ホンダ・ブリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・ブリオ
インド仕様
HondaBrio.jpg
製造国 タイ王国の旗 タイ
 インド
 インドネシア
販売期間 2011年 -
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
エンジン L12B型:1.2L 直4 SOHC i-VTEC
L13A型:1.3L 直4 SOHC i-VTEC
駆動方式 FF
最高出力 L12B型:65kW(88PS)/6,000rpm
L13A型:73kW(100PS)/6,000rpm
最大トルク L12B型:109N·m(11.1kg·m)/4,500rpm
L13A型:127N·m(13.0kg·m)/4,800rpm
変速機 5速MT / CVT / 5速AT
全長 3,610mm
全幅 1,680mm
全高 1,475 - 1,500mm
ホイールベース 2,345mm
車両重量 920 - 950kg
-自動車のスペック表-

ブリオ(Brio)は、本田技研工業がアジア新興国向けに生産・販売している、5ドアハッチバック型の小型乗用車である。

概要[編集]

タイおよびインド向けとして開発され、その後周辺地域やブラジルへの輸出も検討されている。2011年5月にタイで、同年9月にインドで発売開始された。使用される鋼材を含め80%以上の現地調達部品を使用し、現地生産で供給される[1]

市販に先立ち、2010年11月にプロトモデルがタイ・バンコクで公開された[2]

2011年3月17日、ホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドにおいて、5月下旬より販売されることが発表された。[3] 発表と同時に受注を開始したが、東日本大震災の影響で日本で製造される電子部品の納入が遅れるなどしたことから4月中旬に受注を中断、その後部品調達に目途が立ったことから6月13日に受注を再開した[4]

車体は2代目フィットをベースにしているが、サイズは一回り小さく、タイ仕様車にはL12B型1.2L i-VTECエンジンが搭載され、タイ政府が定めるエコカー認定基準の20Km/L以上(ECE R101モード)の燃費性能や、Euro4の排出ガス規制値に対応した環境性能を実現した。

また、運転席と助手席のエアバッグを標準装備としながら、価格を39万9,900バーツ(約108万円)からの設定となっており、販売台数は1年間で4万台を計画している。

2012年8月にはインドネシアでも1.3L車が販売開始。タイからの完成車輸入となる[5]

2011年9月27日にはインドでも販売が開始された。価格は39万5,000ルピー(約71万円)からの設定となっている[6]

2012年11月23日に、タイ市場にて4ドアセダン版の「ブリオ アメイズ」を発売した。メカニズムはハッチバックと同じだが、セダン化に伴ってリヤオーバーハングが延長されている。価格は45万4,000バーツ(約122万円)から[7]

2013年9月11日、インドネシアで1.2Lエンジンを搭載した「ブリオ・サティヤ」が発表。同時に従来の1.3L車はブリオ・スポーツに改称した。ブリオ・サティヤはインドネシア政府によるLCGC (Low Cost Green Car) 政策の適用車であり、生産は国内で行われ、現地調達率も85%に達している[5]

車名の由来[編集]

イタリア語で「元気」「陽気」を意味する「brio」からの命名[8]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]