ホンダ・CR-V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホンダ・CR-V
販売期間 1995年-
※日本国内では 1995年 - 2016年2018年-
ボディタイプ 5ドアSUV
駆動方式 FF/4WD
先代 なし
テンプレートを表示

CR-V(シーアール-ブイ)は、本田技研工業が生産・販売しているミドルサイズのSUVである。

概要[編集]

初代・2代目はシビックプラットフォームを基に開発されたが、3代目からは北米専用車種アキュラ・RDXなどと共通のグローバル・ライトトラック・プラットフォームを使用し、18インチタイヤの装着を前提にした最適設計を行った結果、アコードと並ぶ動力性能を手にしたといわれる。なお、全モデルで共通して全幅が1,700mm以上あるため、3ナンバーボディとなる。

駆動方式は基本的に4WDであるが、一部FFもある。高い最低地上高によって道路状態の劣悪な災害地でも走破性を発揮できることやコストパフォーマンスの良さなどから、公益財団法人献血供給事業団血液搬送車のベース車両として多く採用されている[1][2]

初代 RD1/2型(1995年 - 2001年)[編集]

ホンダ・CR-V(初代)
RD1/2型
前期型
1st generation Honda CR-V.jpg
北米仕様
1st-CRV-1.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1995年 - 2001年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン B20B型:2.0 L 直4 DOHC
駆動方式 4WD / FF
変速機 4速AT / 5速MT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,385 - 4,490 mm
全幅 1,750mm
全高 1,675 - 1,710 mm
ホイールベース 2,620 mm
車両重量 1,340 - 1,430 kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1995年10月9日オデッセイに続くクリエイティブ・ムーバーシリーズの第2弾として登場。後に登場するオルティアとエンジン、シャシー、プラットフォーム(ベースはEK系シビックのもの)を共用している。

当初はクロスオーバーSUVでありながら、全車コラム4速AT・デュアルポンプ式4WD車のみの設定、乗用車としては珍しいステッキ式パーキングブレーキを採用、前後ウォークスルーも可能、当時としては珍しい「排気量2.0 L以下の3ナンバーSUV」であるなど、悪路走破性よりも居住性、実用性を重視したモデルであった。 さらに、オフロード走行に重点を置いたラダーフレーム式のSUVとは一線を画す、都会的でスタイリッシュなエクステリアデザイン、乗用車譲りの運転しやすさ、居住性の良さ、低廉な価格などが評価された。正確にはCR-V発売の一年前には、同様のクロスオーバーSUVであるトヨタ・RAV4が発売されてはいたが、後から出たモデルということもあり、商品力に長けたCR-Vが勢いに勝った。

CR-V登場以前は自社生産のSUVを持たないホンダが販売上苦戦していた積雪地寒冷地では、発売されると試乗待ちの列ができ、納車まで最長3か月待ちとなるほどの好セールスを記録した。

後に追加されたMT車はフロアシフトとされ、駐車ブレーキもサイドレバー式となったため、ウォークスルーに適しているのはAT車である。

エンジンはVTEC非採用のB20B型のみを搭載しており、軽量なボディとも相まって動力性能は十分であったが、FFベースのスタンバイ4WDデュアルポンプ式)を採用していたため、非積雪路での燃費は他社同等クラスの4WD仕様と比較しても良好であったものの、後輪への駆動力の伝達がスロットルコントロールに対してリニアではなく(緩慢かつ唐突)、スタックからのリカバリーや、ブラックアイスバーンなどの低μ路でのコントロールは特に難しく、そのような場面の走行性能は酷評を受けた。しかし、CR-Vは過剰なオフロード性能を排して、基本的にシティユースというコンセプトで作られており、また、よほどのオフロードや深でもない限り問題ないロードクリアランスを備えており、日常的な使用では特に他社製のスタンバイ4WD式クロスオーバーSUVに劣ることはない。

1997年10月のマイナーチェンジで、ABS/エアバッグの標準設定、AT制御の改良、デュアルポンプの改良、MT車の設定(145 PS)などが行なわれた。AT車は「スマートスケープ」、MT車は「アクティブスケープ」と呼ばれるようになり、合わせて一部車体色の差し替えが行われた。

