ASIMO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Asimo Information
Asimo logo.svg
ASIMO 2nd-gen model dancing.jpg
ASIMO(2代目)
製造 本田技研工業
開発年 2000年 - 2018年
ウェブサイト asimo.honda.com

ASIMO(アシモ)は、本田技研工業が開発し、ホンダエンジニアリング株式会社が製造していた世界初の本格的な二足歩行ロボット[1]。予測運動制御によって重心ゼロモーメントポイント(ZMP)を制御して自在に歩くことができ、階段の上り下り、旋回ダンスなども可能。親しみやすさを考えたデザインを採用している。本田技研工業の説明によると、「ASIMO」という名称は「Advanced Step in Innovative Mobility(新しい時代へ進化した革新的移動性)」の略である。開発の動機に手塚治虫鉄腕アトムがあったとされている[2]

概要[編集]

階段を下りるASIMO

最新型のASIMOの身長は130cm、質量は48kg[3]。ASIMOは人間の生活に合わせ作られていて、人の動きを感知し、自律的に行動が可能である。例えば人を追従して歩行、手を出すと握手する、障害物を回避する、音源認識、階段歩行などが行える。しかし、HRP-2と違い、仰向けやうつ伏せに転倒した場合に起き上がることができない。なお、あらかじめ設定することにより音声認識発音も可能である。2011年11月8日に発表された新型ASIMOは3人が同時に発する言葉を認識することができるようになり、予め設置された空間センサの情報を基に人の歩く方向を予測し、衝突を避けることが可能となった。また、身体能力の向上により片足けんけんや両足ジャンプなどが連続して実行することが可能となった[4][5]。その他、水筒のふたを開けて紙コップに飲み物を注いだり、手話をこなすなど指先も器用になった。ホンダはアシモの技術を応用し、福島第1原発内で活用する原子力災害ロボットを開発した[6]

2000年12月31日、第51回NHK紅白歌合戦にゲスト出演(白を基調とした通常版とは異なり、赤と白のツートンカラーに塗られたスペシャルバージョンだった)[7]

2005年3月24日、2005年日本国際博覧会(通称:愛・地球博)の開会式において、『トヨタ・パートナーロボットトヨタ自動車)』・『QRIOSONY)』・『ASIMO(本田技研工業)』という(2005年時点における)世界最高水準の二足歩行ヒューマノイドロボットたちが共演した[8]

催し物などにも貸し出されており、ニューヨーク証券取引所の始業ベルを人間以外で初めて鳴らした[9]。なお現段階では市販されておらず、本田技研工業に問い合わせる事によって賃貸することはできる。

2014年4月17日、2011年モデルがアメリカに初めて上陸した[10][11]

開発史[編集]

P3(左)とASIMO(右)
(左から順番に)P1⇒P2⇒P3⇒P4

ホンダのロボット開発は、1986年以前より秘密裏に行われており、Eシリーズ(下半身だけの実験型)、Pシリーズ(人型をした試作型)を経て正式に開発が発表されたのは1996年のことで、P2(プロトタイプ2)と呼ばれるモデルが発表された。二足歩行ロボット早稲田大学での研究開発が最先端と公表されてきたが、発表時点の段階で、大学研究室の水準を遙かに凌ぐ人間型自律二足歩行ロボットであったことから、世界のロボット研究者が仰天することとなった。その後、さらに形状を人型に近づけたP3の発表を経由して、現行のASIMOが2000年に発表された。以降、費用の軽減や軽量化が進められている。なお、開発の途中でローマ教皇庁に人間型ロボットを作ることの是非について意見を求め、問題がないことを承認してもらう[12]など、ホンダはこうした二足歩行ロボットに従来の機械にはない配慮をしている[13]

2005年12月13日に新型「ASIMO 2005」を発表。外見はほとんど変わらないが(旧型より背中ランドセル型制御部が小型化、ボディが丸みを帯びている)、バランス能力の向上、通常歩行速度は時速2.7km(従来モデルは時速1.6km)、時速6kmで走行(跳躍時間 0.08秒)するほか、自動で受付案内やワゴンを使ったデリバリー作業等を行なえるようになった。

2011年11月8日に発表されたモデルでは、重量を6kg軽減、最高速度が時速9kmに向上したほか[14]、3人から同時に受けた注文の判別が出来るようになった[15]

2016年2月23日にボストン・ダイナミクス社が公開した新型アトラス[16]から数ヵ月後、2016年6月以降は公式サイトでの情報更新が一切されなくなった[17][18]

