ペドロ・デ・ラ・ロサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルティネス第二姓(母方の)はデ・ラ・ロサです。
ペドロ・デ・ラ・ロサ
Pedro de la Rosa 2010 Malaysia.jpg
基本情報
フルネーム Pedro Martínez de la Rosa
略称表記 DLR
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 スペインの旗 スペインバルセロナ
生年月日 (1971-02-24) 1971年2月24日(51歳)
F1での経歴
活動時期 1999-2002,2005-2006,
2010-2012
過去の所属チーム '99-'00 アロウズ
'01-'02 ジャガー
'05-'06 マクラーレン
'10-'11 ザウバー
'12 HRT
出走回数 107
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 35
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
初戦 1999年オーストラリアGP
最終戦 2012年ブラジルGP
テンプレートを表示

ペドロ・マルティネス・デ・ラ・ロサPedro Martínez de la Rosa, 1971年2月24日 - )は、スペイン人の元レーシングドライバー1997年のフォーミュラ・ニッポン総合王者。現アストンマーティンF1・チームアンバサダー。現役時代のフジテレビF1中継でのニックネームは「スパニッシュ侍[1][2]。数少ない40代F1ドライバーの一人でもあった。

フォーミュラ・ニッポン時代まで[編集]

デ・ラ・ロサの初期キャリアは、他の多くのF1ドライバーたちと異なるものだった。まず彼は1983年から1987年にかけて1:8オフロードRCカーの世界で活躍し[3]、1983年と1984年にヨーロッパRCカーオフロード選手権で優勝。その後も上位の成績を残し、1986年には準優勝を果たした[4]

彼がレーシングカートを始めたのは1988年、17歳のときだった。これは比較的遅い年齢でのカートデビューであるが、走り始めるとすぐにスペイン自動車連盟のスカラシップ「オフェンシバ・ウノ」の援助を受け、フォーミュラ・フィアット・ウノ・スペイン選手権にステップアップ。翌1989年には全7戦のうち2勝に加え3度の表彰台を獲得し、同選手権で総合優勝した。その後、1990年から1991年のあいだはスペイン、1992年からイギリスに渡りキャリアを積んだ。それぞれ1990年にはスペインのフォーミュラ・フォード1600選手権で総合優勝、1992年にはイギリスのフォーミュラ・ルノー選手権で総合優勝を獲得。このタイトル獲得により1993年から名門ウェスト・サリー・レーシングの一員となりイギリスF3にステップアップ、ランキング6位に入る。しかし1994年に古巣のレーシングforスペインチームに復帰すると成績が落ち込み同シリーズランキング19位に沈んだ。

1995年に来日し、日本でのレーシングキャリアが始まる。全日本F3選手権トムスから参戦し、9戦中8勝を挙げる圧勝でシリーズチャンピオンを獲得。翌1996年にフォーミュラ・ニッポン全日本GT選手権にステップアップした。フォーミュラ・ニッポンでは森脇基恭率いるノバエンジニアリングに加入し、ラルフ・シューマッハノルベルト・フォンタナ高木虎之介中野信治ら次期F1予備軍と競いあった。全日本GT選手権ではカストロールトムスチームでGT500クラスのスープラをドライブした。

1997年にはフォーミュラ・ニッポンで全戦表彰台に上がり、シーズン6勝を上げてシリーズチャンピオンを獲得した。全日本GT選手権ではミハエル・クルムとのコンビで2勝を挙げ、こちらもシリーズチャンピオンとなった。このことからついた彼の愛称の一つが「NIPPON-ICHI(日本一)」である。

F1時代[編集]

ジャガーのマシンを駆るデ・ラ・ロサ。(2001年カナダGP。)

1998年ジョーダンでテストドライバーを務めた後、1999年アロウズからF1にデビュー。チームメイトはフォーミュラ・ニッポンでのライバルでもあった高木虎之介だった。マシンの戦闘力は低く高木共々苦しい戦いを強いられたが、デ・ラ・ロサはデビュー戦となる開幕戦オーストラリアGPで6位入賞し、同年チーム唯一となる1ポイントを獲得した。

2000年もアロウズから出走し、ストレートスピードに優れたアロウズ・A21を駆りニュルブルクリンクで開催されたヨーロッパGPとホッケンハイムリンクで開催されたドイツGPのそれぞれで6位入賞し、計2ポイントを獲得した。オーストリアGPではリタイアするまで3位を走行した。しかしマシンの信頼性不足によるリタイアが多く、同年の完走率はフル参戦ドライバー中最下位だった。

2001年プロスト・グランプリのテストドライバーとしてシーズンを迎えたが、途中、第5戦スペインGPからルチアーノ・ブルティの後任としてジャガーのレギュラーシートを獲得。同年はカナダGPとイタリアGPでポイントを獲得した。