当初は右ハンドルのみ・日本国内専用車として開発され、輸出仕様車の生産予定はなかったが、北米ディーラーの要望から左ハンドル車が開発、世界各国に輸出され、海外でも人気を博する大ヒット車であった。

1998年12月のマイナーチェンジで、スペアタイヤ位置を背面から床下吊り下げに変更した新グレードの「フルマーク」を新設した。またそれにあわせて従来のモデルを「パフォーマ」とネーミングした。動力面ではMT車/AT車共にエンジン出力が150 PSに改良され、VSA(ビークルスタビリティアシスト)装着車を設定し、衝突安全性能の向上策も実施された。このマイナーチェンジを機にホイールも5穴化されている。また、FF車も設定された。

2018年に制作されたRW系のテレビCM「OPEN MIND VEHICLE」編では、1999年式の当モデルとすれ違うシーンが登場している。

2代目 RD4/5/7型(2001年 - 2006年)[編集]

ホンダ・CR-V(2代目)
RD4/5/7型
前期型 フルマークiL
Honda cr-v rd4 fullmarkil 1 f.jpg
前期型 フルマークiL
Honda cr-v rd4 fullmarkil 1 r.jpg
製造国 日本の旗 日本中華人民共和国の旗 中国イギリスの旗 イギリス
販売期間 2001年2006年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン 前期(2001年-2004年)
K20A型:2.0L 直4 DOHC i-VTEC
後期(2004年-2006年)
K24A型:2.4L 直4 DOHC i-VTEC
N22A型:2.2L 直4 i-CTDi
駆動方式 4WD / FF
変速機 4速AT / 5速AT / 5速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:ダブルウイッシュボーン
全長 4,360 - 4,540mm
全幅 1,780 - 1,785mm
全高 1,710mm
ホイールベース 2,620mm
車両重量 1,410 - 1,520kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2001年9月18日フルモデルチェンジ。エンジンはK20A型が搭載され、初代で酷評を受けた4WDシステムも大幅に進化し、ミドルクラスクロスオーバーSUVとしては十分な性能となった。トランスミッションは4速ATと5速MT。

室内居住空間を重視したのは初代モデルと同様である。また、エクステリアデザインもキープコンセプトながら、さらに都会向けにリファインされたものの、樹脂パーツも多用するなどアウトドアライフを連想させるデザインとなっている。インテリアでは、初代の特徴であった、広く開放的な室内はそのままに、インパネと一体型の個性的なパーキングブレーキレバーや、メーター横に伸びたシフトレバー、大型のドアポケット、ペットボトル飲料の保冷・保温ができる「インパネ・マルチボックス」など、SUVのワイルドさとミニバンの使い勝手が融合した特徴的なインテリアであった。タイヤは北米からの要請で、ランニングコストを抑える目的で他のSUVよりも小さめのものになっている。

しかし、セールス面では日本国内でのSUVブームの沈静化や、従来のプリモベルノ店併売からベルノ店の専売になったこともあり、初代モデルほどの数字は記録できなかった。反面、北米・欧州・アジアでの評価が非常に高く、アコード、シビックに続く全ホンダ車中第3位の販売台数を誇り、世界的にはヒットした成功作といえる。

2004年9月22日に行われたマイナーチェンジでは既存のK20A型を廃止し、当初から北米仕様に設定されていた、アコードやオデッセイ、エレメントに搭載されているK24A型が全車に採用され、トランスミッションもすべて5速ATとなった。なお、欧州仕様ではAT比率が非常に低いためMT車が継続販売され、N22A型ディーゼルターボエンジンが追加された。

英国スウィンドン工場で生産されているCR-Vは北米に輸出され、現地の会社でないにもかかわらず対米輸出台数が1位となるなど、大きな人気となった。

中国では東風本田汽車の最初の車種として2004年4月24日から生産が開始され[3]5月12日に発売が開始された[4]。なお、上海モーターショーに、デザインの酷似した中国製自動車が出展され、物議を醸した。

3代目 RE3/4型(2006年-2011年)[編集]

