ホンダ・NSX (2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホンダ・NSX (2代目)
NC型
FoS20162016 0625 151036AA (27826100631).jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 2017年2月27日 -
(発表:2016年8月25日)
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン JNC型:
3,492cc V型6気筒 直噴DOHCツインターボ
エンジン位置 ミッドシップ
駆動方式 4WD
(SPORT HYBRID SH-AWD)
モーター 前:H3型 交流同期電動機×2基
後:H2型 交流同期電動機×1基
最高出力 エンジン:
373kW (507PS)/6,500-7,500rpm
モーター(前):
27kW (37PS)/4,000rpm×2基
モーター(後):
35kW (48PS)/3,000rpm×1基
システム最高出力:
427kW(581PS)
最大トルク エンジン:
550N・m (56.1kgf・m)/
2,000-6,000rpm
モーター(前):
73N・m (7.4kgf・m)/
0-2,000rpm×2基
モーター(後):
148N・m (15.1kgf・m)/
500-2,000rpm×1基
システム最大トルク:
646N・m(65.9kgf・m)
変速機 9速DCT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン式
後:ウィッシュボーン式
全長 4,490mm
全幅 1,940mm
全高 1,215mm
ホイールベース 2,630mm
車両重量 1,800kg
1,780kg(カーボンセラミックブレーキローター装着時)
ブレーキ 前:油圧式ベンチレーテッドディスク
後:油圧式ベンチレーテッドディスク
海外市場での名称 アキュラNSX(北米市場のみ)
-自動車のスペック表-

NSX(エヌエスエックス)は、本田技研工業が生産・販売する2シーターのスポーツカー。1990年から2006年まで発売されていたNSXの2代目にあたり、ハイブリッドシステムを搭載している。

概要[編集]

往年のF1コンストラクターであるコスワースと共同開発した3.5LV型6気筒ガソリンエンジンを先代同様ミッドシップに配置し[1]、さらにハイブリットシステムSPORT HYBRID SH-AWDを採用し、リチウムイオン電池を72個、モーターを3基(エンジンアシストするダイレクトドライブモーター1基、前輪を左右独立で駆動するツインモーターユニット2基)搭載する。出力はエンジンが507PS、ドライブモーターが48PS、前輪のモーターがそれぞれ37PSで、システム最高出力は581PSを発揮する。ボディサイズは全長4,490mm×全幅1,940mm×高1,215mmとなり、先代モデルから全長40mm、全幅130mm、全高45mmそれぞれ拡大された。またエンジンの搭載向きが先代の横置きから縦置きとなった。

車名は新時代のスーパースポーツ体験(New Sports eXperience)からきている。日本での発売は2017年2月27日から(アイアンブレーキローター装着車は2017年5月予定)でモノグレード(NSX)のみの展開、価格は2370万円(消費税8%込)と日本で発売するホンダ車の中では最高値(NSX-R GTを除く)となる[2]と同時に、2016年8月時点における日本で販売される日本メーカー製車両の最高額となる[注 1]。性能・価格と共にポルシェ911ターボアウディR8などのスポーツカーと肩を並べることとなった。

2016年12月に、2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー「実行委員会特別賞」を受賞した。年間販売予定が日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート基準である500台に満たないものの、ハイブリッドスーパースポーツカーの完成度の高さが評価されたことで、特別賞として記録に留めるべきとの実行委員会の判断により決定された[3]。さらに、オートカラーアウォード2016においては、バレンシアレッド・パール(ext)/レッド(int)とヌーベルブルー・パール(ext)/オーキッド(int)の2種類が特別賞を受賞した[4]

日産・GT-Rと同じく、ナビを連動してリミッターを解除できる機能があり、300km/h以上の走行が可能となる(欧米仕様で最高速度308km/h)。 2018年1月現在、日本国内の自動車メーカーで正規販売されている現行車種で300km/h以上で走行できる車種はNSXと日産・GT-Rの2車種となる[注 2]

