ルイス・ラジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はタデウ第二姓(父方の)はラジアです。
Luiz Razia 2011.JPG

ルイス・タデウ・ラジア・フィーリョLuiz Tadeu Razia Filho, 1989年4月4日 - )は、ブラジルバイーア州バレイラス出身のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

初期の経歴[編集]

2005年からシングルシーターの4輪レース活動を始め、ブラジル・フォーミュラ・ルノー2.0、南米F3選手権に出場。翌年には南米F3選手権でチャンピオンとなる。また、シーズン後半にはF3000インターナショナル・マスターズのスペインラウンドにスポット参戦。行われた3レース全てで優勝した。

2007年からはヨーロッパに活動の軸足を移し、2007年から2008年は主にユーロ3000選手権及びイタリアF3000選手権に参戦した。2008年はフォーミュラ・ルノー3.5にも数戦出場。

2008年終わりから2012年シーズンまでGP2及びGP2アジアシリーズに参戦し、2012年にはランキング2位となった。

バイーア州知事とともに

F1[編集]

2010年 - 2011年[編集]

2010年ヴァージンのサードドライバーとして契約した。

2011年ロータスのサードドライバーとなり、2つのグランプリに於いてフリー走行1回目に出走した。

2013年[編集]

マルシャのレギュラードライバーとして契約した[1]が、スポンサーからの支払いが期限内に振り込まれないトラブルが発生したため開幕前に契約を解除された[2][3]

F1での年度別成績[編集]

チーム シャーシ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 WDC ポイント
2011年 ロータス T128 AUS MAL CHN
TD
TUR ESP MON CAN EUR GBR GER HUN BEL ITA SIN JPN KOR IND ABU BRA
TD
- -

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]