マクラーレン・MCL32

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マクラーレン・MCL32
Stoffel Vandoorne (36266228225).jpg
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー ティム・ゴス
(テクニカルディレクター)
ピーター・プロドロモウ
(チーフエンジニア)
マット・モリス
(エンジニアリングディレクター)
先代 マクラーレン・MP4-31
後継 マクラーレン・MCL33
主要諸元
エンジン ホンダ RA617H
1.6L V6ターボ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム マクラーレンホンダ・フォーミュラ1・チーム
ドライバー スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン
イギリスの旗 ジェンソン・バトン
出走時期 2017年
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 30
初戦 2017年オーストラリアGP
最終戦 2017年アブダビGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
20(38台) 0 0 1
テンプレートを表示

マクラーレン・MCL32 (McLaren MCL32) は、マクラーレン2017年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。

ロン・デニスが2016年11月にCEOを解任されたことに伴い、シャシー名称が「MP4」から「MCL」に変更されている[1]

概要[編集]

2017年2月24日に正式発表。

マシンには長いシャークフィンが搭載され、サイドポッドのエアインテークとドライバー頭上のエアボックスがかなり小さくなっているのが特徴となっている[2]。カラーリングはパパイヤオレンジとつや消しブラックのカラースキームにホワイトのラインが入ったものに変更され[3]、燃料メーカーもBP/カストロールに変更された[4]。パワーユニット(以下、PUと略す)を提供するホンダもコンセプトを一新し、低重心化と軽量化を図りパワーを向上させたと長谷川祐介F1プロジェクト総責任者は述べた[5]が、後述の通り惨憺たるシーズンとなってしまった。

2017年シーズン[編集]

ドライバーはフェルナンド・アロンソが残留、引退したジェンソン・バトンに代わりストフェル・バンドーンが昇格した。アロンソがインディ500へ参戦することに伴い、日程が重複するモナコGPはバトンが代走を務めた。

プレシーズンテストでPU関連のトラブルやマシン側のトラブルに泣かされ走行距離(マイレージ)を稼げず、大きな不安を残して2017年シーズンに臨むことになった。

アロンソは開幕2戦で入賞圏内を走行する好走を見せたが、いずれもマシントラブルでリタイアに終わった。第3戦バーレーンGPと第4戦ロシアGPでは、フリー走行からPUの問題が多発し、決勝も低迷。第5戦スペインGPと第6戦モナコGPでは、前者はアロンソがPUのトラブルが発生しつつも予選では初めてQ3に進出し7番グリッドを獲得したもののノーポイントで終わり、後者は2台ともQ3進出を果たしたが、決勝は2台ともリタイアに終わった。第7戦カナダGPではアロンソがポイント圏内の10位を走行していたが、レース終盤にPUのトラブルに見舞われ入賞を逃した。
開幕から7戦ノーポイントはチームワーストで、ここまで2017年シーズンに参加する10チームで唯一ポイントを獲得できていなかったが、第8戦アゼルバイジャンGPでアロンソが9位に入賞し、ようやくポイントを獲得した。第10戦イギリスGPでバンドーンがQ3進出を果たしたが、決勝は入賞に一歩及ばなかった。低速サーキットのハンガロリンクで行われた第11戦ハンガリーグランプリでは予選で両者ともQ3に進出、決勝でアロンソがファステストラップを記録するとともにシーズン初のダブル入賞を果たし、ポイントでザウバーを上回りようやくコンストラクターズランキング最下位を脱して、シーズン前半を終了した。

だが、プレシーズンテストの不安が現実のものとなり、PUの設計を一新したこともあってPU関連のトラブルが頻発。また、開幕戦のオーストラリアGPのようなサスペンションの不調などのシャシー関連のトラブルも少なからず発生。シーズン前半はこれに悩まされ、予選でQ3に進出してもPUの交換によるグリットペナルティで帳消しとなり、決勝戦で入賞が期待できたレースはリタイアとなってしまった。トラブル自体は第11戦のダブル入賞をきっかけに改善の見通しが立ちつつあったが、マクラーレン側は今までのホンダPUの低パファーマンスに対して不満を抱えている状況であり、開幕前からホンダとマクラーレンとの関係は悪化の一途を辿っていた[6]。そして、第14戦シンガポールGPでホンダとの供給契約終了と2018年からのルノーPU供給契約を発表した[7]

