ヤン・マグヌッセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤン・マグヌッセン
Jan Magnussen
Jan Magnussen (37535519996) (cropped).jpg
ロード・アトランタでのマグヌッセン (2017年)
基本情報
国籍  デンマーク
生年月日 (1973-07-04) 1973年7月4日(49歳)
出身地 ヤン・エレガード・マグヌッセン
Jan Ellegaard Magnussen
 デンマーク
ロスキレ
親族 ケビン・マグヌッセン(息子)
基本情報
F1での経歴
活動時期 1995,1997-1998
所属チーム '95 マクラーレン
'97-'98 スチュワート
出走回数 25 (24スタート)
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1995年パシフィックGP
最終戦 1998年カナダGP
モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズでの経歴
1年の間1レース出場
最高位63位 (2010)
初戦2010年トヨタ/セーヴ・マート350
インフィニオン・レースウェイ
優勝数 10位以内 PP
0 0 0
ル・マン24時間での経歴
1999-
チームパノス
アウディ・スポーツ・ジャパン・チーム・ゴウ
コルベット・レーシング
最高位4位 (2003),(2006)
クラス優勝4回 (2004,2005,2006,2009)
チャンプカーでの経歴
2年の間11レース出場
チームマールボロ・チーム・ペンスキー (1996)
ホーガン・ペンスキー・レーシング (1996)
パトリック・レーシング (1999)
最高位24位 (1996),(1999)
初戦1996年ミラー200
ミッド=オハイオ
最終戦1999年ホンダ・インディ300
サーファーズ・パラダイス
優勝数 表彰台 PP
0 0 0
2012年6月5日更新
テンプレートを表示

ヤン・エレガード・マグヌッセンJan Ellegaard Magnussen, 1973年7月4日 - )は、デンマーク出身のレーシングドライバー

青年期はフォーミュラシリーズのF3チャンピオンになり、F1界でも活動。その後はツーリングカーや耐久レースの分野に転向し、特にコルベット・レーシングに所属してからは高い実績を上げた。息子ケビンも、レーシングドライバーの道に進んでいる。

略歴[編集]

カートチャンピオン[編集]

11歳からカートに乗り始めすぐにその才能を開花させ、1987年にはわずか14歳で世界ジュニアカート選手権を史上最年少で制した。1990年にはシニアクラスである世界カート選手権でも優勝。

イギリスF3チャンピオン[編集]

その後、1991年7月にイギリスのジム・ラッセル・レーシングスクールを受講し(この時の講師は1992年の全日本F3選手権のチャンピオンになるアンソニー・レイドであった)、同年にはフォーミュラ・ヴォクスホール・ジュニアに、1992年にはフォーミュラ・ヴォクスホールに参戦した。

1994年にはイギリスF3選手権で18戦14勝という、アイルトン・セナ以来の圧倒的成績でチャンピオンに輝き、名門マクラーレンでのテストドライブのチャンスを得る。

F1[編集]

1995年にはメルセデス・ベンツのサポートによりドイツツーリングカー選手権(DTM)及び国際ツーリングカー選手権(ITC)に参戦していたが、終盤戦のパシフィックGPでは病欠のミカ・ハッキネンの代役としてマクラーレンからF1デビューを果たす。

1996年はマクラーレンのテストドライバーを続けつつITCやCARTに参戦していたが、翌1997年には、かつてのワールドチャンピオンジャッキー・スチュワートが興した新チーム、スチュワートからフル参戦を果たす。新興チームに実質新人ドライバーではあったものの、予選ではチームメイトのルーベンス・バリチェロにしばしば肉薄するタイムを記録するが、決勝ではエンジントラブルが多発し、なかなかポイント圏内でのフィニッシュを果たせなかった。

翌1998年もスチュワートから出走したが、前年以上に低下したマシンの戦闘力に苦しんだ。それでもカナダGPではようやくチームメイトのバリチェロに次ぐ6位入賞を果たしたが、直後にスポンサーを持ち込んだヨス・フェルスタッペンにシートを奪われ、F1キャリアに幕を閉じることとなった。

現在[編集]

1998年の残りシーズンは再びCARTに参戦したが、その後はアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)やル・マン24時間レース、各種のツーリングカーレースで活動を続けている。

