iPhone (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アップル > iPhone > iPhone (初代)
iPhone
IPhonelogo.svg
IPhone 1st Gen.svg
iPhone (初代) ブラック
開発元 アップル
製造元 フォックスコン (OEM)[1]
種別 スマートフォン
世代 第一世代 (1G)
発売日 2007年6月29日 (2007-06-29)
売上台数 610万台[要出典]
OS iOS 1.0 (初期搭載)
iOS 3.1.3
CPU Samsung 32-bit RISC ARM 1176JZ(F)-S v1.0[2] 620 MHz
412 MHzまでアンダークロック[3]
メモリ 128 MB eDRAM[4]
ストレージ 4, 8, 16 GB フラッシュメモリ
ディスプレイ 3.5インチディスプレイ(対角線上)
解像度 320×480-ピクセル、163 ppi
アスペクト比 2:3
18-bit (262,144-color) LCD
グラフィック PowerVR MBX Lite 3D GPU[5]
入力機器 マルチタッチパネルディスプレイ
3軸加速度計
近接センサー英語版
周囲光センサー
マイクロフォン
ヘッドセットコントロール
デジタルカメラ 2.0 MPジオタギング付き
外部接続 クワッドバンド英語版 GSM/GPRS/EDGE
(850 900 1,800 1,900英語版 MHz)
Wi-Fi (802.11 b/g)
Bluetooth 2.0
USB 2.0/Dockコネクタ[6]
電源 内蔵再充電可能リチウムイオン充電池[7] 3.7 V 1400 mAh
オンラインサービス App Store, iTunes Store, MobileMe, Safari
サイズ 縦 115 mm (4.5 in)
横 61 mm (2.4 in)
奥行 11.6 mm (0.46 in)
重量 135 g (4.8 oz)
前世代ハード ROKR E1
次世代ハード iPhone 3G
関連商品 iPad, iPod touch一覧英語版
ウェブサイト Apple - iPhone (Archive)

iPhone(アイフォーン)は、アップルが販売したスマートフォンである。この項目では、初代のiPhoneレトロニムオリジナルiPhoneiPhone 2GiPhone 1)について記述する。

アップルが携帯電話を開発するという噂は以前からあったものの[8]、2007年1月9日[9]に正式発表され、同年6月29日にアメリカで発売された。クワッドバンド英語版 GSMセルラー接続、GPRSEDGEによるデータ転送に対応している。

画面サイズは3.5インチ。

ソフトウェアアップデートは終了しており、最後の公式ファームウェアバージョンはiPhone OS 3.1.3である。

歴史[編集]

開発[編集]

アップルのスティーブ・ジョブズは、タブレットコンピュータのようにキーボードマウスを用いず、マルチタッチパネルを用いるディスプレイへの直接入力を発想し、これをサイドプロジェクトとしての研究を技術者集団へ指示し[10]、試作品やユーザインタフェースを見直していた時に携帯電話へ技術を実装するアイディアを発想[11]している。2005年に開始されたProject Purple 2[12]は、AT&T(旧シンギュラー・ワイヤレス)とコラボレーションしながら、推定1億5千万ドルの開発費と30か月間以上を費やして極秘にデバイス製作[13]している。モトローラとのコラボレーションであるMotorola ROKR E1が失敗に終わったことで委員会による設計英語版を採用されていない[14][15]

初代iPhoneは2007年1月9日にカリフォルニア州サンフランシスコモスコーニ・ウェストで開催されたMacworld Conference & Expo基調講演[16]でスティーブ・ジョブズによって、「2年半の間、この日を楽しみにしていた」「本日、アップルは電話を再発明する」[17]、iPhoneは「タッチ操作のできるワイドスクリーンのiPod」「革命的な携帯電話」「インターネットコミュニケーター」の3つを統合したデバイス[18]であると発表されている。

発売[編集]

