ロスキレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロスキレ
Roskilde
デンマークの旗
ロスキレ大聖堂
ロスキレ大聖堂
ロスキレの市章
市章
位置
ロスキレの位置の位置図
ロスキレの位置
座標 : 北緯55度39分 東経12度05分 / 北緯55.650度 東経12.083度 / 55.650; 12.083
行政
 デンマーク
 地域 シェラン地域
 市 ロスキレ
人口
人口 (2010年現在)
  市域 46,701人
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
ヴァイキングの船(博物館内)
港より望む大聖堂

ロスキレデンマーク語: Roskilde, [ˈʁʌskilə])は、デンマークシェラン地域にある都市。世界遺産に登録されたロスキレ大聖堂がある。人口は約5万4千人(2005年)。シェラン島の北部にあり、ロスキレ・フィヨルドの最奥に位置している。2006年まではロスキレ県の行政府所在地でもあった。

地勢・産業[編集]

皮革産業が盛んなほか、ベーコンの工場なども立地している。約30キロ東にコペンハーゲンが位置しており、同都市まで通勤する人も多い。

歴史[編集]

デンマーク最古の街の一つである。街のヴァイキング船博物館Vikingskibsmuseum)で、かつてヴァイキング船がロスキレ湾底から5隻発掘され展示されている。11世紀よりデンマーク国王の宮殿がおかれ、1170年、ロスキレ大聖堂が建てられた。世界遺産にも登録されているゴシック様式のこの大聖堂にデンマーク歴代国王の棺が安置されている。その後も15世紀半ばまでデンマーク王国の都であった。1658年、この都市でロスキレ条約が結ばれ、スカンディナヴィア半島南部の領土をスウェーデンに割譲した。1847年、デンマーク初の鉄道によってコペンハーゲンと結ばれた。

文化[編集]

1972年ロスキレ大学が建てられた。そのため、多くの学生がロスキレで生活している。

関連項目[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]