服部尚貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
服部尚貴
Naoki Hattori 2008 Super GT.jpg
2008年スーパーGT第3戦富士(解説者として)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県四日市市
生年月日 (1966-06-13) 1966年6月13日(50歳)
F1での経歴
活動時期 1991
所属チーム '91 コローニ
出走回数 2(0回スタート)
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1991年日本GP
初勝利
最終勝利
最終戦 1991年オーストラリアGP
テンプレートを表示

服部尚貴(はっとり なおき、1966年6月13日 - )は、三重県四日市市出身のレーシングドライバー

プロフィール[編集]


デビュー[編集]

1985年にスターレットダートトライアルに出場し初レースで優勝する。翌1986年にフォーミュラカテゴリーのFJ1600へ参戦。

F3[編集]

1988年から全日本F3にステップアップして、1990年にはシリーズチャンピオンとなる。前述の通りデビューがダートトライアルであるが、その後フォーミュラのトップレーサーになったケースは非常に稀である。

F3000/F1[編集]

1991年には全日本F3000選手権にステップアップ。また同年にF1日本GPオーストラリアGPコローニからスポット参戦したが、エンジン、シャシーともに戦闘力が低かった上にマシントラブルも発生したために予備予選通過を果たせなかった。

この日本GPで予備予選中にマシントラブルでコースアウトしたが、その際にステアリングを投げ捨て車体を蹴ったため、その場面を目撃した中嶋悟から「仕事道具をあんな扱いにする者は大成しない」、「何があっても車を蹴るのはよくない」と苦言を呈された。

2008年F1日本GPでのトークショーにおいて、「コローニから『いくらいくら出せばウチで走らせてあげるよ』と持ちかけられたが、個人交渉をして交通費からギャランティまで出させた。日本人ドライバーで持参金無しで乗ったのは自分が初めてだと思う」という旨の発言をしている。なおこれ以降F1に参戦することは無かった。

フォーミュラ・ニッポン/CART[編集]

その後、全日本F3000から発展した全日本選手権フォーミュラ・ニッポンには1996年のシリーズ発足時より参戦し、1996年シーズンではチームメイトのラルフ・シューマッハ、この年がフォーミュラカーラストイヤーとなった星野一義らと最終戦までチャンピオン闘いを繰り広げ、シリーズ2位となった。1997年と1998年はCARTのステップアップカテゴリーであるインディ・ライツに参戦し、1999年にはCARTにステップアップしたが、開幕戦のマイアミにおいてアル・アンサーJr.と接触してクラッシュし、左くるぶしの上とひざの下を複雑骨折した事[1]により中盤の多くのレースを棒に振ったことが影響し、翌2000年シーズンから日本に復帰。フォーミュラ・ニッポンを再び主戦場とした。2000年から2002年まではTEAM 5ZIGENから、2003年から2005年はDoCoMo DANDELIONから参戦した。2001年シリーズには開幕4戦で3勝を挙げ、シリーズ2位となった。その後2005年をもってフォーミュラ・ニッポンから引退した。

GTカー[編集]

一方で全日本GT選手権/SUPER GTでは、1994年にムーンクラフト日産・シルビアでGT-1クラス(現GT500クラス)に参戦しているほか、1996年にはGT500クラスでチーム・ラークチーム郷)よりラルフ・シューマッハとのコンビでマクラーレン・F1 GTRをドライブし、シリーズ2位を獲得した。

その後前述のアメリカンフォーミュラ参戦のため、3年間のブランクが空くが、2000年の国内復帰の際にムーンクラフトがメンテナンスをしていた縁でチーム国光の「RAYBRIG NSX」で、高橋国光引退後のシートを射止め、シリーズに復帰する。2001年に免停処分で出場ができなかった星野一義の代役としてホシノレーシングに一時的に加入。その後プライベートチームの一ツ山レーシングに所属した後、2003年に今度はトヨタ系チームのKRAFTに移籍した。そこでダンロップワークスのドライバーとして活動。2006年シーズンから投入された新型のレクサス・SC430で、第3戦の富士スピードウェイにおいて優勝を果たした。これは、1996年最終戦美祢以来の優勝であった(ダンロップにとっても、1997年最終戦以来の勝利)。その後2度表彰台に上がりシリーズ9位となったものの、翌2007年にチーム、マシン共に大不振に陥り、同じダンロップタイヤを履くナカジマレーシングのNSXが1勝を含む3度の表彰台を記録し、ランキング2位を記録したのとは対照的に、シーズン中盤まで最新型マシンを手にできず、また新型投入後も熟成が進まず、入賞回数こそ9戦中5回を記録したものの、最高位は6位に止まり、この年を以てSUPER GTから引退した。

