ブノワ・トレルイエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブノワ・トレルイエ
Benoît Tréluyer
Benoit Treluyer 2013 WEC Silverstone.jpg
ブノワ・トレルイエ(2013年)
個人情報
国籍 フランスの旗 フランス
生誕 1976年12月7日(39歳)
フランスの旗 フランスアランソン
身長 178 cm (5 ft 10 in)
体重 65 kg (143 lb)
ウェブサイト Benoit Treluyer
スポーツ
競技 レーシングドライバー
種目 カートレーシング
チーム ヨースト・レーシング
プロ転向 1990年
成績・タイトル
最高世界ランク 1位(2011年、2012年)

ブノワ・トレルイエフランス語: Benoit Treluyer1976年12月7日 - )は、フランス人のレーシングドライバー。

プロフィール[編集]

人物[編集]

性格は気さくで、日本語をかなり上手に話す。

経歴[編集]

1983年にモトクロスでレースデビュー。1990年にカートレーシングに転向し、1995年にはフランス・フォーミュラ・ルノーエルフ(現:トタル)・キャンパスに参戦した。1996年・1997年にはフランス・フォーミュラ・ルノーに参戦。1998年にはフランスF3にステップアップした。

2000年に訪日して全日本F3選手権に参戦し、2年目の2001年にシリーズチャンピオンを獲得。2002年は母国フランスでの活動が多く、日本では全日本選手権フォーミュラ・ニッポン全日本GT選手権にスポット参戦する程度だったが、2003年には星野一義率いるホシノインパルと契約を結び、フォーミュラ・ニッポンと全日本GT選手権にフル参戦を開始した。

2006年には自身初となるフォーミュラ・ニッポンのタイトルを、最終戦の前のレースで獲得した。

2007年のフォーミュラ・ニッポンにおいては、第5戦鈴鹿ラウンドで車両が2つに分断する大クラッシュに遇い、3週間後のSUPER GT第5戦菅生ラウンドを欠場した。その後、最終戦の鈴鹿ラウンドにおいても、130Rでクラッシュし惜しくもシリーズチャンピオンを逃した。

2010年のル・マン24時間レースからは、同じく国内レースで活躍しているアンドレ・ロッテラーとともにアウディワークス入りを果たした。 その年は総合2位を獲得し、翌2011年は総合優勝を果たした。

レース戦績[編集]

  • 1995年 - フランス・フォーミュラ・ルノー・エルフ・キャンパス
  • 1996年 - フランス・フォーミュラ・ルノー
  • 1997年 - フランス・フォーミュラ・ルノー
  • 1998年 - フランスF3選手権シリーズ(シリーズ9位)
  • 1999年
    • フランスF3選手権シリーズ(シリーズ3位)
    • F3ヨーロピアンカップ(優勝)
    • F3マカオGP
    • F3コリアSP(決勝3位)
  • 2000年
    • 全日本F3選手権(#3 カストロール富士通テンF300/ダラーラF300 3S-G)(シリーズ5位)
    • F3マルボロ・マスターズ(決勝4位)
  • 2001年
    • 全日本F3選手権(#1 ロックタイト無限F300/ダラーラF300 MF204B(シリーズチャンピオン・15勝)
    • F3マカオGP(決勝2位)
    • F3コリアSP(決勝3位)
    • F3マルボロ・マスターズ
    • 全日本GT選手権・GT500クラス<Rd.5戦以降>(無限×童夢プロジェクト #18 TAKATA童夢NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ18位)
  • 2002年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン<Rd.1~5>(#11 COSMO OIL RACING TEAM CERUMO/レイナード99L MF308)(シリーズ14位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス<Rd.6~>(Team IMPUL #12 カルソニック スカイライン/スカイラインGT-R BNR34 RB26DETT)(シリーズ28位)
  • 2003年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(#20 TEAM IMPUL/ローラB351 MF308)(シリーズ2位・2勝)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(Team IMPUL #12 カルソニック スカイライン/スカイラインGT-R BNR34 VQ30DETT)(シリーズ4位・2勝)
  • 2004年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(#19 mobailecast IMPUL/ローラB351 MF308)(シリーズ4位・2勝)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(Team IMPUL #12 カルソニック IMPUL Z/フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズ11位・1勝)
  • 2005年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(#19 mobailecast TEAM IMPUL/ローラB351 MF308)(シリーズ6位・2勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(Team IMPUL #12 カルソニック インパル Z/フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズ11位)
  • 2006年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(#19 mobailecast TEAM IMPUL/ローラB06/51 RV8J)(シリーズチャンピオン・4勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(Team IMPUL #12 カルソニック インパル Z/フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズ8位・1勝)
  • 2007年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(#1 mobailecast TEAM IMPUL/ローラB06/51 RV8J)(シリーズ2位・1勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(Team IMPUL #12 カルソニック インパル Z/フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズ13位)
  • 2008年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(#2 LAWSON TEAM IMPUL/ローラFNB06/51 RV8J)(シリーズ8位)
    • SUPER GT・GT500クラス(NISMO #23 XANAVI NISMO GT-R/GT-R R35 VK45DE)(シリーズチャンピオン・3勝)
  • 2009年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(#2 LAWSON TEAM IMPUL/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ2位・1勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(NISMO #1 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R R35 VK45DE)(シリーズ4位・2勝)
    • ル・マン24時間レース (Pescarolo Sport #17/プジョー・908)(13時間 210周リタイア)
  • 2010年
    • SUPER GT・GT500クラス(NISMO #23 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R R35 VRH34A)(シリーズ7位)
    • ル・マン24時間レース (アウディスポーツ・チーム・ヨースト #8/アウディ・R15 TDI)(総合2位)
  • 2011年
    • SUPER GT・GT500クラス(NISMO #23 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R R35 VRH34A→VRH34B)(シリーズ2位・3勝)
    • ル・マン24時間レース (アウディスポーツ・チーム・ヨースト #2/アウディ・R18 TDI)(総合優勝)
  • 2012年