ホンダ・CR-V(3代目)
RE3/4型
日本仕様
2006 Honda CR-V 01.jpg
リア
2006 Honda CR-V 02.jpg
車内
3rdCR-Vinterior.jpg
製造国 日本の旗 日本中華人民共和国の旗 中国タイ王国の旗 タイ
販売期間 2006年2011年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン K24A型:2.4L 直4 DOHC i-VTEC
駆動方式 4WD / FF
変速機 5速AT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:ダブルウイッシュボーン
全長 4,565mm
全幅 1,820mm
全高 1,690 - 1,710mm
ホイールベース 2,620mm
車両重量 1,480 - 1,580kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

日本では2006年10月12日発表し、13日に発売した。(北米は2006年9月・欧州は2007年1月発売)従来の角ばった箱型ボディから一転、欧州車高級SUVの雰囲気のようなプレミアム感を演出し、全体的に丸みを帯びたグラマラスなボディを纏うこととなった。ボディサイズはさらに拡大され、全幅は1,820mmとなった。この事で車格も1ランクアップし、日本市場で今までライバルとされた車種より装備・質感・価格帯は大幅に上回った。当初のコンパクトクロスオーバーSUVからミディアムサイズクロスオーバーSUVとなったが、これはSUVブームが沈静した日本市場よりも販売台数が多い北米市場からの大型化の要請、および、欧州・アジア市場からのプレミアムクロスオーバーSUV化への要請を意識したためである。日本市場におけるこれまでの初代・2代目の車格ポジションは2007年2月発売されたクロスロードが事実上の受け皿となった。

エクステリアデザインは、フロントマスクは同社のステップワゴンなどと共通のデザインモチーフが採用され、サイドウインドウの扇形のラインは初代ストリームを彷彿とさせるクーペ的フォルムとなっており、さらにメッキモールを施して全体的にプレミアム感を演出した。また、初代・2代目と背面に背負っていたスペアタイヤを全タイプ床下収納となりテールゲートも横開き式から跳ね上げ式に改められた。また、見た目の高級感を重要視する日本市場の上位グレードには、バンパー下部およびボディサイドシルのプロテクター部分をメタリックグレーの塗装を施してさらなる高級感を演出し、4WD廉価グレード「X」および北米・欧州・アジア他仕様では「バンパーはバンパーらしく」との声から、同部分が黒色の原着となる。

インテリアもワイルドで機能性重視の初代・2代目から、プレミアム重視のインテリアとなり全体的にシンプルなデザインであるが上質な雰囲気を醸し出している。初代・2代目に設定されていた折りたたみ式センターテーブルが廃され、代わりに大型センターコンソールが装着されたことで前後ウォークスルーが不可能になった。さらに、左右独立エアコンやステアリングテレスコピック機能、イモビライザーなどを全グレードに標準装備、運転席・助手席パワーシートと運転席にはシュクラ製の電動ランバーサポートを一部標準装備するなど、高級セダン車並の装備が特徴で、4WD廉価グレード「X」を除きヒーター付き本革シート(黒またはベージュ)もオプションで選択可能である。

動力性能面では、エンジンが2代目モデル(後期型)のK24A型のままの据え置き(北米モデルではエンジン型式はK24Z)だが、170PSにチューンアップされ、ドライブ・バイ・ワイヤを採用した。4WDシステムも、デュアルポンプのクラッチ容量アップとワンウェイカムユニットの追加により、伝達駆動力とレスポンスアップを計り、全体的な底上げが施された一方、エアロダイナミクスを良化するためボディ底部にアンダーカバーを配するなど新しい取り組みもある。走りの性能は、ベース車となっているアコードを模範とし、特に日本・欧州市場からの要請であった「SUVにしてはタイヤが小さい」の声に応えるため、18インチタイヤが標準装着できるシャシーとなって全体的な動力性能が大幅に向上した。

安全装備は、全グレードにVSAを標準装備した他、18インチタイヤや最上位グレード「ZXi」(4WD)「ZLi」(FF)にはAFSCMBSIHCC、サイドカーテンエアバッグシステム、オートワイパー、オートライト、Hondaスマートキーシステムなどを標準装備し、ホンダの上級セダン車種以上に充実した内容となった。

2007年4月18日、中国仕様車が発表[5]。中国市場では2009年に年間販売台数が10万台を突破する人気車種となっている[6]

