早見あかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はやみ あかり
早見 あかり
生年月日 (1995-03-17) 1995年3月17日(24歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 165 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2007年 -
活動内容 2008年11月 - 2011年4月:ももいろクローバー在籍
2012年:ドラマ初主演
2014年:映画初主演、NHK連続テレビ小説マッサン』出演
2016年:舞台初主演
配偶者 一般男性(2018年 - )
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 早見あかり オフィシャル・ウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
ウレロ☆シリーズ
マッサン
ラーメン大好き小泉さん
東京ウエストサイド物語
映画
百瀬、こっちを向いて。
忘れないと誓ったぼくがいた
銀魂
走れ!T校バスケット部
早見あかり脱退コンサート 2011年4月10日

早見 あかり(はやみ あかり、1995年3月17日 - )は、日本女優。東京都出身。スターダストプロモーション所属。

略歴[編集]

東京都出身[1]。小学校卒業間近に、現在の事務所にスカウトされ芸能界入り。2008年11月から2011年4月まで、当時は世間にあまり知られていなかったももいろクローバー(現在のももいろクローバーZ)のメンバーであった。

在籍時はサブリーダーを務めており、イメージカラーはブルー、キャッチフレーズは「ももクロのクールビューティー」だった。ラップパートやライブのMCを任され、メンバーの精神的な支えにもなっていたが、自らの強い意志で脱退(これに伴いグループは心機一転、ももいろクローバーZへ改名)。脱退の理由は、アイドルとしての適性について悩み続けた末、元々目指していた女優の道に進もうと決意したため[2]。在籍時の愛称はあかりんで、これは子供の頃からのあだ名であった[3]

2013年に、大学へは進学せず芸能活動に専念することをブログで表明[4]

2014年、NHK連続テレビ小説マッサン』に主人公の妹役で出演。また、同年には映画『百瀬、こっちを向いて。』で初主演。

2015年には、笑福亭鶴瓶が司会を務めるトーク番組『A-Studio』(TBSテレビ)の7代目アシスタントに抜擢され[5]、2016年3月まで務める[6]。6月27日開始のドラマ『ラーメン大好き小泉さん』(フジテレビ)にて、連続ドラマ初主演[7]

2016年、『夢の劇 -ドリーム・プレイ-』で舞台初主演[8]

2018年7月22日、30代前半の会社員男性と年内に結婚することを明らかにし[9]、翌23日に婚約会見を行った[10]。会見では、4回目のプロポーズで結婚を承諾したことを明かした。12月10日、婚姻届を提出したことを所属事務所を通じて発表した[11]

人物・エピソード[編集]

  • 趣味は踊ること[12]
  • 体が柔らかく、エアロビ6級の資格を所持する[12]
  • ももいろクローバー脱退後も、メンバーとは交流が続いており、ライブや楽屋に訪れる様子がブログなどでたびたび報告されていた。早見の脱退翌年に、ももいろクローバーZが結成以来目標にし続けてきたNHK紅白歌合戦へ初出場した際には、詞に「あかり」の名が入っている旧バージョンの「行くぜっ!怪盗少女」が歌われたことが、ファンの間で大きな話題となった[13][14]。その後も、有安杏果の卒業ライブや、10周年記念ライブ『The Diamond Four -in 桃響導夢-』(ともに2018年)に足を運んでいる[15]
  • 指原莉乃はももいろクローバー時代の早見のファンであることを公言していた[16]。そのファンぶりは熱狂的で「早見あかりと結婚したい」と言っていたほどだという[17]

作品[編集]

  • 新津保建秀×早見あかり『Spring Ephemeral』(FOIL GALLERY、2011年4月15日 - 5月14日) - インスタレーション展。なお、当企画に際してコンセプトブック『Spring Ephemeral Binaural-Scape 3.17』が2000部限定で発行された[18]
  • Twenteen(2015年3月17日) - 二十歳の誕生日に発売の写真集。SDP(スターダストピクチャーズ)から刊行。
    • 写真展「木寺紀雄 しろとあかりといろ」(2015年6月5日 - 17日、「GALLERY SPEAK FOR」(東京・代官山)) - 写真集『Twenteen』のカットの他、沖縄と長野の撮影旅行中に撮影された未公開のカットを含む約40点のオリジナルプリントを展示[19]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティー等[編集]

ラジオ[編集]

  • ニッポン放送「モバラジ研究会」(2012年) - 4月のスペシャルパーソナリティ

広告・CM[編集]

イベント[編集]

