macOS Sierra

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
macOS Sierra
macOS ファミリー
開発者
アップル
ウェブサイト http://www.apple.com/jp/macos/sierra/
リリース情報
リリース日 2016年9月20日[1] [info]
最新安定版 10.12.6 - 2017年7月19日
ソースモデル プロプライエタリ(基盤となるDarwinオープンソース
ライセンス APSL and Apple EULA
カーネル ハイブリッドカーネル (XNU)
サポート状態
サポート中[2]

macOS Sierra(マックオーエス シエラ)は、アップルが開発したMacintosh向けのオペレーティングシステム(OS)。macOSシリーズの13番目のバージョンである。バージョンナンバーは10.12。OS X El Capitanの後継バージョンとして、2016年9月20日無料でリリースされた[1]

概要[編集]

2016年6月13日に開催されたWWDC 2016の基調講演にて発表され、同日から開発者(Apple デベロッパープログラム登録者)へデベロッパープレビュー版が公開された。

名前は、カリフォルニア州にあるシエラネバダ山脈から付けられたが、「Sierra」はスペイン語で「山脈」を指す。またiOSwatchOStvOSと合わせる形で「OS X」から「macOS」に名称が変更された(「X」の付かないOS名は1999年のMac OS 9以来)。

本バージョンではLate 2009モデル(Mac miniを除く)以降のMacであればインストール可能で、それ以前のMacのモデルでは直接インストールは不可となった。

対応環境/システム条件[編集]

  • iMac (Late 2009) 以降
  • MacBook (Late 2009) 以降
  • MacBook Pro (Mid 2010) 以降
  • MacBook Air (Late 2010) 以降
  • Mac mini (Mid 2010) 以降
  • Mac Pro (Mid 2010) 以降

特徴[編集]

iOSやwatchOS、tvOSなどのアップルのOSとの名前の親和性を図るためにOS Xから名称が変更された[3]iOStvOSで利用されてきたSiriが追加されたり、Apple Watchを使用してMacのロックを解除できるAuto Unlockなどの多数の機能が追加される。またインストーラーのサイズも前OSのEl Capitanと比較し1GB余り縮小され(ビルド番号16A238m時点)、ユーザーが利用可能なディスクスペースが増加した。

また、これまでのOS X同様に、 The Open Groupに正式に認定されたUNIXである[4]

新機能[編集]

Dock、メニューバー、キーボードショートカットから起動可能で、検索結果をフローティングウィンドウに表示し常駐させることができる。ファイル検索、メッセージの送信、SNSへの投稿をはじめとした機能が利用可能。また検索結果を通知センターに留めておくこともできる。Siriは常に最前面で動作するので、別のタスクを動作させながらSiriを利用することも可能。
  • Auto Unlock
  • Picture in Picture
  • Universal Clipboard
  • Optimized Storage
Macのストレージ容量を確保するため、「利用頻度の低いファイルをiCloudに移動する」「削除後30日が経過したファイルはゴミ箱から削除する」「Safariのキャッシュや古いiOSデバイスのバックアップを削除する」などの操作を行い、ストレージの最適化を図る機能。
  1. macOS Sierraでは、開発者向けプレビュー機能として提供し、2017年正式リリース予定[5]
  • thunderbolt 3及びUSB 3.1 Gen.2の正式サポート

廃止された機能[編集]

  • HFS(Mac OS 標準フォーマット)への対応
  1. 書込み対応はSnow Leopardで廃止済
  1. El Capitanまでは、「レガシー Java 6 ランタイム」のインストールが可能[7]であったが、同機能の廃止に伴いmacOS Sierra以降ではAdobe Creative Suite 5および6のインストールが不可能になる。
  2. 最新版のJava 8はインストール・利用が出来る[8]

名称[編集]

バージョン10.11まではOSの名称が「OS X」であったが、本バージョンより「macOS」に変更された。

バージョン履歴[編集]

バージョン Build リリース日 Darwinバージョン アップデート内容
10.12 16A323 2016年9月20日 16.0.0
10.12.1[9] 16B2555, 16B2657 2016年10月24日, 10月28日 16.1.0 macOS Sierra 10.12.1 のセキュリティコンテンツについて

macOS Sierra 10.12.1 アップデートについて

10.12.2[10] 16C67 2016年12月13日 16.3.0 macOS Sierra 10.12.2 のセキュリティコンテンツについて

macOS Sierra 10.12.2 アップデートについて

10.12.3 16D32 2017年1月23日 16.4.0 macOS Sierra 10.12.3 のセキュリティコンテンツについて

macOS Sierra 10.12.3 アップデートについて

10.12.4 16E195 2017年3月27日 16.5.0 macOS Sierra 10.12.4、セキュリティアップデート 2017-001 El Capitan、セキュリティアップデート 2017-001 Yosemite のセキュリティコンテンツについて

macOS Sierra 10.12.4 アップデートについて

10.12.5 16F73 2017年5月15日 16.6.0 macOS Sierra 10.12.5、セキュリティアップデート 2017-002 El Capitan、セキュリティアップデート 2017-002 Yosemite のセキュリティコンテンツについて

macOS Sierra 10.12.5 アップデートについて

10.12.6 16G29 2017年7月19日 16.7.0

macOS Sierra 10.12.6 アップデートについて

出典[編集]

  1. ^ a b macOS Sierra、無料アップデートとして提供開始
  2. ^ Apple セキュリティアップデート (Apple Security Update) - Apple サポート”. 2016年6月14日閲覧。
  3. ^ macOS Sierra発表、OS Xから改名。Siri対応、オートアンロックなど新機能多数 - Engadget Japan
  4. ^ Apple Inc. - UNIX 03
  5. ^ Apple File System GuideImportant: APFS is released as a Developer Preview in OS X 10.12, and is scheduled to ship in 2017.’’
  6. ^ Mac OS XおよびApple Java 6のサービスの終了 java.com
  7. ^ ダウンロード - Java for OS X 2015-001 apple.com
  8. ^ Java for Mac OS Xのダウンロード java.com
  9. ^ ダウンロード - macOS Sierra アップデート v10.12.1
  10. ^ ダウンロード - macOS Sierra アップデート v10.12.2

外部リンク[編集]