JGTC,SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2001年 無限×童夢 プロジェクト ホンダ・NSX GT500 TAI FSW SUG FSW TRM
14
SUZ
12
MIN
3
18位 12
2002年 TEAM IMPUL 日産・スカイラインGT-R GT500 TAI FSW SUG SEP FSW TRM
11
MIN
13
SUZ
17
28位 1
2003年 GT500 TAI
12
FSW
2
SUG
Ret
FSW
1
FSW
16
TRM
6
AUT
11
SUZ
1
4位 64
2004年 日産・フェアレディZ GT500 TAI
8
SUG
10
SEP
Ret
TOK
11
TRM
Ret
AUT
5
SUZ
1
11位 35
2005年 GT500 OKA
Ret
FSW
15
SEP
8
SUG
5
TRM
3
FSW
13
AUT
4
SUZ
9
11位 35
2006年 GT500 SUZ
13
OKA
6
FSW
5
SEP
3
SUG
6
SUZ
1
TRM
13
AUT
4
FSW
12
8位 67
2007年 GT500 SUZ
11
OKA
8
FSW
10
SEP
3
SUG SUZ
Ret
TRM
Ret
AUTRet FSW
2
13位 30
2008年 NISMO 日産・GT-R GT500 SUZ
1
OKA
1
FSW
14
SEP
13
SUG
14
SUZ
8
TRM
12
AUT
1
FSW
9
1位 76
2009年 GT500 OKA
13
SUZ
11
FSW
1
SEP
8
SUG
1
SUZ FSW
2
AUT
2
TRM
14
4位 73
2010年 GT500 SUZ
8
OKA
Ret
FSW
Ret
SEP
2
SUG
6
SUZ
2
FSW
C
TRM
8
7位 48
2011年 GT500 OKA
5
FSW
1
SEP
14
SUG
12
SUZ
4
FSW
6
AUT
1
TRM
1
2位 79

フォーミュラ・ニッポン[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2002年 COSMO OIL RACING TEAM CERUMO SUZ
11
FSW
Ret
MIN
6
SUZ
7
TRM
7
SUG FSW MIN TRM SUZ 14位 1
2003年 TEAM IMPUL SUZ
Ret
FSW
2
MIN
Ret
TRM
Ret
SUZ
2
SUG
4
FSW
1
MIN
1
TRM
9
SUZ
Ret
2位 35
2004年 mobilecast TEAM IMPUL SUZ
Ret
SUG
6
TRM
4
SUZ
2
SUG
10
MIN
1
SEP
7
TRM
Ret
SUZ
1
4位 30
2005年 TRM
6
SUZ
9
SUG
Ret
FSW
1
SUZ
7
MIN
DSQ
FSW
12
TRM
11
SUZ
4
6位 14
2006年 FSW
1
SUZ
3
TRM
2
SUZ
1
AUT
7
FSW
1
SUG
2
TRM
1
SUZ
Ret
1位 51
2007年 FSW
1
SUZ
Ret
TRM
4
OKA
2
SUZ
Ret
FSW
2
SUG
2
TRM
3
SUZ
Ret
5位 37
2008年 LAWSON TEAM IMPUL FSW
4
SUZ
7
TRM
Ret
OKA
8
SUZ1
Ret
SUZ2
13
TRM1
15
TRM2
Ret
FSW1
7
FSW2
2
SUG
4
8位 27
2009年 FSW
1
SUZ
2
TRM
2
FSW
Ret
SUZ
3
TRM
3
AUT
8
SUG
9
2位 40

インターコンチネンタル・ル・マン・カップ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7
2011年 アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R18 TDI LMP1 SEB SPA
5
LEM
1
IMO SIL PET ZHU

世界耐久選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2012年 アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R18 e-tron クアトロ LMP1 SEB
11
SPA
2
LMN
1
SIL
1
SÃO
2
BHR
1
FSW
2
SHA
3
1位 172.5
2013年 LMP1 SIL
2
SPA
1
LMN
5
SÃO
1
COA
3
FSW
26
SHA
1
BHR
2
2位 149.25
2014年 LMP1 SIL
Ret
SPA
5
LMN
1
COA
1
FSW
6
SHA
4
BHR
4
SÃO
5
2位 127
2015年 LMP1 SIL
1
SPA
1
LMN
3
NÜR
3
COA
2
FSW
3
SHA
3
BHR
2
2位 161
2016年 LMP1 SIL
EX
SPA
5
LMN
NÜR
MEX
COA
FSW
SHA
BHR
8位* 11*
タイトル
先代:
ティモ・ベルンハルト
ロマン・デュマ
マイク・ロッケンフェラー
ル・マン24時間優勝者
2011 with:
マルセル・フェスラー
アンドレ・ロッテラー
次代:
マルセル・フェスラー
アンドレ・ロッテラー
ブノワ・トレルイエ
先代:
マルセル・フェスラー
アンドレ・ロッテラー
ブノワ・トレルイエ
ル・マン24時間優勝者
2012 with:
マルセル・フェスラー
アンドレ・ロッテラー
次代:
トム・クリステンセン
アラン・マクニッシュ
ロイック・デュバル
先代:
トム・クリステンセン
アラン・マクニッシュ
ロイック・デュバル
ル・マン24時間優勝者
2014 with:
マルセル・フェスラー
アンドレ・ロッテラー
次代:
アール・バンバー
ニック・タンディ
ニコ・ヒュルケンベルグ