ホンダ・クラリティ フューエル セル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホンダ・クラリティ フューエル セル
ZC4型
東京モーターショー2015
Honda CLARITY FUEL CELL (Garnet) at Tokyo Motor Show 2015.jpg
販売期間 2016年3月10日-
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 燃料電池スタック:
固体高分子形
駆動方式 前輪駆動
モーター MCF4型:
交流同期電動機
最高出力 燃料電池スタック
103kW(140ps)
モーター
130kW(177ps)/
4,501-9,028rpm
最大トルク モーター
300N·m (30.6kgf·m)/
0-3,500rpm
サスペンション 前:マクファーソン式
後:マルチリンク(ウィッシュボーン)式
全長 4,915mm
全幅 1,875mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2,750mm
車両重量 1,890kg
ブレーキ 前:油圧式ベンチレーテッドディスク
後:油圧式ディスク
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

クラリティ フューエル セル(CLARITY FUEL CELL)は、本田技研工業2016年3月10日に発売した、量産型のセダン燃料電池自動車[1]

概要[編集]

ホンダは1980年代後半からFCVの研究開発を開始し、2002年に「FCX」、2008年には「FCXクラリティ」のリースを行い各種データの収集を行ってきた[2]。これらの豊富な蓄積を活かし、ホンダ初の量産型FCV市販車としてクラリティ フューエル セルは発売された[2]。FCスタックのセル出力を従来の1.5倍に向上することで、セルの厚みを20%、数を30%削減し、従来型から33%の小型化を実現[2]。世界で初めてセダンのボンネット内に搭載することで、大人5人がゆったりと乗車できる空間を確保することに成功している[2]

2015年東京モーターショーにFCXクラリティのコンセプトを継ぐ車として発表され[3]、2016年3月10日発売が開始された[1]。1充填(3分)あたり航続距離750kmを実現している[4]。ホンダがリースをしてきたFCXクラリティより高圧の70MPaの圧縮水素タンクを採用し、トヨタ・MIRAIと共通化を果しており、水素ステーションの設備の共通化に貢献する取り組みとなっている[5]

2017年4月14日から開催されたニューヨーク国際オートショーで、本車のプラグインハイブリッド版である「CLARITY PLUG-IN HYBRID(クラリティ プラグイン ハイブリッド)」と電気自動車の「CLARITY ELECTRIC(クラリティ エレクトリック)」を発表し[6]、後者は2017年8月4日からカリフォルニア州オレゴン州でリース販売を開始した[7]。これによって、世界で初めて同一プラットフォームにPHEV、EV、燃料電池車という3種類の電動パワートレインを採用した車種となった。日本では前者が2018年夏から導入する予定であると東京モーターショー2017で発表され[8]、2018年7月19日に「クラリティ PHEV」の車種名で翌20日から発売すると正式に発表された[9]

2019年12月18日、一部改良をした2020年モデルをアメリカで発表[10][11]。車両接近通報装置、寒冷時のシステムの起動性能が改良された[10][11]

性能[編集]

前景
後景
ホンダ・クラリティPHEV
ZC5型
販売期間 2016年3月10日-
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン LEB型:
1,496cc 直列4気筒DOHC
駆動方式 前輪駆動
モーター H4型:交流同期電動機
最高出力 エンジン:
77kW (105PS)/5,500rpm
モーター:
135kW (184PS)/5,000-6,000rpm
最大トルク エンジン:
134N·m (13.7kgf·m)/
5,000rpm
モーター:
315N·m (32.1kgf·m)/
0-2,000rpm
変速機 電気式無段変速機
サスペンション 前:マクファーソン式
後:マルチリンク(ウィッシュボーン)式
全長 4,915mm
全幅 1,875mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2,750mm
車両重量 1,850kg
ブレーキ 前:油圧式ベンチレーテッドディスク
後:油圧式ディスク
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

年表[編集]

