アキュラ・TSX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TSX(ティーエスエックス)は、本田技研工業がかつて生産し、アキュラブランドで販売していたセダンまたはステーションワゴン型の中型乗用車である。

概要[編集]

アメリカではエントリーラグジュアリーカーに属する。欧州・日本仕様アコードをベースにしており、2001年に販売終了したアキュラ・インテグラの後継となった。2003年4月より北米で販売されているほか、2代目からはメキシコでも販売される。全台数埼玉県狭山市にある本田技研工業 埼玉製作所にて生産されている。

2015年モデルよりTLと統合されてTLXとなった。

初代 CL9型(2004-2008年)[編集]

アキュラ・TSX(初代)
CL9型
前期型(2004-2006)
Acura-TSX.jpg
後期型(2006-2008)
Acura TSX.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2004年 - 2008年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン K24A型 2,354cc 直列4気筒DOHC i-VTEC
駆動方式 FF
最高出力 148kW(203ps)/6,800rpm(前期型)
153kW(208ps)/7,000rpm(後期型)
最大トルク 225Nm(22.9kgm)/4,500rpm(前期型)
222Nm(22.6kgm)/4,500rpm
変速機 5速AT/6速MT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,656mm
全幅 1,763mm
全高 1,456mm
ホイールベース 2,670mm
車両重量 1,477-1,522kg
別名 ホンダ・アコード
先代 アキュラ・インテグラ
-自動車のスペック表-

2008年モデルTSXは、208psのK24A型 DOHC i-VTECエンジンに、マグネシウムケーシングが特徴の6速MTが組み合わされる。5速ATはオプションだがアメリカの希望小売価格上では価格は変わらない[1]パワーステアリングは欧州アコードの標準仕様と同じ油圧式である。

VSA、クルーズコントロール、17インチアルミホイール、シートヒーター付き8WAYパンチングレザーパワーシート、ムーンルーフ、360Wアキュラプレミアムサウンドシステムなどが標準装備となる。

2005年モデルではXMサテライトラジオ、ヒーテッドドアミラー、助手席4WAYパワーシート、ステアリングのオーディオ、クルーズコントロールスイッチの照明が追加された。

2006年モデルではエンジン最大出力が5ps向上、フロント、リアのエクステリア処理が一部変更となり、ホイールデザインも変更、サイドスカート、フォグライトが標準となった。インテリアではインストゥルメントパネルのマルチインフォメーションディスプレイ(MID)やブルートゥースハンズフリーリンク、デジタルオーディオポートが追加。

2007年モデルではタイヤプレッシャーモニタリングシステム(TPMS)が追加され電動のリアビューミラーが改良された。

2008年モデルではいくつかの小変更と新しいボディーカラーが追加。

米国道路安全保険協会によるテストにより、TSXは後方衝突安全性能で「Poor」の評価を受けた[2]。前方オフセット衝突は「Good」[3]、側面衝突は「Acceptable」となっている[4]

2代目 CU2/4型(2008-2014年)[編集]

アキュラ・TSX(2代目)
CU2/4型
セダン
2009 Acura TSX.jpg
スポーツワゴン
2011 Acura TSX Wagon.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2008年 - 2014年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
5ドア ステーションワゴン
エンジン K24Z型 2,354cc 直列4気筒DOHC i-VTEC
J35Z型 3,471cc V型6気筒SOHC i-VTEC
駆動方式 FF
最高出力 K24Z:150kW(204ps)/7,000rpm
J35Z:209kW(284ps)/6,200rpm
最大トルク K24Z:233Nm(23.8kgm)/4,400rpm
J35Z:344Nm(35.1kgm)/5,000rpm
変速機 5速AT/6速MT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 セダン:4,715mm
ワゴン:4,811mm
全幅 1,840mm
全高 セダン:1,440mm
ワゴン:1,471mm
ホイールベース 2,705mm
車両重量 1,542-1,669kg
別名 ホンダ・アコード
-自動車のスペック表-

フルモデルチェンジされた2009年モデルTSXは2008年4月11日ニューヨーク国際オートショーでデビューした[5]

ボディサイズは、2008年モデルと比較して全高は15mm低くなったが、全幅が76mm、トレッドが66mm、ホイールベースが33mm、全長が61mm大きくなるなど先代より一回り大きくなっている。クロムメッキで大胆に縁取りした平行四辺形メッシュのフロントグリルなど、最近のアキュラのトレンドの先進性を強調した「キーンエッジ」デザインとなっている。

