Z

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Z z Z z

Zは、ラテン文字(ラテンアルファベット)の26番目で最後の文字。小文字は z

ギリシア文字Ζ(ゼータ)に由来し、キリル文字З(ゼー)と同系の文字である。はじめラテン語には不要なためラテンアルファベットに採用されず、新たに作られた G が Ζ の位置に代わりに置かれたが、後代ギリシア語の Ζ(ゼータ)を音写する必要が生じてアルファベットの最後に加えられた。

字形[編集]

Zz Ʒʒ Ƶƶ
Zの字形として使われたƷ(Zurzach紋章
筆記体の z

2本の横線と、それをつなぐ左下がりの斜線である。しばしば下の横線が右下がりに書かれ、ベースラインを越える。さらに左に曲げられてƷとなった文字をエッジュ (ezh) と言う。この右上の部分をさらに丸め、さらに終筆から自然に右上に伸ばして交差した形が筆記体で多く用いられる。

フラクトゥール\mathfrak{Z\ z}

2と区別するために斜線に短い線を交わらせることもあり、ヨーロッパでは一般的にこれで書かれる。

呼称[編集]

音素[編集]

この文字が表す音素・音声は、

  • IPAでは有声歯茎摩擦音を表す。また、[dz]有声歯茎破擦音を表す。
  • フランス語、エスペラントでは、音素は /z/・音声は [z] である。
  • 英語では、基本的に [z] だが、-zure などでは [zj]融合同化[ʒ] となる。
  • ラテン語では、古典期には [dz] を表した。俗ラテン語ではさまざまな音に変化し、現在のロマンス語の音につながる。
  • 日本語のローマ字表記では、/z/ざ行子音)に用いられる(ただしヘボン式では /i/ /y/ の前以外)。音は、[z](母音の後で /a/ /e/ /o/ /u/ の前)・[dz](母音の後以外で /a/ /e/ /o/ /u/ の前)・[ʑ](母音の後で /i/ /y/ の前)・[dʑ](母音の後以外で /i/ /y/ の前)という異音に変化する。
  • インドネシア語では、[z] のほかに [ʒ] = [Z] を表すことがある。
  • フランス語では、zが動詞二人称複数の語尾部分"-ez"を中心に多く使用されている。(例:"vous aimez") 同部分を含めた語尾のzは殆んどの場合、黙字となる。但し、そのあとに母音が続く場合はリエゾンして[z] を発音する。
  • スペイン語では、原則として [θ] = [T] を表す (ceceo)。中南米では [s] である (seseo)。
  • イタリア語では、[dz] または [ts] である。
  • ドイツ語、スオミ語、中国語の拼音では [ts] である。

Z の意味[編集]

大文字[編集]

小文字[編集]

  • 数学では第3の未知数に使われる。x を最初に使ったことに由来する。
  • 複素数変数によく使われる。実数変数での a にあたる。
  • Unix系OSのシェルzshz shell の意味)。
  • イオン電荷単位素電荷 e を使って表した値。
  • デジタル回路では、znn サンプルの遅延を表す。

大文字・小文字[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Z U+005A 1-3-58 Z
Z
z U+007A 1-3-90 z
z
Ƶ U+01B5 Ƶ
Ƶ
ƶ U+01B6 ƶ
ƶ
ストロークつき
Ʒ U+01B7 Ʒ
Ʒ
ʒ U+0292 1-10-73 ʒ
ʒ
エッジュ
U+FF3A 1-3-58 Z
Z
U+FF5A 1-3-90 z
z
全角

関連項目[編集]