ISO/IEC 646

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ISO/IEC 646は7ビット文字コードを規定する国際標準化機構 (ISO) 標準であり、これを元に各国語版の文字コードが規定される。

アメリカの規格であるASCIIを国際化した体裁となっている。ラテンアルファベットISO基本ラテンアルファベット)と数字を中心とした共通部分と、ASCIIでは記号となっている各国規格で自由に割り当てられる部分に分かれており、ヨーロッパ各国ではこの部分にダイアクリティカルマークつき文字を割り当てることにより自国語の文章を符号化できるようになっている。

現在ではヨーロッパでは8ビットコードであるISO/IEC 8859が主流となっており、この規格はあまり使われていない。なお、UnicodeのISO規格であるISO/IEC 10646の規格番号は、この規格の番号にちょうど10000を加えた値となっている。

歴史[編集]

1962年ISO技術委員会97(電子計算機と情報処理)は、文字符号の標準化をするための専門ワークグループBを設立した (ISO/TC 97B)。ISO/TC 97Bは、6bit符号案と7bit符号案を作成し、親委員会の回覧投票にかけられた。(同年末、ISO/TC 97Bは、ISO/TC 97/SC 2と改称。)この7bit案は現在のものと異なり、小文字部分が未定義であったり、制御符号が36個あったりしていた。

1963年、6bit案および7bit案の投票結果は賛成多数であった。6bit符号案は若干の修正を経て、ヨーロッパにてECMA-1規格として制定された。またアメリカは7bit案基づき、ASCIIを制定した。

1964年、ISO/TC 97/SC 2は、7bit符号案に小文字等の追加した7bit符号の第3次案を提出した。

1965年から1966年にかけて、7bit符号案に対する、ヨーロッパの各国で使用されるアクセント記号や通貨記号の割り当てについて議論が行われた。その結果、制御記号は0/0~1/15の32文字、2/3は ‘£’ または ‘#’ のどちらか、4/0 (@)、5/14 (^)、6/0 (`) は推奨文字があるものの事情によっては変更可能、そして5/11~5/13と7/11~7/13は自由領域とする最終案が確定した。

1967年6月、ECMAはISOの7bitコードの最終案をECMA-6規格として制定した。同年12月22日、ISOはISO R 646(Rは推奨を意味する)を勧告した。

1973年7月1日、ISO 646が改訂・制定された。1973年版では2つの表が制定された。1つ目は1967年版を踏襲し、さらに2/4を ‘$’ と ‘¤’(国際通貨記号)のどちらでも実装可にしたBCT (Basic Code Table) 版、2つ目は2/3, 2/4, 4/0, 5/11~5/14, 7/11~7/13に全て推奨文字を割り当てたIRV(International Reference Version; 国際基準版)である。ただしIRV版はASCIIと比較し、2/4は ‘¤’ であり、また7/14はオーバーラインである点が異なっていた。

1991年12月25日、改正されたISO/IEC 646が制定され、その国際基準版はASCIIと完全一致するよう、2/4は ‘$’ に、7/14はチルダに変更された。

発行された標準[編集]

  • ISO 646:1972 [1]
  • ISO 646:1983, Status: withdrawn[2]
  • ISO/IEC 646:1991

符号表[編集]

以下の表に、ISO/IEC 646の文字コードセットを示す。各々の文字は、Unicodeで相当するものの十六進コードとISO/IEC 646コードの十進値で示される。灰色で色掛けされたセルは、国によって異なる文字が定義されるコードポイントを示す。実際の定義は下に示す。

凡例:

  アルファベット
  制御文字
  数字
  記号
  拡張記号
  図形文字
  国際
  未定義
ISO/IEC 646
—0 —1 —2 —3 —4 —5 —6 —7 —8 —9 —A —B —C —D —E —F
 
0−
 
NUL
0000
0
SOH
0001
1
STX
0002
2
ETX
0003
3
EOT
0004
4
ENQ
0005
5
ACK
0006
6
BEL
0007
7
BS
0008
8
HT
0009
9
LF
000A
10
VT
000B
11
FF
000C
12
CR
000D
13
SO
000E
14
SI
000F
15
 
1−
 
DLE
0010
16
DC1
0011
17
DC2
0012
18
DC3
0013
19
DC4
0014
20
NAK
0015
21
SYN
0016
22
ETB
0017
23
CAN
0018
24
EM
0019
25
SUB
001A
26
ESC
001B
27
FS
001C
28
GS
001D
29
RS
001E
30
US
001F
31
 
