代議院 (イタリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
代議院
Camera dei Deputati
種類
種類
役職
議長
ロベルト・フィコ五つ星運動)、
2018年3月24日より現職
構成
定数630
Camera dei Deputati XVIII.svg
院内勢力
与党 (358)
  五つ星運動 (203)
  民主党 (90)
  混合会派 (19)

野党 (272)

  同盟 (125)
  混合会派 (16)
選挙
前回選挙
2018年3月4日
議事堂
Montecitorio interior 01.jpg
イタリアの旗 イタリアローマ
モンテチトーリオ宮殿
北緯41度54分5秒
東経12度28分43秒
ウェブサイト
La Camera dei Deputati
モンテチトーリオ宮殿

代議院(だいぎいん、イタリア語: Camera dei Deputati)は、イタリア共和国議会を構成する議院のひとつで、下院に相当する。任期は5年。

概要[編集]

議長[編集]

定数[編集]

2020年9月以降に実施される総選挙からは400議席。

2020年9月の時点では630(国内選挙区618、国外在住者選挙区12)であったが、2020年9月20日から21日にかけてイタリア共和国憲法第56条、57条、59条を改正し、上下両院の議員定数を削減する憲法改正案の是非を問う国民投票英語版が執行され、賛成票が7割に達し改正案は可決された[2]。これにより代議院は630から400に削減されることが決まった[3]

歴史[編集]

サルデーニャ王国議会[編集]

イタリア王国議会[編集]

制憲議会[編集]

現在[編集]

選挙制度[編集]

2017年10月、ポピュリズム政党である「五つ星運動」が過半数を制する事態が懸念されたことを背景に、プレミアム制を柱とする選挙制度は廃止され、小選挙区比例代表並立制に改正された。

旧選挙制度(2005-2017年)[編集]

議席を得るためには単独政党で全国平均[4]得票率4%以上、政党連合は得票率10%以上且つ構成政党の少なくとも一つの政党得票が2%以上であることが必要[5]

プレミアム制[編集]

小党乱立の事態を避ける目的で、選挙の結果第1党が過半数を獲得できなくても自動的に過半数勢力を与える制度。まず政党及び政党連合の全国得票で配分議席(ヴァッレ・ダオスタを除いた26選挙区617議席)を決定するが、最多得票政党(または候補者名簿連合)の獲得議席が340議席に達しなかった場合、340議席を配分される。残りの277議席を2位以下の政党及び政党連合にヘアー式最大剰余方法で配分する[5]

会派・議席[編集]

下院では議員20名以上で議会内会派を構成することができる。それ以外の議員は無所属も含めて「混合グループ」として会派を形成することになっている。なお「混合グループ」内では3名以上の議員で会派内の「構成政治勢力」として認知され、議会記録に併記することができる[6]

会派別議席数
会派 参加政党 議席数
MOVIMIENTO 5 STELLE 五つ星運動 五つ星運動 203
LEGA 同盟 北部同盟 125
FORZA ITALIA フォルツァ・イタリア フォルツァ・イタリア 96
PARTITO DEMOCRATICO 民主党 民主党 90
FRATELLI d'ITALIA イタリアの同胞 イタリアの同胞 35
ITALIA VIVA イタリア・ヴィヴァ イタリア・ヴィヴァ 30
LIBERI e UGUALI 自由と平等 民主進歩運動イタリア語版6議席
左翼・エコロジー・自由2議席
エヴィバ!イタリアの春イタリア語版1議席
憲政祖国イタリア語版1議席
無所属1議席
11
MISTO 混合会派 35
欠員 0
合計 630

代議院選挙[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 議長就任に伴い、党籍離脱中。
  2. ^ “イタリア 議員定数3分の1以上を削減へ”. 日テレNEWS24. 日本テレビ放送網. (2020年9月22日). https://www.news24.jp/articles/2020/09/22/10726498.html 2020年9月24日閲覧。 
  3. ^ “Italians back referendum to reduce size of Parliament by a third”. ABC News. ABC. (2020年9月22日). https://www.abc.net.au/news/2020-09-22/italians-vote-to-dump-a-third-of-parliamentarians/12688792 2020年9月24日閲覧。 
  4. ^ 小選挙区と在外選挙区は除く。
  5. ^ a b 国立国会図書館政治議会課 三輪和宏<資料>諸外国の下院の選挙制度 (PDF) 、国立国会図書館『レファレンス』2006年12月号
  6. ^ 参照:Funzioni dei Gruppi Parlamentari(議会会派の機能)-2010年1月7日閲覧

外部リンク[編集]