Xserve

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代 Xserve
初代 Xserve
2代目 Xserve G4
2代目 Xserve G4
Xserve G5
Xserve G5
Xserve G5 クラスタノード
Xserve G5 クラスタノード

Xserve(エックスサーブ)は、アップルが開発・販売していた、1Uラックマウントサイズのサーバ製品の名称、またはその派生および後継製品の総称である。最終モデルは、CPUにIntel Xeon 5500を搭載し、lights-out management (LOM) [1]に対応している。

オペレーティングシステムとしてMac OS Xをベースにサーバ利用に特化したMac OS X Server Unlimitedライセンスをバンドルし、リモート管理ソフトサーバモニタと、シリアルポートが搭載されている。ラックマウントサーバという性格上、Xserve G5まではビデオカードはオプションであったが、ユーザからの要望によりXeon搭載モデルからはメザニンボードとして標準搭載されている。

歴史[編集]

仕様[編集]

2009年4月7日発表と同時に発売開始 - 2011年1月31日で販売終了

  • OS : Mac OS X Server v10.5.6〜 v10.6 (Leopard Server, Snow Leopard Server)
  • CPU:Xeon 5500 2.26GHz 1個(4コア、仮想8コア)、もしくは2.26GHz、2.66GHz、2.93GHz 2個搭載(8コア、仮想16コア)
  • メモリー:最大48GB (1066MHz DDR3 ECC DIMM 12スロット)
  • ハードディスク:160 GB シリアルATA、最大6TBまで拡張可能、SAS対応、ホットプラグ対応
  • ソリッドステートドライブ:128GB (オプション、ドライブベイ非占有)
  • 光学式ドライブ:2層記録型対応 8x SuperDrive(DVD±R/RW)
  • 内蔵ビデオ回路: Nvidia GeForce GT 120 PCI Express(256MBのGDDR3 SDRAM、Mini-DisplayPort)
  • 入出力ポート:オンボード搭載のギガビットEthernetインターフェイス(10/100/1000BASE-T)2基:バックパネルにFireWire 800ポート2基、USB 2.0ポート2基、DB-9シリアルポート1基。フロントパネルにUSB 2.0ポート1基。
  • PCI Expressスロット: ハーフレングス(6.6インチ)16レーン PCI Express 2.0 スロット1基、9.25インチ 16レーンPCI Express 2.0 スロット1基。
  • PCI拡張オプション:以下のオプションが選択できる。
    • PCI Express Dual-cahnnel 4Gb Fibre Channel card
    • PCI Express Quad-channel 4Gb Fibre Channel card
    • PCI Express Dual-channel Gigabit Ethernet card
  • サイズ、重量:4.4cm(高さ)×44.7 cm(幅)×76.2 cm(奥行き)14.0kg(基本構成)
  • PCI Expressスロットを消費しない、専用Xserve RAIDカードがオプションとして用意され、内蔵のSATA/SAS HDDでハードウェアRAID 0/1/5/および拡張JBODに対応出来る。
  • ホットスワップ対応のロードシェア型冗長電源ユニットをオプションで追加出来る。
  • IPMI 2.0準拠


2008年1月8日発表と同時に発売開始

  • OS : Mac OS X Server v10.5.1〜10.5.4 (Leopard Server)
  • CPU:Xeon 5400 2.8GHz 1個(4コア)、もしくは2.8GHz、3.0GHz 2個搭載(8コア)
  • メモリー:最大32GB (800MHz DDR2 FB-DIMM 8スロット)
  • ハードディスク:80 GB シリアルATA、最大3TBまで拡張可能、SAS対応、ホットプラグ対応
  • 光学式ドライブ:2層記録型対応 8x SuperDrive(DVD±R/RW)
  • 内蔵ビデオ回路: ATI Radeon X1300 PCI Express(64MBのGDDR3 SDRAM、Mini-DVI-VGAアダプタ)BTOで外すことも可能
  • 入出力ポート:オンボード搭載のギガビットEthernetインターフェイス(10/100/1000BASE-T)2基:バックパネルにFireWire 800ポート2基、USB 2.0ポート2基、DB-9シリアルポート1基。フロントパネルにUSB 2.0ポート1基。
  • PCI Expressスロット: ハーフレングス(6.6インチ)8レーン PCI Express 2.0 スロット1基(オプションのアダプタにより133MHz PCI-Xを装着可能)、9.25インチ 16レーンPCI Express 2.0 スロット1基。
  • PCI拡張オプション:以下のオプションが選択できる。
    • PCI Express Dual-cahnnel 4Gb Fibre Channel card
    • PCI Express Quad-channel 4Gb Fibre Channel card
    • PCI Express Dual-channel gigabit Ethernet card
    • PCI-X Dual-channel U320 SCSI card
  • サイズ、重量:4.4cm(高さ)×44.7 cm(幅)×76.2 cm(奥行き)14.4kg(基本構成)
  • PCI Expressスロットを消費しない、専用Xserve RAIDカードがオプションとして用意され、内蔵のSATA/SAS HDDでハードウェアRAID 0/1/5/および拡張JBODに対応出来る。
  • ホットスワップ対応のロードシェア型冗長電源ユニットをオプションで追加出来る。
  • IPMI 2.0準拠


