ホンダ・Z

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Z(ゼット) は、本田技研工業がかつて生産、販売していた軽自動車である。

概要[編集]

初代は「NIII360」をベースにしたスペシャルティカーとして発表され、1970年10月20日に発売された[1]。デザインは日本人が行ったものであり、360ccでクーペスタイルを目指したものである。とはいえ、大人4人が乗るだけの居住空間は確保されていた。当時のホンダ車に共通する飛行機風の計器類のデザインは印象的である。また、4速と5速ではシフトパターンおよびシフトノブの取り付け位置に違いがある。デザイン段階で後方までルーフを伸ばしたため、後部を斜めにカットしガラスハッチを持ち、その黒くて太い樹脂製枠から「水中メガネ」の愛称で親しまれた。

2代目は1998年に発売したSUVタイプの4WD車。アクティの基本構造を踏襲してエンジンはミッドシップに搭載し、トールワゴンとライトSUVの折衷のようなスタイルを採用した。パワートレインが後部座席の下に搭載されているメカニズムをホンダは「UM-4 (Under floor Midship 4WD ) 」と呼称し、車体にもそれを表すエンブレムが装着された。同機構によって当時の軽自動車の衝突安全基準を大幅にクリアしている。

初代 N360/SA型(1970-1974年)[編集]

ホンダ・Z(初代:360cc)
N360/SA型
HondaZ360.jpg
前期N360型
ホンダ・Z 中期SA型 前.jpg
中期SA型
HONDA Z360 hardtop.jpg
後期SA型
概要
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1970年-1974年
ボディ
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア クーペ
駆動方式 FF
パワートレイン
エンジン N360E型:空冷 直2 SOHC 360cc
EA型:水冷 直2 SOHC 360cc
変速機 4速MT/5速MT
3速AT
サスペンション
前:マクファーソンストラット
後:車軸式
車両寸法
ホイールベース 2,000mm
全長 2,995mm
全幅 1,295mm
全高 1,275mm
車両重量 510-525kg
その他
生産台数 不明(メーカーにデータなし)
テンプレートを表示
  • 1970年10月20日発売。N360と基本的に共通のN360E型エンジン(ツインキャブレター36PS/シングルキャブレター31PS)を搭載し、型式はN360と同様の"N360"である。グレード構成はシングルキャブレターの「ACT」「PRO」、ツインキャブレターの「TS」「GT」。発売当初の価格は「ACT」が埼玉県狭山工場渡し現金価格で34万8,000円。
  • 1971年1月25日、5速MT(ドグミッション)、前輪ディスクブレーキを装備する「GS」を追加。
  • 1971年2月、ゴールデンシリーズを発売。グレード構成はシングルキャブレターの「ホリディ」「カスタム」「オートマチック」、ツインキャブレターの「GTL」。従来型は“ダイナミックシリーズ”とされた。
  • 1971年12月1日マイナーチェンジがおこなわれた。プラットフォームを初代ライフに変更したために型式はSA型に改められ、エンジンは水冷のEA型を搭載し、ホイールベースは80mm長くなった。ボディも大部分が改修され空冷モデルとは大きく印象が異なる。リアコンビランプがテール/ブレーキ/方向指示兼用タイプから、方向指示器を独立させたうえにアンバーに変更したタイプとなる。このとき発売されたのは“ダイナミックシリーズ”のみで、グレード構成は「TS」「GT」「GL」「GTL」で全車ツインキャブレターの36PS、「GTL」のみが5速MTを搭載していた[2]
  • 1972年1月に「ゴールデンシリーズ」が発売された。グレード構成は「DX」「カスタム」「オートマチック」、全車シングルキャブレターの31PSであった。テールゲートの枠は、ダイナミックシリーズが黒であるのに対してゴールデンシリーズでは車体と同色であった。
  • 1972年11月には、Bピラーが存在しないハードトップスタイルとなった。エンジンはツインキャブレターの36PSのみとなり、前方のフロントグリルはハニカム型へ変更された。後方から開閉していたスペアタイヤ取出口は塞がれて、分割バンパーとなる。グレード構成は「SS」「GT」「GL」「GSS」で、「GSS」のみが5速MTを搭載していた。
  • 1973年には燃料蒸発ガス抑制装置を追加し、ブレーキのマスターシリンダーはシングルからタンデムに変更する。しかし、排ガス規制とオイルショックの影響が追い風になりシビックが世界的にヒット。乗用車工場をシビックの生産に傾注させることとなり、1974年6月[3]に初代Zは初代ライフやライフステップバンライフピックアップと共にモデルチェンジは行わず生産を終了した。これには軽自動車の車検義務化や保安基準が新しくなったことにより、小型乗用車との価格的なメリットが薄れ軽乗用車市場が縮小していたという側面もあった。
  • ホンダは軽乗用車市場からトゥデイの発売[4]まで一旦撤退する事となる。この軽乗用車撤退とシビックの大型化を理由に、地方ディーラーからの廉価な小型車要望が強まり、1981年シティを発売することになる。
  • N600と同じ空冷2気筒600ccエンジンを搭載した輸出仕様も存在し、北米では「HONDA 600 coupe」の名称で販売されていた。

