Mac OS X v10.4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mac OS X v10.4 Tiger
Mac OS X ファミリー
開発者
アップル
リリース情報
リリース日 2005年4月29日   [info]
最新版 10.4.11 2007年11月14日   [info]
ソースモデル クローズドソース(基盤となるDarwinオープンソース)
ライセンス APSL、AppleEULA
カーネル ハイブリッドカーネル (XNU)
サポート状態
終了

Mac OS X v10.4 Tiger(マック オーエス テン バージョンじってんよん タイガー)は、アップルが開発・販売していた、Mac OS Xの5番目のバージョンである。バージョンナンバーは10.4。愛称は、コードネームでもある“Tiger”(タイガー)。Mac OS X v10.3の後継である。

2005年4月12日公式発表され、同年4月29日に発売開始された。最終セキュリティアップデートは、2009年9月10日にリリースされた Security Update 2009-005[1][2][3]である。

新機能[編集]

Spotlight
高速なメタデータ検索を提供し、様々なアプリケーションが恩恵を受けることができる。メニューバーから利用できるほか、FinderMailアドレスブック、システム環境設定に統合されている。
Dashboard
ウィジェットを利用できる機能。Exposéと同様に、特定のキーを押すか、マウスのボタンやデスクトップのコーナーに機能を割り当てることでデスクトップに現れる。
Safari RSS
SafariがRSSを組み込み対応、独自の記事リストを作成する。
Mail
Spotlightを統合。インターフェースが大きく変更された。写真のスライドショー、アカウント設定アシスタント、接続診断機能などが新たに追加された。
Automator
かねてより存在したAppleScriptの操作を視覚的に扱うことができるワークフロー作成ソフト。
QuickTime 7
H.264ビデオコーデック標準を搭載。
プレビュー
PDFファイルにブックマークやコメントを挿入したり、フォームに入力することができるようになった。イメージのカラーや露出を調整する機能も追加された。
.Mac Sync
同期強化。設定情報を.Macを通じてMac間で共有する。
VoiceOver
ユニバーサルアクセス機能の強化。フルキーボードアクセス、email読み上げ(英文)など。
ペアレンタルコントロール
Mail、Safari、iChatなどのアプリケーションやシステム環境設定の変更に制限を設けることができる。
64ビット化
POSIXと数値演算ライブラリ(MathLib及びVecLib)が64ビット化。64ビット(16EB)の仮想メモリが利用でき、最大で4TBの物理メモリが扱える。CocoaおよびCarbonアプリケーションは32ビットのままである。

コマンドラインからのリソースフォーク制御の強化、仮想メモリの一時データ非表示、古いMacから移行するためのセットアップアシスタントが付属するようになった。その他、GrapherDictionaryQuartz Compositor、AU Labなどのアプリケーションが新規に追加された。

開発環境
XcodeがGCC 4.0に対応。


テクノロジー[編集]

対応環境[編集]

インストール可能な最低限のハードウェア環境は下記の通りであるが、システムにコンポーネントされた機能の全てを使用するにはPowerPC G4 1GHz以上が必要である[4]。Core Image非対応のマシンではDashboardの表示が簡略化されるが、機能に差はない。

バージョン履歴[編集]

以下、build番号は、PowerPC版、Intel版の順。

脚注[編集]

  1. ^ Security Update 2009-005 (Tiger PowerPC)
  2. ^ Security Update 2009-005 (Tiger Intel)
  3. ^ Security Update 2009-006では対象外となった
  4. ^ 製品パッケージ側面注意書き参照。
  5. ^ Mac OS X 10.4.11 アップデートについて
  6. ^ Apple セキュリティアップデートについて