2018年6月28日に一部報道機関がアシモの開発はすでに中止されており開発チームも解散していることを報道したが、ホンダはこれを否定した。[19][20]※従来型ASIMOはPR活動などにも活用されており、(『新型ASIMOの開発が中止された』[21]というだけで)「ASIMOと会えなくなる」ということではない。[22]

公式見解では「本田技研工業が目指すロボットは『3E:「Empower(強化)」[23][24][25][26][27]、「Experience(経験)」[28][29][30]、「Empathy(共感)」[31][32][33]』と申しまして、人に寄り添うロボットを目指しています。人からこわがられたりするのではなく、つねに人によりそうものを目指しています[34]」と述べている[35]

「今後は、アシモの開発で培った高度なバランス制御技術をバイクに応用した『Riding Assist』[36]および運動を制御する技術を応用した実用的なロボット技術の開発にも力を入れる方針を進めていく[37]」とも述べている。[38][39]

また、「今後、ヒューマノイドロボット研究の成果をどんな形で他製品に応用するかは検討次第」とし、「アシモの名前や姿が残る可能性もゼロではないが、違ったものになるかもしれない。手だけ、頭だけ、足だけなど、何らかの形に変わることもあり得る。アシモは姿を変えて残り続ける」と述べ、アシモの開発を続けるかどうかは明言は避けた。研究成果の発表時期についても「詳細は非公表」との見解を発表した[40]

『虫ん坊[41]』(2018年09月号 特集1)のインタビューにて、ASIMOの開発リーダーを務めた本田技術研究所の重見聡史氏が「ロボットが新聞を持って来たり、ジュースを運んだりするようなお手伝いが出来れば、空いた隙間のような時間を人間が有効利用できる。人と共存するロボットを作りたい」と答え、「機械であるロボットがペットになれるわけじゃないので、なにか別の存在として、新しいカテゴリを作りたいと思っている」と述べた[42]

2018年12月、本田技研工業はアメリカ・ラスベガスで開催される「CES 2019」(開催期間:2019年1月8日から2019年1月11日)にて「人型ではない“人と共存する”ロボットを出展する」と発表。人と共存することを目的として作られた新型ロボットの名称は「Honda P.A.T.H. Bot(パスボット)」といい、「ASIMO(アシモ)」のような人型ではなく大きな柱のような形状(全高105cm、重量21.5kg、最高時速6km)。パスボットのP.A.T.Hは、“Predicting Action of Human”(人間の動きを予測する)の頭文字であり、人や障害物の位置や動きをリアルタイムに予測してそれらを避け、スムーズに目的地までたどり着く機能を搭載。本田技術研究所R&DセンターX所属の佐野成夫氏は、「パスボットは現在、ショッピングモールや公共施設などでの来客案内といったユースケースを想定・開発しているが、それ以外の用途も積極的に検討していきたい」と話している[43][44][45]

「Honda P.A.T.H. Bot(パスボット)」のほかに「CES 2019」では「Autonomous Work Vehicle」なるAI搭載型トラクターを出展。前年の『CES 2018』に出展されたトラクター型「3E-D18」[46]をベースに開発、現在はアメリカ合衆国ノースカロライナ州の大規模太陽光発電所での除草作業、カリフォルニア大学デービス校における試験農場のモニタリング作業、コロラド州の消防隊の機材搬送や山火事など危険な場所での偵察・通信サポートという3つの実証実験を行っている[47][48]

「CES 2019」では、ASIMO開発におけるロボティクス研究から生まれた成果技術として「Honda RaaS Platform(ラース プラットフォーム)」[49][50]および(前後・左右・斜め360度自由自在に移動できる、Honda独自の車輪機構である)「Honda Omni Traction Drive System(オムニ トラクション ドライブ システム)」[51][52]も出展、ヒューマノイドロボット研究で培った高度な通信・バランス制御技術などが着実かつ堅実に応用された高度技術を集積した最先端ロボット製品が存在感を強くアピールしていた[53][54]

各モデルの基本仕様[編集]

Eモデル[編集]

「Experimental Model」は、歩行の原理を研究する研究実験機で機体は脚部のみ[55]

