ホンダ・シャトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホンダ・シャトル
GK8/9型(ガソリン)
GP7/8型(ハイブリッド)
2015年5月型 HYBRID Z
Honda SHUTTLE HYBRID Z (GP7) front.JPG
Honda SHUTTLE HYBRID Z (GP7) rear.JPG
2015年5月型 HYBRID X
(2015年5月 - 2016年8月)
Honda SHUTTLE HYBRID X (DAA-GP7) front.JPG
販売期間 2015年5月15日 -
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドア ステーションワゴン
エンジン ガソリン車:L15B型:
1,496cc 直列4気筒 直噴DOHC
ハイブリッド車:LEB型:
1,496cc 直列4気筒DOHC
駆動方式 FF / 4WD
モーター ハイブリッド車
H1型:交流同期電動機
最高出力 ガソリン車:
97kW (132PS)/6,600rpm
ハイブリッド車
エンジン:
81kW (110PS)/6,000rpm
モーター:
22kW (29.5PS)/1,313-2,000rpm
システム最高出力:
101kW (137PS)
最大トルク ガソリン車:
155N·m (15.8kgf·m)/
4,600rpm
ハイブリッド車:
エンジン:
134N·m (13.7kgf·m)/
5,000rpm
モーター:
160N·m (16.3kgf·m)/0~1,313rpm
変速機 ガソリン車:無段変速オートマチック(CVT)
ハイブリッド車:7速DCT
サスペンション 前:マクファーソン式
後:車軸式(FF)
後:ド・ディオン式(4WD)
全長 4,400mm
全幅 1,695mm
全高 1,545mm(FF)
1,570mm(4WD)
ホイールベース 2,530mm
車両重量 1,130 - 1,310kg
ブレーキ 前:油圧式ベンチレーテッドディスク
後:油圧式リーディング・トレーリング
先代 ホンダ・フィットシャトル[1]
-自動車のスペック表-

シャトルSHUTTLE)は、本田技研工業が製造・販売する5ナンバーサイズのステーションワゴンである。

概要[編集]

「趣味やレジャーを愉しむユーザーに合った独自の価値を最大限に反映させた車種」として開発された5ナンバーサイズのステーションワゴンである。

フィットシャトルの後継車種で、フィットとは異なる価値観を与えるために、フィットの名を外している[2]

ベースのフィットと比較して、フロントマスクやインストゥルメントパネルなどに独自のデザインを施し差別化。ドアパネルとフロントフェンダーは三代目フィット(GK#)の物を流用している[3]

尚、ベース車両の名が冠されないステーションワゴンとしてはエアウェイブ以来となり、シャトルの名を持つ車としては4代目となる。

製造はフィットグレイスと同じく、本田技研工業埼玉製作所・寄居工場で生産され[4]、2017年7月現在において日本国内専用車である。

メカニズム[編集]

ハイブリッドシステムは2代目フィットハイブリッドヴェゼルハイブリッドにも採用されているEV発進が可能な1モーターシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を採用[5]。燃費はJC08モード燃費で34.0km/L[補足 1]、ガソリン車は同21.8Km/Lをマーク。

ラゲッジルームも拡大され、5名乗車時で570L、後席を倒した状態で1,141L、最大荷室長は1.840mmを誇る[5]

5ナンバーハイブリッドタイプのステーションワゴンで初の4WD車も設定されており、軽量・コンパクト設計のビスカスカップリング式4WDシステムを採用。

パーキングブレーキは室内空間を有効に活用すべく、フィットやグレイスのサイドレバー式から、左足ひとつで作動/解除できるフットリリース式に変更されている。

ガソリンタンク容量は基本的に40Lだが、「HYBRID」のみ上述のJC08モードでの燃費を実現すべく、32Lに変更されている。

沿革[編集]