2006年8月発表(10月発売予定と発表されていたが、10月末時点で出荷は11月中旬予定と訂正)

  • OS : Mac OS X Server v10.4.7〜10.4.10 (Tiger Server)
  • CPUXeon 5100 2.0 GHz、2.66GHz、3.0GHz 2個搭載
  • メモリー:最大32GB (667MHz DDR2 FB-DIMM 8スロット)
  • ハードディスク:80 GB シリアルATA、最大2.25TBまで拡張可能、SAS対応、ホットプラグ対応
  • 光学式ドライブ:コンボドライブ(DVD-ROM/CD-RW)または2層記録型対応 SuperDrive(DVD±R/RW)
  • 内蔵ビデオ回路: ATI Radeon X1300 PCI Express(64MBのGDDR3 SDRAM、Mini-DVI-VGAアダプタ)CTOで外すことも可能
  • 入出力ポート:オンボード搭載のギガビットEthernetインターフェイス(10/100/1000BASE-T)2基:バックパネルにFireWire 800ポート2基、USB 2.0ポート2基、DB-9シリアルポート1基。フロントパネルにFireWire 400ポート1基。
  • PCI Expressスロット: ハーフレングス(6.6インチ)8レーン PCI Expressスロット1基、9インチ 8レーンPCI Express(オプションのアダプタにより133MHz PCI-Xを装着可能)スロット1基。
  • PCI拡張オプション:以下のオプションが選択できる。
    • PCI Express Fibre Channelカード
    • PCI ExpressデュアルチャネルギガビットEthernetカード
    • PCI-XデュアルチャネルUltra320 SCSIカード
    • PCI Express ATI Radeon X1300 (256MBビデオメモリ、デュアルリンクDVIポート) カード
  • サイズ、重量:4.4cm(高さ)×44.7 cm(幅)×76.2 cm(奥行き)14.4kg(基本構成)
  • 2007年8月7日より、PCI Expressスロットを消費しない、専用のXserve RAIDカードがオプションとして用意され、内蔵のSATA/SAS HDDでハードウェアRAID 0/1/5/および拡張JBODに対応出来る。
  • ホットスワップ対応のロードシェア型冗長電源ユニットをオプションで追加出来る。
  • IPMI 2.0準拠


2006年8月まで、Xserve G5 シングルプロセッサモデル、デュアルプロセッサモデル、クラスタモデルが発売されていた。(2006年9月終息)

  • OS : Mac OS X Server v10.3〜10.4 (Panther Server, Tiger Server)
  • CPUPowerPC G5 2.0 GHz 1個または 2.3GHz 2個搭載
  • メモリー:最大16GB (400MHz ECC DDR-DIMM)
  • ハードディスク:80 GB シリアルATA、最大1.5TBまで拡張可能、ホットプラグ対応
  • 光学式ドライブ:コンボドライブ(DVD-ROM/CD-RW)
  • 入出力ポート:オンボード搭載のギガビットEthernetインターフェイス(10/100/1000BASE-T)2基:バックパネルにFireWire 800ポート2基、USB 2.0ポート2基、DB-9シリアルポート1基。フロントパネルにFireWire 400ポート1基。
  • PCIスロット: フルレングスの64ビットPCI-Xスロット×2基(133MHz駆動カードは1枚、100MHz駆動カードは2枚装着可)
  • PCI拡張オプション:以下のオプションが選択できる。
    • Apple Fibre Channel PCI-Xカード
    • ハードウェアRAID PCIカード
    • Gigabit Ethernet PCI-Xカード
    • デュアルチャンネルUltra320 SCSI PCI-Xカード
    • VGAポート搭載グラフィックPCIカード
  • サイズ、重量:4.4cm(高さ)×44.7 cm(幅)×71.1 cm(奥行き)15.1kg(基本構成)

脚注[編集]

  1. ^ Lights Out Management について
  2. ^ アップル、1UラックマウントサーバのXserveを発表 マルチプロセッシング、大容量ストレージ、高速ネットワーキングを提供
  3. ^ アップル、新しいXserveを発表 デュアル1.33 GHz PowerPC G4プロセッサ、FireWire 800と最大720GBのストレージを搭載
  4. ^ アップル、Xserve G5を発表 デュアル2 GHz PowerPC G5プロセッサにより、1Uエンクロージャで30ギガフロップ以上の処理能力
  5. ^ アップル、Xserve G5をアップグレード デュアル2.3 GHz PowerPC G5プロセッサ、1.15 GHzシステムバスに加え、最大1.2TBのストレージ
  6. ^ アップル、クアッド64ビット Xeonプロセッサ搭載のXserveを発表 従来機に比べ、5倍以上の高速化を実現
  7. ^ アップル、新しいXserveを発表 これまでで最もパワフルなアップルのサーバ
  8. ^ アップル、Xserveをアップデートし性能を2倍に 次世代アーキテクチャとIntel “Nehalem” Xeonプロセッサを搭載
  9. ^ Xserveは1月31日をもって販売を終了しますが、サポートは引き続きご利用いただけます。
  10. ^ Xserveからの移行ガイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]