ホンダ・SSM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホンダ・SSM
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア オープン
エンジン G20A型:2.0L 直5 DOHC VTEC
駆動方式 FR
最高出力 G20A型:200PS
変速機 6速MT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 3985mm
全幅 1695mm
全高 1100mm
ホイールベース 2400mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ホンダ・SSM(エスエスエム)とは、1995年の第31回東京モーターショーホンダブースに参考展示されたコンセプトカー1999年から2009年まで販売されたスポーツカーS2000の試作モデルである。

概要[編集]

名称のSSMとは、Sports Study Modelの頭文字を採ったものである。

かつてのS800S600などの一連のSシリーズを彷彿とさせる2シーターのオープンスポーツカーであるとともに、当時のホンダの販売ラインナップになかった駆動方式のFRを採用していた点が注目を受けた。 エンジンは、インスパイアなどに採用していた直列5気筒G型エンジンのラインナップから2,000ccのG20AをDOHC VTECに改良したものが搭載されていた。 ボディデザインは、スポーツカーとして古典的なスタイルであるロングノーズ&ショートデッキだった。このデザインに関しては、ピニンファリーナからの提案である事が、海外では公然の秘密とされている模様。

SSMからS2000へ[編集]

後にNSXの開発責任者でありインテグラタイプRの商品企画を担当した上原繁を開発責任者に据えて市販化に着手。SSMを発表した3年後の1998年10月にS2000として発表し、その半年後の1999年4月にホンダ創立50周年を記念して販売された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]