2007年9月20日に初のマイナーチェンジが行なわれ、新グレード「ZX<HDD navi>」(4WD)「ZL<HDD navi>」(FF)が登場した。同時に「ZXi」(4WD)「ZLi」(FF)に、木目調パネルを採用し、新色が追加された。

2008年2月21日特別仕様車「ZX<exclusive>」(4WD)「ZL<exclusive>」(FF)を発売した。アルカンターラ インテリア、木目調パネル、HDD NAVIを標準装備し、ボディカラーは専用色を含む4色のみ設定された。

2008年8月28日にマイナーチェンジが行われた。新グレード「ZX〈アルカンターラスタイル〉、ZX〈レザースタイル〉、ZL〈アルカンターラスタイル〉、ZL〈レザースタイル〉が登場した。

2009年9月17日、3回目のマイナーチェンジ。スマートなデザインのフロント周りとなり、アルミホイールは新デザインとなった。内装は前席アームレストの長さと幅を広くし、角度調節機能を追加したほか、シート表皮やドアグリップなど変更された。ボディには遮音材などを導入し静粛性を向上した。「Honda HDD インターナビシステム」は改良を行ない、「HDDナビ アルカンターラスタイル」、「HDDナビ レザースタイル」、「ZXi」、「ZLi」にはインターナビシステムを標準装備した。 北米仕様ではエンジンが166hpから180hpにパワーアップ、燃費も1MPG向上した。

2011年2月10日、FF車の「ZL」、4WD車の「ZX」をベースに、インターナビシステムとスマートキー(キー2個付)を装備した特別仕様車「HDDナビ スマートエディション」を発売した。

  • 日本仕様はサイドアンダーミラーをプリズム反射を用いて、左側ドアミラーと一体化させたプリズムアンダーミラーを初採用、ドアミラーウインカーも標準化された。プリズムアンダーミラーは、デザイン上で最大の障害となる左前面の補助ミラーを廃止するためのアイデアである。
  • 日本仕様の上級グレードはドアグリップと下部グリルのスリット部分がメッキ塗装を施している。(他の地域向けはドアグリップがボディ同色か黒色・スリット部分がグレードによってメッキ塗装されているか黒色になっている。)
  • 欧州仕様にはR20A型 SOHC i-VTEC 2.0LやN22A型の設定もあり、多様なエンジンを搭載している他、エアウェイブなどに採用されている、スカイルーフ仕様が上級グレードで設定されている。
  • ATのみの日本・北米他の仕様ではパーキングブレーキが足踏み式であるが、欧州やオセアニア市場で設定されているMT仕様車のパーキングブレーキは、スバル・アルシオーネSVXルノー・カングーに似た形状のハンドレバータイプとなる。
  • 北米での需要の高まりを受け、2007年より米国オハイオ州・イーストリバティ(East Liberty)工場、メキシコ工場での生産を開始した。2007年より北米でのSUVのベストセラーとなっている。

4代目 RM1/4型(2011年 - 2018年(日本向けは2011年~2016年で前期型のみ存在) )[編集]

ホンダ・CR-V(4代目)
RM1/4型
後期型フロント
2016 Honda CR-V (RM Series II MY16) VTi 2.0 2WD wagon (2018-10-08) 01.jpg
後期型リヤ
2016 Honda CR-V (RM Series II MY16) VTi 2.0 2WD wagon (2018-10-08) 02.jpg
製造国 日本の旗 日本アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国中華人民共和国の旗 中国タイ王国の旗 タイ
販売期間 2011年 -2016年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン R20A型:2.0L 直4 SOHC i-VTEC
K24A型:2.4L 直4 DOHC i-VTEC
駆動方式 FF/4WD
変速機 CVT/5速AT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:ダブルウイッシュボーン
全長 4,535mm
全幅 1,820mm
全高 1,685mm
ホイールベース 2,620mm
車両重量 1,460 - 1,540kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2011年11月16日-11月27日に行われるロサンゼルスオートショーにおいて、フルモデルチェンジとなる4代目CR-Vが発表された[7]

日本国内向けにもティーザーサイトがオープンされ、2.0Lモデルの追加や新開発4WDシステムの採用が告知された[8]。その後、11月28日にフルモデルチェンジが正式発表された(販売は12月2日)。