2003年はチーム郷荒聖治らとシートをシェアしル・マンに参戦、アウディ勢としては2番手の総合4位で完走した。なおこの時、日本の『AUTO SPORT』誌が「マグヌッセンがチーム郷と交渉中」というあらぬ噂を書き立て、驚いた郷がマグヌッセンに直接電話で確認したことから契約がまとまったという逸話が郷自身から明らかにされている[1]

2006年はSUPER GTチーム郷から参戦(マシンはマセラティ・MC12)、荒聖治とコンビを組む予定だったが、実現しなかった。

家族[編集]

長男のケビン・マグヌッセンもレーシング・ドライバーの道に進み、かつてヤンも所属したマクラーレンの若手ドライバー育成チームに所属した。2011年にはイギリスF3選手権に名門カーリンから参戦しシーズン2位を獲得している。2014年からはF1にマクラーレンで参戦し親子2代にわたりマクラーレンからF1デビューする事になった。

レース戦績[編集]

  • 1993 イギリスF3参戦
  • 1994 イギリスF3:チャンピオン
  • 1995 DTM:2位 マクラーレンテストドライバー McLaren Mercedes(1R):0P
  • 1996 マクラーレンテストドライバー ITC CART(4R)
  • 1997 スチュワート フォード:0P
  • 1998 スチュワート フォード(7R):1P/15位
  • 1999 CART:24位 ル・マン24時間(パノス):11位 ALMS:6位
  • 2000 ル・マン24時間(パノス):16位 ALMS:8位
  • 2001 ル・マン24時間(パノス):リタイア ALMS:6位 デンマーク・ツーリングカー選手権:5位
  • 2002 ル・マン24時間(パノス):リタイア ALMS:8位 デンマーク・ツーリングカー選手権:5位
  • 2003 ル・マン24時間(チーム郷):4位 ALMS:GTSクラス6位 デンマーク・ツーリングカー選手権:チャンピオン
  • 2004 ル・マン24時間:6位(GTSクラス1位)ALMS(2R) ヨーロッパ・ツーリングカー選手権(7R) スウェーデン・ツーリングカー選手権(1R) デンマーク・ツーリングカー選手権(3R):11位 アメリカGrand-Am(5R)
  • 2005 ル・マン24時間:5位(GTSクラス1位) ALMS(2R) ル・マン耐久シリーズ(1R) デンマーク・ツーリングカー選手権:2位 アメリカGrand-Am(6R)
  • 2006 ル・マン24時間:4位(GT1クラス1位) ALMS(2R):7位 デンマーク・ツーリングカー選手権:2位 アメリカGrand-Am デイトナ24時間:26位 FIA世界ツーリングカー選手権(1R)
  • 2007 ル・マン24時間:6位 ALMS:GT1クラス2位 Grand-Am:26位 デンマーク・ツーリングカー選手権:3位

フォーミュラ1[編集]

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1995年 マクラーレン MP4/10B メルセデス FO 110 3.0 V10 BRA ARG SMR ESP MON CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA POR EUR PAC
10
JPN AUS NC 0
1997年 スチュワート SF01 フォード VJ Zetec-R 3.0 V10 AUS
Ret
BRA
DNS
ARG
10
SMR
Ret
MON
7
ESP
13
CAN
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
12
ITA
Ret
AUT
Ret
LUX
Ret
JPN
Ret
EUR
9
NC 0
1998年 SF02 AUS
Ret
BRA
10
ARG
Ret
SMR
Ret
ESP
12
MON
Ret
CAN
6
FRA GBR AUT GER HUN BEL ITA LUX JPN 17位 1

ドイツツーリングカー選手権[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
1995年 AMG-メルセデス メルセデス・C-Class V6 HOC
1

4
HOC
2

Ret
AVU
1

Ret
AVU
2

7
NOR
1

DNS
NOR
2

DNS
DIE
1

14
DIE
2

5
NÜR
1

Ret
NÜR
2

7
ALE
1

4
ALE
2

2
HOC
1

Ret
HOC
2

9
8位 49

国際ツーリングカー選手権[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 順位 ポイント
1995年 AMG-メルセデス メルセデス・C-Class V6 MAG
1

