チーム・ペンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チームロゴ

チーム・ペンスキーTeam Penske)は、アメリカノースカロライナ州ムーアズビルに本拠を置くレーシングチーム。2013年までは「ペンスキー・レーシング」を名乗っていた。

概要[編集]

2007年IRL
2007年ALMS(黄色のLMP2マシン)

元F1ドライバーのロジャー・ペンスキーが1958年に設立して以来オープンホイールストックカースポーツカーレースで幾度となくチャンピオンを獲得し、アメリカのモータースポーツの中では「名門」と言えるチームで、その強さは「ニューヨーク・ヤンキース・オブ・モータースポーツ」ともあだ名されるほどであった[1]。特にオープンホイールでの活躍が知られ、インディカー・シリーズを含めると32度の北米最高峰制覇を果たしている。

シャシーの製造能力も有しており、1970年代にはF1に参戦していたほか、1999年までオリジナルシャシーのPCシリーズでCARTに参戦していた。1993年のシーズン前にはウィリアムズルノーへの加入が叶わなかったアイルトン・セナがテストドライブした事もあった。

ストックカーではUSACを経て、1972年にNASCARウィンストンカップ・シリーズへの参戦を開始。2003年からはダッジのワークス格として活動し、2008年のデイトナ500ではライアン・ニューマンカート・ブッシュが1-2フィニッシュを果たした[2]。2012年にはブラッド・ケセロウスキーがチーム初となるシリーズチャンピオンを獲得した[3]が、ダッジの撤退により2013年からフォードにマシンを変更している[4]。2015年にはジョーイ・ロガーノデイトナ500を制している[5]

スポーツカーレースにもキャリア初期の1966年からローラシボレーでCan-AmやUSRRCに参戦し、1969年のデイトナ24時間総合優勝、トランザム・シリーズ、USRRCのチャンピオンも獲得している。その後長きに渡る空白期間を経て、00年代にライリー・ポルシェのデイトナプロトタイプで、グランダムのロレックス・スポーツカーシリーズに参戦。また、ALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)にもポルシェのセミワークス「DHLポルシェチームペンスキー」としてLMP2に参戦し、2006年~2008年まで3連覇した。2018年にはUSCC(ユナイテッド・スポーツカー選手権)にアキュラのセミワークスとして参戦している。

また2014年に豪州スーパーカー選手権の強豪DJRレーシングの株式を51%取得し、DJRチームペンスキーとして参戦している(マシンはフォード)。

所属ドライバー[編集]

アメリカン・オープンホイール(CART/インディカー)[編集]

現シーズン(2018年)[編集]

過去の所属ドライバー[編集]

グレッグ・ムーアはチーム・ペンスキーより2000年シーズンに出場予定であったが、1999年シーズンの最終戦での事故により他界した。代わりに招かれたのがエリオ・カストロネベスである。

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ[編集]

現シーズン(2018年)[編集]

過去の所属ドライバー[編集]

エクスフィニティ・シリーズ[編集]

現シーズン(2018年)[編集]

主なスポンサー[編集]

データは2013年時点。

F1[編集]

ペンスキー
活動拠点 {{{活動拠点}}}
創設者 {{{創設者}}}
スタッフ {{{スタッフ}}}
ドライバー {{{ドライバー}}}
参戦年度 1974 - 1977
出走回数 41
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 1
通算獲得ポイント 23
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1974年カナダGP
初勝利 1976年オーストリアGP
最終勝利 1976年オーストリアGP
最終戦 1977年カナダGP
テンプレートを表示
1975年に使用されたPC1

概要[編集]

1974年の終盤カナダGPからF1に参戦。1975年からフル参戦を開始した。1975年の一時期、マーチ製シャーシを使用もしたがそれ以外は自製シャーシで参戦。エンジンはフォードコスワースDFVを使用して、当時の典型的なF1マシンであったが、デザインは他のチームと異なり、曲線などをマシンの随所に使用していた。スポンサーはファースト・ナショナル・シティ銀行

1976年のオーストリアグランプリでは、チーム唯一となる勝利をジョン・ワトソンが挙げた。1977年にドイツのホイールメーカーであるATSがチームを買収したことから、エントリー名がATS・レーシング・チームに変更されたが、コンストラクター名はペンスキーのままであった。マシンは前年度のPC4を継続使用した。1978年からはコンストラクター名もATSとなり、さらにマーチも買収して、完全にATSとして参戦した。

変遷表[編集]

エントリー名 車体型番 タイヤ エンジン 燃料・オイル ドライバー ランキング 優勝数
1974年 ペンスキー・レーシング PC1 G フォードDFV スノコ マーク・ダナヒュー 20位 0
1975年 ペンスキー・レーシング PC1,マーチ751 G フォードDFV スノコ マーク・ダナヒュー
ジョン・ワトソン
12位 0
1976年 シティバンク・チーム・ペンスキー
* F&S Properties(PC3)
PC3,PC4 G フォードDFV バルボリン・スノコ ジョン・ワトソン
ボイ・ハイエ
5位 1
1977年 ATS・レーシング・チーム
* Interscope Racing(PC4)
PC4 G フォードDFV バルボリン・スノコ ジャン=ピエール・ジャリエ
ハンス・ハイヤー
ハンス・ビンダー
ダニー・オンガイス
10位 0

*枝がついているチームに車体を供給(括弧内に供給した車体の型番を記載)
*斜体になっているドライバーはスポット参戦など

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g レギュラードライバー欠場に伴う参戦。
  2. ^ 第1戦セントピーターズバーグのレースでポールを獲得したが、内耳炎のため決勝出場を取りやめた。セルビアの代わりにウィル・パワーが出場した。
  3. ^ オーナー、ロジャー・ペンスキーがフィリップモリスの役員でもあったことから、1990年以来、マールボロブランドでチームのメイン・スポンサー(冠スポンサー)となっていたが、2006年以降の世界的なタバコ広告の自粛を受け、2007年からはカラーリングは赤白のマールボロカラーのままだが車体へのロゴの露出は控えられ、エントリー名もマールボロの文字が外れて「チーム・ペンスキー」となり、さらに2009年からは車体のカラーリングも黒と銀色に改められた。

出典[編集]

  1. ^ Penske Team History
  2. ^ 2008 Daytona 500”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年5月7日閲覧。
  3. ^ 2012 NASCAR Sprint Cup standings for 2012”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年5月7日閲覧。
  4. ^ NASCAR:ペンスキー、2013年からフォードにマシンチェンジ - FMotorsports kaigai・2012年3月2日
  5. ^ 2015 Daytona 500”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]