ホンダ・ビガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホンダ・アコード > ホンダ・ビガー
ホンダ・インスパイア > ホンダ・ビガー

ビガーVIGOR)は、本田技研工業がかつて生産・発売していたセダン型の乗用車である。

ホンダ・ビガー
概要
別名 ホンダ・アコード(初代、2代目)
ホンダ・インスパイア(3代目)
販売期間 1981年1995年
ボディ
ボディタイプ 3ドアハッチバック(初代のみ)
4ドアセダン(初代、2代目)
ハードトップ(3代目)
系譜
後継 ホンダ・セイバー
テンプレートを表示

初代 SZ/AD型(1981-1985年)[編集]

ホンダ・ビガー(初代)
SZ/AD型
2nd Honda Accord LX sedan.jpg
北米アコード(後期型)
概要
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1981年9月 - 1985年6月
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
3ドア ハッチバック
駆動方式 FF
パワートレイン
エンジン 前期
EK型:1.8L 直4 SOHC CVCC II
後期
ES型:1.8L 直4 SOHC CVCC II
変速機 5速MT/ホンダマチック/4速AT
サスペンション
前:マクファーソンストラット
後:マクファーソンストラット
車両寸法
ホイールベース 2,450mm
全長 前期
4ドア:4,410mm
3ドア:4,210mm
後期
4ドア:4,455mm
3ドア:4,255mm
全幅 前期:1,650mm
後期:1,665mm
全高 4ドア:1,355 - 1,375mm
3ドア:1,335mm
車両重量 前期
4ドア:930 - 970kg
3ドア:930 - 960kg
後期
4ドア:955 - 1,005kg
3ドア:940 - 1,010kg
その他
姉妹車 ホンダ・アコード(2代目)
販売終了前月までの新車登録台数の累計 3万3926台[1]
テンプレートを表示
1981年9月25日
2代目アコード姉妹車として発売。
3ドアハッチバックと4ドアセダンが設定され、ヘッドライトが異型角型2灯でエンジンが1.6Lと1.8Lであったアコードに対し、ビガーはヘッドライトが北米アコードと同様のSAE規格の角型4灯のフォルムで、エンジンが1.8Lのみである。
クルーズコントロールを全グレードに装備し、走行距離・走行時間・燃費が表示されるエレクトロニックナビゲータも、最廉価グレードを除いて標準装備された。
1983年6月17日
マイナーチェンジ。新型エンジンのES型と新型ミッション(ロックアップ機構付き4速AT)が搭載された。グレード構成は下から「VL」/「VX」/「VXR」。
1984年5月
PGM-FI仕様のエンジンを搭載した「VT-i」/「VTL-i」(セダン)および「TT-i」(ハッチバック)を追加。

2代目 CA1/2/3/5型(1985-1989年)[編集]

ホンダ・ビガー(2代目)
CA1/2/3型
Honda Vigor Front.jpg
概要
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1985年6月 - 1989年10月
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
駆動方式 FF
パワートレイン
エンジン A18A型:1.8L 直4 SOHC
B18A型:1.8L 直4 DOHC
B20A型:2.0L 直4 DOHC
変速機 5速MT/4速AT
サスペンション
前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
車両寸法
ホイールベース 2,600mm
全長 4,535mm
全幅 1,695mm
全高 1,355mm
車両重量 1,020 - 1,150kg
その他
姉妹車 ホンダ・アコード(2代目)※セダンのみ
販売終了前月までの新車登録台数の累計 5万467台[2]
テンプレートを表示
1985年6月4日
3代目アコードの姉妹車として発売。ボディは4ドアセダンのみで、アコードにあった3ドアハッチバックのエアロデッキは設定されない以外は違いが少ない。搭載エンジンも全く同一のB18AA18Aの2種で、フロントグリルとリアのテール周りの外観が違う程度であった。
ヘッドライトにはリトラクタブルヘッドライトが採用された。
1986年5月
一部変更。ATは電子製御ロックアップ化され、フューエルゲージは置針式に変更された。
1987年5月
マイナーチェンジ。A20A搭載車追加(2.0MXL)のほか、電動格納式ドアミラーや本革インテリアが採用された「2.0Siエクスクルーシブ」が追加された。
1988年9月
AT車にシフトロックシステムが追加され、1.8Lと2.0L(OHC)に「スーパーステージ」が追加された。

3代目 CB5/CC2/3型(1989-1995年)[編集]

ホンダ・ビガー(3代目)
CB5/CC3/2型
Honda Vigor third gen.jpg
日本仕様(後期型)
Acura Vigor 1.jpg
アキュラ・ビガー
概要
別名 北米:アキュラ・ビガー
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1989年10月 – 1995年2月
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ハードトップ
駆動方式 FF
パワートレイン
エンジン G25A型:2.5L 直5 SOHC
G20A型:2.0L 直5 SOHC
変速機 4速AT/5速MT
サスペンション
前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
車両寸法
ホイールベース 2,805mm
全長 前期:4,690mm
後期:4,830mm
全幅 前期:1,695mm
後期:1,775mm
全高 前期:1,355mm
後期:1,375mm
車両重量 前期:1,270-1,350kg
後期:1,370-1,440kg
その他
姉妹車 ホンダ・インスパイア(初代)
新車登録台数の累計 8万6209台[3]
系譜
後継 日本:ホンダ・セイバー
北米:アキュラ・TL
テンプレートを表示
1989年10月12日
アコードの上級車種として新たに誕生したアコードインスパイアの姉妹車として発売。北米などでは、ホンダの高級車ブランドであるアキュラから「アキュラ・ビガー」として販売された。
ロングホイールベースの4ドアピラードハードトップボディのフロントミッドシップに、G20Aが縦置きで搭載された。グレードは下から「Type N」/「Type E」/「Type W」/「Type X」。
従来のアコードとの関係から離れたことにより、パーソナルでスポーティーなキャラクターがより強められ、初期型のAT仕様にはガングリップタイプのシフトレバーが装着されていた。
1991年5月
一部変更。AT車のシフトレバーがガングリップタイプから普通のものとなる。また、最廉価グレードの「Type N」が廃止され、代わりに「Type S-Limited」が追加された。
リアはテールランプの変更とガーニッシュの廃止がなされ、同時に「VIGOR」のマークがトランクリッド右上からセンターへ移動し、代わりに「H」マークがトランクリッド中央に移動した。
1992年1月29日
3ナンバーボディに2.5LのG25Aと5PSアップした改良版のG20Aを搭載したモデルを追加。
G25A搭載車(型式:CC2)はプレミアムガソリン仕様で、AT仕様のみ。グレードは上から「25XS」/「25X」/「25S」/「25W」。G20A搭載車(型式:CC3)はレギュラーガソリン仕様で、インスパイアと異なりMT仕様も用意されていた。グレードは「20G」のみ。
1995年1月[4]
オーダーストップに伴い生産終了。在庫対応分のみの販売となる。
1995年2月
日本では後継車としてセイバーが登場。北米でもアキュラ・TLが登場し、販売終了となった。

搭載エンジン[編集]

車名の由来[編集]

  • 活力等若さを意味する英語から来ている。

取扱販売店[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第40号19ページより。
  2. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第79号15ページより。
  3. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第38号4ページより。
  4. ^ ビガー(ホンダ)のカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月23日). 2020年1月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]