2007年6月29日、アメリカ合衆国での発売時にApple StoreAT&T直営店の周囲では発売日前から1000人が行列し[19]、多くの店では1時間程度で完売状態になりPlayStation 3の発売英語版時に発生した様な強盗や銃撃を防ぐため、非番の警察官が店舗を警備[20]する騒動になる。アメリカ人の10人に6人がiPhoneは発売前からチェックしていた[21]とする調査結果もある。同年11月にイギリスフランスドイツで、2008年春にはアイルランド共和国オーストリアでも発売される。その他の地域(カナダオーストラリア日本など)では発売されず、後継機種のiPhone 3Gを待たなければならなかった。

リリース後[編集]

2007年9月5日にiPhoneから携帯電話ネットワークを介しての電話・インターネット機能を削除したタッチスクリーン機器のiPod touchが発売されると同時に、iPhone 8GBモデルが599ドルから399ドルに値下げされ、4GBモデルは販売終了[22]になる。iPhoneの販売台数は発売開始74日後に100万台を達成[23]した。値下げに関する多くの苦情を受けたアップルは値下げ前に購入したユーザーにストアクレジットを付与した[24]

2008年2月5日に16GBモデルを発売[25]し、3月6日にiPhone OS 2.0対応アプリケーション製作用SDKを開発者へ向けてリリースしている。6月9日に後継機種となるiPhone 3Gを発表して7月11日に出荷を開始[26]したことにより、初代iPhoneは総売上台数6,124,000台で販売を終了している[要出典]

アップルは初代iPhoneを単に「iPhone」と呼んでいたが、2010年7月プレスリリース以降「初代iPhone (the original iPhone)」とも表記されている[27]

ユニークなアクティベーション[編集]

アクティベーション[編集]

初代iPhoneは、初回起動時はロック画面に「Activate iPhone,Connect to iTunes」と表示され、iTunesに繋いでアクティベーションする事を促される。

ユーザーが自らiPhoneのキャリアとの回線契約やAppleIDの登録をこのiTunes上のアクティベーションプロセスの中で行う。

これまでの一般的な携帯電話は、キャリアなどの店頭でアクティベーションや回線契約を行うのが基本であったが、この初代iPhoneは、iPodのようにiPhone本体を購入してユーザーが自ら自宅やオフィスのMacやパソコンのiTunes上でアクティベーションとキャリアとの回線契約を行うという大変ユニークなものであった。

アクティベーションしない場合は緊急電話機能のみ利用できる。

キャリアとの回線契約[編集]

ユーザーがiTunes上で自ら行う。

方法[編集]

iPhoneをMacもしくはWindows PCとUSB接続し、iTunes上で料金プランの選択、個人情報の記入、そして、キャリアとの契約を結ぶ。

キャリアとの回線契約に必要なもの[編集]

キャリアとポストペイド(後払い)契約を結ぶ場合は、

  • 販売国の住所
  • 販売国で発行されたクレジットカードやデビットカード
  • 社会保障番号(アメリカの場合)

が、必要となるが、プリペイド(先払い)契約の場合は不要である。

この為、社会保障番号がない短期滞在者や旅行者がポストペイド契約を行う事は極めて困難であった。

利点[編集]

ユーザーが自らiTunesでアクティベーション、契約を行うので、手順がシンプルであり、また、ユーザーがiPhoneを手にする前にアクティベーションのためにユーザー以外の誰かがiPhoneを開封する事もなく、工場出荷時の未開封の綺麗な状態のiPhoneを入手する事ができる。

トラブル[編集]

このようにシンプルな反面、ユーザー側が自らiTunesで回線契約を行うというのは前例がなく、トラブルも起きた。

iPhone本体の購入は誰でも可能な為、最初からキャリアと契約するつもりのないSIMアンロックなど不正改造目的であったり、転売目的で、購入する者も後を絶たなかった。 この為、アップルストアではiPhoneは1人2台まで購入可能という制限を設けた。 それでも、現金で購入されると、意味をなさなくなるので、購入には現金は受け付けずクレジットカードのみに制限された。 その為、iPhoneを複数店舗で大量に購入しようとした華僑に対しスタッフが販売を拒否するという珍事も起きた。

