iPhone 12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Apple > iPhone > iPhone 12・12 mini
iPhone 12・iPhone 12 mini
IPhone 12 wordmark.svg
IPhone 12 Blue.svg
iPhone12前面
ブランド Apple
キャッチコピー 英語: Blast past fast.
日本語: 早い話、速いです。[1]
販売開始日 iPhone 12
2020年10月23日[2]
iPhone 12 mini
2020年11月13日[2]
先代機 iPhone 11
後継機 iPhone 13
関連機種 iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
フォームファクタ スマートフォン
サイズ iPhone 12[3]
縦: 146.7mm
横: 71.5mm
厚さ: 7.4mm
iPhone 12 mini[3]
縦: 131.5mm
横: 64.2mm
厚さ: 7.4mm
重量 iPhone 12
162g[3]
iPhone 12 mini
133g[3]
OS iOS 14.1(初期搭載)16.1
SoC A14 Bionic[4]
メインメモリ 4GB[5]
ストレージ 64・128・256GB
ディスプレイ iPhone 12
6.1インチ[2] 2,532x1,170ピクセル 460ppi[6]
iPhone 12 mini
5.4インチ[2] 2,340x1,080ピクセル 476ppi[6]
サウンド 空間オーディオ・ドルビーアトモス
接続 2G3GLAA対応4GEVS-SWB)・5GWi‑Fi 6(802.11ax)Bluetooth 5.0
ウェブサイト www.apple.com/iphone-12/

iPhone 12(アイフォーン トゥエルブ)とiPhone 12 mini(アイフォーン トゥエルブ ミニ)は、Appleが開発・販売しているスマートフォンである。2020年10月13日(現地時間)に発表された[2][7][8]。第14世代のiPhoneである。

本体[編集]

デザイン[編集]

iPhone 12・12 miniは、iPhone 11などにあった丸みを帯びた側面デザインから、iPhone 4からiPhone 5Sまでに見られたフラットなデザインへと変更された[9]。2018年以降のiPad Proや第4世代のiPad Airと同様に、iPhone X以来の大幅な再設計となっている。ノッチのサイズは以前のiPhoneモデルと同様であるが、ベゼルサイズはiPhone11に比べて細くなっている。[10]

iPhone 12・12 miniのカラーはブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED英語版、グリーン、ブルーの五色である[11]

また2021年4月のAppleのイベントにて、新色としてパープルが追加。全6色となることが発表された。[12]

カラー 名前
ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED
グリーン
ブルー
パープル

ディスプレイ[編集]

iPhone 12・12 miniはディスプレイがiPhone 11のLiquid Retina HDからSuper Retina XDRになり[13]、Proシリーズ以外のiPhoneにもOLEDディスプレイが採用されることになった。表面のガラスは2.5Dからフラットへ戻り、ゴリラガラスで知られるコーニングが開発したCeramic Shieldでこれまでよりも4倍の落下耐性強度のあるものが使われている[14][15]。最大輝度は625ニト(標準)、1200ニト(HDR)。コントラスト比は2000000:1。

5G対応と通信速度[編集]

5G[編集]

日本国内では最大下り3.5Gbps(理論値)を実現する[16]。米国内ではミリ波(n260(39GHz)・n261(28GHz))に対応する[17]為、下り4Gbps/上り200Mbpsが最大速度(理論値)となる[16]

ドコモでは受信最大3.4Gbps/送信最大218Mbps[18]KDDIでは受信最大3.4Gbps/送信最大183Mbps[19]と発表されている。ソフトバンクでは受信最大2.4Gbps/送信最大110Mbpsに留まる[20]

5Gの対応周波数: n1 (2100MHz)・n2 (1900MHz)・n3 (1800MHz)・n5 (850MHz)・n7 (2600MHz)・n8 (900MHz)・n12 (700MHz) ・n20 (800DD)・n25 (1900MHz)・n28 (700APT)・n38 (TD2600)・n40 (TD2300)・n41 (TD2500)・n66 (AWS-3)・n71 (600 MHz)・n77 (TD3700)n78 (TD3500)n79 (TD4700)

※太字は、日本国内で対応するsub-6GHz帯[21]

4G[編集]

ドコモでは受信最大1.7Gbps/送信最大131.3Mbps[22]KDDIでは受信最大1Gbps/112.5Mbps[19]。ソフトバンクでは受信最大838Mbps/送信最大46Mbpsに留まる[20]

  • FDD-LTE:バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71。
  • TD-LTE:バンド34、38、39、40、41、42、46、48。

同梱物[編集]

EarPods

AppleはiPhone12やそれ以降に販売されるiPhone XRiPhone 11iPhone SE (第2世代)からAirPodsと電源アダプタの同梱を廃止した[23][24]。Appleによるとこれら一部の同梱品をなくすことで電子ごみの削減や、箱を小さくできることによって大量輸送による炭素排出量を削減できるとしている。Lightning - USB-C ケーブルが同梱されているものの[25]、iPhone 12以前まで同梱していた既存のUSB-A充電器との互換性はない。今までのUSB-A充電器とケーブルでも充電自体はできるが急速充電やMagSafe充電をするには別途販売されているUSB-C充電器が必要になることから[26]、結果として消費者は追加の費用で充電器を買うように強いられ、このようなアプローチで本当に環境保護に貢献をできるかどうかを疑問視する声もある[27]

iPhoneのモデルのタイムライン[編集]

