鈴鹿1000km

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インターナショナル SUZUKA 1000km
International SUZUKA 1000km
インターナショナル SUZUKA 1000kmが開催された鈴鹿サーキット(写真はグランドスタンド)
インターナショナル SUZUKA 1000kmが開催された鈴鹿サーキット(写真はグランドスタンド)
イベントの種類 自動車レース
旧イベント名 インターナショナル ポッカサッポロ1000km
インターナショナル ポッカGTサマースペシャル
インターナショナル ポッカ1000km
ポッカインターナショナル1000km耐久レース
鈴鹿1000km
開催時期 毎年8月下旬の土曜日・日曜日
初回開催 1966年
最終開催 2017年
会場 鈴鹿サーキット
主催 関西スポーツカークラブ
鈴鹿モータースポーツクラブ
株式会社モビリティランド
後援 三重県鈴鹿市
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会
一般社団法人鈴鹿観光協会
鈴鹿商工会議所
来場者数 72,500人(2017年大会)[1]
鈴鹿サーキットへの交通アクセス
最寄駅 鈴鹿サーキット稲生駅
駐車場 あり
公式サイト

鈴鹿1000km(すずかせんきろ)は、1966年から2017年まで鈴鹿サーキットで開催された耐久レース。文字通り1,000kmを走行する耐久レースで、2009年から2011年の間のみ距離を短縮して開催している(詳細は後述)。

概要[編集]

レース終了後恒例の打ち上げ花火

鈴鹿8時間耐久ロードレースと共に夏の鈴鹿を代表する耐久レースの一つ。元々は、1966年に鈴鹿サーキットが立ち上げた「鈴鹿500km」、「鈴鹿1000km」、「鈴鹿12時間」(1967年より)の3戦から成る「鈴鹿耐久レースシリーズ」の1戦として、1966年6月に初開催された。オイルショックの影響で1974年から開催を中断していたが、1980年8月に7年ぶりに第9回大会を開催。これ以降、8月開催が定着した[2]。1981年より国際格式レースになった。

1983年から1991年までは、全日本耐久選手権(1987年に全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権に改称)の1戦として開催されるようになる。1992年にはスポーツカー世界選手権(SWC)の1戦として開催されるが、出走台数は11台と過去最低を記録した。SWCは1992年で消滅したため、1993年と1994年は単独イベントとなる。以降、1995年、1996年はBPR GTシリーズ、1997年、1998年はFIA GT選手権の1戦として開催される。

1999年から2005年までは再び単独イベントとして開催。全日本GT選手権(2005年よりSUPER GT)のGT500車両およびGT300車両、スーパー耐久車両、国際GT車両などによる混成レースだったが、この期間のすべてでGT500のマシンが総合優勝している。

2006年からはSUPER GTの1戦として開催されることになった。SUPER GTは、基本的に2名のドライバーで参戦するが、通常戦より長丁場になるこのレースは3人目のドライバー登録が認められており(2011年のみ禁止)、国内外の有名レーサーがスポット参戦する。また2006年と2012年以降はボーナスポイントが加算されるなど、SUPER GTシリーズの中でも特殊なレースである。

1994年よりポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ)が冠スポンサーとなり「インターナショナルポッカ1000km耐久レース」(1994年)→「ポッカインターナショナル1000km耐久レース」(1995年・1996年)→「Pokka 1000km Endurance Suzuka」(1997年)の名称で知られるようになる。1999年から「インターナショナル ポッカ1000km」に変更したのち、2013年、ポッカの経営統合に伴う社名変更からレース名称が「インターナショナル ポッカサッポロ1000km」に変更された[3]

なお、2009年から2011年はレース距離が短縮されたため、レース名称を「インターナショナル ポッカGTサマースペシャル」に変更している。2009年から2010年は約700kmに短縮され[4]、2011年は3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)及び東京電力福島第一原子力発電所での事故による全国的な電力不足問題(東日本大震災による電力危機)の影響から夜間走行を控える目的で「500km(87周)もしくは18時半を過ぎた段階でレース終了」とさらに距離が短縮された。このため、2011年は第3ドライバーの登録が認められなかった。2012年、4年ぶりに距離を1,000kmに戻して開催された[5]

