ホンダ・ドマーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドマーニ(Domani)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたセダン型の小型乗用車である。

概要[編集]

コンチェルトの後継として1992年に発売された小型4ドアセダンで、シビックフェリオプラットフォームを共用していた。取扱販売店はクリオ店で、いすゞ自動車へもジェミニ(4・5代目)としてOEM供給されていた。 教習車や、警察の捜査用覆面パトカーとしても使用された例がある。

初代 MA4/5/6/7型(1992-1997年)[編集]

ホンダ・ドマーニ(初代)
MA4/5/6/7型
Honda Domani 1992.jpg
Honda Domani 1992 Rear.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1992年 - 1997年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン D15B型:1.5L SOHC(94PS)
ZC型:1.6L SOHC(130PS/120PS)
B18B型:1.8L DOHC(140PS)
変速機 4速AT/5速MT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,415mm
全幅 1,695mm
全高 1,390 - 1,410mm
ホイールベース 2,620mm
車両重量 1,030 - 1,140kg
別名 いすゞ自動車向け:いすゞ・ジェミニ
先代 ホンダ・コンチェルト
-自動車のスペック表-

1992年10月30日に発表された(発売は11月4日)。EG型シビックフェリオをベースとしており、シャシは共有していたが、バブル期に開発されたこともあり、内外装は完全にオリジナルのものが用いられていた。フェリオを上回る室内空間を獲得しているほか、全車 運転席SRSエアバッグ[1]、ボディ同色電動リモコンドアミラー[2]、ボディ同色ドアハンドル、フルオートエアコン、AM/FMラジオチューナー内蔵カセットオーディオ、チルト機構付きパワーステアリングパワーウィンドウ、パワードアロックが標準で装備された。[3]

1995年から2001年まで生産・販売されていた欧州、英国仕様シビック5ドアハッチバックおよびステーションワゴン(エアロデッキ)は、バンパーを除いた前半部の外装および内装がドマーニと共通のデザインであるが、これらは、当時提携関係にあった英国オースチン・ローバー・グループ(ARG)との共同開発であり、欧州仕様のシビック5ドアをベースとして作られたローバー・400シリーズとは姉妹関係にある。

1993年からは、小型乗用車の自社開発から撤退したいすゞ自動車にジェミニとしてOEM供給され、2代目の生産終了時までの7年間供給が続けられた。

EK型シビック発売後も併売され、2代目インテグラに搭載されたB18Bエンジンを積んだ「1.8Si-G」「1.8Si」グレードが存在した。

型式 - E-MA5(1.8L・FF)、E-MA4(1.6L・FF)、E-MA6(1.6L・4WD
グレード - 1.8L・FF :「Si-G」、「Si」1.6L・FF:「Vi」、「Ri」1.6L・4WD:「Ri-F」

1994年2月25日に、一部変更が行なわれた。「Si」に後部座席のセンターアームレストとオートアンテナを標準装備し、「Ri-F」の4WDをデュアルポンプ式に変更した。「Vi」と「Si」と「Si-G」のボディーカラーが追加された。さらに、VTEC-E(リーンバーン)の「Vi-Eフォンテーヌ」を追加した(型式:E-MA7、エンジン:D15B(1.5L・94PS)。運転席SRSエアバッグ、オートエアコンは標準装備だが、オーディオはオプションで、ドアミラー・ドアハンドルはボディ同色ではない。

1994年5月19日に、「Si」をベースとした クリオ10周年記念車「グランドステージ」が発表された(発売は翌5月20日)。

1994年9月1日に、「Vi」をベースとした クリオ10周年記念車「グランドステージX」が発表された(発売は翌9月2日)。

1995年10月12日に、シビックフェリオのモデルチェンジに合わせたマイナーチェンジが行なわれた。メッキ枠がついたフロントグリルに変更され、14インチフルホイールキャップのデザインが変更された(13インチは従来通り)。白・黒・シルバー以外のボディーカラーが差し替えられた。「Vi-Eフォンテーヌ」は、CDチェンジャーコントロール機能付きAM/FM電子チューナー式カセットステレオが標準装備となり、ドアミラーとドアハンドルがボディ同色になった。ATのセレクターボタンをメッキ化 などが行われた。

2代目 MB3/4/5型(1997-2000年)[編集]

ホンダ・ドマーニ(2代目)
MB3/4/5型
Honda Domani 1997 1.jpg
Honda Domani 1997 2.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1997年 - 2000年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン D15B型:1.5L SOHC(105PS)
D16A型:1.6L SOHC(120PS)
変速機 4速AT/5速MT/CVT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,480mm
全幅 1,695mm
全高 1,390 - 1,405mm
ホイールベース 2,620mm
車両重量 1,020 - 1,160kg
別名 いすゞ自動車向け:いすゞ・ジェミニ
アキュラ向け:アキュラ・EL
-自動車のスペック表-

1997年1月30日にフルモデルチェンジが行なわれた(発売は翌1月31日)。EK型シビックフェリオをベースにした2代目は、バブル景気の崩壊によるコストダウンの観点から外装(フロント・リア意匠の変更)や内装の一部を除いてほぼフェリオと共通となったため、ドマーニの独自性は薄れてしまった。ただし、日本仕様のシビックには存在しないベージュ内装を選択できた。また、先代同様にいすゞでジェミニとしてOEM供給されたが、ドマーニが前後クリアウィンカーレンズであるのに対し、カナダで発売されたアキュラ・ELと同じアンバーとされ、差別化が図られた。

フロントマスクは5代目アコードに近い独特な横長タイプであった。最上級グレードの「X」は、トランスミッションはシビック同様ホンダマルチマチックが搭載されたが、エンジンはシビックが新開発の1.5L 3stage VTECであったのに対して、1.6L VTEC-Eエンジンであった。

型式 - E-MB3(1.5L・FF)、E-MB4(1.6L・FF)、E-MB5(1.6L・4WD)
グレード - 1.5L・FF :「15E」1.6L・FF:「16G」、「16X」1.6L・4WD:「16G 4WD」

2000年9月にシビックのフルモデルチェンジが行われた際に、車種整理の対象となり、インテグラSJと共に生産終了となった。これにより、クリオ店では2002年フィットアリアが発売されるまで小型セダンの取り扱いがなくなる。

搭載エンジン[編集]

車名の由来[編集]

  • イタリア語で明日、未来を意味する。

脚注[編集]

  1. ^ 一部グレードでは、助手席のエアバッグがオプション設定されていた。
  2. ^ グレードによっては、ボディ同色電動格納式リモコンドアミラーが装備されていた。
  3. ^ 1994年2月に追加され、後期型へとマイナーチェンジされるまでの 1.5L「Vi-Eフォンテーヌ」においては、ドアミラーとドアハンドルがボディ同色ではなく、オーディオレス仕様車であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]