iPhone 8iPhone SE (1st generation)iPhone 13 ProiPhone 13iPhone 12iPhone 12iPhone SE (2nd generation)iPhone 11iPhone XRiPhone 12 ProiPhone 12 ProiPhone 11 ProiPhone XSiPhone XiPhone 7iPhone 6SiPhone 6iPhone 5SiPhone 5CiPhone 5iPhone 4SiPhone 4SiPhone 4iPhone 3GSiPhone 3GiPhone (初代)
出典: Apple Newsroom Archive[28]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ ところで5Gって何?ライアン・レイノルズの解説CMがさっぱり分からない” (日本語). THE RIVER (2020年10月14日). 2020年10月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e 白石武志 (2020年11月14日). “Appleが「iPhone12」発表 初の5G対応、各社出そろう” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年11月10日閲覧。
  3. ^ a b c d iPhone 12とiPhone 12 mini - 仕様” (日本語). Apple(日本). 2020年11月10日閲覧。
  4. ^ 尾形聡彦 (2020年10月14日). “初の5G対応「iPhone 12」を発表 米アップル:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年10月18日閲覧。
  5. ^ iPhone 12シリーズのRAM容量が判明。iPhone 12/12 miniは4GB、iPhone 12 Pro/Pro Maxは6GB” (日本語). CoRRiENTE.top (2020年10月14日). 2020年10月18日閲覧。
  6. ^ a b iPhone 12とiPhone 12 mini - 仕様” (日本語). Apple(日本). 2020年11月13日閲覧。
  7. ^ 樋口隆充 (2020年10月14日). “Apple、5G対応の「iPhone 12」発表 「MagSafe」搭載、8万5800円から” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年10月16日閲覧。
  8. ^ Apple Event — October 13”. YouTube. 2020年10月28日閲覧。
  9. ^ 尾形聡彦 (2020年10月14日). “初の5G対応「iPhone 12」を発表 米アップル:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年11月11日閲覧。
  10. ^ Mayo, Benjamin (2020年4月13日). “Bloomberg: iPhone 12 to feature smaller notch and share design cues with iPad Pro, half-size cheaper HomePod later this year”. 9to5Mac. 2020年10月13日閲覧。
  11. ^ iPhone 12 and iPhone 12 mini - Technical Specifications” (英語). Apple. 2020年10月13日閲覧。
  12. ^ author (2020年7月16日). “iPhone 12(mini)・12 Pro(MAX)全10色!色選びで迷わない人気色・おすすめカラーは?グリーン・ゴールド?” (日本語). Happy iPhone. 2021年8月5日閲覧。
  13. ^ iPhone 12とiPhone 12 mini - 仕様” (日本語). Apple(日本). 2020年10月18日閲覧。
  14. ^ iPhone 12とiPhone 12 mini - 仕様” (日本語). Apple(日本). 2021年3月7日閲覧。
  15. ^ 橋本 新義 (2020年10月14日). “さらば画面割れ? iPhone 12の4機種はセラミックシールドで画面落下耐性4倍 - Engadget 日本版” (日本語). Engadget JP. 2022年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年10月18日閲覧。
  16. ^ a b 田中聡 (2020年10月14日). “5Gに対応した「iPhone 12」シリーズ、どのキャリアとバンドで使える?” (日本語). ITmedia Mobile. 2020年10月16日閲覧。
  17. ^ iPhone 12 Pro and 12 Pro Max - Technical Specifications” (英語). Apple. 2020年10月16日閲覧。
  18. ^ iPhone (5G) 通信・エリア | iPhone | NTTドコモ”. www.nttdocomo.co.jp. 2020年10月22日閲覧。
  19. ^ a b その他の超高速通信<受信/送信> | エリア:スマートフォン・携帯電話 | au”. www.au.com. 2020年10月22日閲覧。
  20. ^ a b [iPhone/iPad]データ通信速度はどのくらいですか? | よくあるご質問(FAQ) | サポート” (日本語). ソフトバンク. 2021年1月4日閲覧。
  21. ^ 石野純也 (2020年10月16日). “iPhone 12シリーズは5G普及の起爆剤になるか 日本市場へのインパクトを読み解く” (日本語). ITmedia Mobile. 2020年10月16日閲覧。
  22. ^ iPhone (4G) 通信・エリア | iPhone | NTTドコモ”. www.nttdocomo.co.jp. 2020年10月29日閲覧。
  23. ^ iPhone11とiPhone XRが電源アダプタとEarPodsの同梱廃止〜値下げ - iPhone Mania” (日本語). iPhone Mania (2020年10月14日). 2020年10月28日閲覧。
  24. ^ iPhone SE(第2世代)でもEarPodsと電源アダプタの同梱を廃止” (日本語). iPhone Mania (2020年10月15日). 2020年10月18日閲覧。
  25. ^ アップル、「iPhone 12」ではイヤホンと電源アダプターをオプション提供に” (日本語). CNET Japan (2020年10月14日). 2020年10月18日閲覧。
  26. ^ iPhone 12: Ditching chargers makes sense, but USB-C cables complicate things” (英語) (2020年10月15日). 2022年5月11日閲覧。
  27. ^ Chinese students sue Apple for not including a charger with the iPhone 12” (英語) (2020年10月27日). 2022年5月11日閲覧。
  28. ^ Apple Inc. (2007-2020). iPhone News - Newsroom Archive. Retrieved january 28, 2021.

外部リンク[編集]

先代
iPhone 11
iPhone 11 Pro11 Pro Max
iPhone SE (第2世代)
iPhone 12/12 mini
iPhone 12 Pro12 Pro Max

第14世代
次代
iPhone 1313 mini
iPhone 13 Pro13 Pro Max
iPhone SE (第3世代)