マリオ・ベリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マリオ・ベリーニ
MarioBellini.jpg
生誕 (1935-02-01) 1935年2月1日(87歳)
イタリア王国の旗 イタリア王国ミラノ
出身校ミラノ工科大学
職業建築家デザイナー
代表作ルーブル美術館イスラム美術ギャラリー、ドイツ銀行ツインタワー改築、ミラノコンベンションセンター英語版
受賞コンパッソ・ドーロ賞英語版 (1962,1964,1970)
ヴェネツィア・ビエンナーレ金賞 (1973)
Ambrogino d'Oro金賞 (2011)
イタリア建築金賞英語版 (2015)
代議院メダル (2019)
サローネ国際家具見本市特別生涯功労賞 (2019)

マリオ・ベリーニMario Bellini, 1935年2月1日 - )は、イタリア建築家デザイナーコンパッソ・ドーロ賞英語版を複数回受賞し、イタリア共和国大統領から授与されたメダグリアドーロ英語版などの建築賞を受賞した。

ミラノ工科大学建築学科を卒業後、リナシェンテ英語版のデザイン部門に就職。 1963年オリベッティのデザイン顧問に就任し計算機やタイプライターなどの開発に従事。 その後、カッシーナの家具、ブリオンヴェガ英語版(イタリアの放送機器メーカー)やヤマハの電気製品、アルテミデ英語版フロスイタリア語版アルコイタリア語版の照明など数多くをデザインした。 建築・デザイン誌「Domus」の編集長を、1986年から1991年まで務めた。

作品[編集]

日本での建築物[編集]

外部リンク[編集]