鈴鹿1000km

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インターナショナル SUZUKA 1000km
International SUZUKA 1000km
インターナショナル SUZUKA 1000kmが開催される鈴鹿サーキット(写真はグランドスタンド)
インターナショナル SUZUKA 1000kmが開催される鈴鹿サーキット(写真はグランドスタンド)
イベントの種類 自動車レース
旧イベント名 インターナショナル ポッカサッポロ1000km
インターナショナル ポッカGTサマースペシャル
インターナショナル ポッカ1000km
ポッカインターナショナル1000km耐久レース
鈴鹿1000km
開催時期 毎年8月下旬の土曜日・日曜日
初回開催 1966年
最終開催 2017年
会場 鈴鹿サーキット
主催 関西スポーツカークラブ
鈴鹿モータースポーツクラブ
株式会社モビリティランド
後援 三重県鈴鹿市
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会
一般社団法人鈴鹿観光協会
鈴鹿商工会議所
来場者数 72,500人(2017年大会)[1]
鈴鹿サーキットへの交通アクセス
最寄駅 鈴鹿サーキット稲生駅
駐車場 あり
公式サイト

鈴鹿1000km(すずかせんきろ)は、1966年から2017年まで鈴鹿サーキットで開催された耐久レース。文字通り1,000kmを走行する耐久レースで、2009年から2011年の間のみ距離を短縮して開催している(詳細は後述)。

概要[編集]

レース終了後恒例の打ち上げ花火

鈴鹿8時間耐久ロードレースと共に夏の鈴鹿を代表する耐久レースの一つ。元々は、1966年に鈴鹿サーキットが立ち上げた「鈴鹿500km」、「鈴鹿1000km」、「鈴鹿12時間」(1967年より)の3戦から成る「鈴鹿耐久レースシリーズ」の1戦として、1966年6月に初開催された。オイルショックの影響で1974年から開催を中断していたが、1980年8月に7年ぶりに第9回大会を開催。これ以降、8月開催が定着した[2]。1981年より国際格式レースになった。

1983年から1991年までは、全日本耐久選手権(1987年に全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権に改称)の1戦として開催されるようになる。1992年にはスポーツカー世界選手権(SWC)の1戦として開催されるが、出走台数は11台と過去最低を記録した。SWCは1992年で消滅したため、1993年と1994年は単独イベントとなる。以降、1995年、1996年はBPR GTシリーズ、1997年、1998年はFIA GT選手権の1戦として開催される。

1999年から2005年までは再び単独イベントとして開催。全日本GT選手権(2005年よりSUPER GT)のGT500車両およびGT300車両、スーパー耐久車両、国際GT車両などによる混成レースだったが、この期間のすべてでGT500のマシンが総合優勝している。

2006年からはSUPER GTの1戦として開催されることになった。SUPER GTは、基本的に2名のドライバーで参戦するが、通常戦より長丁場になるこのレースは3人目のドライバー登録が認められており(2011年のみ禁止)、国内外の有名レーサーがスポット参戦する。また2006年と2012年以降はボーナスポイントが加算されるなど、SUPER GTシリーズの中でも特殊なレースである。

1994年よりポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ)が冠スポンサーとなり「ポッカインターナショナル1000km耐久レース」の名称で知られるようになる。後に(時期不明)、「インターナショナル ポッカ1000km」に変更したのち、2013年、ポッカの経営統合に伴う社名変更からレース名称が「インターナショナル ポッカサッポロ1000km」に変更された[3]

なお、2009年から2011年はレース距離が短縮されたため、レース名称を「インターナショナルポッカGTサマースペシャル」に変更している。2009年から2010年は約700kmに短縮され[4]、2011年は3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)及び東京電力福島第一原子力発電所での事故による全国的な電力不足問題(東日本大震災による電力危機)の影響から夜間走行を控える目的で「500km(87周)もしくは18時半を過ぎた段階でレース終了」とさらに距離が短縮された。このため、2011年は第3ドライバーの登録が認められなかった。2012年、4年ぶりに距離を1,000kmに戻して開催された[5]

2014年からは、ポッカサッポロが冠スポンサーを外れ[6]インターナショナル SUZUKA 1000km」と名称を変更。SUPER GTのスケジュール変更に伴い8月中旬の第5戦から同月下旬の第6戦へと移動した。レース距離は1000km・173周、12時30分のレーススタート時刻から6時間が最大延長時間[7]のため、2012年以降も夜間走行は行われていない。

また、鈴鹿サーキットでのビックレースでは恒例となっている土曜日夜の「前夜祭」では、一時期、一部のチームがマシンに電飾を装着して走行し、どのマシンが美しいかを観客に投票してもらう「ミラクルナイトセッション」なる催しも行われていたが、こちらも2011年以降は行われておらず、ドライバーやチーム監督のトークショー等がメインとなっている。

鈴鹿8耐と同様、レース終了後には花火を打ち上げるのが恒例となっている。

2017年の第46回大会(「第46回インターナショナル SUZUKA 1000km "SUZUKA 1000km THE FINAL"」)を最後に、鈴鹿1000kmとしての開催を終了した。2018年からは発展させる形で、SUPER GTなどを主催するGTアソシエイション、ブランパンGTシリーズなどを主催するSROモータースポーツグループの協力を得て「サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース」(開催回数は鈴鹿1000kmから継続)の開催を決定、GT300(JAF-GTも含む)・FIA-GT3・ST-Xなどの世界中のGT3車両が一堂に会するGT世界統一戦として開催される予定となっている。この開催に伴い、鈴鹿サーキットにおけるSUPER GTの開催については別途日程や距離を設定した上で開催されることになる[8][9]

歴代優勝車・ドライバー[編集]

テレビ中継[編集]

テレビ中継については、JSPC時代は1週間遅れでテレビ東京系列で録画放送があった。スポーツカー世界選手権(SWC)の1戦となった1992年から1997年までは、テレビ朝日系列(名古屋テレビ製作)で当日深夜に録画中継が行われていた。また、1998年は名古屋テレビが東海ローカルで、ヨーロッパで放送されていたTV中継をオリジナルのままで、約2ヵ月後の深夜に放送したこともある。1999年と2000年はテレビ東京系列で9月に放送した。

現在はSUPER GT中継の一戦としてBS放送のJ SPORTSでスタートからレース終了まで生中継されている。

実況・解説等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スーパーGT第6戦鈴鹿1000kmは2日間合計で7万2500人が来場 オートスポーツweb 2017年8月28日 同年8月29日閲覧
  2. ^ SUZUKAの1000kmの歴史「1971年~1982年」”. 2017年8月31日閲覧。
  3. ^ 2013 AUTOBACS SUPER GT Round5 第42回インターナショナルポッカサッポロ1000km開催概要およびチケット発売のご案内
  4. ^ SGT:09シーズンの富士500km、鈴鹿1000kmはレース距離短縮に - fmotor.jp
  5. ^ 2012 SUPER GT Round 5 決勝レース距離決定について
  6. ^ 2014年は大会協力、2015年は完全にスポンサーを降りた。ただし鈴鹿サーキットへの支援は続けている
  7. ^ 2015年は降雨により序盤のレースペースが低調だったため、この『6時間ルール』が適用された
  8. ^ 2018年 鈴鹿での新レースイベントの開催について,モビリティランド,2017年3月4日
  9. ^ “夏の鈴鹿”が2018年からGT3の10時間耐久レースに! SGTの鈴鹿戦は別日程に変更,オートスポーツ,2017年3月4日
  10. ^ 台風により延期、予選結果はそのままに決勝レースのみ12月に行った。