タクシーとしての使用例(帝都自動車交通)
  • 2015年10月20日、東京モーターショー2015で世界初披露[3]
  • 2016年
  • 2017年5月18日、燃料電池自動車の将来の用途拡大に向け、東京都帝都自動車交通宮城県の仙台タクシー、埼玉県の大宮自動車、神奈川県日野交通の4社の協力を受け、同年6月末をめどにタクシー運用を開始することを発表した[14]
  • 2018年7月19日、日本での発売を予告していたプラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV(クラリティ ピーエイチイーブイ)」[9]を翌7月20日から発売すると発表。パワートレインを燃料電池から2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」とバッテリーの組み合わせにしたもので、EV走行距離(充電電力使用時走行距離)は114.6km(ハイブリッド燃費はJC08モードで28.0km/L、WLTCモードで24.2km/L)を実現。また、販売開始に合わせてNCSネットワークの充電器約20,800基が利用できるホンダ独自の充電カードサービス「Honda Charging Service(ホンダ チャージング サービス)」を開始する。タイプ体系は「EX」のみの設定。リース販売形式だったアコードプラグインハイブリッドと異なり、全国のHonda Cars店で一般販売される。
  • 2019年12月19日、燃料電池モデルのフューエル セルが一部改良された[15]。ドアミラーのカラーをルーフカラー(ボディカラーでクリスタルブラック・パール設定時は除く)と同じブラックに、アルミホイールの塗装をグレーメタリックにそれぞれ変更。ガラスは赤外線(IR)カット機能が追加されたほか、低温域での性能が向上された。なお、ボディカラーはブラックのルーフカラーと組み合わせた有料色の2トーン仕様で設定が変更され、赤系は「プレミアムブリリアントガーネット・メタリック」から「プレミアムディープロッソ・パール」に、ホワイトパール系は「ホワイトオーキッド・パール」から「プラチナホワイト・パール」へそれぞれ入れ替えとなった。
  • 2020年6月11日、燃料電池モデルのフューエル セルにおいて、個人向けリースの取り扱いを開始したことが発表された。なお、水素ステーションの設置状況の関係で、取り扱い開始時点では、全国のHonda Carsのうち、26都道府県・35社のみとなる[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c ホンダ公式サイト - ニュースリリース - 「新型燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」を発売 〜ゼロエミッションビークルで世界トップクラスの一充填走行距離約750kmを実現〜」
  2. ^ a b c d “【ホンダ、FCVのクラリティ フューエル セルを発売。一充填で約750km走行可能”. カービュー. (2016年3月11日). http://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20160310-20102780-carview/ 2016年4月10日閲覧。 
  3. ^ a b “新型燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」市販予定車を「第44回東京モーターショー2015」で世界初披露 〜2016年3月に日本でリース販売を開始〜”. Hondaニュースリリース. (2015年10月28日). http://www.honda.co.jp/news/2015/4151028.html 
  4. ^ “【ホンダ クラリティ フューエル セル】航続距離750km、当初目標から50kmも伸長”. Response.. (2016年3月11日). http://response.jp/article/2016/03/11/271391.html 2016年4月10日閲覧。 
  5. ^ “ホンダのスマート水素ステーションは燃料電池車の普及を後押しする”. SankeiBiz. (2016年3月27日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/160327/bsa1603271702004-n1.htm 2016年4月10日閲覧。 
  6. ^ 2017年ニューヨークオートショーで「CLARITY PLUG-IN HYBRID」と「CLARITY ELECTRIC」を世界初公開”. 本田技研工業 (2017年4月13日). 2017年10月26日閲覧。
  7. ^ “ホンダ米法人、「CLARITY ELECTRIC」をカリフォルニア州とオレゴン州で提供開始”. スマートグリッドフォーラム. (2017年8月4日). http://sgforum.impress.co.jp/news/4105 2017年10月26日閲覧。 
  8. ^ “【東京モーターショー2017】ホンダ 八郷社長が4輪の「クラリティ PHEV」、2輪の「PCX ハイブリッド」2018年発売を告知”. Car Watch. (2017年10月26日). https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2017tokyo/1088154.html 2017年10月26日閲覧。 
  9. ^ a b “新型プラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2018年7月19日), http://www.honda.co.jp/news/2018/4180719-clarity-phev.html 2018年7月19日閲覧。 
  10. ^ a b ホンダ クラリティ の燃料電池車、寒冷時の起動性能を向上…2020年型を米国発表”. レスポンス. 株式会社イード (2019年12月18日). 2020年1月3日閲覧。
  11. ^ a b ホンダ、FCV「クラリティ フューエル セル」を一部改良”. Car Watch. 株式会社インプレス (2019年12月19日). 2020年1月3日閲覧。
  12. ^ “【【ニューヨークモーターショー16】ホンダ クラリティ フューエル セル、米国仕様を初公開へ”. Response.. (2016年3月22日). http://response.jp/article/2016/03/22/271931.html 2016年4月10日閲覧。 
  13. ^ “「CLARITY FUEL CELL」が2016〜2017 日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤーを受賞” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年11月7日), http://www.honda.co.jp/news/2016/4161107.html 2016年11月7日閲覧。 
  14. ^ “燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」のタクシー運用を開始” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年5月18日), http://www.honda.co.jp/news/2017/4170518.html 2017年5月29日閲覧。 
  15. ^ “燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」を一部改良して発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2019年12月19日), https://www.honda.co.jp/news/2019/4191219-clarity-fuel-cell.html 2019年12月19日閲覧。 
  16. ^ “「CLARITY FUEL CELL」個人のお客様向けリースの取り扱いを開始” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2020年6月11日), https://www.honda.co.jp/news/2020/4200611.html 2020年6月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]