ヘッドレスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
自動車のヘッドレスト

ヘッドレスト (Headrest) とは、自動車などの輸送機械の座席に設ける背もたれの上部の枕状の部分。

ヘッドレストレイント (head restraint) の略である。headは頭部や首など、restraintは拘束や抑制などを意味し、head restraintで座席用の枕、シートの枕を意味する。

戦闘機の旋回時のGや、交通事故追突)など、予想外の高い加速度(急激な加重)で搭乗者の頭部が大きく揺すられ、むち打ち症などの障害がひき起されることを防止するために設けられている。

車種によっては、追突時にヘッドレストを前傾させるアクティブヘッドレスト機構を内蔵し、保護性能を高めているものもある。

法規制[編集]

ヘッドレストは保安用品なので、一部の旧車などを除き基本的に乗車定員分すべてが装着されていないと保安基準不適合となるが、後部座席に関しては(クーペタイプや軽自動車など、後部座席に人が乗る頻度が少ないと考えられる車両は特に)検査員の判断に委ねられる場合がある。形状は、枕型、ドーナツ型、シート一体型などさまざまである。また、ヘッドレストモニターという商品が多く出回っているが、これは保安基準違反となり、車検に合格できない。