2002年もジャガーに残留したが一度も入賞できず、チームメイトのエディ・アーバインに差をつけられたこともあり、同年を最後にF1レギュラーシートを失った。シーズン終盤になると翌年に向けてロン・デニスよりマクラーレンのテストドライバー就任のオファーを受ける。

2006年ハンガリーGPにて。モントーヤの代役として走り、2位を獲得した。

2003年、マクラーレン・メルセデスのサードドライバーとして契約。

2004年にマクラーレンはコンストラクターズランキング5位となったために、2005年のレースウィーク金曜日において3台目のマシンを走らせる権利を獲得、そのため主にデ・ラ・ロサが金曜日のフリー走行に参加した。なお、第3戦バーレーンGPでは怪我で欠場したファン・パブロ・モントーヤに代わり実戦に出場し、5位入賞を果たすとともに、自身初のファステストラップを記録した[5]

2006年シーズン途中、モントーヤが翌年のNASCAR参戦を発表すると共に、即時のマクラーレン・メルセデスからの離脱を発表。これによりフランスGPよりデ・ラ・ロサがマクラーレンのレギュラーとして参戦する事になった。フランスGPでは7位入賞を果たし、第13戦ハンガリーGPでは2位でチェッカーを受け、F1デビューから8年目にして自身初の表彰台に立った。

2007年、マクラーレンにフェルナンド・アロンソルイス・ハミルトンが正ドライバーとして加入。デ・ラ・ロサは再び同チームのテスト・リザーブドライバーとなった。最終戦のブラジルGPで「私の契約はあと2年ある。そして、チームにはとても満足している」と述べ、実際に2009年までテストドライバーを務めた。また、2008年からマクラーレンのカスタマーシャシーで参戦予定だったプロドライブに乗ることは2007年シーズン序盤では「有力な選択肢」であったことを証言している。[6]

ザウバーのマシンを駆るデ・ラ・ロサ。(2010年カナダGP。)

2010年は長く在籍したマクラーレンを離れ、ザウバーのレギュラーシートを獲得[7]小林可夢偉のチームメイトとしてF1に参戦。開幕戦からモナコGPまでの6戦は低かったマシンの信頼性の為、完走はオーストラリアGPのみであり、マレーシアGPは決勝出走すらできなかった。しかし、チームの開発もあってトルコGPから復調をみせ、ハンガリーGPでは予選9位から堅実な走りで7位入賞を果たした。デ・ラ・ロサの入賞は2006年ブラジルGP以来、3年10カ月ぶりの入賞であった。

しかし予選では小林を上回るタイムを残すも、決勝スタートでの遅れやマシントラブルやクラッシュでポイントを逃すレースも多く、6ポイント獲得に留まり小林可夢偉の21ポイントに離された。9月14日、ザウバーはシンガポールGPより残り5戦をデ・ラ・ロサに替わってニック・ハイドフェルドの起用を発表し、レースシートを失った[8]

この交代についてチーム代表のペーター・ザウバーは、実質的にF1ルーキーイヤーである小林可夢偉との予選タイム比較が7勝7敗の互角であったことを解任の理由とした[9](ルーキーに勝てないデ・ラ・ロサの能力を疑っていた)。しかし翌年メディアに「あの交代に意味があったか?」と聞かれると「なかった」と答え、デ・ラ・ロサが遅かったのではなく可夢偉が速いだけであったことを確認する(結果的に)「正しい決断だった」とした。またデ・ラ・ロサの「可夢偉を過小評価するな」と言っていた意味がわかったと答え、デ・ラ・ロサは自分の解任を苦笑いしながら受け入れたという[10]

2011年3月、マクラーレンにテスト兼リザーブドライバーとして復帰[11]モナコグランプリでザウバーのセルジオ・ペレスが負傷し、体調不良を訴えたため、カナダグランプリにて金曜日フリー走行2から1戦限りの代役としてザウバーに復帰した[12](決勝12位完走)。

HRTのマシンを駆るデ・ラ・ロサ(2012年マレーシアGP)。

2012年はマクラーレンの契約更新を断り、母国チームのHRTより41歳にしてF1レギュラーに復帰した[13]。テールエンダーのマシンで奮闘したが、2011年にオーナーとなったテサン・キャピタルがチームの売却先を探していたことがアメリカGP頃に明らかになるなどチーム状況は不安定であった[14]。結局売却先は見つからず、2013年シーズンのエントリーも行われれずチームは閉鎖され[15]、レースシートを失うことになった。

2013年フェラーリの開発ドライバーに就任し、シミュレータでの作業を行うことになった[16]。同時にリザーブドライバーも兼任した[17]

フォーミュラE[編集]

2018-2019年シーズンに、テチーター・フォーミュラEチームのアドバイザーを務めた。

レース以外の経歴[編集]

