macOS Sierra

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
macOS Sierra
macOS ファミリー
開発者
アップル
ウェブサイト http://www.apple.com/jp/macos/sierra/
リリース情報
リリース日 2016年9月20日[1] [info]
ソースモデル プロプライエタリ(基盤となるDarwinオープンソース
ライセンス APSL and Apple EULA
カーネル ハイブリッドカーネル (XNU)
サポート状態
サポート中[2]

macOS Sierra(マックオーエス シエラ)は、アップルが開発したMacintosh向けのオペレーティングシステム(OS)。macOSシリーズの13番目のバージョンである。バージョンナンバーは10.12。OS X El Capitanの後継バージョンとして、2016年9月20日無料でリリースされた[1]

概要[編集]

2016年6月13日に開催されたWWDC 2016の基調講演にて発表され、同日から開発者(Apple デベロッパープログラム登録者)へデベロッパープレビュー版が公開された。

名前は、カリフォルニア州にあるシエラネバダ山脈から付けられたが、「Sierra」はスペイン語で「山脈」を指す。

本バージョンではLate 2009モデル(Mac miniを除く)以降のMacであればインストール可能で、それ以前のMacのモデルでは直接インストールは不可となった。

対応環境/システム条件[編集]

  • iMac (Late 2009) 以降
  • MacBook (Late 2009) 以降
  • MacBook Pro (Mid 2010) 以降
  • MacBook Air (Late 2010) 以降
  • Mac mini (Mid 2010) 以降
  • Mac Pro (Mid 2010) 以降

特徴[編集]

iOSやwatchOS、tvOSなどのアップルのOSとの名前の親和性を図るためにOS Xから名称が変更された[3]iOStvOSで利用されてきたSiriが追加されたり、Apple Watchを使用してMacのロックを解除できるAuto Unlockなどの多数の機能が追加される。またインストーラーのサイズも前OSのEl Capitanと比較し1GB余り縮小され(ビルド番号16A238m時点)、ユーザーが利用可能なディスクスペースが増加したとみられる。

また、これまでのOS X同様に、 The Open Groupに正式に認定されたUNIXである[4]

新機能[編集]

Dock、メニューバー、キーボードショートカットから起動可能で、検索結果をフローティングウィンドウに表示し常駐させることができる。ファイル検索、メッセージの送信、SNSへの投稿をはじめとした機能が利用可能。また検索結果を通知センターに留めておくこともできる。Siriは常に最前面で動作するので、別のタスクを動作させながらSiriを利用することも可能。
  • Auto Unlock
  • Picture in Picture
  • Universal Clipboard
  • Optimized Storage
Macのストレージ容量を確保するため、「利用頻度の低いファイルをiCloudに移動する」「削除後30日が経過したファイルはゴミ箱から削除する」「Safariのキャッシュや古いiOSデバイスのバックアップを削除する」などの操作を行い、ストレージの最適化を図る機能。
  1. macOS Sierraでは、開発者向けプレビュー機能として提供し、2017年正式リリース予定[5]
  • thunderbolt 3及びUSB 3.1 Gen.2の正式サポート

廃止された機能[編集]

  • HFS(Mac OS 標準フォーマット)への対応
  1. 書込み対応はSnow Leopardで廃止済
  1. El Capitanまでは、「レガシー Java 6 ランタイム」のインストールが可能[7]であったが、同機能の廃止に伴いmacOS Sierra以降ではAdobe Creative Suite 5および6のインストールが不可能になる。
  2. 最新版のJava 8はインストール・利用が出来る[8]

名称[編集]

バージョン10.11まではOSの名称が「OS X」であったが、本バージョンより「macOS」に変更された。

バージョン履歴[編集]

バージョン Build リリース日 Darwinバージョン アップデート内容
10.12 16A323 2016年9月20日 16.0.0
10.12.1[9] 16B2555, 16B2657 2016年10月24日, 10月28日 16.1.0 macOS Sierra 10.12.1 のセキュリティコンテンツについて

macOS Sierra 10.12.1 アップデートについて

10.12.2[10] 16C67 2016年12月13日 16.3.0 macOS Sierra 10.12.2 のセキュリティコンテンツについて

macOS Sierra 10.12.2 アップデートについて

出典[編集]

  1. ^ a b macOS Sierra、無料アップデートとして提供開始
  2. ^ Apple セキュリティアップデート (Apple Security Update) - Apple サポート”. 2016年6月14日閲覧。
  3. ^ macOS Sierra発表、OS Xから改名。Siri対応、オートアンロックなど新機能多数 - Engadget Japan
  4. ^ Apple Inc. - UNIX 03
  5. ^ Apple File System GuideImportant: APFS is released as a Developer Preview in OS X 10.12, and is scheduled to ship in 2017.’’
  6. ^ Mac OS XおよびApple Java 6のサービスの終了 java.com
  7. ^ ダウンロード - Java for OS X 2015-001 apple.com
  8. ^ Java for Mac OS Xのダウンロード java.com
  9. ^ ダウンロード - macOS Sierra アップデート v10.12.1
  10. ^ ダウンロード - macOS Sierra アップデート v10.12.2

外部リンク[編集]