2代目 PA1型(1998-2002年)[編集]

ホンダ・Z(2代目:660cc)
PA1型
Honda Z 1998.JPG
Honda Z 202.JPG
ターボ(リア)
概要
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1998年10月-2002年8月
ボディ
乗車定員 4人
ボディタイプ 3ドア SUV
駆動方式 4WD
パワートレイン
エンジン E07Z型:直3 SOHC 660cc
変速機 4速AT
サスペンション
前:マクファーソンストラット
後:ド・ディオン式
車両寸法
ホイールベース 2,360mm
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,675mm
車両重量 960-970kg
その他
生産拠点 八千代工業
(現・ホンダオートボディー)
生産台数 4万台
テンプレートを表示
1998年10月9日発売。先にキャパなどで展開していた「J・ムーバー」の下位シリーズとして、3代目ライフと共に「K・ムーバー」と名付けられた[5]
SUVタイプのボディを採用したほか、4速ATを用いるためEF型シビックのコンポーネンツをデフを省いて「90°向きを変えて」搭載し、ドライブシャフトの替わりにプロペラシャフトを取付けたため、NA及びターボ全車のエンジンが縦置きに搭載された[6]
縦置きミッドシップでビスカスセンターデフ4WDという特異なレイアウトはランボルギーニ・ディアブロと同じであるため、一部では軽自動車のスーパーカーと呼ばれることがあった。
デザイン上の特徴としては、ミッドシップ車特有のサイドエアダムだけでなく大径タイヤや高めの車高の他に、未塗装ながら当時はセダン系の高級車以外では採用が少なかったグリップ式(取手式)のドアアウターハンドルの採用や、二重のヘッドライトカバーが用いられたことなどが挙げられる。さらに、ホンダの軽自動車としては初めて標準インパネでの2DINオーディオスペースを採用している。
エンジンをリアシート下に配置したことにより、室内長は同社のロゴに迫るものとなっていた。
2000年6月に特別仕様として登場した「スーパーエモーション」ではバンパーがボディ同色とされ、オプションであったCDプレーヤー+スピーカ、プライバシーガラスを標準装備とした上でターボ車では10万円の値下げとなったため、これ以降販売された車輌はバンパーがボディ同色の車輌が圧倒的に多い。
  • 2002年1月[7] 排ガス対策を行わなず生産終了、8月に販売終了となった。また、ホンダ唯一の軽SUVであった。
  • ホンダアクセスのオプションパーツのうち、ステップ付のサイドスカート及びフェンダーアーチプロテクタが販売終了後しばらくたってから車検非対応とされ(原因は保安基準の解釈が厳格化されたため)、車検対応品との無償交換が行われている。
  • 販売台数はおよそ4万台。当時の軽SUVとしては価格が114万円からと高めであり、オプションを装備すると当時販売されていたHR-Vの2WD・廉価グレードと同価格になってしまうこと、3ドア・4ATのみでさらにグローブボックスが無く使い勝手が悪いこと、960Kgのボディに52psのエンジン(NA仕様。ターボ仕様は同970Kg、64ps)を搭載したため非力であったこと、他にも様々な理由で販売は不振であった。CMにはZZトップが出演していた。15秒、30秒と並んで当時珍しい1分間の長尺なバージョンがあり、ホンダの一社提供及び、提供番組で放映された。

脚注[編集]

  1. ^ 『360cc軽自動車のすべて』三栄書房・86頁
  2. ^ 空冷のトップグレード「GS」ではフロントにディスクブレーキが採用されていたが、水冷ではトップグレードの「GTL」後の「GSS」でも4輪ドラムブレーキであった。
  3. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第73号19ページより。
  4. ^ 登場当初はボンネットバンのみの発売だったが、後のマイナーチェンジ実施と同時にセダンを追加した。
  5. ^ 「Kムーバー」コンセプト
  6. ^ 同様の理由により、バモス/バモスホビオはターボと4WDのAT車、アクティは4WDのAT車も縦置きである。
  7. ^ Z”. トヨタ自動車株式会社 (2020年1月20日). 2020年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]