ロニー・クインタレッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロニー・クインタレッリ
Ronnie Quintarelli
Ronnie Quintarelli.jpeg
2015年SUPER GT最終戦もてぎにて
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1979-08-09) 1979年8月9日(39歳)
SUPER GTでの経歴
デビュー 2005年
所属 NISMO
車番 23
過去所属 IMPUL
MOLA
出走回数 99
優勝回数 14
ポールポジション 14
過去参加シリーズ
2000年 - 2002年
2003年 - 2004年
2005年 - 2008年
フォーミュラ・ルノー
全日本F3選手権
フォーミュラ・ニッポン
選手権タイトル
2004年
2011年,2012年
2014年,2015年
全日本F3選手権
SUPER GT

ロニー・クインタレッリRonnie Quintarelli1979年8月9日 - )は、イタリア人のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

  • 身長:172cm
  • 体重:62kg
  • 血液型:Rh−A型

経歴[編集]

10歳でカートレースデビュー。1999年にはヨーロッパカート選手権125ccクラスのチャンピオンタイトルを獲得した。

2000年には、イタリア フォーミュラ・ルノー シリーズに出場する。2001年には、ユーロカップ フォーミュラ・ルノーに出場。2002年には、ドイツ・フォーミュラ・ルノー シリーズに出場している。ただこの頃はレース参戦資金の不足により、十分な体制での参戦ができないという悩みを抱えていた[1]

2002年にはシートを求めて来日し、この年から復活した富士グランチャンピオンレース(GC-21)にスポット参戦。このときの走りが日本のレース関係者の目を引き、2003年より全日本F3選手権INGINGから出場し、翌2004年には8勝を上げ、2位に42ポイントの大差をつけシリーズチャンピオンを獲得した。

2005年からSUPER GT・500クラスに登場した。この年は、TOYOTA TEAM SARDから参戦しシリーズ16位。2006年は第6戦鈴鹿ラウンドTOYOTA TEAM CERUMOから第3ドライバーとして、スポット参戦し決勝7位の成績を残した。2005年のシーズン途中にKONDO Racingより全日本選手権フォーミュラニッポンに参戦し、シリーズ9位。2006年にはINGINGのフォーミュラ・ニッポン参戦に伴いチームに復帰し、2007年の第4戦(岡山国際サーキット)で念願の初優勝を遂げた。2008年も体制を継続して参戦している。鈴鹿サーキットで単発イベントとして開催された鈴鹿1000kmにはこの年のSUPER GT同様にサードからスープラで参戦し、逆転優勝を飾っている。

2007年も第6戦鈴鹿ラウンドに、TOYOTA TEAM KRAFTから第3ドライバーとしてスポット参戦した(決勝DNF)。

2008年はチームの所属を日産自動車系のHASEMI MOTOR SPORTとし、新規投入されたGT-Rをドライブし、2年振りのフル参戦を果たした。10月5日に元レースクイーンの女性と結婚。

2009年もHASEMIから参戦した後、2010年はTEAM IMPULより参戦。

2011年はGT500クラスにステップアップしたMOLAに移籍し、柳田真孝とのコンビで参戦。第4戦のスポーツランドSUGOでシーズン初勝利を挙げると、その後も安定した成績を残し、初のシリーズチャンピオンを獲得した。

2012年も、引き続き、MOLAから柳田と共に参戦。序盤の不調をはねのけ、第4戦のSUGO以降は5戦連続で表彰台に登り、第5戦の鈴鹿1000kmでシーズン初勝利をポールトゥウィンで飾ると、その後第7戦のオートポリスでの勝利を以て王座を確定させた。最終戦前の王座確定は2007年、ARTA NSX伊藤大輔ラルフ・ファーマン組以来、5年ぶりのことだった。また、同一コンビによるシーズン連覇は、全日本GT選手権(JGTC)時代から遡っても史上初である。

2013年は、柳田とともにNISMOに移籍。NISMOも柳田、ロニーの移籍に伴いタイヤをブリヂストンからミシュランタイヤに変更する。開幕戦岡山、第4戦SUGO、第5戦鈴鹿と表彰台に上がるも、シーズンを通して苦戦。シリーズ6位に終わり、史上初の同一コンビによるシリーズチャンピオン3連覇達成はならなかった。また2014年からのドイツツーリングカー選手権(DTM)との車両規則統合にともない、柳田とともにシリーズを戦いながら、2014年導入予定の、GT-R NISMO GT500の開発ドライバーを務めた。