モデル(年) 全高 重量 歩行速度 関節数 備考
E0 (1986)
Honda E0 Fan Fun Lab.jpg
101.3cm 16.5kg - 6 一歩進むのに15秒を要した
E1 (1987)
Honda E1 Fan Fun Lab.jpg
128.8cm 72kg 0.25km/h 12
E2 (1989)
Honda E2 Fan Fun Lab.jpg
132cm 67.7kg 1.2km/h 12
E2-DR(2017)[56][57]
168cm 85kg 4km/h 33 カナダ・バンクーバーで2017年9月に開催されたロボット産業関連の展示会「IROS 2017」で発表された災害救助ロボット(プロトタイプ)。自由度は腕1本あたり8、脚1本あたり6、胴体2、手および頭など1で合計33自由度。リチウムイオン電池を電源として90分の稼働が可能。はしごの昇降、階段の昇降、時速4kmでの二足歩行、がれきの上での4足歩行による移動、構造物の隙間を横ばいで進み、20分程度であれば雨天時の歩行およびはしごの昇降が可能。上半身は180度まで回転可能。小型・軽量化のために、内部デバイス間の通信ケーブルに光ファイバーを採用。E2-DRに採用された光ファイバー・ケーブルは100万回のねじり試験をクリアし、堅牢性に問題なし。頭部には2基のレーザーレンジファインダーやLEDフラッシュを備えた単眼カメラなどを備え、両手にもカメラと3Dセンサーを搭載。防塵・防滴性能を備え、-10~+40℃の環境で活動可能。関節部分は凹凸の隙間を多重に配置したラビリンス構造、汚染物質などはグリスで排除。
E3 (1991)
Honda E3 Fan Fun Lab.jpg
136.3cm 86kg 3km/h 12
E4 (1991)
Honda E4 Fan Fun Lab.jpg
159.5cm 150kg 4.7km/h 12
E5 (1992)
Honda E5 Fan Fun Lab.jpg
170cm 150kg ? 12 自律歩行が可能となった
E6 (1993)
Honda E6 Fan Fun Lab.jpg
174.3cm 150kg ? 12 階段の上り下り、平衡を保ち障害物を越える事が可能となった

Pモデル[編集]

「Prototype Model」は、完全自律歩行を目指した試作機で上半身も開発され、より人型に近づいた[58]。P4は当初、P3改良型試作機として発表された[59][60]

モデル(年) 身長 重量 奥行 歩行速度 関節数 電源 連続稼働時間 備考
P1 (1993)
Honda P1 front Honda Collection Hall.jpg
191.5cm 175kg cm cm ? 30 外部電源 - 制御装置は外置き
P2 (1996)
Honda P2 front Honda Collection Hall.jpg
182cm 210kg 60cm 75.8cm 2km/h 30 ニッケル亜鉛電池(135V/6A) 15分 胴体部に電源など内蔵し無線化自律歩行[61][62][63]
P3 (1997)
Honda P3 front Honda Collection Hall.jpg
160cm 130kg 60cm 55.5cm 2km/h 28 ニッケル亜鉛電池(135V/6A) 25分 小型軽量化[64][65]
P4 (2000)
Honda P4 front Honda Collection Hall.jpg
160cm 80kg cm cm 2km/h 34 ニッケル亜鉛電池(135V/6A) ? 運動機能向上

ASIMO[編集]

モデル 身長 重量 奥行 歩行速度 走行速度 関節数 電源 連続稼働時間 備考
初代[66]
(2000)
Honda ASIMO.jpg
120cm 52kg 45cm 44cm 1.6km/h - 26 ニッケル水素電池(38.4 V/7.7kg) 30分
(2001) 貸し出し用の機能が追加された。
(2002) 顔認識機能が追加された。
2代目
(2004) 130cm 54kg 45cm 37cm 2.5km/h 3km/h 34 リチウムイオン電池(51.8V/6kg) 40分-1時間 ボディが更新される。
走行機能、障害物を回避する機能などが追加された。
(2005)
2005 Honda ASIMO 02.JPG
2.7km/h 6km/h 歩行/走行速度が向上。
(2007) 他のASIMOとの共同作業機能、すれ違い回避行動機能、自律充電機能が追加された。
3代目
(2011)
Honda ASIMO (ver. 2011) 2013 Tokyo Motor Show.jpg
130cm 48kg 45cm 34cm 2.7km/h ? 9km/h 57 ? 40分(歩行時) ボディが更新される[67][68]
運動機能と自律行動機能が強化された。
びんを取ってふたをひねって開けることができるようになるなど、作業機能が向上した。

本田技研工業の特許権を実施・利用することにより開発された人間型ロボット[編集]

