ジャン=ピエール・ジャリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン=ピエール・ジャリエ
基本情報
フルネーム ジャン=ピエール・ジャック・ポール・ジャリエ
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・シャラントン=ル=ポン
生年月日 (1946-07-10) 1946年7月10日(71歳)
F1での経歴
活動時期 1971,1973-1983
所属チーム '71,73 マーチ
'74-'76,'77 シャドウ
'77 ペンスキー
'77,'81,'83 リジェ
'78 ATS
'78 ロータス
'79-'80 ティレル
'81-'82 オゼッラ
出走回数 143 (135スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 3
通算獲得ポイント 31.5
ポールポジション 3
ファステストラップ 3
初戦 1971年イタリアGP
最終戦 1983年南アフリカGP
テンプレートを表示

ジャン=ピエール・ジャック・ポール・ジャリエJean-Pierre Jacques Paul Jarier, 1946年7月10日 - )は、フランス人の元レーシング・ドライバー。1973年ヨーロッパF2チャンピオン。

人物紹介[編集]

クリス・エイモン同様、F1において「勝てそうで勝てなかったドライバー」とされる1人。リーダーラップ:79周・PP:3回は、それぞれ未勝利ドライバーにおける3位・2位タイの数値である。

職人気質とされる一方、速さはあるが安定感に欠けていたという評価もあり、その名をもじった「ジャンパー(Jumper)・ジャリエ」の異名で呼ばれた。また、移籍したチームが丁度低迷期と重なるという不運も多かった。

経歴[編集]

二輪からレースを始めたが、その後四輪に転向。フォーミュラ・フランスで結果を残し、1970年にフランスF3にステップアップ、ランク3位となった。翌1971年よりヨーロッパF2に参戦、3年目の1973年に7勝でチャンピオンを獲得した。

F1[編集]

1971年に第9戦イタリアGPにマーチからスポット参戦し、F1デビュー(周回不足でリタイヤ扱い)。1973年より本格参戦するが、参戦した10戦中リタイヤ8回・周回不足2回の完走なしに終わった。

シャドウ時代[編集]

1975年レース・オブ・チャンピオンズでのジャリエ

1974年よりシャドウに移籍。序盤は予選で下位に沈んだが、第6戦モナコGPでは予選6位を獲得し、決勝でも3位表彰台を記録(初完走)。続く第7戦スウェーデンGPでも予選8位から5位入賞を果たした。その後は予選で上位に食い込むことも多くなっていったが、この年の入賞は上記の2回のみに終わり、完走も半数以下の7回だった。

1975年には、開幕戦アルゼンチンGP・第2戦ブラジルGPでPPを獲得。上位とは言い難いマシンでの連続PPにより注目を集めたが、アルゼンチンGPでは決勝前のトラブルによりスタート出来なかった。ブラジルGPでもリタイヤに終わり(ただし、初FLを記録)、その後は予選では上位に食い込むことがあったものの、入賞は第4戦スペインGPでの4位のみだった(完走は3回)。

1976年も残留し、開幕戦ブラジルGPでは予選3位からFLを獲得(結果はリタイヤ)。しかしその後も結果を残せず、予選でもこれまでの2年は上回ったトム・プライスに4勝12敗に終わった。

シャドウ後[編集]

1977年1978年も、良いとは言い難いマシンで時折好走を見せるも、結果には結びつかないケースが続いていた。そんな中1978年の終盤2戦には、事故死したロニー・ピーターソンの代役として、この年圧倒的な強さを見せていたロータスから参戦。第15戦アメリカ東GPではFL、最終戦カナダGPではPPを獲得し、才能の片鱗を再びうかがわせた。特にカナダGPではスタートから終始トップを走行したが、残り20周余りでトラブルによりリタイヤに終わった。

1979年1980年は低迷期のティレルから参戦するも、1979年は3位表彰台2回を含め入賞6回。1980年は入賞3回と、低迷期なりには実績を残した。また1981年は後半よりオゼッラで参戦、下位チーム故チームメイトや前任が予選落ちを繰り返す中、ジャリエは全戦で予選を通過。1982年も予選落ちは2度のみだった。しかし結果は出せず、出走が14台のみだった第4戦サンマリノGPでの4位が、オゼッラでの唯一の入賞となった。