外観は、フロントバンパーが空力性能を考慮した形状となり、テールゲートガラスが広い荷室と躍動感を生み出すために曲率を大きくするなど、強さと機能性を表現したもととなった。インテリアは、利便性と快適性をもたらす「センターディスプレイ(Hondaインターナビとセットでメーカーオプション設定)」を採用するなど、運転に集中していても走行状況が把握しやすく、スムーズな操作を可能としている。3代目に比べ、ボディサイズは若干小さくなっているが、室内長を225mm、荷室容量を65Lそれぞれ拡大し、扱いやすさや使いやすさを向上した。

エンジンは、2代目後期で日本では廃止となっていた2.0L仕様を復活させた。その理由は「お膝元(生産拠点)である日本国内でも売れて欲しい」というメーカー自身の願望からである[9]。低速域から力強いトルク特性と低燃費を両立したR20A型となり、エンジン性能を最大限に引き出すため、CR-Vでは初採用となるトルクコンバーター付CVTが搭載された。3代目と同等の発進・加速性能を発揮するとともに各部の低フリクション化を徹底したため、JC08モードで14.4km/Lの低燃費を実現した。また、2.4L仕様も圧縮比などを高めたことで3代目に比べ出力を20PS(15kW)向上するとともに、2.0L仕様と同じく徹底的に各部の低フリクション化を行ったことで燃費を向上した。なお、燃費向上により2.0L仕様は「平成27年度燃費基準」、2.4L仕様は「平成22年度燃費基準+15%」をそれぞれ達成した。さらに、2.4L仕様には電子制御によって後輪の駆動力を緻密でかつ素早くコントロールして、雪道での発進やコーナリング、登坂における安定性を高めた、新開発の四輪駆動システム「REAL TIME AWD(インテリジェント・コントロール・システム)」を搭載した。欧州やオセアニア市場向けには、先代同様MT仕様車も設定されている。

荷室については、サイドライニング部のレバーやシートクッションサイド部のストラップを引くだけで、シートクッションが持ち上がると同時にシートバックとヘッドレストが格納され、簡単に荷室を広くすることができるほか、低床・フラット設計により開口部地上高が低くなり、荷物の出し入れもしやすくなっている。グレード体系は「20G」と「24G」の2グレードで、駆動方式は「20G」がFF、「24G」が4WDとなる。

2011年12月20日に韓国市場にて発表・発売開始した[10]。駆動方式は日本国内仕様同様に2WD(FF)と4WDが設定されるが、エンジンは2.4Lのみとなる。

2012年2月22日に中国市場にて発表・発売開始した[11]

2012年10月11日、一部改良を行なった。新たに前席用i-サイドエアバッグシステム(助手席乗員姿勢検知機能付)+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)を標準装備した。ボディカラーには「オブシダンブルー・パール」を追加した。併せて、本革シート<運転席&助手席シートヒーター付>+運転席8ウェイパワーシート(スライド/リクライニング/ハイト前・後)+運転席ランバーサポートとHonda インターナビ+リンクアップフリー+センターディスプレイ+ETC車載器(ナビゲーション連動)を標準装備した「20G・レザーパッケージ」、「24G・レザーパッケージ」を追加した。

2016年3月31日に日本国内向けはマイナーチェンジを受けることなく、大ヒットとなったヴェゼルに吸収されるかたちでオーダーストップ・生産終了が決定。4月以降は在庫対応のみとなり、8月にHP上から削除された。

北米仕様[編集]

2015年[編集]

2015年モデルではフェイスリフトを受けた。エンジンは最新のアースドリームテクノロジー採用2.4L直噴となり、185hp/6400rpm、245Nm/3900rpmを発生。5ATに変わりCVTと組み合わされパフォーマンスと燃費が向上した。エクステリアはフロントフェイシア、リアフェイシアやミラー、ホイールデザインなどが改良された。ボディも衝突安全性が向上、1.1インチ全長が伸びた。足回りではサスペンションが改良され、エンジンに合わせてサブフレームも変更されている。ステアリングレシオは16.7:1から15.59:1になった。ツーリングモデルではCR-Vで初めてパワーテールゲートが採用された。「ホンダセンシング」ブランドの一部としてCMBSやLKASが北米ホンダブランドとして初設定されている。 インテリアではセンターコンソールが改良され、スライドアームレストが採用された。