年表[編集]

2012年1月10日
  • 2012年北米国際自動車ショーで「NSXコンセプト」を世界初披露した[5]。V型6気筒 VTEC直噴エンジンをミッドシップレイアウトで配置し、走りと燃費性能を両立した高効率・高出力のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」(Super Handling All Wheel Drive)」を搭載。
  • 新開発した「Sport Hybrid SH-AWD」は、エンジンと高効率モーターを内蔵したデュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、前輪の左右を独立した2つのモーターで駆動する電動式の四輪駆動システムを搭載したハイブリッドシステムである。
  • ホンダは、「NSXコンセプト」をベースとしたスーパースポーツを米国で開発と生産行い、3年以内に同国内で発売を予定し、順次グローバル展開を目指す、とアナウンスした。
2012年2月3日
同日開催した2012年のモータースポーツ活動発表会において、「NSXコンセプト」を日本初公開した。日本においては、「Hondaブランド」での発売を予定し、日本市場への投入を機に、SUPER GTシリーズへの参戦も計画していることを発表した[6]
2013年8月5日
新型「NSX」の試作車両のデモンストレーション走行を、米国オハイオ州のミッドオハイオ・スポーツカーコースで開催されたインディカー・シリーズにおいて実施した[7]
2013年10月23日
第43回東京モーターショーに「NSX CONCEPT」を出展することを発表[8]
2014年12月18日
2015年北米国際自動車ショーで新型「Acura NSX」を世界初公開することを発表[9]
2015年1月13日
2015年北米国際自動車ショーでAcura新型「NSX」を世界初披露した[10]。新開発の3.5L 直噴V型6気筒ツインターボエンジンをミッドシップレイアウトで配置するとともに、走りと燃費性能を両立した高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載する。米国オハイオ州のメアリズビル四輪車工場の隣接地に位置する「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で量産し、2015年後半に米国で発売を予定していることを発表。また、デザインやスペックの詳細に加え、米国での販売価格を約15万ドルからとし、同年夏からオーダー受付を開始することも合わせて発表した。
2015年9月30日
第44回東京モーターショー2015に「新型NSX」を展示することを発表[11]
2016年1月13日
2016年北米国際自動車ショーにおいて、新型「Acura NSX」の価格を発表[12]。工場装着オプションを含めたメーカー希望小売価格は156,000~205,700USドルとなる。受注は2016年2月25日から開始され、購入希望者はウェブサイト(Acura.com)で8色のボディカラー、4色のインテリアカラー、3種類のシート表皮、3種類のホイールデザイン、カーボン・セラミック・ブレーキ、カーボン・ルーフなどのオプションパーツから好みの仕様を選択することが可能。
2016年3月18日
新型「NSX」北米仕様車の量産を4月下旬より開始する、と発表[13]
2016年5月25日
米国で新型「NSX」量産第一号車をラインオフし、オーナーに納車したことを発表[14]
2016年8月8日
新型「NSX」の情報をホームページで先行公開した[15]。新型「NSX」は、スーパースポーツのメンテナンスに必要な専用設備を備え、ホンダが認定したサービスエンジニアである「NSX スペシャリスト」が在籍する店舗を「NSX PERFORMANCE DEALER」として新たに選定し、ユーザーの購入やメンテナンスをサポートする。このNSX PERFORMANCE DEALERの認定店舗一覧も、ホームページで同時公開された。
2016年8月25日
フルモデルチェンジ。同日より申し込み受付を開始し、2017年2月27日に発売することを発表[16]
ボディカラーは、イメージカラーの「バレンシアレッド・パール(有料色)」をはじめ、「130Rホワイト」、「カジノホワイト・パール(有料色)」 、「ソースシルバー・メタリック(有料色)」、「ノルドグレイ・メタリック(有料色)」、「ベルリナブラック」、「クルバレッド」、「ヌーベルブルー・パール(有料色)」の8色を設定。初代モデルにも設定されていた「ベルリナブラック」以外は全て新色となる。
インテリアカラーの標準設定は「エボニー(ミラノレザー×アルカンターラ マニュアルシート)となる。また、カスタムオーダーとして、「セミアリニンレザー×アルカンターラ パワーシート+アルカンターラ ルーフライニング」を設定。「エボニー」、「オーキッド」、「サドル」、「レッド」の4色から選択ができる。また、「セミアリニンフルレザー パワーシート+アルカンターラ ルーフライニング」も設定。こちらは「エボニー」、「オーキッド」の2色を設定している。
2018年8月24日
2018年秋に発表を予定している、「NSX」の改良モデルを、ホームページで先行公開した[17]

