JIS漢字コード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

JIS漢字コード(ジスかんじコード)とは、日本工業規格の、漢字などの文字コードである。

通常はベンダ(発売元)制定の漢字コード中国台湾で制定された漢字コードに対して日本工業規格として制定された漢字コードを指すときに使用するが、文脈によっては広義のJIS漢字コードには含まれるが、JIS X 0208:1997において初めて正式に規格に取り入れられた「Shift_JISコード」に対する「JISコード」を指すこともある。

日本工業規格において定められた漢字コードとしては、

がある。制定(または改正)された年によって次のような通称で呼ばれることもある。

  • 78JISまたはJIS78:1978年に制定されたJIS C 6226:1978
  • 83JISまたはJIS83:1983年に制定されたJIS C 6226:1983(1987年3月1日に日本工業規格に分類記号「X」の情報部門が新設されたため、それ以後はJIS X 0208:1983)
  • 90JISまたはJIS90:1990年に制定されたJIS X 0208:1990(同時に制定された補助漢字の規格であるJIS X 0212:1990を含める場合もある)
  • 97JISまたはJIS97:1997年に制定されたJIS X 0208:1997
  • 2000JISまたはJIS2000:2000年に制定されたJIS X 0213:2000
  • 2004JISまたはJIS2004:2004年に制定されたJIS X 0213:2004

JIS X 0208及びJIS X 0213の各年版ごとの収録文字数はそれぞれ以下の通りである。

制定年 第1水準漢字 第2水準漢字 第3水準漢字 第4水準漢字 非漢字 合計
1978年 2,965字 3,384字 - - 453字 6,802字
1983年 3,388字 524字 6,877字
1990年 3,390字 6,879字
1997年
2000年 1,249字 2,436字 1,183字 11,223字
2004年 1,259字 11,233字

インターネット電子メールの主な符号化方式は、ISO-2022-JPである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]