2014年からは、ポッカサッポロが冠スポンサーを外れ[6]インターナショナル SUZUKA 1000km」と名称を変更。SUPER GTのスケジュール変更に伴い8月中旬の第5戦から同月下旬の第6戦へと移動した。レース距離は1000km・173周、12時30分のレーススタート時刻から6時間が最大延長時間[7]のため、2012年以降も夜間走行は行われていない。

また、鈴鹿サーキットでのビックレースでは恒例となっている土曜日夜の「前夜祭」では、一時期、一部のチームがマシンに電飾を装着して走行し、どのマシンが美しいかを観客に投票してもらう「ミラクルナイトセッション」なる催しも行われていたが、こちらも2011年以降は行われておらず、ドライバーやチーム監督のトークショー等がメインとなっている。

鈴鹿8耐と同様、レース終了後には花火を打ち上げるのが恒例となっている。

2017年の第46回大会(「第46回インターナショナル SUZUKA 1000km "SUZUKA 1000km THE FINAL"」)を最後に、鈴鹿1000kmとしての開催を終了した。2018年からは発展させる形で、SUPER GTなどを主催するGTアソシエイション、ブランパンGTシリーズなどを主催するSROモータースポーツグループの協力を得て「サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース」(開催回数は鈴鹿1000kmから継続)の開催を決定、SUPER GTのGT300クラス(JAF-GT車両も含む)・FIA-GT3・ST-Xなどの世界中のGT3車両が一堂に会するGT3世界統一戦として開催される予定となっている(SUPER GTのGT500クラスは別規格であるため対象外)。この開催に伴い、鈴鹿サーキットにおけるSUPER GTの開催については別途日程や距離を設定した上で開催されることになる[8][9]

歴代優勝車・ドライバー[編集]

出典:2017 AUTOBACS SUPER GT Round6 "46th International SUZUKA 1000km"公式プログラム 96-126ページ