結果としてGTでは自動車メーカーのワークスドライバーではなく、タイヤメーカーのワークスドライバーとして活動したため、トヨタ・レクサス、ニッサン、ホンダの3ワークス全てでドライブした、数少ないドライバーの1人である。

現在[編集]

2006年には、フォーミュラ・ニッポンのDoCoMo DANDELIONのオペレーティングディレクターに就任。2007年は本山哲の強い誘いにより、「Arabian Oasis Team IMPUL」に移籍しチーム監督に就任した。2008年は本山がTeam LeMansに移籍するのに伴い、服部もTeam LeMansの監督代行となっている。

また2008年からは、SUPER GTの「ドライビングスタンダードオブザーバー」に就任し、レース中のアクシデント(マシン同士の接触等)があった際にペナルティ等の判断を下したり、シリーズに新規参戦するドライバーに課せられるルーキーテストの審査を行ったりしている(2010年からは岡田秀樹との2人体制)。

若手ドライバーの育成カテゴリーであるフォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)においても、FCJのタイヤがダンロップのワンメイクである関係から、コントロールタイヤの選定を行ったり、シャシーに著しい個体差があると思われる場合にその性能差を実際に乗り比べて確認するなど、2006年のカテゴリー発足時からシリーズ全体のアドバイザーを務めている。このほか2005年よりレプリスポーツと提携して「Team Naoki」を発足させ、FJ1600・スーパーFJ・FCJ等の育成カテゴリーに若手ドライバーを参戦させる活動も行っている(奇しくも3カテゴリーとも、2009年までタイヤがダンロップのワンメイクであった)。

2005年より、ダンロップのテレビCMにD1ドライバーの野村謙と共に出演している。ホットバージョンに出演していた際には土屋圭市からは「ハンゾー」、他のドライバーからは「はっちゃん」などと呼ばれている。

ヘルメット[編集]

愛用のヘルメットには、1990年全日本F3000のテスト中の事故によって死亡した親友の村松栄紀の名前(「EIKI LIVES」)が刻まれている。

レース戦績[編集]