  • MAKE WITH HAPPY!! LOWRYS FARM 20th Anniversary(2012年)
  • SHIBUYA FASHION FESTIVAL.3(2013年)
  • 写真展「10FACES」(2013年5月31日 - 6月2日)
  • 野村浩司写真展「THE PROTRAITS」(2014年9月3日 - 16日)
  • 連続テレビ小説「マッサン」ひろしまプレミアムトークイベント(2014年11月23日)

ミュージック・ビデオ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ ももクロ脱退から4年!早見あかり“めん食い女子”で連ドラ初主演”. SANSPO.COM. p. 3 (2015年5月26日). 2015年10月27日閲覧。
  2. ^ 元ももクロ・早見あかり、“脱アイドル”の成功事例 絶妙なタイミングでの決断”. オリコンスタイル. オリコン (2015年10月25日). 2015年10月27日閲覧。
  3. ^ 脱退から4年、早見あかりが語る「ももクロ」との関係性”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2015年2月7日). 2016年6月20日閲覧。
  4. ^ 2013年1月8日の投稿より
  5. ^ 早見あかり『A-Studio』7代目アシスタント決定に大号泣「うれしかった」”. マイナビニュース (2015年3月13日). 2015年3月15日閲覧。
  6. ^ “「A―Studio」8代目アシは森川葵!不安も鶴瓶に救われた”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年3月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/14/kiji/K20160314012208160.html 2016年3月14日閲覧。 
  7. ^ a b ももクロ脱退から4年!早見あかり“めん食い女子”で連ドラ初主演”. SANSPO.COM (2015年5月26日). 2015年5月26日閲覧。
  8. ^ a b “早見あかりが舞台初主演、バラモン教の神の娘役に挑戦”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2015年11月26日). http://www.cinra.net/news/20151126-yumenogeki 2015年11月27日閲覧。 
  9. ^ “早見あかり、30代会社員と電撃婚へ! ももクロメンバーに報告まだ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年7月22日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180723/mrg18072305050001-n1.html 2018年7月23日閲覧。 
  10. ^ “早見あかり、婚約会見で幸せ笑顔 百田夏菜子が祝福「うれしくて涙が止まらない」 プロポーズは3度保留”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2116066/full/ 2018年7月23日閲覧。 
  11. ^ “早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年12月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2125119/full/ 2018年12月10日閲覧。 
  12. ^ a b 早見あかり”. スターダストプロモーション芸能3部. 2008年12月4日閲覧。
  13. ^ ももクロ、念願の紅白初出場で号泣 元メンバー・早見あかりへサプライズ演出も Archived 2013年4月26日, at the Wayback Machine. MSN産経ニュース(産経新聞)2013年1月2日閲覧。
  14. ^ “ももクロ、心は“6人”で…紅白の粋な演出にネット上騒然 ファンの反応は?”. モデルプレス (株式会社ネットネイティブ). (2012年12月31日). http://mdpr.jp/music/detail/1218591 2015年11月2日閲覧。 
  15. ^ 小島和宏『ももクロ導夢録 ももいろクローバーZ 公式記者インサイドレポート2017-2018』- ISBN 978-4022515612
  16. ^ 28、好きなアイドルをただならべるだけ”. 指原莉乃公式ブログ 「指原クオリティー」(2010年12月4日). 2016年1月2日閲覧。
  17. ^ 『EX大衆』2010年10月号より
  18. ^ FOIL GALLERY 新津保建秀×早見あかり「Spring Ephemeral」”. 有限会社フォイル. 2015年10月26日閲覧。
  19. ^ 早見あかり、初のポートレイト写真展が開催! 写真集未公開カットも展示”. シネマカフェ (2015年5月1日). 2015年5月5日閲覧。
  20. ^ シネマトゥデイ (2014年6月15日). “元ももクロ早見あかり、女団長に!「アゲイン!!」ドラマ化でヒロイン役!”. 2014年6月19日閲覧。
  21. ^ “『マッサン』スピンオフドラマ放送決定前後編で“大騒動””. ORICON STYLE. (2015年3月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2049549/full/ 2015年3月28日閲覧。 
  22. ^ “元ももクロ早見あかり、オーディション突破でフジ連ドラ初レギュラー!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2014年9月22日). https://www.cinematoday.jp/news/N0066591 2017年6月21日閲覧。 