3
MAG
2

6
HEL
1

Ret
HEL
2

2
DON
1
DON
2
EST
1

2
EST
2

1
MAG
1

2
MAG
2

11
2位 83
1996年 ヴァルシュタイナーメルセデスAMG メルセデス・ベンツ・C-Class HOC
1

2
HOC
2

1
NÜR
1

7
NÜR
2

3
EST
1

Ret
EST
2

Ret
HEL
1

Ret
HEL
2

DNS
NOR
1

17
NOR
2

DNS
DIE
1

16
DIE
2

Ret
SIL
1
SIL
2
NÜR
1
NÜR
2
MAG
1

Ret
MAG
2

Ret
MUG
1

Ret
MUG
2

5
HOC
1

Ret
HOC
2

4
INT
1

14
INT
2

3
SUZ
1

7
SUZ
2

3
10位 97

アメリカン・オープン=ホイール・レーシング[編集]

CART[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ランク ポイント
1996年 チーム・ペンスキー ペンスキー・PC-25 メルセデス・ベンツ IC108C MIA RIO SRF LBH NZR 500 MIL DET POR CLE TOR MIS MDO
14
24位 5
ホーガンペンスキー ROA
26
VAN
22
LS
8
1999年 パトリック・レーシング スウィフト・010.c フォード XD MIA MOT LBH NZR RIO STL MIL POR CLE ROA TOR MIS DET
18
24位 8
レイナード・99i MDO
14
CHI
24
VAN
7
LS
17
HOU
13
SRF
11
FON

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 総合
順位
クラス
順位
1999年 アメリカ合衆国の旗 パノス・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 ジョニー・オコーネル
イタリアの旗 マックス・アンジェレッリ
パノス・LMP-1 Roadster-S-フォード LMP 323 11位 9位
2000年 オーストラリアの旗 デビッド・ブラバム
アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ
パノス・LMP-1 Roadster-S-エラン LMP900 315 15位 8位
2001年 オーストラリアの旗 デビッド・ブラバム
フランスの旗 フランク・ラゴルス
パノス・LMP07-エラン 85 DNF DNF
2002年 オーストラリアの旗 デビッド・ブラバム
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ハータ
パノス・LMP01 Evo-エラン 90 DNF DNF
2003年 日本の旗 アウディ・スポーツ・ジャパン・チーム・ゴウ 日本の旗 荒聖治
ドイツの旗 マルコ・ヴェルナー
アウディ・R8 370 4位 2位
2004年 アメリカ合衆国の旗 コルベット・レーシング イギリスの旗 オリバー・ギャビン
モナコの旗 オリビエ・ベレッタ
シボレー・コルベット C5-R GTS 345 6位 1位
2005年 イギリスの旗 オリバー・ギャビン
モナコの旗 オリビエ・ベレッタ
シボレー・コルベット C6.R GT1 349 5位 1位
2006年 イギリスの旗 オリバー・ギャビン
モナコの旗 オリビエ・ベレッタ
355 4位 1位
2007年 アメリカ合衆国の旗 ジョニー・オコーネル
カナダの旗 ロン・フェローズ
342 6位 2位
2008年 アメリカ合衆国の旗 ジョニー・オコーネル
カナダの旗 ロン・フェローズ
344 14位 2位
2009年 アメリカ合衆国の旗 ジョニー・オコーネル
スペインの旗 アントニオ・ガルシア
342 15位 1位
2010年 アメリカ合衆国の旗 ジョニー・オコーネル
スペインの旗 アントニオ・ガルシア
GT2 225 DNF DNF
2011年 イギリスの旗 オリバー・ギャビン
イギリスの旗 リチャード・ウェストブルック
GTE
Pro
211 DNF DNF
2012年 スペインの旗 アントニオ・ガルシア
アメリカ合衆国の旗 ジョーダン・テイラー
326 23位 5位
2013年 スペインの旗 アントニオ・ガルシア
アメリカ合衆国の旗 ジョーダン・テイラー
312 19位 4位
2014年 スペインの旗 アントニオ・ガルシア
アメリカ合衆国の旗 ジョーダン・テイラー
シボレー・コルベット C7.R 338 14位 2位
2015年 スペインの旗 アントニオ・ガルシア
オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー
0 DNS DNS
2016年 アメリカ合衆国の旗 コルベット・レーシング - GM スペインの旗 アントニオ・ガルシア
アメリカ合衆国の旗 リッキー・テイラー
336 25位 7位
2017年 スペインの旗 アントニオ・ガルシア
アメリカ合衆国の旗 ジョーダン・テイラー
340 19位 3位
2018年 スペインの旗 アントニオ・ガルシア
ドイツの旗 マイク・ロッケンフェラー
342 18位 4位
2019年 アメリカ合衆国の旗 コルベット・レーシング スペインの旗 アントニオ・ガルシア
ドイツの旗 マイク・ロッケンフェラー
337 28位 8位
2020年 イギリスの旗 JMW・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 リチャード・ハイスタンド
アメリカ合衆国の旗 マックス・ルート
フェラーリ・488 GTE Evo GTE
Am
335 30位 6位
2021年 デンマークの旗 ハイ・クラス・レーシング デンマークの旗 アンデルス・フィヨルドバッハ
デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン
オレカ・07-ギブソン LMP2 336 29位 17位