開催年 優勝チーム 優勝ドライバー 優勝タイム 周回数 備考
単独レース時代
1966年 トヨタ・2000GT 福沢幸雄津々見友彦 8:02:13.9 167
1967年 ポルシェ・906 滝進太郎田中健二郎 7:39:21.7 167
1968年 トヨタ・7 福沢幸雄/鮒子田寛 6:59:25.6 167
1969年 ポルシェ・906 津々見友彦/米山二郎 7:11:23.2 167
1970年 日産・フェアレディZ432 西野弘美/藤田皓二 7:49:19.6 167
1971年 ポルシェ・910 川口吉正/鮒子田寛 7:03:44.6 167
1972年 トヨタ・セリカ1600GT-R 高橋晴邦/竹下憲一 6:38:02.4 140 悪天候のため走行距離840kmで打ち切り
1973年 日産・フェアレディ240Z-R 高橋国光都平健二 6:24:35.9 150 悪天候のため走行距離900kmで打ち切り
1974年 - 1979年まで中断
1980年 マーチ・75S/マツダ 辰巳裕信/長坂尚樹 6:30:35.07 148 悪天候のため走行距離888kmで打ち切り
1981年 ポルシェ・935K3 ボブ・ウォレクアンリ・ペスカロロ 6:51:20.56 167
1982年 BMW・M1 佐藤文康/長坂尚樹 6:42:41.92 167-1 佐藤/長坂組は黄旗無視により1周減算
全日本耐久選手権時代
1983年 ポルシェ・956 藤田直広/バーン・シュパン 6:40:24.91 166
1984年 ポルシェ・956 高橋国光/高橋健二/ジェフ・リース 6:29:32.91 169
1985年 ポルシェ・962C 高橋国光/高橋健二 6:22:57.516 170
1986年 ポルシェ・956 米山二郎/岡田秀樹/浅井順久 6:20:26.745 170
全日本スポーツプロトタイプカー選手権時代
1987年 トヨタ・87C ジェフ・リース/関谷正徳小河等 6:27:02.449 171
1988年 ポルシェ・962C 岡田秀樹/スタンリー・ディケンズ 6:08:21.517 171
1989年 ポルシェ・962C 岡田秀樹/スタンリー・ディケンズ 5:56:56.701 171 悪天候のため決勝は8月27日→12月3日に順延
1990年 日産・R90CP 星野一義鈴木利男 5:51:40.225 171
1991年 トヨタ・91C-V ローランド・ラッツェンバーガーピエール=アンリ・ラファネル/長坂尚樹 5:44:52.513 171
スポーツカー世界選手権時代
1992年 プジョー・905 デレック・ワーウィックヤニック・ダルマス 5:30:09.627 171
単独レース時代
1993年 日産・R92CP 和田孝夫/鈴木利男 5:53:09.590 171
1994年 ポルシェ・911ターボLM ジャン=ピエール・ジャリエ/ボブ・ウォレク/ジーザス・パレハ 6:25:09.415 163-1 *ジャリエ/ウォレク/パレハ組は黄旗区間での追い越しにより1周減算
*アクシデントにより中断、2パート制タイムの合計により順位を決定(走行距離949km)
BPR GTシリーズ時代
1995年 マクラーレン・F1-GTR レイ・ベルム/マウリツィオ・サンドロ=サーラ/関谷正徳 6:38:21.371 171
1996年 マクラーレン・F1-GTR レイ・ベルム/ジェームス・ウィーバー/J.J.レート 6:18:48.637 171
FIA GT選手権時代
1997年 メルセデスベンツ・CLK‐GTR アレッサンドロ・ナニーニ/マルセル・ティーマン/ベルント・シュナイダー 5:59:31.003 171
1998年 メルセデスベンツ・CLK‐LM ベルント・シュナイダー/マーク・ウェバー 5:48:58.452 171
単独開催時代
1999年 ホンダ・NSX 中子修道上龍金石勝智 6:17:46.665 171
2000年 ホンダ・NSX 脇阪寿一/金石勝智/伊藤大輔 6:14:47.171 171
2001年 トヨタ・スープラ 竹内浩典立川祐路脇阪薫一 6:07:29.393 171
2002年 トヨタ・スープラ 脇阪寿一/飯田章/脇阪薫一 6:10:44.008 172
2003年 ホンダ・NSX 道上龍/セバスチャン・フィリップ 6:03:28.033 173
2004年 ホンダ・NSX 道上龍/セバスチャン・フィリップ/伊藤大輔 6:08:47.528 173
2005年 トヨタ・スープラ アンドレ・クートロニー・クインタレッリ下田隼成 6:26:41.366 170
SUPER GT時代
(上:GT500クラス、下:GT300クラス)
2006年 カルソニック インパル Z ブノワ・トレルイエ/星野一樹/ジュレミー・デュフォア 5:57:45.468 173
プロμ太陽石油KUMHOセリカ 竹内浩典嵯峨宏紀/澤圭太 6:00:02.344 160
2007年 宝山 TOM'S SC430 脇阪寿一アンドレ・ロッテラーオリバー・ジャービス 6:04:10.983 173
プリヴェKENZOアセット・紫電 高橋一穂加藤寛規吉本大樹 6:04:28.880 159
2008年 カルソニック IMPUL GT-R 松田次生セバスチャン・フィリップ 5:56:31.327 173
MOLA レオパレス Z 星野一樹安田裕信 5:58:40.469 160
2009年 KRAFT SC430 石浦宏明大嶋和也 4:16:02.744 121 レース距離700kmで開催
S-Road MOLA Z 星野一樹柳田真孝 4:17:12.955 112
2010年 ARTA HSV-010 ラルフ・ファーマン井出有治小林崇志 4:07:10.085 121
R&D SPORT LEGACY B4 山野哲也佐々木孝太 4:09:14.093 111
2011年 ウイダー HSV-010 小暮卓史ロイック・デュバル 3:16:09.255 86 *レース距離500kmで開催
*最大延長時間に達したため86周で終了(当初予定は87周)
R&D SPORT LEGACY B4 山野哲也/佐々木孝太 3:16:28.055 79
2012年 S Road REITO MOLA GT-R 柳田真孝ロニー・クインタレッリ 5:59:01.662 173
triple a vantage GT3(アストンマーティン・V12ヴァンテージ) 吉本大樹星野一樹/吉田広樹 5:59:30.406 160
2013年 ウイダー モデューロ HSV-010 山本尚貴フレデリック・マコヴィッキィ 5:55:04.565 173
SUBARU BRZ R&D SPORT 山野哲也/佐々木孝太/井口卓人 5:56:53.547 161
2014年 PETRONAS TOM'S RC F 中嶋一貴ジェームス・ロシター 5:37:27.911 173
TWS LM corsa BMW Z4 飯田章吉本大樹佐藤晋也 5:39:21.300 160
2015年 PETRONAS TOM'S RC F 伊藤大輔/ジェームス・ロシター 5:45:55.277 163 最大延長時間に達したため163周で終了(当初予定は173周)
GAINER TANAX GT-R アンドレ・クート千代勝正/富田竜一郎 5:47:15.336 151
2016年 ZENT CERUMO RC F 立川祐路/石浦宏明 5:45:34.230 173
SUBARU BRZ R&D SPORT 井口卓人/山内英輝 5:46:48.117 161
2017年 Epson Modulo NSX-GT ベルトラン・バゲット松浦孝亮 5:51:16.244 171 最大延長時間に達したため171周で終了(当初予定は173周)
LEON CVSTOS AMG 黒澤治樹蒲生尚弥 5:51:17.191 158