2−
 
SP
0020
32
!
0021
33
"
0022
34


35


36
%
0025
37
&
0026
38
'
0027
39
(
0028
40
)
0029
41
*
002A
42
+
002B
43
,
002C
44
-
002D
45
.
002E
46
/
002F
47
 
3−
 
0
0030
48
1
0031
49
2
0032
50
3
0033
51
4
0034
52
5
0035
53
6
0036
54
7
0037
55
8
0038
56
9
0039
57
:
003A
58
;
003B
59
<
003C
60
=
003D
61
>
003E
62
?
003F
63
 
4−
 


64
A
0041
65
B
0042
66
C
0043
67
D
0044
68
E
0045
69
F
0046
70
G
0047
71
H
0048
72
I
0049
73
J
004A
74
K
004B
75
L
004C
76
M
004D
77
N
004E
78
O
004F
79
 
5−
 
P
0050
80
Q
0051
81
R
0052
82
S
0053
83
T
0054
84
U
0055
85
V
0056
86
W
0057
87
X
0058
88
Y
0059
89
Z
005A
90


91


92


93


94
_
005F
95
 
6−
 


96
a
0061
97
b
0062
98
c
0063
99
d
0064
100
e
0065
101
f
0066
102
g
0067
103
h
0068
104
i
0069
105
j
006A
106
k
006B
107
l
006C
108
m
006D
109
n
006E
110
o
006F
111
 
7−
 
p
0070
112
q
0071
113
r
0072
114
s
0073
115
t
0074
116
u
0075
117
v
0076
118
w
0077
119
x
0078
120
y
0079
121
z
007A
122


123


124


125


126
DEL
007F
127

ISO/IEC 646に準拠した標準[編集]

ISO/IEC 646に準拠した国家規格は、以下の通りである。

Code ISO-
IR
国家規格 使用国
CA-1 121 CSA Z243.4-1985 カナダ (nr. 1 alternative, with “î”)
フランス語, classical)(Code page 1020)
CA-2 122 CSA Z243.4-1985 カナダ (nr. 2 alternative, with “É”)
フランス語, reformed orthography)
CN 057 GB/T 1988-80 中華人民共和国(基本ラテン文字)
CU 151 NC 99-10:81 キューバスペイン語
DE 021 DIN 66003 ドイツドイツ語)(Code page 1011)
DK DS 2089 デンマークデンマーク語)(Code page 1017)
FI 010 SFS 4017 フィンランド(基本) (Code page 1018)
FR 069 AFNOR NF Z 62010-1982 フランスフランス語)(Code page 1010)
FR-0 025 AFNOR NF Z 62010-1973 フランス(1985年4月に廃止)(Code page 1010)
GB 004 BS 4730 イギリス英語)(Code page 1013)
GR 088 HOS ELOT ギリシャ(廃止)
HU 086 MSZ 7795/3 ハンガリーハンガリー語
IE 207 NSAI 433:1996 アイルランドアイルランド語
 
Code ISO-
IR
国家規格 使用国
INV 170 ISO 646:1983 Invariant subset
IRV 002 ISO 646:1983 International Reference Version (Code page 1009)
JA 014 JIS C 6220-1969 日本ローマ字
JA-O 092 JIS C 6229-1984 日本 (OCR-B)
KR KS C 5636-1989 韓国
MT ? マルタマルタ語英語)
NO 060 NS 4551 version 1 ノルウェー (Code page 1016)
NO-2 061 NS 4551 version 2 ノルウェー(1987年6月に廃止)
SE 010 SEN 85 02 00 Annex B スウェーデン(基本スウェーデン語)(Code page 1018)
SE-C 011 SEN 85 02 00 Annex C スウェーデン(名前用のスウェーデン語の拡張)
T.61 102 ITU/CCITT T.61 Recommendation 国際(テレックス
TW CNS 5205-1996 中華民国台湾
US 006 ANSI X3.4-1968 アメリカ合衆国ASCII)(Code page 367)
YU 141 JUS I.B1.002 (YUSCII) ユーゴスラビアクロアチア語スロベニア語セルビア語ボスニア語

以下は、ISO/IEC 646に準拠したプロプライエタリな規格で、後に国際的な使用のために標準的団体によって承認されたものである。

Code ISO-
IR
承認団体 開発元 使用国
ES 085 ECMA IBM スペインバスク語スペイン語カタルーニャ語ガリシア語)(Code page 1014)
esp 017 ECMA オリベッティ スペイン語(国際)(Code page 1023)
DK-SE 009-1 SIS NATS, main set スウェーデンデンマーク (journalistic texts)
 