デイトナ24時間レース[編集]

クラス チーム 車両 コ・ドライバー 周回数 総合
順位
クラス
順位
2005年 DP アメリカ合衆国の旗 ドーラン・レーシング ポンティアック-ドーラン アメリカ合衆国の旗 ボビー・ラボンテ
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ハータ
アメリカ合衆国の旗 テリー・ラボンテ
675 9位DNF 9位DNF
2006年 GT アメリカ合衆国の旗 ザ・レーサーズ・グループ ポンティアック・GTO.R アメリカ合衆国の旗 ポール・エドワーズ
アメリカ合衆国の旗 ケリー・コリンズ
イギリスの旗 アンディ・ピルグリム
633 26位 13位
2007年 DP アメリカ合衆国の旗 サントラスト・レーシング ポンティアック・ライリー DP 南アフリカ共和国の旗 ウェイン・テイラー
イタリアの旗 マックス・アンジェレッリ
アメリカ合衆国の旗 ジェフ・ゴードン
666 3位 3位
2008年 GT アメリカ合衆国の旗 バナー・レーシング ポンティアック・GXP.R アメリカ合衆国の旗 ポール・エドワーズ
アメリカ合衆国の旗 ケリー・コリンズ
647 17位 7位
2009年 アメリカ合衆国の旗 ポール・エドワーズ
アメリカ合衆国の旗 ケリー・コリンズ
689 12位 4位
2010年 アメリカ合衆国の旗 スティーヴンソン・モータースポーツ シェヴィー・カマロ GT.R イギリスの旗 ロビン・リデル
アメリカ合衆国の旗 アンドリュー・デイヴィス
683 11位 4位
2011年 イギリスの旗 ロビン・リデル
デンマークの旗 ロニー・ブレマー
629 26位 12位
2012年 DP アメリカ合衆国の旗 スピリット・オブ・デイトナ・レーシング コルベット・DP スペインの旗 アントニオ・ガルシア
イギリスの旗 オリバー・ギャビン
イギリスの旗 リチャード・ウェストブルック
629 8位 8位
2013年 GT アメリカ合衆国の旗 スティーヴンソン・モータースポーツ シェヴィー・カマロ GT.R アメリカ合衆国の旗 ジョン・エドワーズ
イギリスの旗 ロビン・リデル
アメリカ合衆国の旗 トミー・ミルナー
595 36位DNF 23位DNF
2014年 GTLM アメリカ合衆国の旗 コルベット・レーシング シェヴィー・コルベット C7.R スペインの旗 アントニオ・ガルシア
オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー
329 60位DNF 10位DNF
2015年 スペインの旗 アントニオ・ガルシア
オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー
725 4位 1位
2016年 スペインの旗 アントニオ・ガルシア
ドイツの旗 マイク・ロッケンフェラー
722 8位 2位
2017年 スペインの旗 アントニオ・ガルシア
ドイツの旗 マイク・ロッケンフェラー
652 8位 4位
2018年 スペインの旗 アントニオ・ガルシア
ドイツの旗 マイク・ロッケンフェラー
781 13位 3位
2019年 スペインの旗 アントニオ・ガルシア
ドイツの旗 マイク・ロッケンフェラー
563 16位 6位

スーパーカーズ選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 最終
順位
ポイント
2003年 チーム・ダイナミック ADL PHI ECK WIN PTH HDV QLD ORP SAN
WD
BAT
11
SUR PUK ECK NC 152
2011年 ポール・モリス・モータースポーツ YMC
R1
YMC
R2
ADE
R3
ADE
R4
HAM
R5
HAM
R6
PER
R7
PER
R8
PER
R9
WIN
R10
WIN
R11
HDV
R12
HDV
R13
TOW
R14
TOW
R15
QLD
R16
QLD
R17
QLD
R18
PHI
Q
PHI
R19
BAT
R20
SUR
R21

