ホンダ・シビックバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・シビック > ホンダ・シビックバン

シビックバンCivic van )は、本田技研工業がかつて生産、販売していたライトバン自動車である。

概要[編集]

L700/800販売終了後、6年間のブランクを経て1974年11月に発表されたライトバンである。初代シビックの派生車種で、ホンダ初の5ドアライトバンでもある。初代は1.5L 直列4気筒 SOHC、2代目は1.3L 直列4気筒 SOHCエンジンを積み、最大積載量は400kg(2名乗車時)であった。ベース車種のシビックにはCVCCエンジンが搭載されている中、当初は通常エンジンのみであったが、2代目のマイナーチェンジにCVCC-IIエンジン搭載車が追加された。

初代 VB型(1974 - 1979年)[編集]

ホンダ・シビックバン(初代)
VB型
1979 Honda CVCC.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1974年1979年
乗車定員 2/5名
ボディタイプ 5ドア ライトバン
エンジン 1.5L 直4 SOHC
駆動方式 FF
最高出力 75PS/5,500rpm
最大トルク 11.0kgf·m/3,500rpm
変速機 4速MT/ホンダマチック
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:半楕円リーフリジッド
全長 3,745 - 3,825mm
全幅 1,505mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,280mm
車両重量 805 - 815kg
最大積載量 400kg(2名乗車時)
-自動車のスペック表-
  • 1974年11月登場。
  • 1975年8月20日 マイナーチェンジ。エンジンを改良し、50年商用車排出ガス規制に対応した。
  • 1977年9月 マイナーチェンジ。エンジンの改良及びグリルやバンパーの意匠を変更した。

2代目 VC型(1979 - 1983年)[編集]

ホンダ・シビックバン(2代目)
VC型
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1979年1983年
乗車定員 2/5名
ボディタイプ 5ドア ライトバン
エンジン 1.3L 直4 SOHC
駆動方式 FF
最高出力 70PS/5,000rpm
最大トルク 10.7kgf·m/3,500rpm
変速機 4速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:半楕円リーフリジッド
全長 3,995mm
全幅 1,580mm
全高 1,385mm
ホイールベース 2,320mm
車両重量 765 - 775kg
最大積載量 400kg(2名乗車時)
後継 シビックプロ
-自動車のスペック表-
  • 1979年10月 フルモデルチェンジ。
  • 1981年10月 マイナーチェンジ。角目ライトに変更及びグリルやバンパーの意匠を変更した。CVCCIIエンジン搭載車を追加した。
  • 1983年10月 シビックのフルモデルチェンジで製造を終了した。後継はシビックプロ


関連項目[編集]

外部リンク[編集]