iPhone 14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Apple > iPhone > iPhone 14/14 Plus
iPhone 14とiPhone 14 Plus
IPhone 14 wordmark.svg
IPhone 14 vector.svg
iPhone 14 ブルー
開発者 Apple
キャッチコピー 日本語: ビッグと超ビッグ。
英語: Big and bigger.
世代 第16世代
販売開始日 【iPhone 14】2022年9月16日 (2か月前) (2022-09-16)
【iPhone 14 Plus】2022年10月7日 (50日前) (2022-10-07)
先代機 iPhone 13/13 mini
関連機種 iPhone 14 Pro/14 Pro Max
フォームファクタ スマートフォン
サイズ 【iPhone 14】
146.7 mm
71.5 mm
厚さ 7.8 mm
【iPhone 14 Plus】
160.8 mm
78.1 mm
厚さ 7.8 mm
重量 【iPhone 14】
172 g
【iPhone 14 Plus】
203 g
OS iOS 16.0(20A357)(初期搭載)→16.1(20A392)
SoC Apple A15 Bionic
CPU Apple A15 Bionic 6コア(高性能コア×2 + 高効率コア×4)
GPU Apple A15 GPU(5コア)
ストレージ 128, 256, 512 GB
ディスプレイ 【iPhone 14】
6.1インチ
2532 x 1170ピクセル 460 ppi
Super Retina XDRディスプレイ
【iPhone 14 Plus】
6.7インチ
2778 x 1284ピクセル 458 ppi
Super Retina XDRディスプレイ
背面カメラ 12MP/F1.5カメラ(超広角)
12MP/F2.4(広角)
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
4K60fpsビデオ撮影
1080p240fpsスローモーションビデオ撮影
ポートレートモード
前面カメラ 12MP/F1.9カメラ
4K60fpsビデオ撮影
1080p120fpsスローモーションビデオ撮影
ポートレートモード
サウンド ステレオスピーカー
接続 3GLAA対応4GEVS-SWB)・5G(Sub6)
Wi‑Fi 6
Bluetooth 5.3
ウェブサイト www.apple.com/jp/iphone-14/
生産国

中華人民共和国

インド

iPhone 14(アイフォーン フォーティーン)とiPhone 14 Plus(アイフォーン フォーティーン プラス)は、Appleが開発・販売しているスマートフォンで、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxに続く、第16世代のiPhoneである。

概要[編集]

2022年9月8日午前2時(日本時間)に開催されたApple eventで発表された。

予約注文は、2022年9月9日21時(日本時間)から開始された。Apple Storeをはじめとして、通信事業者大手のNTTドコモauKDDI沖縄セルラー電話連合)、ソフトバンク楽天モバイルのMNO4社から、iPhone 14は2022年9月16日(日本時間)に、iPhone 14 Plusは2022年10月7日に発売された。価格は、iPhone 14(128GBモデル)で119,800円(税込)〔Apple Storeの価格〕から。

外観はiPhone 13と似ているが、筐体構造はバックパネルが外せるよう刷新されて、修理がしやすくなってる[1][2]

Appleは発表していないが、2022年9月にインドでも生産を開始[3]、iPhone14の生産拡大の見送りを決定[4]との報道があった。

デザイン[編集]

カラーバリエーション[編集]

カラーはミッドナイト、パープル、スターライト、(PRODUCT)RED、ブルーの5色が展開されている。

カラー カラーネーム
ミッドナイト
パープル
スターライト
(PRODUCT)RED
ブルー

仕様[編集]

ストレージは128GB、256GB、512GBの3構成である。

iPhone 14シリーズからの新機能[編集]

iPhone 14シリーズからの新機能として、従来の「緊急SOS」に加え、「衝突事故検出」機能が追加された。

この「衝突事故検出」機能は、

  • 「速度の急激な変化」(高重力加速度センサーで最大256Gの急加速/急減速を検知)
  • 「方向の急激な変化」(ハイダイナミックレンジジャイロスコープで車の突然の向き変化を検知)
  • 「衝突実験データ」(前面/後面/側面衝突、横転の衝突実験を通じて開発したモーションアルゴリズムで、事故を認識)
  • 「車内の気圧変化」(エアバッグ作動時に生じる車内の気圧変化を気圧計で検知)
  • 「衝突時の大きな音」(衝突時の極端に大きな音をマイクで聞き取り、識別)
  • 「過去の事故データ」(衝突事故検出の制度を最大限に高めるために、一般公開データを活用)