欧州仕様[編集]

欧州仕様では2.2LディーゼルエンジンがAT、MTともにラインナップされている。2013年に1.6Lディーゼルエンジンを追加(2WDのMT仕様のみ)。2015年モデルではマイナーチェンジが行われ[12]、エクステリアや足回りが改良。エンジンでは2.2Lディーゼルに変わり160PSを発生する1.6Lディーゼルエンジンに置き換えられた(2WD仕様には2013年に登場した120hp仕様1.6Lディーゼルが引き続き採用される)。ATモデルでは9速ATを新たに採用、ディーゼルエンジンにも適応される。インテリアではインフォテインメントシステムとしてOSにAndroid 4.0.4、SoCにnVidia Tegra3を採用した「ホンダコネクト」を初搭載した。

5代目 RW1/2/RT5/6型(2016年-)[編集]

ホンダ・CR-V(5代目)
RW1/2/RT5/6型
日本仕様 EX・Masterpiece
Honda CR-V EX・Masterpiece (DBA-RW1) front.jpg
Honda CR-V EX・Masterpiece (DBA-RW1) rear.jpg
プロトタイプ
Honda CRV Prototype IMG 0206.jpg
販売期間 海外:2016年10月 -
日本:2018年8月31日 -
(発表:2018年8月30日)
乗車定員 5名
7名(ガソリン車のみ)
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン ガソリン車L15B型:
1,496cc 直列4気筒 直噴DOHCターボ
ハイブリッド車:LFB型:
1,993cc 直列4気筒DOHC
駆動方式 前輪駆動(FF車)
四輪駆動(4WD車)
モーター ハイブリッド車
H4型:交流同期電動機
最高出力 ガソリン車
140kW (190PS)/5,600rpm
ハイブリッド車
エンジン:
107kW (145PS)/6,200rpm
モーター:
135kW (184PS)/5,000-6,000rpm
最大トルク ガソリン車
240N·m (24.5kgf·m)/
2,000-5,000rpm
ハイブリッド車
エンジン:
175N·m (17.8kgf·m)/
4,000rpm
モーター:
315N·m (32.1kgf·m)/
0-2,000rpm
変速機 無段変速オートマチック(CVT
ガソリン車
電気式無段変速機
ハイブリッド車
サスペンション 前:マクファーソン式
後:マルチリンク式
全長 4,605mm
全幅 1,855mm
全高 1,680mm(FF車)
1,690mm(4WD車)
ホイールベース 2,660mm
車両重量 1,520-1,700kg
ブレーキ 前:油圧式ベンチレーテッドディスク
後:油圧式ディスク
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

概要[編集]

5代目CR-Vは、2016年10月の北米市場での販売を皮切りに、中国・東南アジア・南米・ロシアに随時投入され、2018年には欧州市場向けが5代目にフルモデルチェンジ。世界の主要市場で唯一系譜が途絶えていた日本においては、2018年8月に5代目を発表。2年振りに日本国内市場への復活を果たした。

5代目は、10代目ホンダ・シビックから採用された新世代プラットフォームへ刷新。シャシーは、フロントにマクファーソン式、リアにマルチリンク式(先代はダブルウィッシュボーン式)のサスペンションを採用。また、コンプライアンスブッシュを液封タイプとしたほか、デュアルピニオンEPSやVGR(可変ステアリングギアレシオ)により、ハンドリング性能と快適な乗り心地の両立を図っている。さらに、大径ディスクブレーキや電動ブレーキブースター(ガソリン車のみ)を採用し、高い制動力とダイレクトなブレーキフィールを実現している。

パワートレインでは、CR-V初となるハイブリッドモデル「SPORT HYBRID i-MMD」を採用。2.0Lエンジンは新形式の「LFB」型、モーターは「H4」型を搭載する。走行状況などに応じて「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」の3つのモードをシームレスに切り替え、低燃費と力強い走りを両立の目指した。また、「SPORT HYBRID i-MMD」搭載車では初となる「4WD」を新設定。電子制御で前後輪の駆動力配分を緻密かつ素早く行うリアルタイムAWDを採用している。