マクラーレンでのテストドライバーの傍ら、2005年からスペインのテレビ局テレシンコでF1解説者を務めた。レギュラーシートに復帰した2006年は一時的に離脱したが、2007年から再び解説者としてF1中継を担当した。

2011年、F1のタイヤサプライヤーとなるピレリのタイヤ開発テストドライバーとしてデ・ラ・ロサが起用された[18]

F1ドライバーの事実上の選手会組織であるグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)では、2008年から2010年(バーレーングランプリまで)にかけて会長を務め、2012年には前任者のルーベンス・バリチェロインディカー・シリーズ転向のためF1を離れたことから、2年ぶりに会長に復帰した[19]

2022年10月、アストンマーティンF1チームのアンバサダー就任が発表された[20]

レース戦績[編集]

イギリス・フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
1993年 ウェストサリー・レーシング 無限 A SIL
5
THR
3
BRH
DNS
DON
3
BRH
4
SIL
4
OUL
5
DON
Ret
SIL
7
DON
Ret
SNE
NC
PEM
8
SIL
Ret
SIL
Ret
THR
7
7位 18
1994年 レーシング・フォー・スペイン ルノー A SIL
16
DON
11
BRH1
16
BRH2
9
SIL1
14
SIL2
Ret
BRH
Ret
THR
15
OUL
16
DON
Ret
SIL
11
SNE
11
PEM1
16
PEM2
13
SIL1
Ret
SIL2
DNS
THR
16
THR
8
19位 6

(key)

全日本フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1995年 TOM's トヨタ SUZ
1
TSU
2
MIN
1
SUZ
1
TAI
1
SUG
1
FSW
1
SUZ
1
SEN
1
1位 54

全日本GT選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
1996年 TOYOTA Castrol TEAM トヨタ・スープラ GT500 SUZ
5
FSW
2
SEN
3
MIN
Ret
SUG
9
MIN
Ret
8位 38
1997年 GT500 SUZ
14
FSW
3
SEN
1
FSW
2
MIN
1
SUG
15
1位 67
1998年 NISMO 日産・スカイラインGT-R GT500 SUZ FSW
C
SEN FSW TRM MIN SUG NC 0

フォーミュラ・ニッポン[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
1996年 SHIONOGI TEAM NOVA SUZ
5
MIN
7
FSW
6
TOK
6
SUZ
Ret
SUG
11
FSW
6
MIN
Ret
SUZ
5
FSW
2
8位 13
1997年 SUZ
1
MIN
1
FSW
2
SUZ
3
SUG
1
FSW
1
MIN
2
TRM
1
FSW
2
SUZ
1
1位 82

F1[編集]

チーム  シャシー  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 WDC ポイント
1999年 アロウズ A20 AUS
6
BRA
Ret
SMR
Ret
MON
Ret
ESP
11
CAN
Ret
FRA
11
GBR
Ret
AUT
Ret
GER
Ret
HUN
15
BEL
Ret
ITA
Ret
EUR
Ret
MAL
Ret
JPN
13
18位 1
2000年 A21 AUS
Ret
BRA
8
SMR
Ret
GBR
Ret
ESP
Ret
EUR
6
MON
DNS
CAN
Ret
FRA
Ret
AUT
Ret
GER
6
HUN
16
BEL
16
ITA
Ret
USA
Ret
JPN
12
MAL
Ret
16位 2
2001年 ジャガー R2 AUS MAL BRA SMR ESP
Ret
AUT
Ret
MON
Ret
CAN
6
EUR
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
11
BEL
Ret
ITA
5
USA
12
JPN
Ret
16位 3
2002年 R3 AUS
8
MAL
10
BRA
8
SMR
Ret
ESP
Ret
AUT
Ret
MON
10
CAN
Ret
EUR
10
GBR
11
FRA
9
GER
Ret
HUN
13
BEL
Ret
ITA
Ret
USA
Ret
JPN
Ret
21位 0
2005年 マクラーレン MP4-20 AUS
TD
MAL
TD
BHR
5
SMR
TD
ESP
TD
MON EUR CAN
TD
USA
TD
FRA
TD
GBR
TD
GER HUN TUR
TD
ITA
TD
BEL BRA JPN
TD
CHN
TD
20位 4
2006年 MP4-21 BHR MAL AUS SMR EUR ESP MON GBR CAN USA FRA
7
GER
Ret
HUN
2
TUR
5
ITA
Ret
CHN
5
JPN
11
BRA
8
11位 19
2010年 ザウバー C29 BHR
Ret
AUS
12
MAL
DNS
CHN
Ret
ESP
Ret
MON
Ret
TUR
11
CAN
Ret
EUR
12
GBR
Ret
GER
14
HUN
7
BEL
11
ITA
14
SIN JPN KOR BRA ABU 17位 6
2011年 C30 AUS MAL CHN TUR ESP MON CAN
12
EUR GBR GER HUN BEL ITA SIN JPN KOR IND ABU BRA 20位 0
2012年 HRT F112 AUS
DNQ
MAL
21
CHN
21
BHR
20
ESP
19
MON
Ret
CAN
Ret
EUR
17
GBR
20
GER
21
HUN
22
BEL
18
ITA
18
SIN
17
JPN
18
KOR
Ret
IND
Ret
ABU
17
USA
21
BRA
17
25位 0