  • 2015年4月17日 - ティザーサイトを公開し、発売日も発表される[6]
  • 2015年5月15日 - 発売[7]
    • グレードはハイブリッドがベースモデルの「HYBRID」、「HYBRID」にLEDヘッドライトやクルーズコントロールパドルシフト、「プライムスムース」と呼ばれるコンビシート(「ブラック」と「アイボリー」から選択可)、振幅感応式ダンパー、あんしんパッケージ(シティブレーキアクティブシステム、前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステムの計3点)などを追加した「HYBRID X」、「HYBRID X」にルーフレールや16インチアルミホイール、左右独立温度調整式フルオートエアコンなどを追加し、2種のインテリアカラー(「ブルーブラック」と「リゾーターブラウン」から選択可)を用意した「HYBRID Z」の3種で、ガソリンが「HYBRID」からHondaスマートキーシステムなどを省いた「G」の1種となり、全タイプにFFと4WDが設定される。
  • 2015年12月17日 - 特別仕様車「STYLE EDITION」を設定(12月18日発売)[8]
    • 「HYBRID X」・「HYBRID Z」をベースに、共通でステンレス製スポーツペダルとETC車載器(音声タイプ)を特別装備したほか、「HYBRID X」にはフォグライトを、「HYBRID Z」にはスムースレザーの本革巻ステアリングホイールとトノカバーもそれぞれ特別装備した。なお、ボディカラーはベース車に設定されている「ゴールドブラウン・メタリック(オプションカラー)」が未設定となる。
    • 併せて、仕様変更が行われ、「HYBRID X」・「HYBRID Z」専用色だった「ミッドナイトブルービーム・メタリック(オプションカラー)」が「HYBRID」及び「G」でも設定が可能となった。
  • 2016年8月4日 - 一部改良(8月5日発売)[9]
    • 全タイプにおいて、インテリアライト(フロントマップランプ、ルームランプ、ラゲッジルームランプ)をLED化。また、ボディカラーを変更し、赤系を「ミラノレッド」から「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(オプションカラー)」に、銀系を「アラバスターシルバー・メタリック」から「ルナシルバー・メタリック」にそれぞれ差し替え、「ティンテッドシルバー・メタリック(オプションカラー)」と「HYBRID X」・「HYBRID Z」専用色の「ゴールドブラウン・メタリック(オプションカラー)」を廃止する替わりに「ルーセブラック・メタリック(オプションカラー)」を設定したことで、全7色(「G」と「HYBRID」は全6色)となった。
    • さらに、「HYBRID X」と「HYBRID Z」は2015年12月に発売された「STYLE EDITION」の特別装備品をすべて標準装備化した。
  • 2017年9月14日 - 一部改良(9月15日発売)[10]
    • 安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプに標準装備。これに伴って、タイプ名称を「G・Honda SENSING」、「HYBRID・Honda SENSING」、「HYBRID X・Honda SENSING」、「HYBRID Z・Honda SENSING」にそれぞれ変更した(「Honda SENSING」を装備しない設定も可能)。
    • パワートレインは「SPORT HYBRID i-DCD」やガソリンエンジンのチューニングを実施したことで燃費性能が向上された。
    • その他、ドリンクホルダーは底板の開閉で深さを2段階に調節可能な機能が追加されたほか、フォグライト(「HYBRID X・Honda SENSING」、「HYBRID Z・Honda SENSING」に標準装備、「G・Honda SENSING」にメーカーオプション)をLED化し、一部タイプにメーカーオプションされているナビゲーションには「CarPlay」及び「Android Auto」に対応した。
  • 2018年5月 -仕様変更。
    • 新ボディカラーとして「プラチナホワイト・パール」、「シャイニンググレー・メタリック」、「プレミアムベルベットパープル・パール」の3色が追加設定された。併せて、既存色である「ホワイトオーキッド・パール」、「ルーセブラック・メタリック」、「ミスティックガーネット・パール」の3色は、「シャトル」のWebサイト上において「まもなく販売終了」と告知された。

車名の由来[編集]

前身のフィットシャトル同様、「人と荷物を安全に、そして先進の技術で運ぶ」というイメージをスペースシャトルになぞらえてネーミングしている。

また、今回は「SHUTTLE=コンパクトステーションワゴン」というホンダ流の表現を顧客にわかりやすく伝えたいという意図もある[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]

補足[編集]

  1. ^ 「HYBRID」のFF車の数値。

出典[編集]

  1. ^ ホンダ、「シャトル」新発売…「フィット」外す - 読売新聞 2015年5月15日
  2. ^ ホンダ シャトル発表、フィットから独立した新型ワゴンのポイントは?カービュー2015年5月15日
  3. ^ 【ホンダ シャトル 発表】ドアパネルはフィットを流用も「全く別の車にできる確信があった」 - レスポンス 2015年5月15日
  4. ^ 本田技研工業 埼玉製作所 寄居完成車工場 主な製品
  5. ^ a b ホンダ「シャトル」新型ワゴンと「シビック シャトル」の関係は? 写真77枚 - マイナビニュース 2015年5月15日
  6. ^ “新型コンパクトワゴン「SHUTTLE(シャトル)」をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年4月17日), http://www.honda.co.jp/news/2015/4150417.html 2015年5月15日閲覧。 
  7. ^ “新型コンパクトステーションワゴン「SHUTTLE(シャトル)」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年5月15日), http://www.honda.co.jp/news/2015/4150515-shuttle.html 2015年5月15日閲覧。 
  8. ^ “「SHUTTLE(シャトル)」に特別仕様車「STYLE EDITION(スタイルエディション)」を設定し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年12月17日), http://www.honda.co.jp/news/2015/4151217-shuttle.html 2015年12月17日閲覧。 
  9. ^ “「SHUTTLE(シャトル)」を一部改良し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年8月4日), http://www.honda.co.jp/news/2016/4160804-shuttle.html 2016年8月4日閲覧。 
  10. ^ “「SHUTTLE(シャトル)」を一部改良し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年9月14日), http://www.honda.co.jp/news/2017/4170914-shuttle.html 2017年9月14日閲覧。 
  11. ^ シャトルの名前の由来を教えて。本田技研工業公式サイト内 お客様相談センター

関連項目[編集]

外部リンク[編集]