アル・アンサーJr.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アル・アンサーJr.
Alfred Unser, Jr.
AlUnserJrMay2007Cropped.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1962-04-19) 1962年4月19日(56歳)
出身地 ニューメキシコ州アルバカーキ
親族 アル・アンサー(父親)
アル・アンサー3世(息子)
ボビー・アンサー(叔父)
ジェリー・アンサー(叔父)
ロビー・アンサー(いとこ)
ジョニー・アンサー(いとこ)
IRL インディカー・シリーズでの経歴
デビュー 1982
過去所属 フォーサイス・レーシング
ダグ・シアソン・レーシング
マールボロ・チーム・ペンスキー
ギャレス・レーシング
ケリー・レーシング
パトリック・レーシング
ドレイヤー・アンド・レインボールド・レーシング
A.J.フォイト・エンタープライズ
出走回数 329
優勝回数 34
ポールポジション 7
シリーズ最高順位 1st (1990, 1994)
過去参加シリーズ
1982
1982-1999
Can-Am
CARTインディカー・ワールド・シリーズ
選手権タイトル
1982
1986, 1988
1990, 1994
Can-Amチャンピオンシップ
インターナショナル・レース・オブ・チャンピオンズ
CARTインディカー・ワールド・シリーズ
受賞
1992, 1994
1994
インディ500チャンピオン
ABC Wide World of Sports Athlete of the Year

アルフレッド・アンサー・ジュニア (Alfred Unser, Jr., 1962年4月19日 - ) は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州アルバカーキ出身のレーシングドライバーインディ500を2度制した。愛称は「リトル・アル」(Little Al)。

生い立ちおよび経歴[編集]

アル・アンサーJr.は、アル・アンサーの息子、ボビー・アンサーの甥であり(いずれもレーシングドライバーである)、レースに囲まれて成長した。11歳の頃までにはスプリント・カーのレースに出走していた。高校卒業後には、すでにスプリント・カーのワールド・オブ・アウトロー・シリーズに出走するようになっていた。

1982年、アンサーはCART(現在のチャンプカー)にデビューし、カリフォルニア500で5位という結果を残した。翌年、彼は初めてインディ500に出場し、10位完走を果たした。アンサーはCARTへの挑戦を続け、同シリーズにおける期待の新星となっていった。1986年にはIROC選手権にも参加するようになり、4レース中2勝を挙げてチャンピオンとなった。これが24歳のときであり、2004年現在IROCの史上最年少チャンピオン記録となっている。同年、アンサーはデイトナ24時間レースでも優勝した。

アンサーはCARTにおいても1986年に年間4位、1987年に3位、1988年に2位とじわじわ強さを増していき、1990年にはついに最初のチャンピオンを獲得するに至った。1989年にはインディ500での勝利にあと一歩のところまでこぎつけたが、トップを争うエマーソン・フィッティパルディと接触しアンサーはスピン、防護壁に衝突してチャンスを逃した。それでも1992年には、スコット・グッドイヤーをわずか0.043秒押さえてインディ500での初勝利をものにした。これは2017年の時点で、インディ500における最小差での勝利である。

1994年にはインディで2度目の優勝を成し遂げたが、このときはペンスキー・レーシングからの出走であった。奇しくもチームメイトは5年前に優勝を争ったエマーソン・フィッティパルディであった。アンサーはこの年、シーズンを通して圧倒的なパフォーマンスを示し、16レース中8勝を挙げて2度目のCARTチャンピオンに輝いた。この頃にはマイケル・アンドレッティと共にF1移籍の噂があり、実際にウイリアムズのテスト走行も行った。

しかし、この頃からCARTにおけるアンサーには陰りが見え始めた。1995年にはジャック・ヴィルヌーヴに次ぐ年間2位の座を得たものの、1996年には4位、1997年に13位、1998年に11位、そして1999年には21位となってしまった。結局アンサーはCARTから離れ、設立されたばかりのインディ・レーシング・リーグ(IRL)の2000年シーズンに参加することになった。同年、ラスベガスにおいてIRLでの初勝利を挙げた。

IRLにおいてアンサーは通算3勝を記録したが、2003年10月にバギーでの事故で骨盤を折る怪我を負ったため、2004年シーズンの出走は困難を極めることになった。結局彼はパトリック・レーシングとの間で3レースの出走契約を結んだものの、リッチモンドでのレースで22位完走を記録したのを最後に、2004年6月30日をもって引退を宣言した。

しかし、アンサーはなおもレースに関わり続けている。彼はパトリック・レーシングのアドバイザーとして、また彼の息子であるアルフレッド・アンサー(現在IRLの下位カテゴリーに参加)の指導者として活動している。

チャンプカーにおける成績[編集]

チーム 勝利数 ポイント数 最高位 年間順位
1982 フォーサイス・レーシング 0 30 5 21
1983 ギャレス・レーシング 0 89 2 7
1984 ギャレス・レーシング 1 103 1 6
1985 シアソン・レーシング 2 150 1 2
1986 シアソン・レーシング 1 137 1 4
1987 シアソン・レーシング 0 107 2 3
1988 ギャレス・レーシング 4 149 1 2
1989 ギャレス・レーシング 1 136 1 5
1990 ギャレス/クラコ・レーシング 6 210 1 1
1991 ギャレス/クラコ・レーシング 2 197 1 3
1992 ギャレス/クラコ・レーシング 1 169 1 3
1993 ギャレス・レーシング 1 100 1 7
1994 ペンスキー・レーシング 8 225 1 1
1995 ペンスキー・レーシング 4 161 1 2
1996 ペンスキー・レーシング 0 125 2 4
1997 ペンスキー・レーシング 0 67 3 13
1998 ペンスキー・レーシング 0 72 2 11
1999 ペンスキー・レーシング 0 26 5 21

通算31勝、チャンピオン2回。

インディ500の成績[編集]

括弧内はリタイア原因。

  • 1983年 - 10位(燃料切れ)
  • 1984年 - 21位(ウォーターポンプ
  • 1985年 - 25位(エンジン
  • 1986年 - 5位
  • 1987年 - 4位
  • 1988年 - 13位
  • 1989年 - 2位(クラッシュ)
  • 1990年 - 4位
  • 1991年 - 4位
  • 1992年 - 優勝
  • 1993年 - 8位
  • 1994年 - 優勝
  • 1995年 - 予選落ち
  • 2000年 - 29位(ラジエーター)
  • 2001年 - 30位(クラッシュ)
  • 2002年 - 12位
  • 2003年 - 9位
  • 2004年 - 17位

外部リンク[編集]

タイトル
先代:
リック・メアーズ
インディ500優勝者
1992
次代:
エマーソン・フィッティパルディ
先代:
エマーソン・フィッティパルディ
インディ500優勝者
1994
次代:
ジャック・ヴィルヌーヴ
先代:
エマーソン・フィッティパルディ
CARTシリーズ
チャンピオン

1990
次代:
マイケル・アンドレッティ
先代:
ナイジェル・マンセル
CARTシリーズ
チャンピオン

1994
次代:
ジャック・ヴィルヌーヴ
先代:
ハリー・ガント
インターナショナル・レース・オブ・チャンピオンズ
チャンピオン

IROC X (1986)
次代:
ジェフ・ボーディン
先代:
ジェフ・ボーディン
インターナショナル・レース・オブ・チャンピオンズ
チャンピオン

IROC XII (1988)
次代:
テリー・ラボンテ
先代:
ジェフ・ブラバム
Can-Am
チャンピオン

1982
次代:
ジャック・ヴィルヌーヴSr.