  • 1986年 - FJ1600鈴鹿選手権
  • 1987年 - 鈴鹿、筑波FJ-1600B(#73 ウエスト86J)(シリーズチャンピオン)
  • 1988年 - 全日本F3選手権(#70 PERFE'S COX RT31/ラルトRT-31 GX)(シリーズ9位)
  • 1989年 - 全日本F3選手権(#98 浅田飴クール RT33 VW/ラルトRT-33 GX)(シリーズ4位・1勝)
  • 1990年
    • 全日本F3選手権(#2 カワイスチールLG COXRT/ラルト RT33 MF204)(シリーズチャンピオン・3勝)
    • 全日本ツーリングカー選手権(#15 PIAA CIVIC/EF9)
    • 日本グランプリ記念レース F3 Panasonic スーパーカップレース(#2 カワイスチールLG COXRT/ラルト RT33 MF204)(決勝5位)
  • 1991年
  • 1992年
    • 全日本F3000選手権(#98 TOSTEM LOLA T91/ローラT91-50 MF308)(シリーズ5位)
    • 全日本ツーリングカー選手権・クラス3(#14 JACCS-CIVIC/EF9)(シリーズ2位)
  • 1993年
    • 全日本F3000選手権(#98 TOSTEM LOLA T92/ローラT92-50 MF308)
    • 全日本ツーリングカー選手権・クラス3(#14 JACCS-CIVIC/EG6)(シリーズチャンピオン・4勝)
  • 1994年
    • 全日本F3000選手権(#24 レイナード94D MF308)(シリーズ5位・1勝)
    • 全日本GT選手権・GT-1クラス(MOON CRAFT #14 CCIあめんぼうシルビア)(シリーズ14位)
    • 全日本ツーリングカー選手権(#14 ジャックスシビック)(シリーズ7位)
    • 第1回NICOS CUP 十勝24時間レース(#1 スカイラインGT-R/BNR-32)(総合4位)
  • 1995年
    • 全日本F3000選手権(TEAM LeMans #24 LeMan's REYNARD/レイナード95D MF308)(シリーズ8位・1勝)
    • 全日本ツーリングカー選手権(#14 ジャックス シビック)(シリーズ15位)
    • SUGO 爆走500km N1耐久レース(TEAM 5ZIGEN #99 5ZIGEN CIVIC)(総合23位)
  • 1996年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(TEAM LeManS #24 X-JAPAN Le Mans/レイナード96D MF308)(シリーズ2位・2勝)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(チーム ラーク・マクラーレンGTR #60 ラーク・マクラーレンF1 GTR)(シリーズ2位・3勝)
    • 全日本ツーリングカー選手権(JACCS MOONCRAFT MOTORSPORTS PROJECT #14 ジャックス アコード)(シリーズチャンピオン・5勝)
    • ユーノスロードスター4時間耐久レース(#39 ユーノスロードスター/NA6CE)(決勝3位)
  • 1997年
    • インディ・ライツ(#25 チーム・グリーン)(シリーズ16位)
    • 全日本ツーリングカー選手権<Rd.15&16スポット参戦>(#1 KOOL ACCORD/ホンダ アコード)(決勝2&2位)
  • 1998年 - インディ・ライツ(#27 チーム・グリーン)(シリーズ10位)
  • 1999年 - CARTシリーズ(#15 ウォーカーレーシング/レイナード・ホンダ)
  • 2000年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(TEAM 5ZIGEN #5 TEAM 5ZIGEN/レイナード99L MF308)(シリーズ8位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(チーム国光 with MOONCRAFT #100 RAYBRIG NSX)(シリーズ15位)
    • 第7回十勝24時間レース(#53 5ZIGEN JICシビック)(総合21位)
  • 2001年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(TEAM 5ZIGEN #5 TEAM 5ZIGEN/レイナード99L MF308)(シリーズ2位・3勝)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス<Rd.1~3>(TEAM IMPUL #12 カルソニックスカイライン)<Rd.4以降>(HITOTSUYAMA RACING #21 イエローコーンマクラーレンGTR)(シリーズ23位)
    • スーパー耐久シリーズ・Class5(TEAM 5ZIGEN #5 5ZIGEN INTEGRA/DC-2)
    • 第8回十勝24時間レース・Class4(TEAM 5ZIGEN #5 5ZIGEN S2000)(決勝DNF)
    • 2001ヨーロピアンチャレンジ(#31 ロータスエクシー)(決勝2位)
  • 2002年
    • フォーミュラ・ニッポン(#5 TEAM 5ZIGEN/レイナード99L MF308)(シリーズ8位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(HITOTSUYAMA RACING #76 イエローコーンマクラーレンGTR)(シリーズ17位)
    • スーパー耐久シリーズ・ClassN+(TEAM 5ZIGEN #5 5ZIGEN INTEGRA/DC5)(シリーズ6位・1勝)
    • マツダロードスターフェスタ2002(#86 ホットバージョンロードスター/NB6C)(決勝2位)
  • 2003年
    • フォーミュラ・ニッポン(#41 DoCoMo TEAM DANDELION RACING/ローラB351 MF308)(シリーズ12位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(KRAFT #35 プロジェクトμエスペリアスープラ)(シリーズ15位)
    • スーパー耐久シリーズ・ClassN+(TEAM 5ZIGEN #5 5ZIGEN INTEGRA/DC5)(シリーズ4位・1勝)
    • MAZDA FESTA 2003 (#24 ベストモータリングロードスター/NB6C)(決勝2位)
  • 2004年
    • フォーミュラ・ニッポン(#41 DoCoMo TEAM DANDELION RACING/ローラB351 MF308)(シリーズ9位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(KRAFT #35 イエローハットスープラ)(シリーズ10位)
    • 第11回十勝24時間レース・Class4(TEAM SPOON #96 FORWARD スプーン ED/HONDA S2000)(総合7位・クラス優勝
  • 2005年
    • フォーミュラ・ニッポン(#2 DoCoMo TEAM DANDELION RACING/ローラB351 MF308)(シリーズ12位)
    • SUPER GT・GT500クラス(KRAFT #35 イエローハットYMSスープラ)(シリーズ12位)
    • 第12回十勝24時間レースST2クラス(PROVA RACING DIVISION #63 WING PERMAGARD IMPREZA/スバル インプレッサ GDB)(総合5位・クラス2位)
    • MAZDA FESTA 2005(#11 ベストモータリング/RX-8)(決勝10位)
    • MAZDA FESTA 2005(#24 ベストモータリングロードスター/NCEC)(優勝)
  • 2006年
    • SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM KRAFT #35 BANDAI DIREZZA SC430)(シリーズ9位・1勝)
    • 全日本スポーツカー耐久選手権・GT1クラス(#20 DUNLOF Ferrari 550 GT1/Ferrari 550 maranello GT1)
    • 第13回十勝24時間レース・GTクラス(シフト #74 アラビアンオアシス Z/フェアレディZ)(総合7位・クラス優勝
    • 2006 もてぎEnjoy耐久レース(#102 C-FUELwithサクシード)(決勝47位)
  • 2007年 - SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM KRAFT #35 BANDAI DUNLOP SC430)(シリーズ19位)
  • 2008年
    • シビックワンメークレース東日本シリーズ<Rd.1スポット参戦>(SPOON #96 SPOON CIVIC)
    • スーパー耐久シリーズ2008・Cls. ST-2(ラリーアート・ピット京都 #56 眠眠打破ランサー/三菱 ランサーEVOⅨ)(シリーズ6位)

