iPhone 13 Pro

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
IPhone 13 Pro wordmark.svg
IPhone 13 Pro vector.svg
iPhone 13 Pro シエラブルー
ブランド Apple
キャッチコピー すべてがプロ。
Oh. So. Pro.
Generation 15世代
販売開始日 2021年9月24日 (2か月前) (2021-09-24)
先代機 iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
関連機種 iPhone 13 mini
iPhone 13
フォームファクタ スマートフォン
サイズ

Pro:
高さ: 146.7 mm
幅: 71.5 mm
厚さ: 7.65 mm
Pro Max:
高さ: 160.8 mm
幅: 78.1 mm

厚さ: 7.65 mm
重量 Pro: 203g
Pro Max: 238g
OS iOS 15.0(19A341)
iOS 15.0.1 (19A348)
SoC A15 Bionic
CPU 6コア (高性能コア×2 + 高効率コア×4)
GPU Apple独自設計 5コア
メインメモリ LPDDR4X 6GB
ストレージ 128 GB, 256 GB, 512 GB, 1 TB
バッテリー Pro: 11.97Wh
Pro Max: 16.75Wh
入力方式 マルチタッチ静電容量方式
ディスプレイ
  • Pro: 6.1インチ(155mm) 対角、2532×1170ピクセル, 460ppi[1]
  • Pro Max: 6.68インチ, 2778×1284ピクセル, 458ppi[1]
  • ProMotion搭載Super Retina XDR
  • P3広色域
  • 1000 cd/m2最高輝度(通常), 1200 cd/m2最高輝度(HDR) [1]
背面カメラ 1200万画素(4032×3024px)
超広角: 13mm F1.8
広角: 26mm F1.5
望遠: 77mm F2.8
前面カメラ 1200万画素TrueDepthカメラ
サウンド 空間オーディオ、Dolby Atmos
接続 3GLAA対応4GEVS-SWB)・5G(Sub6)
Wi‑Fi 6
Bluetooth 5.0

iPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro Maxは、Appleが設計・販売するスマートフォンである。2021年9月14日に発表され、9月24日に発売される[2]。本製品は、2021年9月14日に事前ビデオ収録によるオンライン開催されたApple Special Eventにおいて、iPhone 13iPhone 13 miniとともに発表された[3]

前モデルからの主なアップグレードは、カメラ性能の強化・向上、新しいA15 Bionic SoC、ProMotionと呼ばれる10〜120Hzの可変リフレッシュレートディスプレイなどである[4]

希土類元素スズタングステンなどリサイクル素材利用率が高い[5]

歴史[編集]

iPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro Maxは、第9世代iPad第6世代iPad miniApple Watch Series 7、iPhone 13およびiPhone 13 miniとともに、2021年9月14日に米国カリフォルニア州クパチーノのApple Parkで撮影・収録されたバーチャルプレスイベントで正式に発表された[6]。予約注文は、9月17日午前5時(PST)に開始された[7]。価格は、それぞれの前世代と同じ、iPhone 13 Proが999米ドル、iPhone 13 Pro Maxが1099米ドルからである[8]

デザイン[編集]

画面上部のスピーカーの位置が移動し、ノッチの大きさが以前のiPhoneモデルよりも20%程度小型化されている[9]。また、背面のカメラが大型化している[9]

シルバー、グラファイト、ゴールド、シエラブルーの4色が用意されている。シエラブルーはパシフィックブルーに代わる新しい色で、グラファイトはスペースグレイから変更した名称である。

名前
シルバー
グラファイト
ゴールド
シエラブルー

仕様[編集]

日本では全ての販売網・キャリアで、SIMフリー(SIMロックのない状態)で販売される[10]

ハードウェア[編集]

iPhone 13 Pro、 iPhone 13 Pro Maxには、iPhone 13、13 miniと同様、A15 Bionicプロセッサが搭載されているが、iPhone 13、13 miniには4コアのGPUが搭載されているのに対し、iPhone 13 Pro、Pro Maxには5コアのGPUが搭載されている[11]。5Gモデムとして、Snapdragon X60[12]が搭載されている[13]

ディスプレイ[編集]

iPhone 13 Proは6.1インチのディスプレイを備えており、より大きなiPhone 13 Pro Maxは6.7インチのディスプレイを備えている。どちらのモデルにもSuperRetina XDR OLEDディスプレイが搭載されており、iPhoneでは初めてProMotion可変リフレッシュレートが搭載されている。いずれもiPhone 12シリーズ同様、表面に強化ガラスのCeramic Shieldを採用している[14]

カメラ[編集]

iPhone 12 Pro、12 Pro Max同様に超広角・広角・望遠の3つのカメラが搭載されているが、従来より大きなセンサーと明るいレンズが搭載され[15][16]、広角カメラでは高精度のセンサーシフト式手ブレ補正を行う。光学式手ぶれ補正を備え、新たにナイトモードにも対応した望遠カメラは3倍ズーム(参考:iPhone 12 Proの2倍ズーム、12 Pro Maxの2.5倍ズーム)に強化され、超広角カメラと合わせて最大6倍の光学ズームに対応している。より速いセンサーを備えた超広角カメラでは、モード切替え無しで2cmまで寄れるマクロ写真撮影、マクロビデオ撮影ができる[17]