モデル(年) 身長 重量 奥行 歩行速度 関節数 電源 連続稼働時間 備考
HRP-1 (2000)
HRP-1 front Science Museum Tokyo.jpg
160cm 99kg(バッテリーを除く) 60cm 55.5cm 2km/h 28 ニッケル亜鉛電池(135V/6Ah 25分 P3をベースとした改良機[70]
HRP-5P (2018)
182cm 101kg(バッテリーを含む) cm cm 37 ニッケル水素電池 ? 2018年発表。本田技研工業の特許権を実施・利用することにより、二足歩行技術の基盤を構築する技術にアシモの開発技術を活用・継承。建築現場や航空機・船舶など大型構造物組立での作業を代替することを目的に開発された[71][72][73]

展示・実演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新型ASIMO
  2. ^ “生みの親”が語る「ASIMO開発秘話」 -IT media
  3. ^ 2011年11月8日発表の最新型。旧型は身長120cm
  4. ^ さらなる進化を遂げた「新型ASIMO」と、ロボティクス研究および応用製品の総称「Honda Robotics」を発表:HONDA(2011年11月8日
  5. ^ ASIMO - The new age technology - YouTube
  6. ^ アシモ応用、ホンダのロボ福島へ 原子炉建屋で廃炉作業”. 朝日新聞 (2018年6月28日). 2013年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月17日閲覧。
    ちなみに事故当初、地震関連のFAQコーナーに「ASIMOに原発事故処理させたら?」と言う質問があり、Hondaは「まだそこまでは無理」と答えていた。2015年1月現在、ASIMOのFAQにて引き続き掲載されている
  7. ^ ATOM vs ASIMO (with SMAP) NHK 紅白歌合戦 2000 アトム,アシモ, スマップ - YouTube
  8. ^ 愛・地球博(愛知万博) 開会式(ロボット共演) 2005年03月24日 (EXPO 2005 AICHI JAPAN) - YouTube
  9. ^ Honda「ASIMO」、ニューヨーク証券取引所(NYSE)取引開始のベルを鳴らす Honda プレスリリース 2002年2月15日
  10. ^ ホンダ「新型アシモ」が米初上陸、手の器用さを披露
  11. ^ ホンダ「新型アシモ」が米初上陸、英語で「ハロー!ニューヨーク」
  12. ^ 日曜日の歴史探検:ASIMOまで駆け抜けたホンダのロボット開発 IT media
  13. ^ History of ASIMO/Honda Collection Hall(Twin Ring Motegi) - YouTube
  14. ^ 進化した新型「ASIMO」:ANNnewsCH(2011年11月7日
  15. ^ Honda 新型ASIMO (2011) フタ開け、ジュースを紙コップへ - YouTube
  16. ^ More Parkour Atlas - YouTube
  17. ^ 2018年10月11日、ボストン・ダイナミクス社の最新型アトラスが「パルクール」を軽々とやってのける動作を撮影した新映像が公開されたParkour Atlas - YouTube
  18. ^ Watch Boston Dynamics' Humanoid Robot Do Parkour WIRED wired.com |2018年10月11日閲覧
  19. ^ ホンダ アシモの開発をとりやめ 研究開発チームも解散
  20. ^ Hondaのロボティクス研究の取り組みについて
  21. ^ 2017年に発表された新型ASIMO(既に開発中止・再開の見込み無し):“Dynamic Gait Transition Between Walking, Running and Hopping for Push Recovery,” by Takumi Kamioka, Hiroyuki Kaneko, Mitsuhide Kuroda, Chiaki Tanaka, Shinya Shirokura, Masanori Takeda, and Takahide Yoshiike from Honda Research Japan, was presented at Humanoids 2017.Dynamic Gait Transition Between Walking, Running and Hopping for Push Recovery - YouTube youtube.com |2018年6月27日限定公開
  22. ^ HONDA ホンダ ASIMO~ASIMOスーパーライブ(4K撮影) - YouTube youtube.com |2018年12月28日閲覧
  23. ^ 「Empower(強化)」を表現するロボットが、トラクター型「3E-D18」と椅子型「3E-B18」。「3E-D18」はオフロードタイヤを搭載、走破性にも優れており、農場や山間部などの路面状況の悪い場所でも自律的に行動が可能。「3E-B18」は自動車椅子
  24. ^ Honda CES 2018 3E Concept 3E-D18 - YouTube
  25. ^ Honda CES 2018 3E-D18 Technical Explanation - YouTube
  26. ^ Honda CES 2018 3E Concept 3E-A18 & 3E-B18 - YouTube
  27. ^ Honda CES 2018 3E-B18 Technical Explanation - YouTube
  28. ^ 「「Experience(経験)」を表現するロボットが、、自動走行型クーラー「3E-C18」
  29. ^ Honda CES 2018 3E Concept 3E-C18 - YouTube
  30. ^ Honda CES 2018 3E-C18 Technical Explanation - YouTube
