グループGT3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グループGT3(グループジーティースリー)は、自動車レースに使用する競技車両のカテゴリーの1つである。2005年に当時存在していた既存のGT1クラスGT2クラスの下位カテゴリーとして設立された。FIAによる正式な呼称は「Groupe GT3(仏語:グループ GT3)」であるが、日本国内ではあまり一般的な呼び方ではなく、スーパーGTのJAF GTとの対比で「FIA GT3」などと呼ぶことが多い。

概要[編集]

市販の2シーター又は2×2シータークーペを改造した車両がホモロゲーション(公認)の対象となる。当初はGT1・GT2各クラスとポルシェ・カレラカップなどの国内ワンメイクレースの中間に位置するアマチュア向けのカテゴリー設立を目指していたが、上位のカテゴリーが相次いで消滅した結果、2012年にFIAGT世界選手権を争うカテゴリにまで成長した。ただし、アマチュア向けとしてマシンの高コスト化などに十分配慮して作られた当初のレギュレーションは現在でもその性格を多分に残しており、特にバランス・オブ・パフォーマンス(BOP)と呼ばれる独自のマシン性能調整システムはこのグループGT3レギュレーションにおける最大の特徴と言える。

パワーウェイトレシオは以前はGT2(LM-GTE)マシンとほぼ同等であったが、軽量化により馬力で勝るGT3が直線で優位である。ただし空力の関係でラップタイムはLM-GTEよりわずかに遅い程度である。

このようなレギュレーションの恩恵を受け、GT1エントラントの減少、マシンの高コスト化などの問題に直面していた世界各地のレース運営者が相次いでグループGT3に基づいて制作されたマシンを導入しており、ニュルブルクリンク24時間レースブランパン耐久シリーズ、IMSAなどのWEC(ル・マン24時間)を除くほとんどの主要耐久レースで導入されている。日本では、SUPER GT・GT300クラス、スーパー耐久・ST-Xクラス、スーパーカーレースシリーズにおいてGT3クラス車両の導入が認められている。

歴史[編集]

レギュレーション[編集]

レギュレーションはそれほど多くなく、以前は低価格重視のためJAF-GTやGT2などに比べると改造範囲は自然と狭くなっていたが、現在はカスタマー向け車両売り出し価格からして高騰化している。エンジンは条件を満たせば自社の他のエンジンに換装が可能。レギュレーションで定められているものとしては材質(チタニウムはオリジナルな部品に使用されているもの以外は禁止)、テレメトリー禁止、運転補助の電子的安定制御システム禁止、車重制限およびバラスト規定、エンジンコントロールユニット(ECU)へのアクセス保証、吸気リストリクターの装備、排気音110dB以下、燃料補給の規定、始動装置装備、灯火類の規定、アンチロックブレーキシステム(ABS)機能制限などである[1]

チタニウムなどの高価な材料や複雑な電子装置を禁止し車両のコストを制限する規定が中心であり、出力もリストリクターによってイコールコンディションとなるように制限されている。FIA GTコミッティは、車両同士の性能均衡を保つために個々の車両の重量制限や過給圧を調節する権限を留保している [2]

車両価格は以前は3000万円程度だったが、現在は5000万円~8000万円まで高騰している。

掛け持ち参戦問題[編集]

下記のように、現在ではGT3マシンが参戦可能なレースが世界的に多数存在し、特にレース数の多いヨーロッパでは1台のマシンを複数のレースシリーズで使い回すことも多く行われている。レース数が多くなれば1レース当たりの参戦コストが低下し、自らマシンを所有しないドライバーでもレンタル等でマシンを確保してレースに参戦することが容易になるほか、メンテナンスガレージでも車両レンタルやマシンメンテナンスにより新たな収入を得られるというメリットが有る。

ただレース主催者側から見た場合、複数のレースシリーズに同じマシンが出走することは「他のレースで走行データを得ることは事実上テストを兼ねることになり、他のチームに比べ有利になる」という問題をはらむ。実際、コスト抑制のためにシーズン中のテスト走行に制限をかけるレースシリーズも多い。さらに、他のレースとのエントラントの取り合いとなり、その結果エントラントが減る可能性もある。これらの理由から、日本のSUPER GT・GT300クラスでは、同クラスに参戦するマシンの他シリーズへの掛け持ち参戦を原則として認めていない[3]

これに対し、せっかくエントラントの融通が利くのにその可能性を潰してしまうのは問題があるとして、元SUPER GTチャンピオンの竹内浩典などの一部のドライバーや、GT3マシンを所有しているジェントルマンドライバーからは不満の声もある。特に竹内は、2014年よりGT3マシンによる新シリーズとして「スーパーカーレースシリーズ(SCR)」を立ち上たものの、SUPER GT執行部と対立することとなったため、2014年に関してはSUPER GTへの参戦を見送らざるを得なくなってしまった[3](その後SCRの主催者となるとともに、SUPER GTにも復帰参戦している)。

導入を許可しているレース一覧[編集]

ホモロゲーション取得車両一覧[編集]

フォード GT GT3
参戦車種
取得ナンバー メーカー 車種
GT3-001 マセラティ グランスポーツ トロフェオ ライト
GT3-002 ダッジ バイパーコンペティションクーペ
GT3-003 アストンマーティン DBRS9
GT3-004 ランボルギーニ ガヤルド LP520
GT3-005 シボレー コルベット
GT3-006 アスカリ KZ1 GT3
GT3-007 ポルシェ 997 GT3カップ(997 MY06)
GT3-008 ヴェンチュリー ヘリテージ GT3
GT3-009 フェラーリ F430
GT3-010 フォード マスタング FR500 C-ST
GT3-011 フォード GT
GT3-012 ジャガー XKRクーペ
GT3-013 モーガン エアロ8 GT3
GT3-014 ロータス エキシージ GT3
GT3-015 ポルシェ 911 GT3カップS(タイプ997)
GT3-016 フォード GT
GT3-017 アウディ R8 LMS
GT3-018 BMWアルピナ B6 GT3
GT3-019 フェラーリ F430スクーデリア
GT3-020 ダッジ バイパーコンペティションクーペ シリーズ2
GT3-021 ジャガー XKR S
GT3-022 モーガン エアロスーパースポーツ
GT3-023 BMW Z4 GT3(E89)
GT3-024 ランボルギーニ ガヤルドLP560-4
GT3-025 ポルシェ 911 GT3 R(997)
GT3-026 シボレー キャラウェイ コルベット Z06R GT3
GT3-027 フォード マスタングGT3 マルクVDS
GT3-028 メルセデス SLS AMG GT3
GT3-029 フェラーリ 458GT3
GT3-030 日産 GT-R NISMO GT3
GT3-031 マクラーレン MP4-12C GT3
GT3-032 アストンマーティン V12ヴァンテージ GT3
GT3-033 シボレー カマロGT3
GT3-034 マセラティ グラントゥーリズモMC GT3
GT3-035 ベントレー コンチネンタル GT3
GT3-036 ダッジ バイパー SRT GT3-R
GT3-037 マクラーレン 650S GT3
GT3-038 アウディ R8 LMS
GT3-039 キャデラック ATS-V.R GT3
GT3-040 ランボルギーニ ウラカン GT3
GT3-041 ポルシェ 911 GT3 R(991)
GT3-042 メルセデス AMG GT GT3
GT3-043 BMW M6 GT3
GT3-044 フェラーリ 488 GT3
GT3-045 シボレー キャラウェイ コルベット C7 GT3-R
GT3-046 レクサス RC F GT3
GT3-047 ホンダ アキュラ NSX GT3

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]