Apple Developers Tools

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Apple Developers Toolsアップルによる統合開発環境プログラミング言語としては、C言語C++Objective-CJavaAppleScriptを用いてプログラムを開発する。プロジェクト(プログラムを構成するソースコードやマルチメディアファイルなど)の管理、ソースコードの記述、デバッグコンパイルを行う「Xcode」、GUIのデザインを行う「Interface Builder」、コンパイラデバッガ、各種ユーティリティなどから構成される。

現在ではアップルのFTPサイトから無償でダウンロードできる他、Mac OS Xのパッケージにも付属している。

機能[編集]

Apple Developers Tools の機能は以下の通り。

Xcode[編集]

Xcodeはいわゆる統合開発環境であり、Microsoft Visual StudioオープンソースEclipseなどに対応する。AppleのiLifeアプリケーションに近い整理大系を持つのが特徴的である。CVSデバッガエディタなどが統合されているほか、予測コンパイルや実行時リンクなどテストを円滑に行う機能が充実している。次項Interface Builderとはシステム上分離しているが、密接に連携する。バージョン2.0以降では、UML型のモデリングシステムが搭載されている。

Interface Builder[編集]

Interface Builderとは、GUI をデザインするためのソフトウェアまたは同等の機能を持つソフトウェア機能の一つ。Mac OS XAqua が備えるGUI部品をサポートしており、簡単にAquaを用いた美しいインタフェースを構築できるだけでなく、Appleによるデザインガイドライン「Aqua Human Interface Guidelines」にしたがったレイアウトが容易に行えるようになっている。部品の中にはウィンドウに配置するだけで機能するものもあり、開発の手間を軽減してくれる。またパレットファイルを作成する事でユーザーが機能を追加する事もできる。

コンパイラ・ビルド環境[編集]

コンパイラには GCCやjavac、Jikesが用いられ、ユーザからのコンパイル要求がXcodeを通して伝えられる。 Xcodeでソースコードを編集し終えるとすぐにコンパイルを行うことで、ターンアラウンド(テストの中断、修正、ビルド、再テストの過程)に要する時間の短縮を図っている。 また、distccBonjourの連携によって複数のMac OS Xマシンで分散ビルドを行うことができ、ビルドに要する時間が短縮される。

その他[編集]

  • ソースコードの入力補助
  • AppleScriptによる制御に対応
  • CodeWarriorプロジェクトの移行に対応
  • 64ビットCPU PowerPC G5への最適化に対応

関連項目[編集]

外部リンク[編集]