ガソリンモデルは、吸排気デュアルVTCを備えた直噴1.5L VTEC TURBOエンジン「L15B」型を新搭載。専用開発のターボチャージャーにより、2.4L自然吸気エンジンに匹敵するトルクと、高回転まで伸びやかなパワーフィールを獲得した、とホンダは説明している[13]。先代モデルが搭載していた2.4Lエンジン「K24A」型と比較すると、排気量は大きく縮小されたものの、最高出力は全く同数値の140kW(190PS)を発揮し、最大トルクは18N・m (1.9kgf・m)向上している。

パッケージングでは、歴代CR-Vの強みをさらに強化しており、後席の足元スペースを先代モデルに比べ50mm拡張したほか、シートクッションやシートバックの延長によりホールド感を高めるなど、後席の快適性が向上。また、ワンアクションで大空間が出現する後席ダイブダウンにより、荷室長1,830mmのフラットな空間が出現する。

ガソリンモデルには、5人乗り仕様に加え、歴代CR-Vで初設定となる「7人乗り3列シート仕様」を用意。燃料タンクの扁平化をはじめ、フロアやルーフまわりの設計を徹底的に突き詰めて居住スペースを確保したほか、3列目シートにも内部にスプリングを使用するなどして、3列目シートの乗員の居住性にも配慮している。

予防安全性能では、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全車に標準装備。5代目には、衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)、誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能、渋滞追従機能付ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉、LKAS〈車線維持支援システム〉、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能、オートハイビームの各機能が備わっている。

その他の装備面では、日本市場向けホンダ車として初設定となる「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」(「EX・Masterpiece」、「HYBRID EX・Masterpiece」に標準装備)を採用。また、メモリー機能付の「運転席8ウェイパワーシート」をはじめ、ドライバーの腰への負担を軽減する「運転席4ウェイ電動ランバーサポート」や、大開口の「電動パノラミックサンルーフ」(「EX・Masterpiece」、「HYBRID EX・Masterpiece」に標準装備)などを設定する。

エクステリアデザインでは、先代モデルに対し最低地上高を40mmアップ(ガソリン4WD車)。加えて、ワイドトレッド化と18インチの大径タイヤ、大きく張り出した前後フェンダーによりSUVらしいデザインとしている。また、フロントビューはフルLEDライトを採用し先進性を強調。面全体として光るヘッドライトや、光量が中心に向かってグラデーションになるポジションランプなどを採用している。なお、ボディサイズは、先代モデルに対し全長は+70mm、全幅は+35mm、ホイールベースを+40mm拡大。全高はFF車が5mm低くなり、4WD車は5mm高くなった。

インテリアにおいては、立体感を引き出しながら上質に仕立てた本革シート(「EX・Masterpiece」、「HYBRID EX・Masterpiece」に標準装備)や、光沢と独特の深みある色合いに織り上げた表皮のファブリックシート(「EX」、「HYBRID EX」に標準装備)を採用。また、インストルメントパネルやドアライニングなど、目や手が触れることの多い箇所には、素材の持つ個性を際立たせた木目調素材やピアノブラックのパーツを採用している。

年表[編集]

