ホンダ・e

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホンダ・e
ZC7型
Honda e Advance – f 18102020.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2020年10月30日 -
(発表:2020年8月27日)
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアハッチバック
駆動方式 後輪駆動
モーター MCF型:交流同期電動機
最高出力 100kW (136PS)/3,078~11,920rpm
113kW (154PS)/3,497~10,000rpm(アドバンス)
最大トルク 315N・m (32.1kgf・m)/0~2,000rpm(共通)
サスペンション 前:独立懸架ストラット式
後:独立懸架ストラット式
全長 3,895mm
全幅 1,750mm
全高 1,510mm
ホイールベース 2,530mm
車両重量 1,510kg
1,540kg(アドバンス)
ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク式
後:ディスク式
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ホンダ・eHonda e)は、本田技研工業2020年から販売している5ドアハッチバック型の電気自動車である[1]

概要[編集]

2019年3月ジュネーヴ・モーターショーで発表され、同年10月東京モーターショーで日本仕様が参考出品、翌年10月30日より日本での発売が開始された。

ホンダ初となる量産フルEVで、「ホンダが提案する都市型コミューター」と位置づけられている。新しい時代に馴染むシンプルでモダンなデザインと、力強くクリーンな走りや取り回しの良さ、そして多彩な先進機能を搭載し、移動と暮らしをシームレスに繋げる生活のパートナーとなることを目指した。取り回しのよさを確保するため、リアエンジンリアドライブのレイアウトを採用しており、ホンダ車ではS2000以来となる後輪駆動車となった。

開発責任者を務めた一瀬智史は、裏テーマとして「ホンダの欧州でのプレゼンスを引き上げる」「いわゆるCAFE規制をクリアするためだけではなく、未来を見せて、ユニークで個性的で、『あ、やっぱりホンダは面白いクルマを作るな』と思わせるクルマ」を目指したとインタビューで語っている[2]。搭載バッテリーは出力が35.5kW、航続距離で300km弱程度と、他社の電気自動車に比べると航続距離が短いが、これも「一般家庭で一晩で充電できるサイズ」「大きくて無駄なバッテリーをいざという時のためだけに持ち歩くのではなく、このサイズがちょうどいい」というこだわりからこのサイズをあえて選んだという[2]

年表[編集]

メカニズム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 未来志向の都市型電気自動車「Honda e」、2020年日本に登場”. Honda. 2020年4月14日閲覧。
  2. ^ a b 走行距離が短すぎる? 電気自動車「ホンダe」開発者の主張 - マイナビニュース・2020年10月15日

外部リンク[編集]