の6点から、動きや音などのあらゆる方法で衝突を認識し、ユーザの応答がなければ自動的に救助要請を行う機能である。

ハードウェア[編集]

筐体[編集]

前面にはCeramic Shield(セラミックシールド)の強化ガラスを、背面にも強化ガラスを採用し、側面は再生アルミニウム製である。

重量はiPhone 14が172g、iPhone 14 Plusが203g、寸法はiPhone 14が146.7×71.5×7.8mm、iPhone 14 Plusが160.8×78.1×7.8mm(縦×横×厚さ)である。

ディスプレイ[編集]

iPhone 14/14 Plus共通でHaptic Touch(触覚タッチ)に対応したOLED(有機EL)Super Retina XDRディスプレイ(最大輝度800ニト(標準)、ピーク輝度1,200ニト(HDR)、2,000,000:1コントラスト比)を採用している。

サイズは、iPhone 14が6.06インチ 2,532 x 1,170ピクセル(解像度460ppi)、iPhone 14 Plusが6.68インチ 2,778 x 1,284ピクセル(解像度458ppi)である[5]

カメラ[編集]

新たにPhotonic Engineを搭載。背面には1200万画素26mm ƒ/1.5 センサーシフト光学式手ぶれ補正のメインカメラ、1200万画素13mm ƒ/2.4の超広角カメラのデュアルカメラを搭載している。シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)、新たに強力な手ぶれ補正ができるアクションモード(最大2.8K、60fps)、最大4K(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)までのビデオ撮影も可能である。また最大6300万画素のパノラマ撮影、バーストモードでの撮影にも対応している[6]

前面には、ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)が可能な、1200万画素の新たにオートフォーカスに対応したTrueDepthカメラ ƒ/1.9が搭載されている[6]

電源[編集]

電源端子にはLightning端子を採用。

USB-PDで20W以上のアダプタ使用して急速充電を行った場合、30分で50%充電することが可能である(公式値)。

無線充電には、Qiに対応する他、MagSafeによる最大15Wの給電にも対応している[5]

SoC[編集]

SoCは、iPhone 13と同じApple A15 Bionicだが、13 Pro/Pro Maxと同様にGPUコアが5つの構成のものを搭載している[5]

無線通信[編集]

4x4 MIMOを使用した5G Sub-6に対応しており、高速通信が可能になっている。

今回、米国モデルではiPhone 13シリーズから搭載された5G(ミリ波)による通信の対応が期待されていたが、日本向けiPhone 14シリーズでは見送られた。

リーダーモード対応NFCFeliCa、及び予備電力機能付きエクスプレスカードに対応している。

SIMスロットはnano-SIMである。

Wi-Fi6と、Bluetooth 5.3、物理SIMとeSIMを併用したデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、デュアルeSIMにも対応している。

その他[編集]

IEC規格60529の防沫・耐水・防塵性ではIP68の評価を受けており、水深6メートルで最大30分間利用できる。

同梱物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ASCII. “アップルに取材してわかった「iPhone 14/14 Pro」疑問の答え(本田雅一) (1/6)” (日本語). ASCII.jp. 2022年10月6日閲覧。
  2. ^ Appleが秘めたiPhone 14のデザイン変更の内側 | iFixit ニュース” (jp). iFixit (2022年10月6日). 2022年10月6日閲覧。
  3. ^ アップルがiPhone14をインドで生産 中国への依存低減 | TBS NEWS DIG (1ページ)” (日本語). TBS NEWS DIG. 2022年9月28日閲覧。
  4. ^ アップル、新型iPhone生産拡大見送り=ブルームバーグ(ロイター)” (日本語). LINE NEWS. 2022年9月28日閲覧。
  5. ^ a b c iPhone 14とiPhone 14 Plus - 仕様” (日本語). Apple(日本). 2022年9月25日閲覧。
  6. ^ a b 株式会社インプレス (2022年9月8日). “iPhone 14シリーズのカメラはどこが変わった?” (日本語). ケータイ Watch. 2022年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]

先代
iPhone13/13 mini
iPhone13 Pro/13 Pro Max
iPhone SE (第3世代)
iPhone 14/14 Plus
iPhone 14 Pro/14 Pro Max

第16世代
次代
-