低照度での撮影に強くなり、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの広角カメラの場合、暗い場所での性能が最大2.2倍向上(iPhone 12 Pro、12 Pro Max比)した[18]

また、背面には引き続きLiDARが搭載され、ARに用いられる他、暗い場所での撮影時にオートフォーカスにも使用され、ナイトモードポートレートも撮影可能である。

TrueDepthカメラは従来通り1200万画素となっており、赤外線センサーを備えFace IDに利用される。iPhone 11シリーズ以降から搭載されたナイトモードに対応し、4Kビデオ撮影(最大60fps)が可能である。

全てのカメラでスマートHDR 4、シネマティックモード、最大4K/30fps(128GBモデルは1080p/30fps)のProResでの録画にも対応している[17]

スピーカー[編集]

iPhone 7以降のモデルと同様に、液晶画面側の上部の通話用スピーカーと本体下面にスピーカーが内蔵され、横画面で使う時にはステレオスピーカーとなる。またiPhone 1111 Proシリーズから導入された「サイコ・アコースティック」[19]による空間オーディオにも対応する。

マイク[編集]

これまで同様、上部と本体下面、3カメラ部分に内蔵され、ステレオ音声収録が可能な他、高度な環境音抑制ノイズキャンセリングが行われる。

「電話ノイズキャンセリング」設定は、「アクセシビリティ」に項目として用意されている。

バッテリー[編集]

iPhone 13 ProはiPhone 12 Proよりも最大で1.5時間バッテリー駆動時間が長く、iPhone 13 Pro MaxはiPhone 12 Pro Maxより最大で2.5時間バッテリー駆動時間が長く、iPhone史上最も長いバッテリー駆動時間(2021年9月14日現在)となっている[20][21]

急速充電[編集]

iPhone 13 Pro/Pro Maxには急速充電に対応するApple USB-C - Lightningケーブルが添付されている[22]。20Wで急速充電を行うと30分で50%まで充電できる[5]。iPhone 13 Pro Maxでは、30Wを超えるUSB-C電源アダプタを使用すると27Wが最大出力になる[23]。iMacのUSB-Cポートでは15Wでの急速充電が出来る他、MacのUSB Type-AポートでもUSB-PDより遅い10Wで急速充電ができる。

MagSafeでのワイヤレス充電では、最大15Wに対応する。また、Qiワイヤレス充電では、最大7.5Wに対応する[22]

ソフトウェア[編集]

iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxには、初期出荷ではiOS 15 (19A341)がインストールされている。このiOS 15は単体リリース前のビルドであり、正式版の19A346にアップデートが促される。10月1日、Apple Watchでロック解除できない不具合などが解消された15.0.1(19A348)がリリースされた[24]

5G対応と通信速度[編集]

5G NR[編集]

ドコモでは受信最大4.2Gbps/送信最大218Mbps[25]と発表されている。KDDIでは受信最大4.2〜3.7Gbps/送信最大218Mbps[26]と発表されている。

5G NRの対応周波数: n1 (2100MHz)・n2 (1900MHz)・n3 (1800MHz)・n5 (850MHz)・n7 (2600MHz)・n8 (900MHz)・n12 (700MHz) ・n20 (800DD)・n25 (1900MHz)・n28 (700APT)・n29 (700Lower SMH)n30 (2300WCS)・n38 (TD2600)・n40 (TD2300)・n41 (TD2500)・n66 (AWS-3)・n71 (600 MHz)・n77 (TD3700)・n78 (TD3500)・n79 (TD4700)[22]

※太字は新たに加わったバンド。

※斜体は、日本国内で対応するsub-6GHz帯[27]

4G[編集]

ドコモでは受信最大1.7Gbps/送信最大131.3Mbps[28]と発表されている。

  • FDD-LTE:バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71。
  • TD-LTE:バンド34、38、39、40、41、42、46、48。

iPhoneモデルのタイムライン[編集]

iPhone 8iPhone SE (1st generation)iPhone 12iPhone 12iPhone SE (2nd generation)iPhone 11iPhone XRiPhone 12 ProiPhone 12 ProiPhone 11 ProiPhone XSiPhone XiPhone 7iPhone 6SiPhone 6iPhone 5SiPhone 5CiPhone 5iPhone 4SiPhone 4SiPhone 4iPhone 3GSiPhone 3GiPhone (初代)
出典: Apple Newsroom Archive[29]