テレビ中継[編集]

テレビ中継については、JSPC時代は1週間遅れでテレビ東京系列で録画放送があった。スポーツカー世界選手権(SWC)の1戦となった1992年から1997年までは、テレビ朝日系列(名古屋テレビ製作)で当日深夜に録画中継が行われていた。また、1998年は名古屋テレビが東海ローカルで、ヨーロッパで放送されていたTV中継をオリジナルのままで、約2ヵ月後の深夜に放送したこともある。1999年と2000年はテレビ東京系列で9月に放送した。

現在はSUPER GT中継の一戦としてBS放送のJ SPORTSでスタートからレース終了まで生中継されている。

実況・解説等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スーパーGT第6戦鈴鹿1000kmは2日間合計で7万2500人が来場 オートスポーツweb 2017年8月28日 同年8月29日閲覧
  2. ^ SUZUKAの1000kmの歴史「1971年~1982年」”. 2017年8月31日閲覧。
  3. ^ 2013 AUTOBACS SUPER GT Round5 第42回インターナショナルポッカサッポロ1000km開催概要およびチケット発売のご案内
  4. ^ SGT:09シーズンの富士500km、鈴鹿1000kmはレース距離短縮に - fmotor.jp
  5. ^ 2012 SUPER GT Round 5 決勝レース距離決定について
  6. ^ 2014年は大会協力、2015年は完全にスポンサーを降りた。ただし鈴鹿サーキットへの支援は続けている
  7. ^ 2015年は降雨により序盤のレースペースが低調だったため、この『6時間ルール』が適用された
  8. ^ 2018年 鈴鹿での新レースイベントの開催について,モビリティランド,2017年3月4日
  9. ^ “夏の鈴鹿”が2018年からGT3の10時間耐久レースに! SGTの鈴鹿戦は別日程に変更,オートスポーツ,2017年3月4日