Z8000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Olivetti M20 のマザーボード上のZ8001
東ドイツ製のZ8001クローン MME UB8001C

Z8000ザイログ社が1979年に市販開始した16ビットマイクロプロセッサである。アーキテクチャ設計はBernard Peutoが行い、論理設計と物理設計は嶋正利が数名の人々と共に行った。Z80とはバイナリレベルの互換性はなく、人気を博したとは言えないものの1990年代までそれなりの需要があった。Z16C01とZ16C02はZ8000コアを使ったシリアル通信コントローラで、今[いつ?]も使われている。

Z8000シリーズは1979年初めに登場した。これはIntel 8086(1978年4月)とMC68000(1979年9月)が登場した時期の中間にあたる[1]

機能[編集]

基本的には16ビットアーキテクチャだが、組込みシステム向けのZ8002を除いてZ8001では7ビットのセグメントレジスタによるアドレス拡張を行いZ8010(MMU)で実アドレスに変換し、アドレス空間を8Mバイトまで拡張している。

レジスタセットは、16本の16ビットレジスタから成り、命令によってこれを8ビット、16ビット、32ビット64ビットのレジスタとして使用する。レジスタは完全に汎用で直交性があるが、レジスタ15はスタックポインタとして使われ、レジスタ14はスタックセグメントに使われる。ただし、アセンブラレベルでのZ80との互換性維持のため8本の汎用レジスタは8ビット単位で使用でき、インデックスレジスタとして使用するため下位8本のレジスタはセグメントレジスタ+ポインタとしての意味を持っていた。

特権モード設定があり、ユーザモードとスーパバイザモードがあった。

Z80のように、Z8000はDRAMリフレッシュ回路を内蔵していた。設計者を惹き付ける特徴を備えていたものの、全体的に見てZ8000は十分高速とは言えず、エラッタも散見され、結局のところx86ファミリの影に隠れてしまった。

Z8000の実際の使用例としてはナムコが開発したアーケードゲームポールポジション」が知られている。これにはふたつのZ8002(メモリ空間が64Kバイトの、セグメントのないバージョン)が使われていた。

軍事機器に使われているという報告があるが[2]、今[いつ?]もZ16C01/02シリアル通信コントローラの形で使われ続けていることの理由を説明するものと見られる。CPUの価格が高かったため、軍事用にも用いられてきたようである(当時としては珍しく、MS(Military Standard)仕様)。事実として、MOS仕様だったため(I4004やI8008、I8080などはMOSでありながら、TTLレベル動作)ノイズなどにも強く、航空機などの機器類にも搭載された。実際、ザイログのウェブサイトには今[いつ?]もデータシートや注文コードが置かれている。

後継の32ビット版としてZ80000がある。

コンピュータシステムでの採用例[編集]

1980年代初め、Z8000はデスクトップ型UNIXマシンでよく使われた。これはグラフィックディスプレイを備えたワークステーションというよりも、多数のシリアルポートを備えたサーバとしてネットワークが普及する以前のリソース(ディスク、プリンタ)共有マルチユーザーシステムとして使われた。

Z8000ベースのコンピュータシステムとしては、ザイログ自体が発売した System 8000 シリーズのほかに、以下のようなものがある。

  • 1980年1月に公開された Onyx Systems英語版 の C8000 は、初期のUNIXマルチユーザーシステムで、シリアルポートを8個備えていた(価格は25,000ドル)[3]
  • オリベッティ M20, M30, M40, M50, M60[4]
  • コモドールUnix系OSを搭載した Commodore 900英語版 を開発していたが[1]Amigaを買収したことでプロジェクトは中止された。
  • Z8000は、AMDシャープがセカンドソースとして製造し[1]、シャープはZ8000を搭載したシステムも発売していた。
  • ヤマハ YIS (PU-1-20)のグラフィックコントローラー

ザイログの System 8000 ではZEUS(Zilog Enhanced Unix System)というUnix系OSが動作する。ZEUSはVersion 7 Unixからの派生で、'the Berkeley Enhancements'と呼ばれる拡張を含んでいる。ZEUSには RMCobol(Ryan McFarland Cobol)というCOBOLが含まれており、多くのビジネスアプリケーションがすばやく移植されたが、長期的な成功をもたらすことはなかった。

Z8000向けのXENIXも発売されている[5]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c ZILOG Z8000 (APRIL 1979)”. Digital History: Time Line. old-computers.com. 2009年7月16日閲覧。
  2. ^ Z8000”. TechEncyclopedia. TechWeb. 2009年7月16日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ Granneman, Scott. “Computing History 1968-Present”. 2009年7月16日閲覧。
  4. ^ Kranenborg, Jurjen; Elvey, Dwight K.; Grosssler, Christian. “The Z8000 / Z80,000 / Z16C00 CPU homepage”. 2009年7月16日閲覧。
  5. ^ Bezroukov, Nikolai (2008年11月15日). “XENIX -- Microsoft Short-lived Love Affair with Unix”. Softpanorama. 2009年7月16日閲覧。

参考文献[編集]