  23. ^ “「セカンド・ラブ」注目美女連載・早見あかり(前)”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2015年2月27日). https://thetv.jp/news/detail/55647/ 2017年6月21日閲覧。 
  24. ^ トピックス #07 2016新春SP放送決定!!”. ラーメン大好き小泉さん. フジテレビ. 2015年11月28日閲覧。
  25. ^ “ラーメン大好き小泉さん:早見あかりが再び“ラーメン大好き女子高生”に 1月に新春SP放送”. まんたんウェブ (株式会社毎日新聞デジタル). (2015年11月28日). http://mantan-web.jp/2015/11/28/20151127dog00m200050000c.html 2015年11月28日閲覧。 
  26. ^ “「ラーメン大好き小泉さん」年末SP決定!早見あかり「期待して」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年11月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/23/kiji/K20161123013776660.html 2016年11月24日閲覧。 
  27. ^ “新婚・早見あかり 再びラーメン好きJKに! “小泉さん”が復活”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年3月5日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190305/geo19030511470024-n1.html 2019年3月5日閲覧。 
  28. ^ MOZU:香川照之主演でスピンオフ 伊藤淳史とバディーに”. まんたんウェブ (2015年8月25日). 2015年8月26日閲覧。
  29. ^ WOWOW×TBS共同制作ドラマ MOZUスピンオフ~大杉探偵事務所”. WOWOW. 2015年11月2日閲覧。
  30. ^ 早見あかり、八王子発ドラマで主演 “イマドキ”女子役に「気張らず演じたい」”. ORICON (2015年7月15日). 2015年7月15日閲覧。
  31. ^ NHK 八王子発ドラマ 東京ウエストサイド物語”. NHK. 2015年10月26日閲覧。
  32. ^ 青木崇高×松尾スズキ、『曾根崎心中』誕生秘話を創作”. ORICON STYLE (2015年10月26日). 2015年10月27日閲覧。
  33. ^ 元ももクロの早見あかり ラーメン大好き小泉さん役でJuice=Juiceと共演!連続ドラマ『武道館』 とれたてフジテレビ 2016年2月9日
  34. ^ “堤真一×小泉今日子「スーパーサラリーマン左江内氏」、ムロツヨシら追加キャスト発表”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年11月22日). http://natalie.mu/eiga/news/210265 2016年12月2日閲覧。 
  35. ^ “矢田亜希子&小原裕貴もカムバック!「ぼくらの勇気 未満都市 2017」”. シネマカフェ (イード). (2017年6月26日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/06/26/50500.html 2017年7月13日閲覧。 
  36. ^ “村上虹郎主演ホラードラマ「デッドストック」追加キャストに早見あかり&田中哲司”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年6月21日). https://thetv.jp/news/detail/112769/ 2017年6月21日閲覧。 
  37. ^ “りょう、早見あかりが浅野忠信×神木隆之介『刑事ゆがみ』第7話にゲスト出演”. TVLIFE web (学研プラス). (2017年11月16日). http://www.tvlife.jp/entame/148405 2017年11月24日閲覧。 
  38. ^ “優香、長谷川博己の妻役に!『都庁爆破!』和田正人・早見あかりらも出演”. マイナビニュース. (2017年12月1日). https://news.mynavi.jp/article/20171201-550432/ 2017年12月1日閲覧。 
  39. ^ “山本耕史主演、NHKでは40年ぶり『鳴門秘帖』連ドラ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2104637/full/ 2018年4月15日閲覧。 
  40. ^ “早見あかりがお嬢様に、清水尋也主演のテレ東ドラマ『インベスターZ』”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年6月13日). https://www.cinra.net/news/20180613-investorz 2018年6月13日閲覧。 
  41. ^ メ~テレドラマ】の10月は、「イジューは岐阜と」。主演は早見あかりさん相棒役には岐阜出身岡田義徳さん10月15日(月)深夜0時25分スタートお楽しみに!”. メ~テレドラマ公式Twitter (2018年8月31日). 2018年8月31日閲覧。
  42. ^ “早見あかり主演で「女の機嫌の直し方」映画&ドラマ化、平岡祐太も参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年3月2日). https://natalie.mu/eiga/news/322003 2019年3月2日閲覧。 
  43. ^ “「福家堂本舗」に早見あかり「形として素晴らしいものが残せた」と自信満々”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年10月14日). http://natalie.mu/comic/news/205422 2016年10月14日閲覧。 
  44. ^ “柳沢きみお原作の映画「市民ポリス69」ももクロ早見出演”. ナタリー. (2011年1月12日). http://natalie.mu/comic/news/43300 2013年4月26日閲覧。 