22
SUR
R22

8
SYM
R23
SYM
R24
SAN
R25
SAN
R26
SYD
R27
SYD
R28
67位 129

バサースト1000[編集]

チーム 車両 コ・ドライバー 順位 周回数
2003年 チーム・ダイナミック ホールデン・コモドア VY フランスの旗 ニコラ・ミナシアン 11位 158

ヨーロピアンツーリングカー選手権[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 DC ポイント
2004年 プジョー・スポール・エンジニアリング プジョー・307 Gti MNZ
1
MNZ
2
VAL
1

11
VAL
2

Ret
MAG
1

19
MAG
2

18
HOC
1

10
HOC
2

12
BRN
1

15
BRN
2

Ret
DON
1

19
DON
2

Ret
SPA
1

17
SPA
2

18
IMO
1
IMO
2
OSC
1
OSC
2
DUB
1

12
DUB
2

DNS
NC 0

IMSA・スポーツカー選手権[編集]

チーム クラス 製造 エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2014年 コルベット・レーシング GTLM シボレー・コルベット C7.R シボレー 5.5L V8 DAY
10
SEB
8
LBH
1
LGA
1
WGL
1
MOS
1
IMS
4
ROA
6
VIR
7
COA
9
PET
8
9位 293
2015年 DAY
1
SEB
1
LBH
3
LGA
7
WGL
4
MOS
3
ROA
4
VIR
6
COA
6
PET
6
3位 295
2016年 DAY
2
SEB
9
LBH
9
LGA
4
WGL
7
MOS
3
LRP
2
ROA
6
VIR
1
COA
3
PET
4
3位 319
2017年 DAY
4
SEB
1
LBH
5
COA
1
WGL
3
MOS
4
LRP
4
ROA
4
VIR
1
LGA
4
PET
2
1位 334
2018年 シボレー LT5.5 5.5 L V8 DAY
3
SEB
8
LBH
4
MDO
3
WGL
2
MOS
2
LRP
2
ROA
3
VIR
2
LGA
3
PET
8
1位 322
2019年 DAY
6
SEB
3
LBH
2
MDO
2
WGL
2
MOS
7
LIM
5
ELK
4
VIR
3
LGA
3
PET
4
3位 317

TCR・デンマーク・ツーリングカー・シリーズ[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 DC ポイント
2020年 LM・レーシング フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI TCR JYL
1

3
JYL
2

4
JYL
3

NC
JYL
1

7
JYL
2

Ret
JYL
3

5
JYL
4

2
JYL
5

Ret
JYL
6

4
DJU
1

1
DJU
2

2
DJU
3

1
PAD
1

C
PAD
2

C
PAD
3

C
JYL
1

3
JYL
2

3
JYL
3

2
4位 215
2021年 クプラ・レオン・コンペティション TCR DJU
1

1
DJU
2

1
DJU
3

1
JYL
1

1
JYL
2

6
JYL
3

1
COP
1

Ret
COP
2

DNS
COP
3

DNS
JYL
1
JYL
2
JYL
3
ARH
1

1
ARH
2

4
ARH
3

DNS
JYL
1

2
JYL
2

1
JYL
3

2
PAD
1

1
PAD
2

3
PAD
3

3
3位 309

FIA 世界耐久選手権[編集]

エントラント クラス シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 ランク ポイント
2021年 ハイ・クラス・レーシング LMP2 オレカ・07 ギブソン GK428 4.2 L V8 SPA
9
ALG
9
MNZ
9
LMS BHR BHR 26位 7

対チームメイト 通算成績5勝8敗(勝率38.4%)[編集]

  • 1995ブランデル:1-0
  • 1997バリチェロ:3-6
  • 1998バリチェロ:1-2

予選対チームメイト 通算成2勝23敗(勝率8.0%)[編集]

  • 1995ブランデル:0-1
  • 1997バリチェロ:2-15
  • 1998バリチェロ:0-7

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『AUTO SPORT No.919 2003年6月5日号』P23三栄書房刊

関連項目[編集]

外部リンク[編集]