Code ISO-
IR
承認団体 開発元 使用国
FI-SE 008-1 SIS NATS, main set スウェーデンフィンランド (journalistic texts)
IT 015 ECMA オリベッティ イタリア語 (Code page 1012)
NL ECMA IBM オランダオランダ語)(Code page 1019)
PT 084 ECMA IBM ポルトガルポルトガル語スペイン語)(Code page 1015)
por 016 ECMA オリベッティ ポルトガル語(国際)(Code page 1022)
swi ECMA オリベッティ スイスフランス語ドイツ語)(Code page 1021)

各標準で異なっている文字は、以下の通りである。

符号 各標準の文字
2進 10進 16進 INV T.61 US JA JA-O KR CN TW IRV GB DK NO NO-2 FI,SE SE-C DE HU FR FR-0 CA-1 CA-2 IE IS IT por PT esp ES CU MT YU NL swi
010 0010 34 22 " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " "
010 0011 35 23   # # # # # # # # £ # # § # # # # £ £ # # £ # £ # # # # # # # # ù
010 0100 36 24   ¤ $ $ $ $ ¥ $ ¤ $ ¤ $ $ ¤ ¤ $ ¤ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ ¤ $ $ $ $
010 1001 39 27 ' ' ' ' ' ' ' ' '
010 1100 44 2C , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
010 1101 45 2D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
010 1111 47 2F / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /
100 0000 64 40   @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ É § Á à à à à Ó Ð § § ´ § · @ @ Ž @ à
101 1011 91 5B   [ [ [ [ [ [ [ [ [ Æ Æ Æ Ä Ä Ä É ° ° â â É Þ ° Ã Ã ¡ ¡ ¡ ġ Š [ é
101 1100 92 5C     \ ¥ ¥ \ \ \ \ Ø Ø Ø Ö Ö Ö Ö ç ç ç ç Í \ ç Ç Ç Ñ Ñ Ñ ż Đ \ ç
101 1101 93 5D   ] ] ] ] ] ] ] ] ] Å Å Å Å Å Ü Ü § § ê ê Ú Æ é Õ Õ ¿ Ç ] ħ Ć ] ê
101 1110 94 5E     ^ ^ ^ ^ ^ ^ ˆ ˆ Ü ˆ ˆ ˆ Ü ˆ ˆ ^ ˆ î É Á Ö ˆ ˆ ˆ ˆ ¿ ¿ ˆ Č ˆ î
101 1111 95 5F _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ è
110 0000 96 60     ` `   ` ` ` ` ` ` ` ` ` é ` á µ µ ô ô ó ð ù ` ` ` ` ` ċ ž ` ô
111 1011 123 7B     { { { { { { { { æ æ æ ä ä ä é é é é é é þ à ã ã ° ´ ´ Ġ š { ä
111 1100 124 7C   | | | | | | | | | ø ø ø ö ö ö ö ù ù ù ù í | ò ç ç ñ ñ ñ Ż đ | ö
111 1101 125 7D     } } } } } } } } å å å å å ü ü è è è è ú æ è õ õ ç ç [ Ħ ć } ü
111 1110 126 7E     ~   ˜ ü ¯ | ¯ ü ß ˝ ¨ ¨ û û á ö ì ° ˜ ˜ ¨ ¨ Ċ č ¯ û

上の表で青および赤の背景のセルは、ISO/IEC 10646およびUnicodeの基本ラテン文字英語版で使われているアメリカ版との違っている箇所を示す。

赤い背景のセルの文字は結合文字英語版で、アルファベットに先行または後置(バックスペースを使用)して用いられる。このコード化は非推奨英語版とみなされている。

以下の規格は、7ビット文字コードではあるが、正式にはISO/IEC 646に準拠していない。

  • ELOT 927 - ギリシャ文字を0x61-0x71, 0x73-0x79(ISO/IEC 646ではラテン文字の小文字)に割り当てている。
  • KOI-7(KOI) - キリル文字を0x60-0x7E(ISO/IEC 646ではラテン文字の小文字)に割り当てている。KOI8に置き換えられた。
  • SI 960英語版 - ヘブライ文字を0x60–0x7A(ISO/IEC 646ではラテン文字の小文字およびグラーブアクセント)に割り当てている。ISO/IEC 8859-8では、SI 960のヘブライ文字の部分をそのまま0xE0-0xFA(最上位ビットを1)に移動させている。
  • ASMO 449 - アラビア文字を0x41-0x5A, 0x60-0x6A(ISO/IEC 646ではラテン文字の大文字・小文字)に割り当てている。ISO/IEC 8859-6では、ASMO 449のアラビア文字の部分をそのまま0xC1-0xDA, 0xE0-0xEA(最上位ビットを1)に移動させている。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 安岡孝一・安岡素子『文字符号の歴史・欧米と日本編』(共立出版)ISBN 4-320-12102-3