参照[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max - 仕様”. Apple(日本). 2021年9月17日閲覧。
  2. ^ iPhone13の最新情報|発売日はいつ?値段・予約開始日・スペックをレビュー | bitWave” (日本語). bitwave.showcase-tv.com. 2021年9月17日閲覧。
  3. ^ iPhone 13 Pro and iPhone 13 Pro Max” (英語). Apple. 2021年9月14日閲覧。
  4. ^ 西田宗千佳 (2021年9月15日). “「iPhone 13」のコスパが目を引く理由……アップルの意気込みは「動画」に” (日本語). www.businessinsider.jp. 2021年9月25日閲覧。
  5. ^ a b iPhone 13 Pro Max - 技術仕様”. support.apple.com. 2021年10月1日閲覧。
  6. ^ Apple、これまで以上にプロなiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxを発表” (日本語). Apple Newsroom (日本). 2021年9月17日閲覧。
  7. ^ iPhone13をお得に予約する方法|発売日当日にスムーズに受け取るコツ | bitWave” (日本語). bitwave.showcase-tv.com. 2021年9月17日閲覧。
  8. ^ Garrett. “Every difference between the iPhone 13, Mini, Pro and Pro Max” (英語). CNET. 2021年9月15日閲覧。
  9. ^ a b 【先行レビュー】実機で確かめた、iPhone 13シリーズの進化と選び方のポイント” (日本語). CNET Japan (2021年9月21日). 2021年9月25日閲覧。
  10. ^ 「iPhone 13」シリーズは4キャリアとも“SIMロックなし”” (日本語). ITmedia Mobile. 2021年9月19日閲覧。
  11. ^ Espósito (2021年9月15日). “iPhone 13 Pro's A15 Bionic chip has more powerful GPU than regular iPhone 13” (英語). 9to5Mac. 2021年9月15日閲覧。
  12. ^ クアルコム、5Gモデム「Snapdragon X60」を発表--2021年のスマホに搭載へ” (日本語). CNET Japan (2020年2月19日). 2021年9月24日閲覧。
  13. ^ (日本語) iPhone 13 Pro拆解:想要13香,记得买Pro【享拆】-XYZONE, https://www.youtube.com/watch?v=OezZipgzvrg 2021年9月24日閲覧。 
  14. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月24日). “楽天モバイル、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」、「iPhone 13」、「iPhone 13 mini」を9月24日(金)に発売” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月25日閲覧。
  15. ^ iPhone 13Pro, 12 Pro, 11 Pro - モデルを比較する” (日本語). Apple(日本). 2021年9月20日閲覧。
  16. ^ iPhone 13 Pro Max, 12 Pro Max, 11 Pro Max- モデルを比較する” (日本語). Apple(日本). 2021年9月20日閲覧。
  17. ^ a b Silberling, Amanda. “iPhone 13 Proのカメラに「マクロ」「暗所での撮影」「映画製作向け機能」のアップデート” (英語). TechCrunch Japan. 2021年9月16日閲覧。
  18. ^ iPhone 13 Pro・iPhone 13 Pro Maxの製品情報 | au 法人・ビジネス・会社向け | KDDI株式会社” (日本語). biz.kddi.com. 2021年9月25日閲覧。
  19. ^ 実際に使ってわかった「iPhone 11」の超絶進化 | スマホ・ガジェット” (日本語). 東洋経済オンライン (2019年9月17日). 2021年9月17日閲覧。
  20. ^ Inc, mediagene (2021年9月15日). “iPhone史上最長! 新作iPhone 13 Pro Maxのバッテリーは最大2.5時間も長持ちするよ #AppleEvent” (日本語). www.gizmodo.jp. 2021年9月17日閲覧。
  21. ^ Mayo, Benjamin (2021年9月16日). “iPhone 13 battery capacities increase significantly as Apple claims up to 2.5 hours of additional battery life” (英語). 9to5Mac. 2021年9月17日閲覧。
  22. ^ a b c iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max - 仕様” (日本語). Apple(日本). 2021年9月16日閲覧。
  23. ^ Clark, Mitchell (2021年9月29日). “You can charge your iPhone 13 Pro Max much faster with the right power brick” (英語). The Verge. 2021年10月1日閲覧。
  24. ^ iOS 15.0.1 (19A348) - Releases - Apple Developer” (英語). developer.apple.com. 2021年10月2日閲覧。
  25. ^ iPhone(5G)通信・エリア | iPhone | NTTドコモ”. www.nttdocomo.co.jp. 2021年9月17日閲覧。
  26. ^ その他の超高速通信<受信/送信> | エリア:スマートフォン・携帯電話 | au”. www.au.com. 2021年9月23日閲覧。
  27. ^ 石野純也 (2020年10月16日). “iPhone 12シリーズは5G普及の起爆剤になるか 日本市場へのインパクトを読み解く” (日本語). ITmedia Mobile. 2020年10月16日閲覧。
  28. ^ iPhone(4G)通信・エリア | iPhone | NTTドコモ”. www.nttdocomo.co.jp. 2021年9月17日閲覧。
  29. ^ Apple Inc. (2007-2020). iPhone News - Newsroom Archive. Retrieved january 28, 2021.

外部リンク[編集]

先代:
iPhone 1212 mini
iPhone 12 Pro12 Pro Max
iPhone 1313 mini
iPhone 13 Pro/13 Pro Max

第15世代
次代:
-