  45. ^ “酒井敏也、原紗央莉ら出演の映画『市民ポリス69』、ヒロインはももクロ・早見あかり”. BARKS. (2011年1月6日). http://www.barks.jp/news/?id=1000066837 2013年4月26日閲覧。 
  46. ^ “話題のアイドル&女優が集結! 映画『Cheerfu11y(チアフリー)』公開決定!”. CDJournal (音楽出版社). (2011年9月8日). http://www.cdjournal.com/main/news/kikkawa-yu/40338 2018年4月15日閲覧。 
  47. ^ “元ももクロ・早見あかり、恋愛映画で長編初主演 「死ぬ気で頑張る」と意気込み”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2013年5月17日). http://eiga.com/news/20130517/5/ 2018年4月15日閲覧。 
  48. ^ “村上虹郎&早見あかり共演、堀江慶監督で「忘れないと誓ったぼくがいた」映画化!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2014年8月15日). http://eiga.com/news/20140815/4/ 2018年4月15日閲覧。 
  49. ^ “阿部寛と天海祐希のW主演作「恋妻家宮本」に菅野美穂、相武紗季、早見あかり出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年8月26日). http://natalie.mu/eiga/news/199523 2017年1月18日閲覧。 
  50. ^ 「銀魂」高杉晋助役は堂本剛!「正直、エリザベスがやりたかった…」”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年9月19日). 2016年9月19日閲覧。
  51. ^ “志尊淳主演「走れ!T校バスケット部」に早見あかり&佐藤寛太&鈴木勝大&竹中直人&椎名桔平!”. 映画.com. (2018年3月23日). https://eiga.com/news/20180323/17/ 2018年11月26日閲覧。 
  52. ^ “早見あかり主演「女の機嫌の直し方」公開日決定、場面写真9点も到着”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年3月30日). https://natalie.mu/eiga/news/326015 2019年4月6日閲覧。 
  53. ^ “『A-Studio』アシスタントに抜擢!!早見あかり「これまでの私、これからの私」”. ORICON STYLE. (2015年4月1日). http://www.oricon.co.jp/special/47802/?cat_id=2newsReco01 2015年4月12日閲覧。 
  54. ^ 平成27年 年間標語ポスター | 安全衛生教育促進運動 | 中災防:図書・用品
  55. ^ 早見あかり、ネクストブレイク確実?時代を彩る「午後の紅茶」新CM起用からの飛躍”. ORICON STYLE (2015年3月31日). 2015年6月26日閲覧。
  56. ^ スマートフォン用「Yahoo! JAPAN」アプリ、女優の早見あかりさんを起用し、初めてのテレビCMを放映開始 朝のオールインワン・アプリ”“夜のベッドサイド・アプリ”の2つのテーマで、 日常のシーンに合わせたアプリの利便性を訴求”. CMポータル (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。
  57. ^ “Cygames、『グランブルーファンタジー』の新TVCMを12月12日より放映開始 菅田将暉さん、早見あかりさん、松重豊さん、富田靖子さん、庵原匠悟さんが出演”. Social Game Info (ソーシャルゲームインフォ株式会社). (2015年12月11日). http://gamebiz.jp/?p=153826 2016年1月7日閲覧。 
  58. ^ “ドSな早見あかりが高良健吾を詰めまくる動画が可愛すぎる 「男はみんな新しい方を選ぶのよ」”. AOLニュース (AOLオンライン・ジャパン株式会社). (2016年4月1日). http://news.aol.jp/2016/04/01/syantan/ 2016年4月8日閲覧。 
  59. ^ “「好きなん?嫌いなん?」早見あかりが“京都弁”で高良健吾を責めたてる!話題沸騰の「創味シャンタン」に続く、創味食品新CM” (プレスリリース), 株式会社 創味食品, (2016年9月28日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000021709.html 2016年10月9日閲覧。 
  60. ^ “チュート徳井、ASIENCE新CMで早見あかりに色気の出し方レクチャー”. お笑いナタリー. (2016年9月5日). http://natalie.mu/owarai/news/200664 2016年9月5日閲覧。 
  61. ^ 早見あかり、新CMで“奮闘”する新入社員を熱演”. ORICON STYLE (2016年9月22日). 2016年9月22日閲覧。
  62. ^ 「Heroine」篇:キャスト - テレビCM|おすすめ情報【ダイハツ】”. ダイハツ工業. 2017年10月8日閲覧。
  63. ^ カラーリップクリーム|DHC 濃密うるみ”. DHC. 2018年9月26日閲覧。
  64. ^ “「DHC 濃密うるみ カラーリップクリーム」新TV-CM放映のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ディーエイチシー, (2018年9月14日), https://prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000074.000030413.html 2018年10月1日閲覧。 

外部リンク[編集]