文字ビューア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

文字ビューア(もじびゅーあ)は、macOS文字コード表などから文字の入力を行うシステム標準(ことえり)のツールである。Mac OS X 10.5以前では文字パレット(もじぱれっと)という名称だった。

概要[編集]

macOSで表示可能な文字がカテゴリーから選んで一覧から選択することで現在選択中の入力欄に入力できる。右上の入力メニューから「文字ビューアを表示」で表示する[1]。また、さまざまな文字コード表から文字の入力が可能である[2]。アプリケーションによっては、メニューの「編集」の「特殊文字」で表示可能にしている場合もある。

Windowsの文字コード表、Microsoft Office IMEのIMEパッド、LinuxのKCharSelectに該当する。

出典[編集]

備考[編集]

  1. ^ メニューに表示されない場合は「システム環境設定」の「言語とテキスト」から「入力ソース」を選び「文字ビューア」にチェックすることで表示できる
  2. ^ 10.7以降は標準で文字コード表が表示されないが設定の「リストのカスタマイズ」で設定することで表示が可能である。