1983年は1981年序盤にも在籍したリジェから参戦するが、低迷期で入賞は記録できなかった。次第に速さの陰りも囁かれるようになり、この年をもってF1からは去っていった。

スポーツカーに参戦するジャリエ(写真は1974年)

スポーツカーレース[編集]

元々1974年には世界メーカー選手権ジャン=ピエール・ベルトワーズジャッキー・イクスマトラで組み5勝を記録するなど、スポーツカーレースでも成績を残している。1977年にはル・マン24時間レースにて、バーン・シュバンとのコンビで2位を獲得した。

F1離脱後は本格的にスポーツカーレースに転向し、1993年にはウベ・アルツェンクリスチャン・フィッティパルディスパ24時間レースを制した。フランスGT選手権では、1998年・1999年の2年連続でチャンピオンに輝いている。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1971年 マーチシェル・アーノルド 701 RSA ESP MON NED FRA GBR GER AUT ITA
NC
CAN USA NC
(35位)
0
1973年 マーチ 721G ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
NC
ESP NC
(31位)
0
731 BEL
Ret
MON
Ret
SWE
Ret
FRA
Ret
GBR NED GER AUT
Ret
ITA CAN
NC
USA
11
1974年 シャドウ DN1 ARG
Ret
BRA
Ret
RSA 14位 6
DN3 ESP
Ret
BEL
13
MON
3
SWE
5
NED
Ret
FRA
12
GBR
Ret
GER
8
AUT
8
ITA
Ret
CAN
Ret
USA
10
1975年 DN5 ARG
DNS
BRA
Ret
RSA
Ret
ESP
4
MON
Ret
BEL
Ret
SWE
Ret
NED
Ret
FRA
8
GBR
14
GER
Ret
USA
Ret
18位 1.5
DN7 AUT
Ret
ITA
Ret
1976年 DN5B BRA
Ret
RSA
Ret
USW
7
ESP
Ret
BEL
9
MON
8
SWE
12
FRA
12
GBR
9
GER
11
AUT
Ret
NED
10
ITA
19
CAN
18
USA
10
JPN
10
NC
(22位)
0
1977年 ペンスキーATS PC4 ARG BRA RSA USW
6
ESP
DNQ
MON
11
BEL
11
SWE
8
FRA
Ret
GBR
9
GER
Ret
AUT
14
NED
Ret
ITA
Ret
19位 1
シャドウ DN8 USA
9
CAN
リジェ JS7 JPN
Ret
1978年 ATS HS1 ARG
12
BRA
DNS
RSA
8
USW
11
MON
DNQ
BEL ESP SWE FRA GBR GER
DNQ
AUT NED ITA NC
(25位)
0
ロータス 79 USA
15
CAN
Ret
1979年 ティレル 009 ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
3
USW
6
ESP
5
BEL
11
MON
Ret
FRA
5
GBR
3
GER AUT NED
Ret
ITA
6
CAN
Ret
USA
Ret
11位 14
1980年 ARG
Ret
BRA
12
13位 6
010 RSA
7
USW
Ret
BEL
5
MON
Ret
FRA
Ret
GBR
5
GER
15
AUT
Ret
NED
5
ITA
13
CAN
7
USA
NC
1981年 リジェ JS17 USW
Ret
BRA
7
ARG SMR BEL MON ESP FRA NC
(22位)
0
オゼッラ FA1B GBR
8
GER
8
AUT
10
NED
Ret
FA1C ITA
9
CAN
Ret
CPL
Ret
1982年 RSA
Ret
BRA
9
USW
Ret
SMR
4
BEL
Ret
MON
DNQ
DET
Ret
CAN
DNS
NED
14
GBR
Ret
FRA
Ret
20位 3
FA1D GER
Ret
AUT
DNQ
SUI
Ret
ITA
Ret
CPL
DNS
1983年 リジェ JS21 BRA
Ret
USW
Ret
FRA
9
SMR
Ret
MON
Ret
BEL
Ret
DET
Ret
CAN
Ret
GBR
10
GER
8
AUT
7
NED
Ret
ITA
9
EUR
Ret
RSA
10
NC
(22位)
0

関連項目[編集]