(key)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ フジTV地上波の各ドライバーのキャッチフレーズ・・・”. blog.livedoor.jp/feather_mk4/ (2010年5月22日). 2018年9月14日閲覧。
  2. ^ ここ数年でフジテレビがF1ドライバーにつけたキャッチコピーまとめ”. f1jouhou2.blog.fc2.com (2012年8月3日). 2018年9月14日閲覧。
  3. ^ “Pedro de la Rosa”. The Formula One Data Base. http://www.f1db.com/f1/page/Pedro_de_la_Rosa 2010年9月15日閲覧。 
  4. ^ “Palmarès championnat du monde TT 1/8e (初期経歴のpdfファイル)”. Index of / update File. (2010年7月22日). http://www.rcmag.com/uploadfiles/1222419652__Palmares_championnats%20du%20monde_TT.pdf 2010年9月15日閲覧。 
  5. ^ Fastest lap”. pbs.twimg.com. pbs.twimg.com. 2021年3月31日閲覧。
  6. ^ “De la Rosa to stay at McLaren in 2008, 2009”. auto123.com. (2007年10月22日). http://flagworld.auto123.com/en/racing/news/index,view.spy?artid=91021 2010年9月15日閲覧。 
  7. ^ “Pedro de la Rosa to race for BMW Sauber F1 Team”. F1 minute. (2010年1月19日). http://www.f1minute.com/2010/01/19/pedro-de-la-rosa-to-race-for-bmw-sauber-f1-team/ 2010年9月15日閲覧。 
  8. ^ “Nick Heidfeld replaces Pedro de la Rosa”. Sauber公式サイト. (2010年9月14日). http://www.sauber-motorsport.com/Nick-Heidfeld-replaces-Pedro-de-la-Rosa-111?newsid=436 2010年9月15日閲覧。 
  9. ^ ザウバー、ペドロ・デ・ラ・ロサ放出の理由を説明
  10. ^ 小林可夢偉の力を信頼するザウバー TopNews 2月8日(火)14時19分配信
  11. ^ “ペドロ・デ・ラ・ロサ、マクラーレンのテストドライバーに復帰”. F1-Gate.com. (2011年3月9日). http://f1-gate.com/delarosa/f1_11036.html 2011年6月11日閲覧。 
  12. ^ “セルジオ・ペレスが欠場、代役にペドロ・デ・ラ・ロサ”. F1-Gate.com. (2011年6月11日). http://f1-gate.com/perez/f1_11993.html 2011年6月11日閲覧。 
  13. ^ “HRT、ペドロ・デ・ラ・ロサを2012年のレースドライバーに起用”. F1-Gate.com. (2011年11月22日). http://f1-gate.com/hrt/f1_13668.html 2013年1月16日閲覧。 
  14. ^ “HRT、チーム解散の危機”. F1-Gate.com. (2012年11月19日). http://f1-gate.com/hrt/f1_17353.html 2013年1月16日閲覧。 
  15. ^ “HRT、2013年のエントリー未提出。チーム閉鎖へ”. F1-Gate.com. (2012年12月2日). http://f1-gate.com/hrt/f1_17535.html 2013年1月16日閲覧。 
  16. ^ “フェラーリ、ペドロ・デ・ラ・ロサを開発ドライバーに起用”. F1-Gate.com. (2013年1月16日). http://f1-gate.com/ferrari/f1_17819.html 2013年1月16日閲覧。 
  17. ^ “デ・ラ・ロサはフェラーリのリザーブも兼任”. ESPN F1. (2013年1月17日). http://ja.espnf1.com/ferrari/motorsport/story/98844.html 2013年1月17日閲覧。 
  18. ^ “ピレリ、ペドロ・デ・ラ・ロサのF1テスト起用を発表”. F1 Gate.com. (2010年9月23日). http://f1-gate.com/pirelli/f1_9253.html 2010年9月24日閲覧。 
  19. ^ デ・ラ・ロサ、バリチェロの後を継ぎGPDA会長に - オートスポーツ・2012年3月6日
  20. ^ アストンマーティンF1、ペドロ・デ・ラ・ロサをチームアンバサダーに起用。2023年加入のアロンソとは旧知の仲 オートスポーツ 2022年10月14日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]