CVCC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・シビック用CVCCエンジン(ホンダコレクションホール所蔵)

CVCC(シーブイシーシー、Compound Vortex Controlled Combustion)とは、1972年に発表した本田技研工業の低公害エンジンである。複合渦流調整燃焼方式の略称。

概要[編集]

CVCCは、リーンバーン(希薄燃焼)させることで排出ガス中の有害物質を少なくする技術である。混合気をリーン(希薄)にしていくと、排出ガス中の有害物質を低減できるが、逆に失火しやすくなり、生ガスによる有害物質が増えてしまう。そこで、副燃焼室専用の吸気バルブ、専用のインテークマニホールド、専用のキャブレターを持ち、副燃焼室に通常よりリッチ(濃い)な混合気を導入し、点火プラグで確実に着火させ、トーチ孔からの燃焼火炎で主燃焼室のリーン混合気を燃焼させる。これにより排出ガス中の有害物質が低減される[1]

この副室式燃焼室は、燃料供給や着火方法こそ異なるが、予燃焼室式や過流室式といった熟成されたディーゼルエンジン技術の応用である。CVCCについては、旧ソ連の副室式エンジンに関する技術論文に基づいている。

排出ガス対策の種類としては、エンジン本体の改良で有害成分を少なくする技術を「前処理」、排出ガスを触媒などで低減する技術を「後処理」と呼んでいる。これは当時、酸化触媒ではエアポンプやリードバルブによる酸素の供給が必要だったり、経年変化により処理能力が落ちるため、内部のペレットを定期的に交換する必要があるなど、課題が多かった。そのため、ホンダでは前処理方式を選択した。当初は触媒を使用しなかったので、有鉛ガソリンの使用も可能だった。

CVCCに対する評価[編集]

当時世界一厳しく、パスすることは不可能とまで言われた米国マスキー法という排気ガス規制法(1970年12月発効)の規制値を、最初にクリアしたエンジンである。その功績により「CIVIC CVCC」はSAE(米国自動車技術者協会)の月刊機関誌(AUTOMOTIVE ENGINEERING)上で20世紀優秀技術車(Best Engineered Car)の1970年代優秀技術車に選ばれた[2]。当時社長であった本田宗一郎はCVCC開発の報を聞き大幅な売上が見込めると大喜びしたが「排気ガス問題を減らし、少しでも空気が綺麗になるように願って開発したものであって、社の売上に貢献するためではない」と開発陣からの主張を聞き、本田は反省した[3]

社団法人自動車技術会の「日本の自動車技術180選」の「ガソリンエンジン」部門で、「マスキー法を後処理(エアポンプや触媒等)なしでクリアできる最初のエンジンとして米環境保護庁(EPA)より認められた複合渦流調速燃料方式」として選出されている。

2007年に、日本機械学会が創立110年を記念し制定した機械遺産(6号)に、「日本の排出ガス低減技術を世界のトップに引上げた歴史的な機械」として認定されている。

その後、触媒技術やエンジン本体の燃焼解析技術の進歩により、CVCC以外のエンジンでも排気ガス浄化が可能になり、ホンダからCVCCの技術を導入し、研究や試験的発売もしていたメーカーは採用を止め[4][5]、世界的な流れには成りえなかった。長く採用していたホンダ自体も、排気ガス規制が強化されるにつれCVCCに触媒を追加し、さらにその後にはCVCCの採用を止めている。

歴史[編集]

  • 1973年12月12日に、CVCCシビックに搭載し発売。
  • 1980年4月25日に、CVCC-IIアコードおよびプレリュードに搭載し発表。副燃焼室の位置を中央よりに変更、トーチ孔を多孔化したセンタートーチ燃焼室と、希薄混合気とEGR(排気ガス再循環)の比率を走行条件に合わせたラピッドレスポンスコントロールシステムを採用、燃費効率向上を実現。
  • 1981年10月29日に、新ファンネル型燃焼室を採用し、超ロングストロークで高い燃焼効率を実現したCOMBAXCOMpact Blazing combustion AXiom:高密度速炎燃焼原理)エンジンを、シティに採用。
  • 1982年11月25日に、コンパクトなルーフ型主燃焼室とB・Cトーチ(Branched・Conduitトーチ:分岐トーチ)により高圧縮比9.4を達成したエンジンを、プレリュードに搭載し発売。
※CVCCおよびその派生型エンジンは、1970年代・1980年代のホンダ製の自動車のほとんどに搭載された。

搭載車種とバリエーション[編集]

CVCC[編集]