ホンダとの提携解消が決まったシンガポールGPとマレーシアGPでは2台ともQ3進出。だが、アロンソは前者では多重クラッシュに巻き込まれてしまいリタイア、後者では中団の順位争いに巻き込まれペースを上げることができず最終的に11位に終わった。逆にバンドーンは2戦とも7位入賞を果たした。そして、「マクラーレン・ホンダ」として最後となった日本GPはアロンソが入賞圏に一歩及ばず11位、バンドーンは14位に終わった。アメリカGPはバンドーンがPUのトラブルによる交換のため最後尾スタートを余儀なくされ、アロンソはQ3進出を果たし決勝で入賞圏内を走っていたものの、PUにトラブルが出てリタイアとなった。メキシコGPでは両者ともPUの交換によるペナルティで後列からのスタートとなったが、アロンソは10位に入賞した。アロンソは続くブラジルGPでも8位入賞を果たし、バンドーンのポイントを上回った。最終戦アブダビGPもアロンソは9位に入賞し、3年間続いた「マクラーレン・ホンダ」のパートナーシップに終止符を打った。

シーズン終了後の当事者らのインタビューによれば、マクラーレン側は3年目になれば上位争いができると考えていたが、プレシーズンテストの結果から2016年シーズンの結果より後退することが避けられないと判断。成績不振による人材の流出を阻止すべく提携解消に踏み切ったとのことである[8]。ホンダ側は成績向上のためパワーユニットの大幅な設計変更に踏み切ったが結果を出せなかったと回想している[9]
ただし、リタイア原因の比率としては、アロンソの言動[10]の影響でPU関連のものが多い印象を持つが、シャシー関連のトラブルも少なからず発生しており、記者たちもホンダの見通しの甘さを批判しつつも[11]、マクラーレンの姿勢を批判し[12][13]、ホンダに同情する声も少なからず存在する[14]

スペック[編集]

[15][16]

シャシー[編集]

  • 形式:MCL32
  • モノコック構造:カーボンファイバー/ハニカムコンポジット構造
  • 安全構造:コクピット・サバイバルセル(対衝撃構造)、貫通防止パネル、フロント・インパクト構造、サイド・インパクト構造、リア・インパクト構造、フロント&リアロール構造
  • ボディーワーク:カーボンファイバー・コンポジット製。エンジンカバー、サイドポッド、フロア、ノーズ、フロントウイング、リアウイング、ドライバー操作によるドラッグ抵抗低減システム(DRS)
  • サスペンション:前後独立懸架 前輪プッシュロッド式/後輪プルロッド式トーションスプリング
  • 重量:728kg(ドライバー含む・燃料は含まず)、重量配分は45.3%~46.3%
  • 電子機器:マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ シャシー制御とパワーユニット制御、データ収集機器、オルタネーター、センサー、データ解析およびテレメトリー・システムを含む
  • 計器類:マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ ダッシュボード
  • 潤滑油:カストロール グリース、潤滑油
  • ブレーキシステム:曙ブレーキ工業(AKEBONO) ブレーキキャリパー、マスターシリンダー、“ブレーキ・バイ・ワイヤ”ブレーキコントロールシステム、カーボンファイバー製ディスクブレーキ・パッド
  • タイヤピレリ P-Zero
  • ホイールエンケイ
  • 無線:ケンウッド
  • 冷却:カルソニックカンセイ
  • 塗装:シッケンズ

パワーユニット[編集]

  • 型式:ホンダ RA617H
  • 最小重量:145kg
  • 構成:エンジン(ICU)、MGU-K、MGU-H、エネルギー貯蔵装置(ES)、ターボチャージャー、コントロールユニット

エンジン[編集]

エネルギー回生システム[編集]