ボディでは、Aピラーが細くなったことにより視認性が向上、ルーフは従来ではパネルに開断面構造のスティフナーが使われていたのを閉断面構造とした。取り付け方法も先にルーフメンバーを溶接してからルーフパネルを載せる方法に変更し、強度、剛性を高め振動を低減している。フロアのインナーフレームレールは北米アコードにも採用されているがアキュラでは初採用で、従来とは逆にフロアパネルの上部にフレームを配置することで、衝突安全性能、静寂性能が向上、なおかつフロア下をフラット形状となったことで空力性能も向上している。

エンジンは先代のエンジンと同じ2.4L直列4気筒のK24Z型i-VTECエンジンで、バランサーシャフトが組み込まれており、204PS、23.8kg·mを発生する[6]。先代より最高出力は4PS下がったことになるが、アキュラではより広域でパワー、トルクが出るようになっており、運転時のパワーフィールは向上しているとしている。主な改良点は圧縮比が11.0にアップ、バルブタイミング変更、インテーク、エギゾーストのエアフロー改善などで、インテークマニホールドは新たに樹脂とアルミニウムのハイブリッド構造となり、従来のアルミニウム製から軽量化された。排出ガスはCARB LEVⅡ ULEVに対応した。

2009年には2.4Lエンジンに加えて、3.5L V型6気筒のJ35Z型エンジン[7]と2.2Lのi-DTECディーゼルターボも登場予定であり、尿素を使用しない、先進の窒素酸化物低減システムで50州の排出基準に適合する[8][9]

サスペンションは前後新設計で、アキュラ初となるショーワ製デュアルモードダンパーを装備。トランスミッションは6速MTと5速ATでATにはシーケンシャルパドルシフトが付く。パワーステアリングは油圧式からEPS(電動パワーステアリング)となった。ステアリングレシオは先代よりクイック設定となり、ステアリングマウントの剛性は380%アップ、「connected」なフィーリングが特に高速走行時に得られるという。 モーションアダプティブEPS、ADAS(アドバンスト・ドライビング・アシスト・システム)などは採用されていない。

ヘッドライトの昼間点灯機能、バック時の自動傾きドアミラーなどが新たに採用され、サイドエアバッグはデュアルチャンバー式となった。その他の標準装備としては、7スピーカーオーディオ、ブルゥートゥース、レザーシート、デュアルゾーンエアコン、メモリーパワーシート、ムーンルーフ、HIDヘッドライト、オーディオ用USBポートなどがある。オプションの「テクノロジーパッケージ」ではアキュラナビゲーションシステム、アキュラリンク、10スピーカーアキュラ/ELSプレミアムサラウンド、GPSリンク日射センサーオートエアコンなどが付く。

2010年秋には新たにアキュラ初のステーションワゴンとなる「TSX スポーツワゴン」が投入された[10]

搭載エンジン[編集]

モータースポーツ[編集]

リアルタイムレーシング(RTR)は、RSXとともにTSXでSCCAスピードワールドチャレンジのツーリングカーシリーズに参戦している[11]。TSXはボディの強化と軽量化がされ、圧縮比が高められたエンジンと、カスタムビルドのシーケンシャルトランスミッションを搭載する。 2005年には、RTR TSXによりアキュラはマニファクチャラーズタイトル、ピーター・カニンガムがドライバーズタイトルを獲得した。2006年も連続でコンストラクターズタイトル、ピエール・クライヌビンがドライバーズタイトルを獲得している。

脚注[編集]

  1. ^ Acura web site Archived 2010年2月13日, at the Wayback Machine.
  2. ^ IIHS review of Acura crash test results Archived 2010年11月4日, at the Wayback Machine.
  3. ^ IIHS ratings
  4. ^ IIHS ratings
  5. ^ [Jacob]. “Acura brings new TSX to New York show”. Autoweek. 2008年2月23日閲覧。
  6. ^ All-new 2009 TSX”. Acura Media Newsroom. 2009年2月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年2月23日閲覧。
  7. ^ アキュラ「TSX」のV6モデルをシカゴオートショーで発表
  8. ^ [Damon]. “Acura TSX gets diesel power next year”. Autoblog. 2008年2月23日閲覧。
  9. ^ [Eric]. “Detroit 2008: Honda gives us a peek at the i-DTEC clean diesel”. Autoblog. 2008年2月23日閲覧。
  10. ^ アキュラ「TSX スポーツワゴン」をニューヨークオートショーで発表
  11. ^ Realtime Racing Acura Archived 2008年10月6日, at the Wayback Machine.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]