ Whitney, Daisy (2007年12月8日). “Online Fame Easy; Ads Harder to Get”. TVWeek. 2007年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月15日閲覧。
  23. ^ Glenn Beck (2007年8月16日). “Transcripts”. CNN. オリジナル2007年10月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071012184441/http://transcripts.cnn.com/TRANSCRIPTS/0708/16/gb.01.html 2007年9月18日閲覧。 
  24. ^ Shepard Smith (2007年8月17日). “Video: iSurprise : Blogger shocked after receiving 300-page iPhone bill”. Fox News Channel. オリジナル2007年10月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071015153001/http://www.foxnews.com/video2/launchPage.html?081707/081707_studiob_iphone&iSurprise&Studio_B&Blogger+shocked+after+receiving+300-page+iPhone+bill&Technology&-1&iSurprise&Video+Launch+Page&News 2007年9月13日閲覧。 
  25. ^ Local iPhone Customer Gets 300-Page Phone Bill”. WPXI Pittsburgh (2007年8月15日). 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月4日閲覧。
  26. ^ “Getting the iPhone Bill”. ABC News. オリジナル2007年8月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070830230026/http://abcnews.go.com/Video/playerIndex?id=3492501 2007年9月22日閲覧. "First billing cycle arrives looking more like a novel then a bill." 
  27. ^ a b c Levine, Barry (2007年8月24日). “AT&T Decides To Kill the iPhone Bill”. CIO Today. 2007年9月14日閲覧。
  28. ^ a b c d Phillips, Ashley (2007年8月14日). “Bulky iPhone Bills Can Top 300 Pages”. ABC News. 2007年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月19日閲覧。
  29. ^ Littlejohn, Georgina (2007年8月25日). “300-page iPhone Bill”. Hispanic Business News (ProQuest Information and Learning Company). オリジナル2007年9月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070927224050/http://www.hispanicbusiness.com/news/newsbyid.asp?id=74758&cat=Business+News&more=%2Fnews%2Fmore-business-news.asp 2007年9月4日閲覧。 
  30. ^ Brady, Jeff (2007年8月18日). “Woman mocks 300-page bill-in-a-box”. WFAA-TV news (Dallas/Fort Worth). 2007年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月22日閲覧。
  31. ^ Cheng, Jacqui (2007年8月22日). “AT&T says "No more 300-page iPhone bills"”. Ars Technica. 2007年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月22日閲覧。
  32. ^ Swett, Clint (2007年8月23日). “Long iPhone bills go away”. The Sacramento Bee. オリジナル2008年1月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080121145845/http://www.sacbee.com/103/story/339802.html 2007年8月23日閲覧。 
  33. ^ McNevin, Greg (2007年8月29日). “No More 300 Page Bills for iPhone Customers”. Image and Data Manager, Australia. Knapp Communications. 2007年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月4日閲覧。
  34. ^ 300-page iPhone bill that's as thick as a novel”. The Daily Mail (2007年8月28日). 2007年9月4日閲覧。
  35. ^ Blankenhorn, Dana. “The iPhone bill demonstrates need for open spectrum”. ZDNet. CNET Networks. 2007年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月19日閲覧。
  36. ^ Brenn, Max. “Massive AT&T iPhone Bills Considered Useless”. eFluxMedia. 2007年8月19日閲覧。
  37. ^ Brown, Jorg (2007年8月17日). “iPhone Billing and International Issues”. TidBITS. 2007年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月19日閲覧。
  38. ^ A bill in a box is a waste”. Toledo Blade (2007年8月23日). 2007年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月14日閲覧。
  39. ^ Smit, Martina (2007年8月24日). “iPhone bill is as thick as a novel”. Daily Telegraph. オリジナル2007年10月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071012173906/http://telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2007/08/24/wiphone124.xml 2007年9月7日閲覧。 
  40. ^ Weigel, David (2007年8月16日). “Hit & Run > The Feeding of the 300”. Reason Magazine. 2007年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月20日閲覧。
  41. ^ Kuchera, Ben (2007年). “iPhone bill is surprisingly Xbox HUGE (lol)”. Ars Technica. 2007年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月20日閲覧。
  42. ^ Bora, Madhusmita (2007年8月16日). “Business: iPhone bills land with a thump”. St. Petersburg Times. オリジナル2007年8月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070818165812/http://www.sptimes.com/2007/08/16/Business/iPhone_bills_land_wit.shtml 2007年8月19日閲覧。 
  43. ^ Barnett, Megan (2007年8月14日). “Daily Brief: Little Phone, Big Bill”. Portfolio.com. Condé Nast. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月19日閲覧。 “At the end of the bill, if anyone actually reads that far, the phone company has an announcement to make. "The New AT&T is going green."”
  44. ^ “AT&T drops iPhone bills that ran hundreds of pages”. CNNMoney.com. (2007年8月23日). オリジナル2007年10月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071014043140/http://money.cnn.com/2007/08/23/technology/iphone_bill/index.htm? 2007年9月22日閲覧. "Brophy's blog post asked "Has anyone on the Apple Environmental Team seen an AT&T bill?" Former Vice President Al Gore, an environmental activist, sits on the Apple board." 
  45. ^ Fink, R. (2007年8月27日). “The Packet Rat : Commentary: The other shoe — measured by the ton — drops with the iPhone bill”. Government Computer News. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ビデオ[編集]

ブログ[編集]