アメリカでは、ユーザーが、独占キャリアであるAT&TとiTunes上でiPhoneの回線契約をした後日、多くは300ページなど大量の請求書がAT&Tから送られてきた事が立て続けに起こり、多くのメディアから紙の無駄、不経済であるとの理由で、AT&Tに対する批判が噴出した。

その後[編集]

このiTunesでアクティベーション、回線契約を結ぶ方式は初代iPhoneでのみ実施され、iPhone 3Gからは、本体の購入と同時に契約を行う方式に変更された。iPhone 3

デザイン[編集]

金属とプラスチックを用いる初代iPhone背面

初代iPhoneには前面にコーニング製の強化ガラス[28]を使った3.5インチ (89 mm)のマルチタッチスクリーンが搭載されている。また、5つの物理的なボタンはiPhoneの後継機種にも受け継がれている。そしてメタルフレームはクロムメッキ (Chrome plating仕様である。背面がアルミニウムと黒のプラスチックになっているのは金属でセルラーやWi-Fi信号をブロックしないためである[29]

カメラは背面の左上に搭載され、ヘッドホンソケットは他モデルとは異なり、大半のヘッドセットと互換性が無くアダプタを介して接続する仕様[30]である。

ソフトウェア[編集]

iPhoneは販売している間、Mac OS Xベースであるとしていたが、オペレーティングシステムの名前はiPhone 2.0 SDKにてOS X iPhone(現iOS)であることが明らかにされた[31]。アップルは初代iPhoneにバンドルされていたものを含め5つの主要なiPhone対応ソフトウェアをリリースしている。

現在では初代、3GのiPhoneでのソフトウェアアップデートは終了しているが、非公認のサードパーティがAndroidをiPhoneで起動させるためなどのカスタムファームウェアを制作している。

ソフトウェアのバージョンアップ[編集]

初リリースのオペレーティングシステムにはビジュアルボイスメール、マルチタッチジェスチャー、HTMLメール、Safariウェブブラウザ、スレッドテキストメッセージング、YouTubeが使用可能だったが、MMS、アプリケーション、コピー・アンド・ペーストはサポートされていなかったため、脱獄することによってそれらの機能を使用可能にしようとした。公式的なソフトウェアアップデートでそれらの機能は段階的に追加されていった。

2008年7月11日のOS X iPhone 2.0によってアプリケーション、Microsoft Exchangeに対応、プッシュメールが追加された。

2009年6月17日のiPhone OS 3.0ではコピー・アンド・ペースト、新しいYouTubeの機能が追加されたが、初代iPhoneは対応から外された。

iPhone 3Gと同じCPU/RAM/GPUを搭載している初代iPhoneだったが、3Gと異なりiOS4にアップデート出来ないため、初代iPhoneにiOS 4/5の機能を移植させるサードパーティー製プロジェクトがある[32]

評価[編集]

ニューヨーク・タイムズウォール・ストリート・ジャーナルはiPhoneの評価に関して肯定的かつ慎重な論調だった。主な批判としてAT&Tの2.5G EDGEネットワークが比較的遅いことと、携帯電話として3Gサービスを使うことができないことを挙げている。

ウォール・ストリート・ジャーナルの技術コラムニストであるウォルター・モスバーグ英語版は「いくつかの欠点や機能の足りない点はあるものの、iPhoneはハンドヘルドコンピュータよりバランスが取れていて美しい。」と述べている[33]

タイム誌はiPhoneを2007年における「今年の発明品」に選出している[34]