日本国内での販売[編集]

詳細はNSX PERFORMANCE DEALERを参照。

「NSX PERFORMANCE DEALER」は、山形県・滋賀県・高知県・宮崎県・沖縄県を除く42都道府県に122店舗(2016年10月現在)を構えている[18]。地域によっては「NSX PERFORMANCE DEALER」が1店のみの府県や、「NSX PERFORMANCE DEALER」がない県庁所在地がある。メンテナンスは「NSX PERFORMANCE DEALER」のみでの取り扱いとなり、「NSX PERFORMANCE DEALER」を併設していないHonda Cars店ではメンテナンスを受けることは出来ない[19]

レース活動[編集]

初代NSXが参戦していたSUPER GT・GT500クラスは2009年にレギュレーション変更が行われ、2010年からホンダ・HSV-010で参戦していたが、2014年から車両規則の一部をドイツツーリングカー選手権(DTM)と統一されることに合わせ、既に発表されていたNSX CONCEPTをベースにした「NSX CONCEPT-GT」に変更した。2017年からは同年2月に日本での販売が始まるのに合わせて、NSX CONCEPTベースからNSXベースの「NSX-GT」に変更された[20]

DTMの車両規則はFRに限定されているが、ホンダは最低車両重量を上積みすることを条件に特認を受け、ベース車と同様にミッドシップ+ザイテックハイブリッドシステムが搭載された。しかし2016年シーズン以降は「バッテリー製造メーカーからの供給を受けることが困難になった」という理由から、ハイブリッドシステムを搭載せずに戦っている[21]

2014年デビューシーズン序盤はマシントラブル等に悩まされ、第2戦富士では全車がリタイアするなど成績を残せなかったが、第4戦菅生ではチーム国光RAYBRIG NSX(小暮/武藤組)が予選2位を、リアルレーシング塚越/金石組)が3位でゴールし、新NSX初の表彰台を獲得した。第5戦富士で童夢レーシング山本/マコヴィッキィ組)が優勝した上にナカジマレーシングEPSON NSX(中嶋/バゲット組)が3位になった。

2015年はRAYBRIG NSX(山本/伊沢 組)が唯一気を吐き、レクサス勢を上回る年間3位を獲得した。

2016年は前述の通り突如ハイブリッドを降ろした影響から戦闘力を発揮できず、3メーカー中唯一未勝利という苦渋の一年を送った。

2017年は開幕戦でPPを獲得するが、オープニングラップで電装系トラブルで三台のNSXがストップするという珍事に見舞われた。第二戦も下位に沈んだため、この状況を重く見たGTAは、ミッドシップハンデ29kgを14kgに軽減[22]。その効果もあってか、夏の富士と鈴鹿1000kmではNSXが待望の優勝を収めた。

また2017年からはFIA GT3仕様 NSXの販売がスタートし、初年度はIMSA ウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップのGTデイトナクラスに2台が参戦。第5戦・第6戦と2勝を挙げた[23]。2018年からはSUPER GT・GT300クラスにも登場し、CARGUY RacingとModulo Drago CORSEが同マシンで現在参戦している[24][25]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 他メーカーを含めて過去にさかのぼると、2,370万円を上回っている例は上述のNSX-R GTの他、レクサス・LFAの3,750万円がある。
  2. ^ 過去に限定生産・販売されたレクサス・LFAも含めば、実質的に3車種となる。こちらも日産・GT-R、NSXと同様にナビを連動してリミッターを解除する機能があり、300km/h以上の走行が可能。