2014年はMOLAに復帰した柳田に代わり、7年ぶりのチーム復帰となる松田次生とともに参戦。第3戦オートポリスでシーズン初優勝を飾ると、次戦のSUGOではノーポイントに終わるもののその後の富士・鈴鹿と2戦続けて2位表彰台を獲得。ランキング3位で迎えた最終戦もてぎはポールポジションからスタートし、1周目でタイトルを争うジェームズ・ロシタージョアオ・パオロ・デ・オリベイラが接触するという波乱のレースで優勝。ロシターが10位、伊藤大輔・アンドレア・カルダレッリ組は2位となったため逆転でGT500クラス最多タイ(脇阪寿一本山哲立川祐路と並ぶ)3度目のタイトルを獲得。NISMOにとっては2008年以来のチャンピオン獲得となった。ほかシーズン途中から、インタープロトシリーズに参戦。チームララパルーザ16号車の渡辺久和と組んで、第3戦、最終戦に参戦した。

2015年も引き続き、ディフェンディングチャンピオンとして松田とともにNISMOから参戦。第2戦富士をポールトゥーウィンでシーズン初優勝を飾るも、その後は表彰台にも上がれず苦戦が続く。しかし第7戦オートポリスで、ライバルのカルソニックインパルを抑え、2勝目を上げ、シリーズランキングも2位に浮上。タイトル争いがかかった最終戦もてぎは、予選がウェットコンディションになった影響で、予選12位からスタートとなり、逆転チャンピオンが難しい状況と思われた。しかし決勝レース直前に再び雨が落ち始め、ミシュランタイヤとの相性がいいウェットコンディションとなり、ロニーが順調に追い上げ、またピット作業の速さもあり、後半スティントを担当した松田が一時トップに浮上。優勝は37号車、Keeper TOM'S(平川亮アンドレア・カルダレッリ)に譲ったが、2位に入り、逆転でのシリーズチャンピオンを決めた。史上最多の4度目のシリーズチャンピオン獲得となり、2度目の連覇を達成した。4回のシリーズチャンピオン獲得は、SUPER GT 史上単独最多記録。ほか、昨年に引き続き、ララパルーザ16号車(渡辺久和)より、インタープロトシリーズにフル参戦した。

2016年も、NISMOより松田次生選手と組んで、SUPER GTに参戦。同年6月、母国であるイタリア共和国からSUPER GTでの功績と東日本大震災後の東北地方での継続した社会貢献活動が認められ、勲章であるウッフィチャーレが授与された[2]

レース中の無線やインタビューも流暢な日本語で会話し、語学堪能である。インタビューなどでは、パートナーである柳田真孝のことを「マー」と呼んでおり、親密な関係だと窺える。

レース戦績[編集]

  • 1999年 - ヨーロッパ・カート選手権 125ccクラス(シリーズチャンピオン)
  • 2000年 - イタリア・フォーミュラ・ルノー(シリーズ3位)
  • 2001年 - ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー(シリーズ7位)
  • 2002年
    • ドイツ・フォーミュラ・ルノー(シリーズ2位)
    • GC-21<スポット参戦>
  • 2003年 - 全日本F3選手権(INGING MOTORSPORT #4 INGING F302/ダラーラF302 3S-GE)(シリーズ4位)
  • 2004年 - 全日本F3選手権(INGING MOTORSPORT #4 INGING F302/3/ダラーラF302/3 3S-GE)(シリーズチャンピオン・8勝)
  • 2005年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン<Rd.4-9>(KONDO Racing Team #4/ローラB351 MF308)(シリーズ9位)
    • SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM SARD #39 デンソー サード スープラGT/スープラ JZA80 3UZ-FE)(シリーズ16位)
    • 第34回インターナショナルポッカ1000km・GT500クラス(IDC SARD RACING TEAM#39 IDC大塚家具 サード スープラ/スープラ JZA80 3UZ-FE)(総合優勝)
  • 2006年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Team BOSS・INGING FormulaNippon #33/ローラB06/51 RV8J)(シリーズ10位)
    • SUPER GT・GT500クラス<Rd.6 スポット参戦>(TOYOTA TEAM CERUMO #1 ZENT セルモ SC/SC430 UZZ40 3UZ-FE)(決勝7位・シリーズ24位)
  • 2007年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Team BOSS・INGING FormulaNippon #33/ローラB06/51 RV8J)(シリーズ7位)
    • SUPER GT・GT500クラス<Rd.6 スポット参戦>(TOYOTA TEAM KRAFT #35 BANDAI 00 DUNLOP SC430/SC430 UZZ40 3UZ-FE)(決勝DNF)
  • 2008年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(CERUMO/INGING #33/ローラB06/51 RV8J)(シリーズ9位)
    • SUPER GT・GT500クラス(HASEMI MOTOR SPORT #3 YellowHat YMS TOMICA GT-R/GT-R R35 VK45DE)(シリーズ12位・1勝)
  • 2009年 - SUPER GT・GT500クラス(HASEMI MOTOR SPORT #3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R/GT-R R35 VK45DE)(シリーズ7位・1勝)
  • 2010年 - SUPER GT・GT500クラス(TEAM IMPUL #12 カルソニック IMPUL GT-R/GT-R R35 VRH34A)(シリーズ5位・1勝)
  • 2011年 - SUPER GT・GT500クラス(MOLA #46 S Road MOLA GT-R/GT-R R35 VRH34A→VRH34B)(シリーズチャンピオン・1勝)
  • 2012年 - SUPER GT・GT500クラス(MOLA #1 S Road REITO MOLA GT-R/GT-R R35 VRH34B)(シリーズチャンピオン・2勝)
  • 2013年 - SUPER GT・GT500クラス(NISMO #23 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R R35 VRH34B)(シリーズ6位)
  • 2014年
    • SUPER GT・GT500クラス(NISMO #23 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R NR20A)(シリーズチャンピオン・2勝)
    • インタープロトシリーズ・Professional Class<Rd.3~>(#16 ララパルーザ/kuruma)(シリーズ5位)
  • 2015年
    • SUPER GT・GT500クラス(NISMO #1 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R NR20A)(シリーズチャンピオン・2勝)
    • インタープロトシリーズ・Professional Class(#16 ララパルーザ/kuruma)(シリーズ6位)
  • 2016年
    • SUPER GT・GT500クラス(NISMO #1 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R NR20A)(シリーズ3位・2勝)
    • インタープロトシリーズ・Professional Class(#16 TOMEI SPORTS/kuruma)(シリーズ3位)
  • 2017年 - SUPER GT・GT500クラス(NISMO #23 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R NR20A)(シリーズ2位・1勝)
  • 2018年 - SUPER GT・GT500クラス(NISMO #23 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R NR20A)

SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2005年 TOYOTA TEAM SARD トヨタ・スープラ GT500 OKA
8
FSW
Ret
SEP
9
SUG
2
TRM
14
FSW
12
AUT
11
SUZ
11
16位 21
2006年 TOYOTA TEAM CERUMO レクサス・SC430 GT500 SUZ OKA FSW SEP SUG SUZ
7
TRM AUT FSW 24位 9
2007年 TOYOTA TEAM KRAFT GT500 SUZ OKA FSW SEP
11
SUG
9
SUZ
Ret
TRM AUT FSW 24位 2
2008年 HASEMI MOTOR SPORT 日産・GT-R GT500 SUZ
15
OKA
10
FSW
15
SEP
9
SUG
11
SUZ
5
TRM
1
AUT
6
FSW
13
12位 39
2009年 GT500 OKA
12
SUZ
13
FSW
7
SEP
1
SUG
9
SUZ
2
FSW
6
AUT
8
TRM
12
7位 49
2010年 TEAM IMPUL GT500 SUZ
Ret
OKA
4
FSW
6
SEP
1
SUG
4
SUZ
12
FSW
C
TRM
5
5位 47
2011年 MOLA GT500 OKA
6
FSW
10
SEP
2
SUG
1
SUZ
2
FSW
7
AUT
2
TRM
2
1位 90
2012年 GT500 OKA
8
FSW
7
SEP
14
SUG
3
SUZ
1
FSW
2
AUT
1
TRM
2
1位 93
2013年 NISMO GT500 OKA
3
FSW
Ret
SEP
9
SUG
3
SUZ
2
FSW
9
AUT
8
TRM
8
6位 50
2014年 GT500 OKA
7
FSW
8
AUT
1
SUG
14
FSW
2
SUZ
2
CHA
10
TRM
1
1位 81
2015年 GT500 OKA
13
FSW
1
CHA
5
FSW
4
SUZ
7
SUG
6
AUT
1
TRM
2
1位 79
2016年 GT500 OKA
1
FSW
1
SUG
9
FSW
4
SUZ
6
CHA
14
TRM
9
TRM
7
3位 62
2017年 GT500 OKA
7
FSW
4
AUT
5
SUG
4
FSW
2
SUZ
2
CHA
9
TRM
1
2位 82
2018年 GT500 OKA
5
FSW
1
SUZ
6
CHA
12
FSW
9
SUG
7
AUT
15
TRM
9位 39

フォーミュラ・ニッポン[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2005年 KONDO RACING TRM SUZ SUG FSW
5
SUZ
5
MIN
2
FSW
Ret
TRM
5
SUZ
10
9位 12
2006年 Team BOSS・INGING Formula Nippon FSW
5
SUZ
Ret
TRM
Ret
SUZ
Ret
AUT
5
FSW
10
SUG
4
TRM
9
SUZ
12
10位 6
2007年 FSW
5
SUZ
6
TRM
5
OKA
1
SUZ
Ret
FSW
7
SUG
8
TRM
6
SUZ
14
7位 27
2008年 CERUMO/INGING FSW
5
SUZ
8
TRM
Ret
OKA
7
SUZ1
10
SUZ2
9
TRM1
Ret
TRM2
13
FSW1
6
FSW2
3
SUG
7
9位 21.5

レース以外の受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2001年はシリーズ参戦を中断し、カート界に逆戻りしている。
  2. ^ ロニー・クインタレッリ選手がイタリア共和国の勲章を受章 2016.06.23
  3. ^ 【動画】ロニー選手「イタリアの星」に!日産自動車公式フェイスブック・アカウント)

外部リンク[編集]