ファステストラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ファステストラップ (Fastest Lap、FL) とは、モータースポーツにおいて、決勝レースでの全ドライバー中、コース一周回が最も速かった選手、及びそのタイムを指す[1]。ここではフォーミュラ1を代表例に記述する。

概要[編集]

通常各サーキットのコースレコードは予選のポールポジションタイムではなく、このファステストラップの記録が採用されている。その理由は過去のレギュレーションにあり、かつてのF1では予選専用エンジン、予選専用タイヤ(Qタイヤ)なるものが許可されていた時代があった。また、1994年から2009年までのF1においては予選中にレースで使用する燃料を積んで走るため、予選でのタイムだと歴史を通してそのコースで最も速いタイムを比較するのには適さないためである[2]

F1では1959年まではファステストラップにもポイントが1点与えられていた(入賞は5位まで)。2007年からはシーズン中最も多くのファステストラップを記録したドライバーに贈られるDHLファステストラップアワードが設けられている[1]

F1におけるファステストラップ記録[編集]

2018年メキシコグランプリ終了時点) 

通算獲得数[編集]

順位 回数 ドライバー
1 77 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
2 46 フィンランドの旗 キミ・ライコネン
3 41 フランスの旗 アラン・プロスト
イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
5 35 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル
6 30 イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
7 28 イギリスの旗 ジム・クラーク
8 25 フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン
9 24 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ
10 23 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ
ブラジルの旗 ネルソン・ピケ
スペインの旗 フェルナンド・アロンソ

[3]

1シーズンでの獲得回数は、ミハエル・シューマッハ(2004年)とキミ・ライコネン(2005年2008年)の年間10回が最高である[4]

なお日本人では中嶋悟1989年オーストラリアグランプリ小林可夢偉2012年中国グランプリで記録している。また、長谷見昌弘1976年F1世界選手権イン・ジャパンで記録したことになっているが、数日後に計測ミスであることが判明した。ウェットコンディションの中、長谷見は24周目終わりにピットインし、別のウェットタイヤに交換して25周目に向かっており、ピットインのロスタイムを含めて1分18秒台で走行できる状況ではなかった。国内メディア関係者へは訂正のリリースが配布され、ファステストラップはジャック・ラフィットが70周目にドライタイヤで記録した1分19秒97であるとされた。F1の公式記録を管理するFormula One World Championship Limitedのサイトでは長らく長谷見の名が明記されていたが、現在はラフィットに変更されている。

デビュー戦でファステストラップ[編集]

インディ500のみに参戦のドライバーは除く)

[5]

デビューから遅く達成[編集]

  1. ヤルノ・トゥルーリ 206戦目
  2. ジェンソン・バトン 156戦目
  3. ニック・ハイドフェルド 136戦目
  4. マーク・ウェバー 133戦目
  5. ティエリー・ブーツェン 116戦目
  6. ルーベンス・バリチェロ 116戦目

[5]

最年少記録[編集]

  1. ニコ・ロズベルグ 20歳258日
  2. エステバン・グティエレス 21歳280日
  3. フェルナンド・アロンソ 21歳321日
  4. ブルース・マクラーレン 21歳322日
  5. セバスチャン・ベッテル 21歳353日
  6. ダニール・クビアト 22歳19日
  7. ルイス・ハミルトン 22歳91日
  8. セルジオ・ペレス 22歳122日
  9. キミ・ライコネン 22歳137日

[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ファステストラップ”. portf.co (2018年10月10日). 2018年11月8日閲覧。
  2. ^ ラップレコード”. formula1-data.com (2018年4月13日). 2018年11月8日閲覧。
  3. ^ FLレース数”. f1-data.jp. 2018年11月8日閲覧。
  4. ^ 年間ファステストラップ”. f1-data.jp. 2018年11月8日閲覧。
  5. ^ a b 初FLまでのレース数”. f1-data.jp. 2018年11月8日閲覧。
  6. ^ 初FLの年齢”. f1-data.jp. 2018年11月8日閲覧。

関連項目[編集]