  • 初代シビック
    • ED (1,488cc:74.0X86.5) 73PS/5,500rpm 10.2kg·m/3,500rpm('73モデル4ドアGL)
    • ED (1,488cc:74.0X86.5) 63PS/5,500rpm 10.2kg·m/3,000rpm(4ドアGL以外の'73モデル)
  • 2代目シビック初期型
    • EJ (1,335cc:72.0X82.0) 68PS/5,500rpm 10.0kg·m/3,500rpm
    • EM (1,488cc:74.0X86.5) 85PS/5,500rpm 12.3kg·m/3,500rpm(CX)
    • EM (1,488cc:74.0X86.5) 80PS/5,500rpm 12.3kg·m/3,500rpm(CX以外)
  • 初代アコード初期型
    • EF (1,599cc:74.0X93.0) 82PS/5,300rpm 12.3kg·m/3,000rpm
    • EK (1,750cc:77.0X94.0) 90PS/5,300rpm 13.5kg·m/3,000rpm
  • 初代プレリュード初期型
    • EK (1,750cc:77.0X94.0) 90PS/5,300rpm 13.5kg·m/3,000rpm

CVCC-II[編集]

  • 初代シティ(COMBAX)
    • ER (1,231cc:66.0X90.0) 67PS/5,500rpm 10.0kg·m/3,500rpm(R MT車)
    • ER (1,231cc:66.0X90.0) 63PS/5,500rpm 10.0kg·m/3,500rpm(R MT車以外)
    • ER Turbo (1,231cc:66.0X90.0) 100PS/5,500rpm 15.0kg·m/3,000rpm(ターボ)
    • ER Turbo (1,231cc:66.0X90.0) 110PS/5,500rpm 16.3kg·m/3,000rpm(ターボII)
  • 2代目シビック後期型
    • EJ (1,335cc:72.0X82.0) 72PS/5,500rpm 11.0kg·m/3,000rpm
    • EM (1,488cc:74.0X86.5) 85PS/5,500rpm 12.3kg·m/3,500rpm(CX)
    • EM (1,488cc:74.0X86.5) 80PS/5,500rpm 12.3kg·m/3,500rpm(CX以外)
  • 3代目シビック/バラードセダン/CR-X
    • EV (1,342cc:74.0X78.0) 80PS/6,000rpm 11.3kg·m/3,500rpm
    • EW (1,488cc:74.0X86.5) 110PS/5,800rpm 13.8kg·m/4,500rpm(CR-X)
    • EW (1,488cc:74.0X86.5) 100PS/5,800rpm 13.2kg·m/4,000rpm(CR-X以外のPGM-FI仕様)
    • EW (1,488cc:74.0X86.5) 90PS/6,000rpm 12.8kg·m/3,500rpm(キャブ仕様:グロス)
  • クイントインテグラ
    • EW (1,488cc:74.0X86.5) 76PS/6,000rpm 11.8kg·m/4,000rpm(キャブ仕様:ネット)
  • クイント
    • EP (1,601cc:77.0X86.0) 90PS/5,300rpm 13.5kg·m/3,500rpm
  • 初代アコード後期型
    • EP (1,601cc:77.0X86.0) 90PS/5,300rpm 13.5kg·m/3,500rpm
    • EK (1,750cc:77.0X94.0) 97PS/5,300rpm 14.3kg·m/3,500rpm
  • 2代目アコード/初代ビガー
    • EK (1,750cc:77.0X94.0) 97PS/5,300rpm 14.3kg·m/3,500rpm
    • ES (1,829cc:80.0X91.0) 110PS/5,800rpm 15.2kg·m/3,500rpm
    • EY (1,598cc:80.0X79.5) 94PS/5,800rpm 13.6kg·m/3,500rpm
  • 初代プレリュード後期型
    • EK (1,750cc:77.0X94.0) 95PS/5,300rpm 14.3kg·m/3,500rpm
      • (最終型は97PSまで進化)
  • 2代目プレリュード
    • ES (1,829cc:80.0X91.0) 125PS/5,800rpm 15.6kg·m/4,000rpm(MT車)
    • ES (1,829cc:80.0X91.0) 120PS/5,800rpm 15.6kg·m/4,000rpm(AT車)

脚注[編集]

  1. ^ Honda CIVIC CVCC ファクトブック
  2. ^ プレスインフォメーション、ホンダ、2000年3月24日
  3. ^ プロジェクトX 挑戦者たち Vol.4世界を驚かせた一台の車 ― 名社長と闘った若手社員たち ビデオ作品 NHKエンタープライズ ASIN: B00005QWQW
  4. ^ Honda社史・50年史 P104 - P105 (PDF)
  5. ^ 「技術発達のメカニズムと地球環境の及ぼす影響」山海堂 ISBN 4-381-10048-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]