関連項目[編集]

iPhoneのモデルのタイムライン[編集]

iPhone 8iPhone SE (1st generation)iPhone 12iPhone 12iPhone SE (2nd generation)iPhone 11iPhone XRiPhone 12 ProiPhone 12 ProiPhone 11 ProiPhone XSiPhone XiPhone 7iPhone 6SiPhone 6iPhone 5SiPhone 5CiPhone 5iPhone 4SiPhone 4SiPhone 4iPhone 3GSiPhone 3GiPhone (1st generation)
出典: Apple Newsroom Archive[35]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Dalrymple, Jim (July 28, 2009), iPhone manufacturer to pay family of dead worker, CNET, http://news.cnet.com/8301-13579_3-10297254-37.html 2010年4月6日閲覧。 
  2. ^ Patterson, Blake (July 7, 2008), Under the Hood: The iPhone’s Gaming Mettle, touchArcade, http://toucharcade.com/2008/07/07/under-the-hood-the-iphones-gaming-mettle/ 2009年3月20日閲覧。 
  3. ^ Dilger, Daniel Eran (March 20, 2008), iPhone 2.0 SDK: Video Games to Rival Nintendo DS, Sony PSP, RoughlyDrafted Magazine, http://www.roughlydrafted.com/2008/03/20/iphone-20-sdk-video-games-to-rival-nintendo-ds-sony-psp/ 2009年5月12日閲覧。 
  4. ^ Apple (Samsung S5L8900) applications processor with eDRAM, SUBM TechInsights, http://www.ubmtechinsights.com/reports-and-subscriptions/device-library/Device-Profile/?SINumber=18016 2009年5月12日閲覧。 
  5. ^ Clarke, Peter (July 6, 2007), “Update: U.K. graphics specialist confirms iPhone design win”, EE Times: pp. 1-2, http://www.eetimes.com/news/semi/showArticle.jhtml?articleID=200900740 2009年6月20日閲覧。 
  6. ^ iPhone – Tech Specs, Apple; Wayback machine, (July 14, 2007), オリジナルのJuly 14, 2007時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070714051039/http://www.apple.com/iphone/specs.html 2009年1月19日閲覧。 
  7. ^ iPod and iPhone Battery and Power Specifications, iPodBatteryFAQ.com, http://www.ipodbatteryfaq.com/ipodbatteryandpower.html 2009年5月12日閲覧。 
  8. ^ Dolan, Brian, Timeline of Apple "iPhone" Rumors (1999–Present), http://www.fiercewireless.com/story/timeline-apple-iphone-rumors-1999-present 2008年2月17日閲覧。 
  9. ^ Honan, Mathew (2007年1月9日). “Apple unveils iPhone”. Macworld. http://www.macworld.com/article/54769/2007/01/iphone.html 2008年4月6日閲覧。 
  10. ^ cfgvhbj, Peter (2007年1月9日). “Macworld Expo Keynote Live Update”. Macworld. http://www.macworld.com/news/2007/01/09/liveupdate/index.php 2007年2月1日閲覧。 
  11. ^ ウォルター・モスバーグ英語版; カラ・スウィッシャー英語版 (2010年6月2日). D8: Steve Jobs on the iPhone's Origin. All Things Digital.. 該当時間: 0:20. http://live.wsj.com/video/d8-steve-jobs-on-the-iphone-origin/3BBFA695-DC39-4834-9E39-7097C9CE1243.html 2010年6月20日閲覧。 
  12. ^ Murtazin, Eldar (2010年6月20日). “Apple's Phone: From 1980s' Sketches to iPhone. Part 3”. Mobile-review. http://mobile-review.com/articles/2010/iphone-history3-en.shtml 2011年3月27日閲覧。 
  13. ^ Vogelstein, Fred (January 9, 2008), “The Untold Story: How the iPhone Blew Up the Wireless Industry”, Wired News (Condé Nast Publications): p. 4, http://www.wired.com/gadgets/wireless/magazine/16-02/ff_iphone 2008年1月10日閲覧。 
  14. ^ Lewis, Peter (2007年1月12日). “How Apple kept its iPhone secrets”. CNNMoney.com. http://money.cnn.com/2007/01/10/commentary/lewis_fortune_iphone.fortune/index.htm 2009年1月11日閲覧。 