全日本F3000選手権,フォーミュラ・ニッポン[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1991年 LE GARAGE COX RACING TEAM + MOON CRAFT SUZ
Ret
AUT
13
FSW
10
MIN
15
SUZ
Ret
SUG
5
FSW
10
SUZ
12
FSW
C
SUZ
6
FSW
Ret
20位 3
1992年 SUZ
4
FSW
Ret
MIN
5
SUZ
3
AUT
6
SUG
15
FSW
10
FSW
7
SUZ
13
FSW
5
FSW
1
5位 21
1993年 SUZ
8
FSW
Ret
MIN
5
SUZ
11
AUT
C
SUG
7
FSW
C
FSW
5
SUZ
20
FSW
11
SUZ
8
15位 3
1994年 Team Le Mans SUZ
4
FSW
12
MIN
6
SUZ
3
SUG
3
FSW
3
SUZ
Ret
FSW
Ret
FSW
5
SUZ
1
5位 27
1995年 SUZ
1
FSW
C
MIN
Ret
SUZ
7
SUG
5
FSW
Ret
TOK
10
FSW
Ret
SUZ
Ret
8位 11
1996年 X-JAPAN Racing Team Le Mans SUZ
8
MIN
Ret
FSW
2
TOK
3
SUZ
3
SUG
8
FSW
1
MIN
3
SUZ
1
FSW
Ret
2位 38
2000年 TEAM 5ZIGEN SUZ
3
TRM
7
MIN
6
FSW
5
SUZ
4
SUG
Ret
TRM
7
FSW
8
MIN
8
SUZ
9
8位 10
2001年 SUZ
1
TRM
1
MIN
5
FSW
1
SUZ
8
SUG
7
FSW
12
MIN
6
TRM
18
SUZ
10
2位 33
2002年 SUZ
6
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ
4
TRM
6
SUG
12
FSW
6
MIN
6
TRM
8
SUZ
5
8位 9
2003年 DoCoMo TEAM DANDELION RACING SUZ
8
FSW
Ret
MIN
Ret
TRM
11
SUZ
8
SUG
9
FSW
9
MIN
4
TRM
7
SUZ
11
12位 3
2004年 SUZ
7
SUG
7
TRM
Ret
SUZ
10
SUG
6
MIN
Ret
SEP
2
TRM
Ret
SUZ
10
9位 7
2005年 TRM
3
SUZ
6
SUG
6
FSW
10
SUZ
7
MIN
6
FSW
7
TRM
7
SUZ
14
12位 7

F1[編集]

チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
1991年 コローニ C4 USA BRA SMR MON CAN MEX FRA GBR GER HUN BEL ITA POR
ESP JPN
DNPQ
AUS
DNPQ
NC 0

全日本GT選手権,SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1994年 MOON CRAFT 日産・シルビア GT1 FSW
4
SEN
10
FSW
Ret
SUG
8
MIN
Ret
14位 14
1996年 チーム ラーク・マクラーレンGTR マクラーレン・F1-GTR GT500 SUZ
1
FSW
Ret
SEN
15
FSW
Ret
SUG
1
MIN
1
2位 60
2000年 チーム国光 with MOON CRAFT ホンダ・NSX GT500 MOT
Ret
FSW
14
SUG
10
FSW
7
TAI
5
MIN
Ret
SUZ
Ret
15位 13
2001年 TEAM IMPUL 日産・スカイラインGT-R GT500 TAI
15
FSW
Ret
SUG
7
23位 4
HITOTSUYAMA RACING マクラーレン・F1-GTR FSW
11
TTM
Ret
SUZ
Ret
MIN
11
2002年 GT500 TAI
13
FSW
8
SUG
6
SEP
8
FSW
13
TRM
3
MIN
Ret
SUZ
Ret
17位 27
2003年 KRAFT トヨタ・スープラ GT500 TAI
9
FSW
5
SUG
6
FSW
10
FSW
10
TRM
12
AUT
7
SUZ
10
15位 24
2004年 GT500 TAI
4
SUG
5
SEP
2
TOK
9
TRM
13
AUT
8
SUZ
16
10位 37
2005年 GT500 OKA
9
FSW
3
SEP
14
SUG
10
TRM
5
FSW
6
AUT
9
SUZ
13
12位 29
2006年 TOYOTA TEAM KRAFT レクサス・SC430 GT500 SUZ
14
OKA
12
FSW
1
SEP
11
SUG
7
SUZ
3
TRM
7
AUT
9
FSW
2
9位 64
2007年 GT500 SUZ
8
OKA
9
FSW
7
SEP
11
SUG
9
SUZ
Ret
TRM
9
AUT
11
FSW
11
19位 14

全日本ツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
1994年 MOON CRAFT ホンダ・シビックフェリオ AUT1 AUT2 SUG1
9
SUG2
11
TOK1
10
TOK2
6
SUZ1
8
SUZ2
7
MIN1
3
MIN2
10
TAI1
3
TAI2
4
TSU1
Ret
TSU2
Ret
SEN1
4
SEN2
2
FSW1
7
FSW2
12
7位 64
1995年 FSW1
8
FSW2
7
SUG1
22
SUG2
Ret
TOK1
Ret
TOK2
Ret
SUZ1
15
SUZ2
14
MIN1
2
MIN2
Ret
TAI1
19
TAI2
10
SEN1
7
SEN2
9
FSW1
Ret
FSW2
12
15位 26
1996年 ホンダ・アコード FSW1
1
FSW2
1
SUG1
1
SUG2
4
SUZ1
2
SUZ2
1
MIN1 MIN2 SEN1
2
SEN2
4
TOK1
1
TOK2
2
FSW1
DSQ
FSW2
DSQ
1位 125
1997年 TEAM 無限 FSW1 FSW2 TAI1 TAI2 SUG1 SUG2 SUZ1 SUZ2 MIN1 MIN2 SEN1 SEN2 TOK1 TOK2 FSW1
2
FSW2
2
14位 24

CART[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
1999年 ウォーカー・レーシング レイナード・99i ホンダ MIA
Ret
MOT LBH NZR RIO STL MIL POR CLE ROA TOR MIS DET
16
MDO
19
CHI VAN
Ret
LS
14
HOU
Ret
SRF
Ret
FON
Ret
35位 0

エピソード[編集]

  • 全日本F3は3年でチャンピオンを獲っているが、1年目は最初の3戦のみエンジンやシャシーなどの供給を受けているも、残りは借金をしながらの参戦であった。2年目はル・ガラージュCOXのドライバーとして、3年目はワークスとしての参戦であった[2]

脚注[編集]

  1. ^ オートスポーツNO.770 1999年5/15号 16頁より。
  2. ^ 週刊オートスポーツNO.859 2002年3/14号 68頁「レーサーのアルバムvol.3」より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]