出典[編集]

  1. ^ NSX(4WD/9AT) ホンダの維持と未来が見える 2016年11月29日 webCG
  2. ^ “新型「NSX」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年8月25日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160825-nsx.html 
  3. ^ “「NSX」が2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー「実行委員会特別賞」を受賞〜” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年12月9日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4161209.html 
  4. ^ “「NSX」がオートカラーアウォード2016「特別賞」を受賞” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年12月12日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4161212.html 
  5. ^ “2012年北米国際自動車ショーで、Acura新型3モデルを世界初披露 〜次世代スーパースポーツ「NSXコンセプト」を発表〜” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2012年1月10日), https://www.honda.co.jp/news/2012/4120110.html 
  6. ^ “次世代スーパースポーツ Honda 「NSXコンセプト」を国内初公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2012年2月3日), https://www.honda.co.jp/news/2012/4120203.html 
  7. ^ “新型「NSX」の試作車両をミッドオハイオで世界初公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2013年8月5日), https://www.honda.co.jp/news/2013/4130805.html 
  8. ^ “「第43回東京モーターショー」 Hondaブース出展概要について 〜Honda独創のモビリティコンセプトモデルを出展〜” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2013年10月23日), https://www.honda.co.jp/news/2013/c131023.html 
  9. ^ “2015年北米国際自動車ショーでAcura新型「NSX」を世界初公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2014年12月18日), https://www.honda.co.jp/news/2013/4130805.html 
  10. ^ “2015年北米国際自動車ショーでAcura新型「NSX」を世界初披露” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年1月13日), https://www.honda.co.jp/news/2015/4150113.html 
  11. ^ “「第44回東京モーターショー2015」Hondaブース出展概要について〜「The Power of Dreams」をコンセプトに独創的なモビリティを出展〜” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年9月30日), https://www.honda.co.jp/news/2015/c150930.html 
  12. ^ “「2016年北米国際自動車ショーで「Acura Precision Concept」とAcura新型「NSX」の価格を発表” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年1月13日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160113.html 
  13. ^ “新型「NSX」北米仕様車の量産を4月下旬より開始” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年3月18日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160318.html 
  14. ^ “米国で新型「NSX」量産第一号車を納車” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年5月25日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160525.html 
  15. ^ “新型「NSX」の情報をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年8月8日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160808.html 
  16. ^ “新型「NSX」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年8月25日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160825-nsx.html 
  17. ^ “「NSX」改良モデルをホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2018年8月24日), https://www.honda.co.jp/news/2018/4180824.html 
  18. ^ NSX PERFORMANCE DEALER とは?HondaクルマQ&A NSX
  19. ^ 購入後は近くのHondaCars店でメンテナンスできますか?HondaクルマQ&A NSX
  20. ^ ホンダ、17年仕様GT500車両『NSX-GT』のスタジオショットを公開 - オートスポーツ・2016年11月02日
  21. ^ NSXハイブリッド非搭載の衝撃。その理由は? - オートスポーツ・2016年2月13日
  22. ^ 【SUPER GT】NSX-GTの“ミッドシップハンデ”が軽減される…次戦オートポリスには「15kg減」で臨戦 モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ 2017.5.12 Fri 9:02 Response
  23. ^ IMSA:『NSX GT3』の初優勝を飾ったMSRが体制刷新。2018年のフル参戦は1台に - オートスポーツ・2017年12月14日
  24. ^ スーパーGT:CarGuy Racing、2018年のGT300クラス参戦を正式発表。ホンダNSX GT3を投入 - オートスポーツ・2017年12月20日
  25. ^ スーパーGT:道上龍が国内復帰。Modulo Drago CORSEとしてNSX GT3でGT300参戦 - オートスポーツ・2017年1月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]