ホンダ・スピリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スピリア(Spirior、中国名:思鉑睿)は、本田技研工業中国現地合弁である東風本田汽車によって製造・販売が行われている中型セダンである。車名はSpiritとSuperiorを掛け合わせた造語である[1]

概要[編集]

中国では広汽本田汽車アコード(北米仕様ベース)を製造・販売していたが、東風ホンダには中型セダンが欠けており、それを埋めるべく投入された車種がスピリアである。スピリアはプレミアムスポーティーセダンという位置付けがなされ[2][3]、アコードとの差別化が図られている。

2009年に発表された初代は日欧仕様のアコード(CU1/2型)とほぼ同一であったが、2014年に発表された2代目は中国専用車種として新規に開発されている。

歴史[編集]

初代(2009年-2014年)[編集]

初代スピリア(前期型)

2009年4月20日、東風ホンダは上海モーターショーにCU1/2型アコードをベースとするコンセプトカー「SR-9」を出展し、年内の新型車発売を予告した[2]。SR-9の市販モデルは7月27日にスピリアとして発表された[1]。スピリアは8月19日から生産が開始され[3][4]9月5日に発売開始された[5]

当初は直列4気筒2.4L(K24Y5型)のみのラインナップであったが、2012年11月22日から開催された第10回広州国際モーターショーフェイスリフトモデルが発表され、2.0Lエンジン(R20A4型)搭載車も追加された[6]

2代目(2014年-現在)[編集]

ホンダ・スピリア(2代目)
フロント
Honda Spirior II 01 China 2015-04-20.jpg
リア
Honda Spirior II 03 China 2015-04-20.jpg
製造国 中華人民共和国の旗 中国
販売期間 2014年 - 現在
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン ガソリンモデル
R20Z8型:2.0L 直4 SOHC i-VTEC
K24V4型:2.4L 直4 DOHC i-VTEC 直噴
ハイブリッドモデル
LFA11型:2.0L 直4 DOHC i-VTEC
駆動方式 FF
モーター MF8型:交流同期電動機
変速機 ガソリンモデル
2.0L:CVT
2.4L:8速DCT
ハイブリッドモデル
非搭載
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット式
後:マルチリンク式
全長 4,840mm
全幅 1,850mm
全高 1,465mm
ホイールベース 2,780mm
車両重量 1,500-1,649kg
製造拠点 武漢工場
-自動車のスペック表-

2014年4月20日北京モーターショーにてコンセプトモデルが発表され[7]、同年11月18日XR-Vとともに発売開始された[8]。2代目は中国専用車種として開発された。エンジンはいずれも直列4気筒2.0L(R20Z8型)と2.4L(K24V4型)がラインナップされる。2.0L車にはCVTが、2.4L車にはアキュラ・TLXアキュラ・ILXでも採用されているトルクコンバーター付きの8速デュアルクラッチトランスミッションが、それぞれ組み合わせられている。


2017年1月5日 スポーツハイブリッドモデル発売開始


脚注[編集]

外部リンク[編集]