  31. ^ 「Empathy(共感)」を表現するロボットが、コンパニオンロボット「3E-A18」。柔らかい外装や丸みを帯びた親しみやすい形は、抱きしめたり、触れた時に心地よく、万が一、衝突した際の安全性を考慮している
  32. ^ Honda CES 2018 3E Concept 3E-A18 & 3E-B18 - YouTube
  33. ^ Honda CES 2018 3E-A18 Technical Explanation - YouTube
  34. ^ Honda CES 2018 3E Tech Demo - YouTube
  35. ^ 【やじうまPC Watch】ホンダの二足歩行ロボット研究は継続中 ~ASIMO開発中止報道についてコメント - PC Watch
  36. ^ Honda Riding Assist - YouTube
  37. ^ Honda CES 2018 Honda Press Conference - YouTube
  38. ^ 高所調査用ロボット【産総研公式】 - YouTube
  39. ^ CES 2018 Preview Honda's New Robotics Concept - YouTube
  40. ^ 「アシモは姿を変えて残り続ける」 ホンダ、ヒューマノイドロボの開発継続へ - ITmedia ビジネスオンライン
  41. ^ 虫ん坊 2018年09月号(198):TezukaOsamu.net(JP)
  42. ^ 虫ん坊 2018年09月号 特集1:本田技術研究所 重見聡史さんインタビュー:TezukaOsamu.net(JP)
  43. ^ Honda P.A.T.H.Bot CES 2019 Honda 本田技研工業
  44. ^ Honda CES 2019 Honda P.A.T.H.Bot - YouTube youtube.com | 2018年12月26日閲覧
  45. ^ ASIMOに続くホンダの新型ロボット、ついにデビュー。「人型、二足歩行」は卒業へ BUSINESS INSIDER JAPAN Business Insider Japan | 2018年12月12日閲覧
  46. ^ 3E-D18 CES 2018 Honda
  47. ^ Autonomous Work Vehicle CES 2019 Honda
  48. ^ Honda CES 2019 Autonomous Work Vehicle - Solar Operations - YouTube youtube.com | 2018年12月13日閲覧
  49. ^ Honda RaaS Platform CES 2019 Honda
  50. ^ Honda CES 2019 Honda RaaS Platform - YouTube youtube.com | 2018年12月6日閲覧
  51. ^ Honda Omni Traction Drive System CES 2019 Honda
  52. ^ Honda CES 2019 Honda Omni Traction Drive System - YouTube youtube.com | 2018年12月13日閲覧
  53. ^ P.A.T.H. Bot Honda CES 2019 - YouTube youtube.com | 2019年1月9日閲覧
  54. ^ CES 2019 - Honda Path Robot looks like it hovers - YouTube youtube.com | 2019年1月14日閲覧
  55. ^ History of the Humanoids(英語)
  56. ^ Honda Unveils Prototype E2-DR Disaster Response Robot - IEEE Spectrum(英語)
  57. ^ Experimental Legged Robot for Inspection and Disaster Response - YouTube
  58. ^ History of Humanoids P1 - P2 - P3(英語)
  59. ^ P3改良型試作機(ホンダのサイト)
  60. ^ 幻のASIMO開発機「P4」を展示!(レスポンス)
  61. ^ Honda Human Robot P2 - YouTube
  62. ^ Honda P2 Robot Demonstration - YouTube
  63. ^ Honda Robot Research P2 Humanoid - YouTube
  64. ^ Honda Human Robot P3 Robo_Cup - YouTube
  65. ^ Honda P3 Robot Demonstration - YouTube
  66. ^ Honda Asimo Humanoid Robot - YouTube
  67. ^ Satoshi Shigemi on All New ASIMO - YouTube
  68. ^ 2011 Honda Unveils All-new ASIMO with Significant Advancements - YouTube
  69. ^ 産総研:人間と同じ重労働が可能な人間型ロボット試作機HRP-5Pを開発 aist.go.jp | 2018年9月27日閲覧
  70. ^ HRP-1 (2002 demonstrations) - YouTube
  71. ^ 【HRP-5P】Humanoid Robot【産総研公式】 - YouTube
  72. ^ Regrasp Planning Considering Bipedal Stability Constraints - YouTube
  73. ^ 【HRP-5P】重量のある実物の資材で建設作業に成功【産総研公式】 - YouTube
  74. ^ 新型ASIMOスーパーライブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]