モーター・ジェネレーター・ユニットによるハイブリッド・エネルギー回生。MGU-Kはクランクシャフトに、MGU-Hはターボチャージャーに接続

  • エネルギー貯蔵装置(ES)
    • 構造:リチウムイオンバッテリー 20-25kg
    • 出力:4MJ(1周あたり)
  • MGU-K
    • 最高回転数:50,000rpm
    • 出力:120kW
    • エネルギー回収:2MJ(1周あたり)
    • エネルギー放出:4MJ(1周あたり)
  • MGU-H
    • 最高回転数:125,000rpm

ギアボックス[編集]

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
CHN
中華人民共和国の旗
BHR
バーレーンの旗
RUS
ロシアの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
AZE
アゼルバイジャンの旗
AUT
オーストリアの旗
GBR
イギリスの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
MAL
マレーシアの旗
JPN
日本の旗
USA
アメリカ合衆国の旗
MEX
メキシコの旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
2017 14 スペインの旗 アロンソ Ret Ret 14 DNS 12 16 9 Ret Ret 6 Ret 17 Ret 11 11 Ret 10 8 9 30 9位
2 ベルギーの旗 バンドーン 13 Ret DNS 14 Ret Ret 14 12 12 11 10 14 Ret 7 7 14 12 12 Ret 12
22 イギリスの旗 バトン Ret

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マクラーレン・ホンダ、2017年F1マシンの名称は『MCL32』”. F1-Gate.com (2017年2月3日). 2017年2月4日閲覧。
  2. ^ マクラーレン、オレンジ&ブラックに生まれ変わる”. ESPN F1 (2017年2月24日). 2017年2月25日閲覧。
  3. ^ カラーリング一新。マクラーレン・ホンダF1、新車『MCL32』をアンベイル”. AUTOSPORTweb (2017年2月24日). 2017年2月25日閲覧。
  4. ^ マクラーレン・ホンダ、BPカストロールとのパートナー契約を発表”. F1-Gate.com (2017年2月11日). 2017年2月11日閲覧。
  5. ^ ホンダF1長谷川総責任者「構造を一新し、パワー向上を実現しました」:マクラーレン・ホンダ発表会”. AUTOSPORTweb (2017年2月24日). 2017年2月25日閲覧。
  6. ^ F1 Topic:ホンダに完全に愛想を尽かしたマクラーレン。提携解消の話は開幕前から進行”. AUTOSPORTweb (2017年9月16日). 2017年9月18日閲覧。
  7. ^ マクラーレンとホンダF1、袂を分かつ。2018年はマクラーレン・ルノー、トロロッソ・ホンダが誕生”. AUTOSPORTweb (2017年9月15日). 2017年9月16日閲覧。
  8. ^ マクラーレンF1ボス、「ホンダとともに勝つという夢」を諦めた瞬間を語る”. AUTOSPORTweb (2017年12月15日). 2017年12月26日閲覧。
  9. ^ ホンダF1長谷川総責任者「マクラーレンとの3年間を誇りに思う」2017年のパワーユニット大変更に後悔なし”. AUTOSPORTweb (2017年12月4日). 2017年12月26日閲覧。
  10. ^ アロンソ、不可解な「エンジン」発言への弁明なし / F1アゼルバイジャンGP 2017《初日》 FORMULA1-DATA
  11. ^ マクラーレン・ホンダF1辛口コラム総括編(1)ホンダの最大の過ちは「傲慢」で「無知」な初動”. AUTOSPORTweb (2017年12月23日). 2018年3月20日閲覧。
  12. ^ マクラーレン・ホンダF1辛口コラム総括編(2)ホンダに依存しながら侮辱し続けたマクラーレンの咎”. AUTOSPORTweb (2017年12月30日). 2018年3月20日閲覧。
  13. ^ ホンダを捨てたマクラーレンは勝てるのか。今季F1トピック10連発”. sportiva.shueisha.co.jp (2018年1月17日). 2018年3月20日閲覧。
  14. ^ バーニー・エクレストン 「悪いのはホンダではなくマクラーレン」”. F1-Gate.com. 2017年9月17日閲覧。
  15. ^ McLaren-Honda MCL32 Technical Specification”. McLaren Formula 1 (2017年2月23日). 2017年2月25日閲覧。
  16. ^ マクラーレン・ホンダ MCL32:主要スペック”. F1-Gate.com (2017年2月24日). 2017年2月25日閲覧。