2016年10月14日
北米市場向け新型「CR-V」を発表[14]
北米向け5代目CR-Vは、先代モデルから継続搭載される2.4L 直噴 DOHC i-VTECエンジンに加え、新たに1.5L 直噴ターボエンジンを搭載。また、先進の安全運転支援システムである「Honda SENSING」を採用する。
北米での生産は、米国オハイオ州イースト・リバティ工場とカナダ・オンタリオ州アリストン工場に加え、今回新たに米国インディアナ州グリーンズバーク工場が加わり、計3拠点となることが発表となった。
2017年7月10日
中国市場向け新型「CR-V」を発表[15]
ホンダの中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司にて生産・販売が行われる。中国市場向け新型CR-Vは、1.5L 直噴ターボエンジンを搭載する「SPORT TURBO」と、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載する「SPORT HYBRID」の2タイプをラインアップする。
2017年9月29日
第45回東京モーターショー2017に「市販予定モデル」として出展することを発表[16]
日本市場向け5代目の概要を公開。歴代初となる2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載したFF車および4WD車をラインアップするほか、ガソリン車には、新たに3列目シートを設定。安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備すると発表。
2017年12月22日
「東京オートサロン2018」に5代目をベースとしたコンセプトモデル「CR-V CUSTOM Concept」を出展する、と発表[17]
2018年6月8日
日本市場向け新型「CR-V」をホームページで先行公開[18]
2018年8月30日
日本市場向け「5代目」CR-Vを発表[19]。ガソリン車は8月31日発売、ハイブリッド車は11月1日発売。
ラインアップは、1.5Lターボを搭載するガソリン車に「EX」・「EX・Masterpiece」、ハイブリッド車に「HYBRID EX」・「HYBRID EX・Masterpiece」と計4タイプで構成される。駆動方式は全車、FFと4WDを選択できるほか、ガソリン車のみ「2列シート/5人乗り」に加えて「3列シート/7人乗り」が設定される。
「EX・Masterpiece」、「HYBRID EX・Masterpiece」には専用装備として、ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(イージークローザー/挟み込み防止機構付)、電動パノラミックサンルーフ、本革シート&専用インテリア、助手席4ウェイパワーシート(スライド/リクライニング)、ルーフレール[注 1]が追加される。
ボディカラーは、「プラチナホワイト・パール(有料色)」、「ルナシルバー・メタリック」、「クリスタルブラック・パール」、「ルーセブラック・メタリック(有料色)」、「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(有料色)」、「ミッドナイトブルービーム・メタリック(有料色)」の6色を設定。
インテリアカラーは、「EX」、「HYBRID EX」がブラック(ファブリックシート)のみの設定。「EX・Masterpiece」、「HYBRID EX・Masterpiece」は「ブラック」と「ブラウン」の2色を設定するほか、前述の通り「本革シート&専用インテリア」が与えられる。

車名の由来[編集]

  • Comfortable Runabout Vehicle(コンフォータブル・ランアバウト・ビークル) の頭文字。初代モデルの背面スペアタイヤカバー(オプション品)に記載があった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 4WD車には「ルーフレール」を装備しない仕様が用意される

出典[編集]

  1. ^ 八重洲出版『driver』2012年12月号 p.54
  2. ^ [1] - 公益財団法人献血供給事業団
  3. ^ 东风本田汽车(武汉)有限公司CRV下线暨投放仪式” (中国語). 東風本田汽車 (2004年4月24日). 2013年7月26日閲覧。
  4. ^ 东风hondaCR-V5月12日全国统一上市” (中国語). 東風本田汽車 (2004年5月12日). 2013年7月26日閲覧。
  5. ^ 睿力和一 锋芒劲现-―东风Honda新世代CR-V超越诞生” (中国語). 東風本田汽車 (2007年4月18日). 2013年7月26日閲覧。
  6. ^ CR-V年销突破10万辆” (中国語). 東風本田汽車 (2009年12月10日). 2013年7月26日閲覧。
  7. ^ 2011年ロスアンゼルスオートショーにて「フィットEV」「CR-V」の市販モデルを世界初披露
  8. ^ New CR-V 先行スペシャルサイト
  9. ^ ホンダ CR-V 発表…日本専用モデル設定「やっぱりお膝元で売れてほしい」カービュー2011年12月9日(2011年12月13日 閲覧)
  10. ^ ホンダコリア、4世代CR-Vを発表中央日報 2011年12月21日(2012年3月8日閲覧)
  11. ^ 售价19.38—26.28万 全新CR-V领世启航” (中国語). 東風本田汽車 (2012年2月22日). 2013年7月26日閲覧。
  12. ^ 2015 Honda CR-V 2015年3月16日閲覧
  13. ^ “北米向け新型「CR-V」を発表” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年10月14日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4161014.html 
  14. ^ “北米向け新型「CR-V」を発表” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年10月14日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4161014.html 
  15. ^ “東風ホンダ、新型「CR-V」を発表” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年7月10日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4170710.html 
  16. ^ “「第45回東京モーターショー2017」Hondaブース出展概要について” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年9月29日), https://www.honda.co.jp/news/2017/c170929.html 
  17. ^ “「「東京オートサロン2018」出展概要” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年12月22日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4171222.html 
  18. ^ “新型「CR-V」をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2018年6月8日), https://www.honda.co.jp/news/2018/4180608.html 
  19. ^ “新型「CR-V」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2018年8月30日), https://www.honda.co.jp/news/2018/4180830-cr-v.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]