  15. ^ Vogelstein, Fred (January 9, 2008), “The Untold Story: How the iPhone Blew Up the Wireless Industry”, Wired News (Condé Nast Publications): p. 4, http://www.wired.com/gadgets/wireless/magazine/16-02/ff_iphone 2008年1月10日閲覧。 
  16. ^ Cohen, Peter (March 13, 2007), “Macworld Expo Keynote Live Update”, Macworld, http://www.macworld.com/article/54764/2007/01/liveupdate.html 2010年7月21日閲覧。 
  17. ^ Farber, Dan (January 9, 2007), “Jobs: Today Apple is going to reinvent the phone”, ZDNet "Between the Lines" blog, http://www.zdnet.com/blog/btl/jobs-today-apple-is-going-to-reinvent-the-phone/4249 2010年6月20日閲覧。 
  18. ^ Jobs, Steve (2007年1月19日). Macworld San Francisco 2007 Keynote Address. San Francisco: Apple, Inc... http://www.apple.com/quicktime/qtv/mwsf07/ 
  19. ^ (PDF) Apple Inc. Q3 2007 Unaudited Summary Data, Apple Inc., (July 25, 2007), http://images.apple.com/pr/pdf/q307data_sum.pdf 2008年6月6日閲覧。 
  20. ^ Hart, Kim; Valle Sabrina (2007年6月30日). “Macworld Expo Keynote Live Update”. The Washington Post. http://www.macworld.com/news/2007/01/09/liveupdate/index.php 2007年2月1日閲覧。 
  21. ^ Johnson, Bobbie (2007年6月30日). “iPhone causes big Apple swarm in Big Apple storms”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/news/2007/jun/29/usnews.apple 2007年2月1日閲覧。 
  22. ^ Apple Sets iPhone Price at $399 for this Holiday Season, Apple, http://www.apple.com/pr/library/2007/09/05iphone.html 2010年6月21日閲覧。 
  23. ^ Apple Sells One Millionth iPhone, Apple, http://www.apple.com/pr/library/2007/09/10iphone.html 2010年6月21日閲覧。 
  24. ^ Jobs, Steve, To all iPhone customers:, Apple, http://www.apple.com/hotnews/openiphoneletter/ 
  25. ^ Apple Adds New iPhone & iPod touch Models, Apple, http://www.apple.com/pr/library/2008/02/05iphoneipodtouch.html 2010年6月21日閲覧。 
  26. ^ Apple Introduces the New iPhone 3G, Apple, http://www.apple.com/pr/library/2008/06/09iphone.html 2010年6月21日閲覧。 
  27. ^ Statement by Apple on iPhone 4 reception issues, Apple, (2010年7月2日 (2010-07-02)), http://www.apple.com/pr/library/2010/07/02appleletter.html 2010年7月2日 (2010-07-02)閲覧。 
  28. ^ Apple、ゴリラガラスのCorningに2億ドル出資” (日本語). ITmedia NEWS. 2019年10月6日閲覧。
  29. ^ That damned recessed iPhone headphone jack, ZDNet, オリジナルの2009-06-29時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090629052413/http://blogs.zdnet.com/Apple/?p=828 2012年9月1日閲覧。 
  30. ^ That damned recessed iPhone headphone jack, ZDNet, オリジナルの2009-06-29時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090629052413/http://blogs.zdnet.com/Apple/?p=828 2012年9月1日閲覧。 
  31. ^ WWDCの横断幕にみるアップルの歴史2002-2012 - 2008年 iPhone 3G
  32. ^ Whited00r, http://www.whited00r.com/ 
  33. ^ “iPhone rush despite mixed reviews”. The Australian. (2007年7月3日). http://www.theaustralian.com.au/australian-it/iphone-rush-despite-mixed-reviews/story-e6frgalx-1111113871271 2007年2月1日閲覧。 
  34. ^ Grossman, Lev (2007年10月31日). “Invention Of the Year: The iPhone”. Time. http://www.time.com/time/business/article/0,8599,1678581,00.html 2008年6月6日閲覧。 
  35. ^ Apple Inc. (2007-2020). iPhone News - Newsroom Archive. Retrieved january 28, 2021.

外部リンク[編集]

iPhone - Technical Specifications - 技術仕様(英語)

先代:
-
iPhone (初代)
第1世代
次代:
iPhone 3G