AirDrop

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
AirDrop
AirDrop logo.svg
開発元 アップル
初版 2011年7月20日(8年前) (2011-07-20
対応OS iOS 7、macOS (10.7.x) 以降
プラットフォーム iPhone, iPad, iPad mini, iPod Touch, MacBook Pro, MacBook Air, MacBook, iMac, Mac mini, Mac Pro
ライセンス Commercial proprietary software
公式サイト iOS 7 – AirDrop
テンプレートを表示

AirDrop とはアップルによってMac OS X Lion以降のmacOSiOS 7以降のiOSに導入されたWi-Fi アドホック サービスである。

概要[編集]

AirDropを使用するとユーザーはWi-Fi、及びBluetoothを介してOS X 10.7以降のコンピュータ、もしくはiOS 7が導入されたデバイスで他のサポートされているデバイス上実行しているユーザーとファイルを共有することができる。OS X 10.8ではFinderメニューのAirDropを選択するか、 Shift+ Cmd+Rを押すことによって実行できる。iOSにおいてはiOS 7以降で導入されたコントロールセンターにアクセスすることによって実行できる。

macOSとiOSデバイス間の場合、それぞれOS X YosemiteとiOS8以降で、2012年以降に発売されたモデルであればAirDropの互換性があり、ファイルを共有することができる。

対応モデル[編集]

AirDropは正式に下記のOS及びモデル以降に限定されている。

iOS 7以降[編集]

OS X Lion (10.7) 以降[編集]

macOS - iOSデバイス間対応モデル[編集]

macOSとiOSデバイス間のAirDropは正式に下記のOS及びモデル以降に限定されている。

iOS 8以降[編集]

OS X Yosemite (10.10) 以降[編集]

問題点[編集]

AirDrop痴漢[編集]

AirDropを利用してわいせつな画像を見ず知らずの人に送信する「AirDrop痴漢」と呼ばれる事件が発生している。

2019年7月5日には福岡市地下鉄列車内で見ず知らずの人のスマホに、AirDropを用いてわいせつ画像を送信したとして、福岡県警察が男性を福岡県迷惑防止条例違反容疑で書類送検した[1]

設定を「受信しない」もしくは「連絡先のみ」(登録した人とのみ通信可能な状態)にすることで、見ず知らずの人から画像を送信されなくなるためメディア等で注意を呼び掛けている[2]

また、世界各地でも「Cyber-flashing」という同様の問題が発生している。

関連項目[編集]

  • Android Beam - Android スマートフォン向けの同様の技術。
  • Wi-Fi Direct - 同様の技術

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡 毎日新聞 2019年8月20日
  2. ^ 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を 毎日新聞 2019年8月20日