オリベッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Olivetti S.p.A.
Olivetti logo 2006.png
Olivetti Building Ivrea.jpg
本社
本社所在地 イタリアの旗 イタリア
ピエモンテ州トリノ県イヴレーア
設立 1908年
業種 情報・通信業
事業内容 システムソリューション事業
代表者 Patrizia Grieco (CEO)
主要株主 テレコム・イタリア
外部リンク http://www.olivetti.com/
テンプレートを表示
Olivetti Buildings in Frankfurt(デザイン:Egon Eiermann
オリベッティ社のマニフェスト

オリベッティOlivetti)は、イタリアピエモンテ州イヴレーアタイプライターの製造・販売会社として創業された会社である。かつては大型コンピューター開発生産事業を行っていた。現在はテレコム・イタリアに買収されて傘下に入り、主にシステムソリューション事業を運営している。フィアットなどと共にイタリアを代表する歴史的会社である。現在の本社は、ピエモンテ州トリノにある。

概説[編集]

タイプライターの製造・販売で成功したオリベッティは、計算機の分野にも進出し、世界初の電動式記録卓上計算機の発売や、大型電子計算機「エレア9003(Elea 9003)」の発表を行なったこともあった。

現在の主な生産品目は、以下の通り(Olivettiの公開しているページを基に記述)。

  • プリンタ(インクジェット型の多機能プリンタ、および写真印刷用プリンタ)
  • ファックス装置
  • 卓上計算機
  • SOHO向けの極小型システム(PCなどを核とした事務処理システムの意か?)
  • 写真複写機、および、レーザープリンタ
  • 業務用専用プリンタ
  • 以下の分野向けの専用装置
    • 銀行業務
    • 小売業
    • 郵便局
    • チケットの移動販売
    • 宝くじ販売店舗
    • サービスオートメーション(人気などの投票,MAAF)

沿革[編集]

エットレ・ソットサスのデザインしたポータブルタイプライター『ヴァレンタイン』(1969年)
ミケーレ・デ・ルッキのデザインしたパソコン、Olivetti Echos 44 Color(1994年)

日本における事業の沿革[編集]

[1]

  • 1961年 - 9月、オリベッティ全額出資による日本法人「日本オリベッティ株式会社」として設立。
  • その後親会社が「ワング・グローバル」(1998年3月)→「ジェトロニクス」(1999年7月)に変更されている。
  • 2000年 - 1月に社名を「ジェトロニクス・オリベッティ株式会社」と改める。
  • 2002年 - 4月、「ジェトロニクス株式会社」となる
  • 2007年 - 5月NTTデータ日本電信電話株式会社傘下)がジェトロニクスとの戦略的パートナーシップを結び、NTTデータが株式の7割を保有する合弁会社「NTTデータジェトロニクス株式会社」となる
  • 2020年 - 3月、ジェトロニクス保有株式をNTTデータに譲渡しNTTデータ100%完全出資子会社化される
  • 2021年 - 10月、「NTTデータルウィーブ株式会社」に社名変更される

オリベッティの救済再建[編集]

1964年に実施された、イタリア財界の助力によるオリベッティの再建救済の内容は、以下のようなものである。

  • オリベッティ一族の持ち株比率を75%から35%に減らし、経営の実権も事実上一族から離れる
  • 大型コンピュータ部門をGEの支配に委ねる

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『大日本百科事典 ジャポニカ 第3巻(えいき-おん)』(株)小学館 (昭和50年2月20日第2版13刷)

外部リンク[編集]